舞台 木村了に関するニュース

「2.5次元」特集好評につき「舞台男子」小越勇輝・佐藤流司・鈴木拡樹のWEB限定グラビア公開!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月12日18時00分

注目の舞台男子インタビュー(1)小越勇輝【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ「『(テニスの王子様)2ndシーズン』で初めて舞台に立って歌やダンスを経験しました。この4年間があったからこそ、今の自分がちゃんとここに在る、と思うのでとても感謝しています」 最後の公演となったミュージカル『テニスの王子様 コンサートDream Live 2014』の大千秋楽、 [全文を読む]

黒島結菜が初舞台! 「緊張より楽しみ大きい」

Smartザテレビジョン / 2015年08月21日18時11分

8月22日(土)より東京・世田谷パブリックシアターで上演される舞台「虹とマーブル」の囲み取材が行われ、小出恵介、黒島結菜、木村了、小松和重、ともさかりえがインタビューに応じた。黒島は今回が初舞台となる。「虹とマーブル」は、倉持裕の作・演出によるストレートプレイで、'60年代の戦後から高度成長時代に至る日本を舞台に、社会の底辺から成り上がっていく男・紋次(小 [全文を読む]

木村了「“勘違いさん”じゃないと役者は務まらない」

WEB女性自身 / 2014年04月18日22時00分

4月18日、舞台『學蘭歌劇「帝一の國」』の公開稽古が行われ、木村了(25)らが会見に登場した。木村は演じた役について、「帝一に共感できるところは、“勘違いさん”な部分」とコメント。続けて、「役者の仕事も、“勘違いさん”な部分がないとできないと思います。違いは“自覚”しているか、してないか、ですが……」と語り、笑いを誘っていた。 本作は、古屋兎丸氏の同名マン [全文を読む]

福士蒼汰、初挑戦の心境語る ファンのエールに“神対応”

モデルプレス / 2017年09月25日18時45分

今回が初めての舞台出演となる福士は、心境と意気込みを語った。主演にして初めて舞台を踏む福士は、心境を問われると「緊張はしていますね」と吐露。しかし「何に対して緊張していいのかわからないくらいですが、頼もしい仲間たちがいるので、みなさんに支えてもらいながら、自分がそこで何を出せるか、自分らしくいられたら」と清々しい表情で語った。 さらに、代表して意気込みを求 [全文を読む]

福士蒼汰、初舞台を控え本音吐露「どこを緊張していいかわからないぐらい無知」

ORICON NEWS / 2017年09月25日18時29分

俳優の福士蒼汰が25日、都内で行われた劇団☆新感線の舞台『髑髏城の七人』Season月の制作発表会見に参加。同作で舞台に初挑戦する福士は「何が出せるか考えて自分らしく、その場所にいられたら」と気合を入れた。 【写真】三浦翔平、須賀健太らが出席した制作発表会見の模様 本作は同劇団初となる、2つのチームが交互に上演を行うダブルチーム制を導入。主人公の捨之介を「 [全文を読む]

東京グランギニョルの公演から28年......古屋兎丸が語る『ライチ☆光クラブ』

おたぽる / 2013年12月18日20時00分

1980年代に活動した伝説の劇団・東京グランギニョルの舞台を古屋兎丸がコミカライズした『ライチ☆光クラブ』(太田出版)。秘密基地に集まった美しい少年たちによる、あまりにも残酷な物語は大きな反響を呼び、古屋兎丸の代表作の1つとなった。 2012年12月には、古屋版を原作とした舞台が新宿・紀伊國屋ホールにて上演された。演出を手掛けたのは劇団・毛皮族の江本純子、 [全文を読む]

福士蒼汰、初舞台に“若さ”で意気込むも宮野真守は「体にムチ打って」と自虐

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年09月25日20時30分

俳優の福士蒼汰が25日、都内で行われた劇団☆新感線が上演する舞台『髑髏城の七人』Season月の制作発表記者会見に出演者と共に出席。24歳らしく「勢いや若気の至りというものを出していければ」とフレッシュに回答した一方、同じく主演を飾る10歳年上の宮野真守は、ハードな演出を予告されて「体にムチ打って頑張りたい…」と戦々恐々の様子を見せた。 本作は、戦国の世を [全文を読む]

