今川義元 桶狭間の戦いに関するニュース

世界で一台のIngressバス「NL-PRIME」が名古屋で運行決定! 名古屋市・常滑市・南知多町の魅力ある観光資源を周知します

DreamNews / 2017年01月26日14時00分

(※1)信長攻路…桶狭間の戦いにて今川義元を打ち破った、若き日の織田信長にあやかる観光モデルコースです。桶狭間の戦いとは、海道一の弓取りと呼ばれた駿河の今川義元を、圧倒的な戦力差の中、27歳の若き織田信長が桶狭間で迎え撃った戦いです。織田信長は、この合戦において強い信念を貫くとともに、いくつもの英断を行い、劣勢を跳ね返し勝利を得たと言われています。「信長攻 [全文を読む]

【おんな城主直虎】「故人」は白黒に 公式サイトの人物相関図に大きな変化

しらべぇ / 2017年03月12日10時00分

井伊直満、井伊直盛、小野正直、そして今川義元。顔写真がカラーから白黒になっている。(画像はNHK公式サイトのスクリーンショット)これらの人物は、その時点ですでに命を落とした者たち。まさに「故人」として扱われているのだが、この表現に対してTwitterでは「怖い」という意見が出ている。#おんな城主直虎 の相関図、死ぬと白黒写真になるのね????これはおんな城 [全文を読む]

春風亭昇太「今川義元の雑な扱いに、忸怩たる思いが……」

WEB女性自身 / 2017年03月05日06時00分

「NHKの番組に出るたびに『今川義元を演じたい』というようなことを言っていました。出演オファーがあったときは静岡県出身としても、うれしかったです」 こう語るのは、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で井伊家を苦しめる今川義元の怪演ぶりが話題となった春風亭昇太(57)。 「事前に『あまりしゃべらない役です』とは言われていたんですけど、台本を手にして、こんなに [全文を読む]

「直虎」桶狭間直前!杉本哲太が語る当主・直盛

Smartザテレビジョン / 2017年02月28日17時00分

言わずと知れた桶狭間の戦いは、今川義元が織田信長に敗れた一戦。今川の配下として出兵した井伊家も当然無傷というわけにはいかず、この敗戦が次郎法師(柴咲)らの人生を大きく動かしていく。放送を前に、次郎法師の父であり、井伊家当主・井伊直盛役の杉本哲太を直撃。当主としての直盛の心情や、桶狭間を前にした思いを語ってくれた。――昨年9月がクランクインでしたが、撮影の手 [全文を読む]

【おんな城主直虎】家康の正室・瀬名姫が視聴者を震え上がらせる

しらべぇ / 2017年02月26日10時00分

後世の人々にここまで言われるのだから、やはり何かしらの性格的欠点があったのか、それとも「今川義元の養女」のため一方的に悪役扱いされたのか。これに関しては、研究者の間でも意見が分かれている。■菜々緒の演技力が炸裂さて、大河ドラマでは瀬名姫の役を菜々緒が演じている。ここでの瀬名姫は、当初は今川への輿入れを夢見る少女だった。だがそれが叶わず、次第に神経質かつ妬み [全文を読む]

「おんな城主直虎」とまったく同時代の海外ドラマをNHKで放映中

しらべぇ / 2017年01月22日10時00分

この合戦で、駿河遠州に覇を唱えていた今川義元は命を落とす。代わりに尾張の小領主に過ぎなかった織田信長が勢力を伸ばすのだった。そんな中、それまで次郎法師という名で出家していた直虎はいよいよその名を戴き、井伊家当主になる。1565年(永禄8年)の話だ。一方、フランソワと死別していたメアリーはイングランド王位継承権を持つダーンリー卿ヘンリーと再婚し、スコットラン [全文を読む]

