徳川家康 今川義元に関するニュース

【おんな城主直虎】春風亭昇太=今川義元が視聴者を恐怖のどん底に

しらべぇ / 2017年01月15日10時00分

あの徳川家康も、かつては今川へ人質に行っていたことは有名である。だがそれは、結果として悪いことではなかった。むしろプラス面ばかりが家康に転がってきたと言ってもいいだろう。家康は臨済寺で、日本最高水準とも言うべき教育を受けた。哲学や歴史学、軍略などをここでマスターしたのだ。臨済寺の創設者は、今川の軍師だった太原雪斎という僧侶。家康は雪斎から「戦国の極意」を伝 [全文を読む]

美少女軍勢RPG「戦国の神刃姫X(センゴクブレイドルエックス)」ゴールデウィークキャンペーン開催中!

PR TIMES / 2017年04月28日15時00分

「GW召喚」では、UR出現で「今川義元(UR)」が確定!SR出現で「内藤昌豊(SR)」「徳川家康」「細川藤孝」「朝比奈泰能」が当選します。期間:4月28日(金)~5月11日(木)13:00まで▼キャンペーンその弐宝玉購入で宝玉が20%増量中!期間中一度でも宝玉を購入すると「SR以上確定召喚玉」をプレゼント!さらに…!720個の宝玉を購入すると追加で「UR確 [全文を読む]

戦国最強のケチ!徳川家康を天下人にした原動力は「蓄える力」にあった

サライ.jp / 2017年03月07日17時00分

文/澤田真一かの徳川家康は、近代以降の大衆からは、どちらかというと嫌われていた。それは江戸幕府を倒した明治新政府が印象操作をしたということもあるが、じつは最大の理由は、彼が恐るべき「吝嗇家」つまり「ケチ」だったからだ。便所紙ひとつの紛失も許さず、着物の新調を勧めた女中を叱る。黄ばみが目立たず長く履けるという理由で、薄黄色の褌を着用する。一方でつぎはぎだらけ [全文を読む]

MADONNA(マドンナ)Rebel Heart Tour 2015にSIDO「甲冑パンツ」がツアー衣装として採用されました。2016年2月13~14日、日本に凱旋

DreamNews / 2015年10月21日17時00分

採用された武将は全部で4武将(織田信長、徳川家康、直江兼続、真田昌幸)。金色を施した武将が選ばれました。『甲冑パンツ』とは?◆日本の戦国時代に、活躍した武将が身に着けていた甲冑をモチーフにデザインをしたアンダーウエア。◆素材は、究極のアンダーウエア素材「HOHTAI(R)」を使用。医療用包帯を肌着用に改良した日本の特許素材です。通気性は一般のアンダーウエア [全文を読む]

史上初!武田家の秘宝「清光」を『武将の末裔 伝家の宝刀』が誌上公開。高倉健さんの秘話も必読

PR TIMES / 2017年03月15日12時38分

刀剣にスポットを当て、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らの末裔しか知りえない刀剣にまつわる事件を本誌だけに語ってもらいました。刀剣本は数多あれど、子孫が語るシリーズは本誌のみです。さらに武田家の秘宝「清光」を独占取材し初公開。刀コレクターとして知られた高倉健さんの(秘)エピソードも必見の価値ありです。 [画像: https://prtimes.jp/i/47 [全文を読む]

【おんな城主直虎】「故人」は白黒に 公式サイトの人物相関図に大きな変化

しらべぇ / 2017年03月12日10時00分

その上、今川の家臣だった松平元康が「徳川家康」と改名し、織田信長と同盟を結ぶ。井伊直親の殺害は、その状況下で発生した出来事である。■バカ殿の「再評価」今後の『直虎』は、今川義元の子である今川氏真が巨大な壁として立ち塞がる。この氏真は「バカ殿」というイメージが強かった人物だが、今年の大河ドラマでは「主人公の強敵」となっているようだ。もちろんそれは悪役という意 [全文を読む]

【おんな城主直虎】家康の正室・瀬名姫が視聴者を震え上がらせる

しらべぇ / 2017年02月26日10時00分

(画像はNHK公式サイトのスクリーンショット)徳川家康は、その生涯の中で複数人の側室を持った。中でも阿茶局(雲光院)は、昨年の大河ドラマ『真田丸』で有名だ。彼女は家康の側室の中では、突出した政治力を持っていた。その働きかけが真田丸と大坂城を落城に追いやったのは、ドラマの通りである。だが徳川家康を語る上で、阿茶局に並ぶもうひとりの女性を忘れてはいけない。■謎 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】徳川家康元服の神社で初詣

GOTRIP! / 2017年01月20日16時30分

あの徳川家康ですら、青年期までは今川氏の人質という立場に過ぎません。それだけ今川義元という男は強大な力を持っていたのです。 言い換えれば、今川氏の本拠地である駿河府中には常に大きな富が転がり込んでいたということ。 その富の象徴が、今の静岡市葵区に所在する静岡浅間神社です。 ・静岡市の「霊山」 静岡市内中心部にある賤機山は、古来より「聖なる山」と見なされてき [全文を読む]