舞台『帝一の國』が“大海帝祭”で帰ってくるぞ!舞台三作品全キャストが登場

おたくま経済新聞 / 2017年05月05日09時00分

実写映画が公開中の古屋兎丸の漫画『帝一の國』(集英社ジャンプ コミックス)ですが、2014年から“學蘭歌劇”と銘打たれ、俳優の木村了さん主演で舞台化されています。舞台は全三部作で2016年2016年3月に最終章「血戦のラストダンス」が上演され大ヒット満員御礼で幕が閉じられました。 しかしながら、2016年年末に行われた「ジャンプフェスタ2017」で“ライヴ [全文を読む]

『犬夜叉』舞台化 主役・金爆・喜矢武豊の演技力を不安視する声

しらべぇ / 2017年02月07日05時00分

(画像はTwitterのスクリーンショット)かつて週刊少年サンデーで連載されていたマンガ、高橋留美子の『犬夜叉』が舞台化されることが決定した。気になる主役、犬夜叉を演じるのは、人気ビジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの喜矢武豊。喜矢武は、6日に自身のツイッターを更新。「犬夜叉ファンに叩かれないようにがんばります」と意気込みを語った。舞台やります。犬 [全文を読む]

【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-ライブ・ビューイング開催決定!!

PR TIMES / 2016年02月19日13時22分

漫画原作よりも先に物語のラストまて゛が描かれる話題沸騰の舞台!大千秋楽公演を全国の映画館に生中継!株式会社ライブ・ビューイング・ジャパンでは、2016年3月27日(日)に、AiiA 2.5 Theater Tokyoで上演される、【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-を全国の映画館でライブ・ビューイングすることが決定した。[画像: http: [全文を読む]

奥菜恵 バツ2でなぜモテる?10歳年下彼を落とした魔性テク

WEB女性自身 / 2015年09月08日00時00分

13年7月に舞台『象』で共演したことをきっかけに、交際がスタートしたという。離婚報告の際も、奥菜は木村について《私や子供達を精神的に助けてくれた大事な方です。パートナーであり、大切な家族です》と、離婚と同時に驚きの“家族宣言”。だが木村もまた彼女にゾッコンだという。「すでに半同棲生活が続いていて、2人の娘さんも木村さんを“パパ”と呼ぶほど懐いています。木村 [全文を読む]

奥菜恵、木村了と子連れ婚間近 2人の子供は「パパ」と呼ぶ

NEWSポストセブン / 2015年08月20日05時00分

離婚調停にもつれこみました」(芸能関係者) そんななか奥菜は2013年の舞台で木村と出会い、交際をスタートさせた。木村はイケメン俳優の登竜門である『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』出身で、ドラマ『花ざかりの君たちへ』(フジテレビ系)など話題作に出演。シリアスからコメディーまで演じ分ける若手注目株だ。 奥菜が“魔性の女”と呼ばれる一方、木村は北川景子( [全文を読む]

やたら“BL“と“女装“が目立つジュノンボーイたち BLマンガ『宇田川町で待っててよ。』実写映画化でも...

おたぽる / 2015年04月28日20時30分

今回、"BL映画の主演がどちらもジュノンボーイ"ということでも話題になっているが、実は"BL"と"ジュノンボーイ"の相性は良いようで、多数のジュノンボーイがBL映画や舞台などに出演している。【BL映画などに出演した主なジュノンボーイ】・『BOYS LOVE』など 小谷嘉一[第12回コンテスト・ファイナリスト]・舞台『BOYS LOVE Stage』 松本 [全文を読む]

三浦翔平、早乙女太一を絶賛「しがみついて、追っていきます」

モデルプレス / 2017年09月25日19時23分

今回が2度目と舞台出演となる三浦は意気込みを語った。同作は、1990年の初演以降、7年ごとに上演され、その上演ごとに創意工夫を凝らして進化し続けてきた劇団☆新感線の代表作といえる新シリーズ。“Season月”では、劇団☆新感線としても初挑戦となる2つのチームが交互に上演を行うダブルチーム制を導入する。 ◆ストーリーと配役 時は天正十八年(1590)。織田信 [全文を読む]