安部龍太郎が書きたかった「徳川家康」という男

プレジデントオンライン / 2017年01月02日11時15分

今川義元が信長の奇襲戦法に討たれると、家康はその混乱に乗じて、本拠地の岡崎へ戻り、今川と決別。信長との清州同盟を組んで、三河から遠江へと版図を広げていく。その間、信長が姉川の合戦で浅井・朝倉連合軍を破った際には、徳川軍の働きが大いに勝利に貢献し、彼の武名も高まっていった。 人間的にも大きくなっていく。家康の成長を促したそのキーマンの1人が、徳川家菩提寺の住 [全文を読む]

信玄から孫正義まで、デキるトップは「孫子」を参考にする

まぐまぐニュース! / 2015年09月07日00時00分

桶狭間の戦いでは、今川義元の首に焦点を定め奇襲を行い勝利していますが、その折には今川義元の所在を探し求め、その情報をもたらした簗田政綱を第一番の手柄としています。 信長の行動は現実的でかつ論理的です。現実的でかつ論理的な分析を骨子とする孫子の兵法を理解していたふしが伺われます。武田信玄のように表には出しませんが、かなりの勉強家で孫子をよりどころにしても不思 [全文を読む]

SNSがヒーロー像を変えるのか?! 仮面ライダー1号2号から仮面ライダー鎧武/ガイムへ!

インフォシーク / 2013年11月05日17時30分

例えば、織田信長が10分の1の戦力で今川義元を討ちとった桶狭間の戦い!あのとき…もしも織田軍のひとりが…つぶやいていたら…どうなっていたのか!「桶狭間で待ってるなうwwwww 今川討ちとったるがやwwwww」台無しである! きっとこの一言は早々に今川軍にキャッチされ、今川義元ではなくて織田信長が桶狭間で命をおとしていたかもしれない。変わっていたのは歴史だけ [全文を読む]

阿部サダヲ、『直虎』徳川家康役で好評価の理由 少年時代演じきる怪優ぶりも

リアルサウンド / 2017年03月12日06時00分

今川義元・氏真親子から一目置かれてはいるものの、立場は人質。現時点では“うつけ”まではいかないものの、何を考えているか分からない、ある意味無能にも見える存在だが、そんな元康を阿部は、非常にチャーミングに演じている。 阿部といえば、劇団「大人計画」の看板俳優として、キレキレの演技をみせると共に、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』や『天国に一番近い男 教師編』 [全文を読む]

「直虎」市川海老蔵が信長役で14年ぶり大河出演!

Smartザテレビジョン / 2017年03月02日11時19分

演じる織田信長は、桶狭間の戦いで、圧倒的な兵力を誇った今川義元(春風亭昇太)を破り、今川家弱体化の要因を作る。 井伊家にも縁深く、井伊直親(三浦春馬)の子・虎松(菅田将暉)は、信長の同盟者・徳川家康(阿部サダヲ)に仕官したことで、主従ともに信長の天下取りのために奔走する。 また、主人公・井伊直虎(柴咲)は信長が本能寺で討たれたのと同年に逝去している。 海 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】井伊直虎と地震の「意外な関係」

GOTRIP! / 2017年02月15日19時30分

駿府の太守だった今川義元は、尾張侵攻の際には井伊氏の軍団を連れています。直虎の父親・井伊直盛は大河ドラマでは杉本哲太さんが演じていますが、この直盛は桶狭間の戦いで今川軍の先鋒に立たされ、戦死しています。 街道沿いの小領主というのは、こうした危険性と常に隣り合わせです。ですがそれと引き換えに、戦乱を乗り切った時は政権から優遇されるという利点もあります。 ・ [全文を読む]

NHK大河「おんな城主」が男だけじゃないギョーテン新説!(1)「真田幸村」という名はない

アサ芸プラス / 2017年01月22日09時54分

織田信長が尾張の小大名から天下人に駆け上がるきっかけが、今川義元を討ち取った「桶狭間の戦い」だ。兵数で圧倒的に劣る小勢の織田軍が、今川軍に奇襲をかけたことが勝因であると知られているが、これにもギョーテン新説があった。「おんな城主 直虎」の時代考証を担当する、戦国史研究家の大石泰史氏が明かす。「織田家家臣の太田牛一が残した『信長公記』では、今川軍がいたのは [全文を読む]