金爆・喜矢武豊、乃木坂46若月佑美の「かっこいい座長」発言に大照れ

dwango.jp news / 2017年04月06日19時00分

人気漫画家・高橋留美子原作の代表作「犬夜叉」が、ゴールデンボンバーの喜矢武豊主演で舞台化。 4月6日(木)初日を迎え、一般上演開始前に関係者、報道陣に公開された。事前に行われた囲み取材には、犬夜叉役の主演・喜矢武豊をはじめ、日暮かごめ役の若月佑美(乃木坂46)、殺生丸役・佐奈宏紀、桔梗役の伊藤純奈(乃木坂46)、弥勒役・滝口幸広、奈落役の木村了のキャスト6 [全文を読む]

奥菜恵の夫・木村了が正念場 ミュージカル出身俳優躍進の裏で“舞台に逃げた”ツケが……

日刊サイゾー / 2016年04月22日13時00分

「先月末まで舞台をやっていましたが、客の入りはそこそこよかったみたいですよ。ただ、それですぐドラマや映画の世界に戻れるかというと、そこはちょっと難しいと思いますよ」(芸能事務所関係者) 古屋兎丸原作のマンガ『帝一の國』を舞台化したシリーズ3作目『【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-』で、主人公の赤場帝一を演じていた俳優の木村了。舞台の直前に [全文を読む]

奥菜恵、“水嶋ヒロよりひどいヒモ旦那”との結婚に「持って3年?」と心配の声

アサジョ / 2016年03月19日09時58分

「木村はホリプロ所属でデビュー当時から演技力は評価されていますが、ここ数年は舞台が仕事の中心です。また、奥菜は2015年以降、女優としての活動はしていません。それでもIT企業社長の藤田晋氏と離婚した際に、莫大な慰謝料をもらったといわれていますから、生活に困ることはないんでしょう。木村は結婚報告で“家族を守る”と言っていますが、果たして養っていけるのかは疑問 [全文を読む]

人前苦手な黒島結菜 初舞台は「客席見えないから大丈夫(笑)」

anan NEWS / 2015年08月25日23時00分

「出演が決まってから、いくつか舞台を観に行ったんですが、皆さんすごくて…自分にできるのかなって思いました。まだわからないことだらけですし。ただ、わからないなりに 楽しみだったりします」 初舞台を前にしながらも、カラリとした口調でそう話す黒島結菜さん。出演するのは、倉持裕さんが作・演出を手がける『虹とマーブル』。日本の高度経済成長期に社会の底辺から成り上がっ [全文を読む]

「胸の形が…」奥菜恵の共演俳優が語る“魔性の素顔”とは?

アサ芸プラス / 2015年08月24日17時58分

結婚に至ったケース以外にも、これまで数多くの男性遍歴が報じられてきた奥菜について、数年前に舞台公演で共演した俳優が証言する。「奥菜さんは色っぽいオーラが凄かったです。いつも胸の形がハッキリ分かるピチピチの服で稽古していましたし、何より、話をする時の距離が近いんですよ。『魔性の女』と言われる理由がわかりましたね」 その舞台の公演中、出演する役者同士で、奥菜に [全文を読む]

過去には北川景子とも…奥菜恵と子連れ婚が噂されるイケメン俳優の女癖

アサ芸プラス / 2015年08月23日17時59分

しかし、14年以降テレビドラマへの出演はなく、舞台を中心に活動している。テレビ出演が少なくなったことでネームバリューとしてはイマイチの木村だが、業界では“共演者キラーで大物食い”として有名だという。「木村は過去に、北川景子や南沢奈央をメロメロにさせていました。特に北川とは07年公開の映画『ヒートアイランド』で共演。その後、昼間の渋谷センター街で堂々とハグ [全文を読む]

フォーカス