井伊直虎を立ち上がらせたお家の危機

NHKテキストビュー / 2017年01月15日08時00分

今川義元(いまがわ・よしもと)の祖父・義忠(よしただ)が遠江侵攻を開始し、義元の父・氏親(うじちか)のころには遠江をほぼ平定。そして義元はさらに西の三河(みかわ)にも手を伸ばします。このことから、井伊直虎の曽祖父である直平(なおひら)が今川家に従属したのは、氏親か義元の時代と考えてよいでしょう。しかし、今川家に従属したからといって、井伊家が安泰になったかと [全文を読む]

美少女軍勢RPG「戦国の神刃姫X(センゴクブレイドルエックス)」期間限定「烈虎魔王 武田信玄」登場!イベント「凶敵武将襲来!~今川氏真~」開催中!

PR TIMES / 2016年09月09日18時03分

*****アタイに挑むということは、あんた…進んで地獄に堕ちたいようだねぇ♪*****[画像1: http://prtimes.jp/i/18760/87/resize/d18760-87-185754-0.jpg ]▼今川 氏真今川義元の後継にして、次期今川氏の当主。桶狭間の戦いをきっかけとして、相次ぐ離反、松平氏の独立など、大名としての権威が崩れていく [全文を読む]

今日の『真田丸』で滅亡する北条氏 でもその後どうなったの?

しらべぇ / 2016年06月19日06時00分

(2)今川家→高家旗本(1000石)永禄3年(1560年)、2万5千の大軍を率いて上洛をめざす今川義元が、織田信長の奇襲で命を落とした今川家。世に言う「桶狭間の戦い」だ。跡を継いだ氏真は、従属していた松平元康(後の徳川家康)らに離反され、永禄11年には婚姻同盟を結んでいた武田信玄にも攻められて大名としては滅亡した。氏真は、その後徳川家康に領地を与えられ、孫 [全文を読む]

明智光秀の子孫が新解明する「間違いだらけの織田信長」

アサ芸プラス / 2015年08月13日17時55分

4万5000とも言われる大軍を率いた今川義元をわずか10分の1の兵力で破った「桶狭間の戦い」。信長が義元の本陣を奇襲し、偶然と幸運が重なって勝てたとするのが定説だが──。「信長は確実に勝つため、綿密に作戦を立てていた。実は『呉子』には『千の力で万の敵を撃つ最善の策は狭い谷間で戦うこと』という兵法が書かれてあります。道幅が狭いと大軍でも横に広がれず、攻撃の [全文を読む]

没後400年・徳川家康の生涯 天下をたぐり寄せた「待つ」選択

NEWSポストセブン / 2015年04月12日07時00分

父・松平広忠は今川義元の庇護を受けていましたが、於大(おだい)の方の兄が義元と対立する織田信秀(信長の父)と同盟したため、広忠は於大の方と離縁します。さらに広忠は今川家への忠誠の証として家康を人質に差し出したのです。家康、6歳のとき。 ところが、今川家へ送られる途中、なんと護送役によって織田方に売り払われてしまいます。2年後、人質交換のため家康は今川家に送 [全文を読む]

SUPER☆GiRLS 誕生の地で2周年記念ライブ 「アイドル戦国時代に新風を吹き込む」と宣言!

リッスンジャパン / 2012年06月13日19時00分

奇しくもこの日、6月12日はあの織田信長が今川義元に勝利した「桶狭間の戦い」の日。それにかけてSUPER☆GiRLSは、このアイドル戦国時代に新たな風を吹き込むことをライブMCにて宣言した。 [全文を読む]

フォーカス