今年の大河『おんな城主直虎』の「真の主役」は今川義元か

しらべぇ / 2017年01月08日10時00分

まったく知られていなかったわけではないが、浜松市から静岡市にかけての「歴史の偉人」といえば徳川家康。それに比べれば、直虎は影の薄い存在だ。だが『戦国BASARA』や『戦国無双』などのゲームで直虎が取り上げられるようになると、彼女の「再評価」が開始された。今や浜松市は、直虎ブームに湧いている。だが、同じ静岡県内にある静岡市では、やや違った捉え方をされているよ [全文を読む]

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」放送まであと少し! 『井伊直虎ぴあ』(ぴあMOOK)発売 ~ゆかりの地・人物・歴地・人間関係 この一冊ですべてわかる~

PR TIMES / 2017年01月04日10時24分

本書では、直虎を中心とした人物相関図、遠江から始まったとされる井伊家の歴史、今川義元や徳川家康ら直虎を取り巻く武将たち井伊家嫡流子孫に聞く直虎の新事実、浜松・井伊谷を中心としたゆかりの地などを、全四章にわけて徹底解説。脚本を務めた森下佳子氏のスペシャルインタビューも必見です。 [表: https://prtimes.jp/data/corp/11710/ [全文を読む]

柴咲主演大河に阿部サダヲ&菅田将暉&尾上松也ら

Smartザテレビジョン / 2016年07月12日13時46分

「おんな城主 直虎」は、徳川家康に仕えた徳川四天王の一人・井伊直政の養母で、戦国時代に女性ながらに男性の名前で城主を務めた井伊直虎の生涯を描く。 柴咲とは映画「舞妓Haaaan!!!」('07年)などで共演のある阿部は徳川家康役。直虎が後見人として育て上げた井伊直政を家臣に迎え入れ、重用していく。 その直政を演じるのは、大河ドラマ初出演となる菅田将暉。戦 [全文を読む]

今日の『真田丸』で滅亡する北条氏 でもその後どうなったの?

しらべぇ / 2016年06月19日06時00分

息子で第5代当主の氏直は、徳川家康の娘婿だったこともあって命を助けられ、高野山に流された。氏直はその翌年、1万石を与えられて豊臣大名として復帰したが、同年に病死。遺領の一部を従兄弟の北条氏盛が継ぎ、河内狭山藩(現・大阪府狭山市)として幕末まで存続した。戦国時代の幕を開けたとも言われる北条早雲から続く関東の名門は、小大名とはいえ命脈を保った。(2)今川家→高 [全文を読む]

阿部サダヲ、『直虎』徳川家康役で好評価の理由 少年時代演じきる怪優ぶりも

リアルサウンド / 2017年03月12日06時00分

柴咲コウ演じる井伊直虎、三浦春馬扮する井伊直親、そして高橋一生が務める小野政次の幼なじみの微妙な関係が現在、物語の中心となっているが、そんな中、阿部サダヲ演じる松平元康(後の徳川家康)が大きな話題になっている。参考:コトリンゴ、野田洋次郎主演ドラマ『100万円の女たち』主題歌を担当 「試行錯誤しています」 日本の歴史の中で、最も著名な人物の一人と言っても過 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】井伊直虎と地震の「意外な関係」

GOTRIP! / 2017年02月15日19時30分

中山道の只中に居城があった真田昌幸も、西進を目指していた徳川家康と何度も戦っています。 駿府の太守だった今川義元は、尾張侵攻の際には井伊氏の軍団を連れています。直虎の父親・井伊直盛は大河ドラマでは杉本哲太さんが演じていますが、この直盛は桶狭間の戦いで今川軍の先鋒に立たされ、戦死しています。 街道沿いの小領主というのは、こうした危険性と常に隣り合わせです。で [全文を読む]

安部龍太郎が書きたかった「徳川家康」という男

プレジデントオンライン / 2017年01月02日11時15分

(作家 安部龍太郎 構成=岡村繁雄) [全文を読む]

【真田丸】名は武士の命 「幸」の一字に秘められた思いとは

しらべぇ / 2016年09月25日05時30分

たとえば徳川家康は、若いころの名前は「松平元康」。これは主君だった今川義元から「元」の字をもらってつけられたものだが、義元が死ぬと躊躇なく今までの名を捨てた。また、佐賀の大名鍋島直茂も、主君格の龍造寺隆信が生きていた頃は「鍋島信生」。「信」の字を捨てると同時に、直茂は龍造寺家から大名の地位を乗っ取ってしまう。武将の改名は、まさにその人物の心の中を表現してい [全文を読む]

春風亭昇太が大河ドラマで今川義元役に大抜擢!ファンから期待の声

しらべぇ / 2016年07月14日20時00分

とくに今川義元役は『徳川家康』の成田三樹夫、『武田信玄』中村勘三郎(当時勘九郎)、『功名が辻』江守徹、『風林火山』谷原章介とそうそうたる俳優が演じているだけに、それ相応の演技力とインパクトが必要になることは間違いない。 ■大河ドラマファンに聞いてみると大河ドラマファンに聞いてみた。「大河ドラマの今川義元というと、個人的には『武田信玄』の中村勘三郎を思い出し [全文を読む]

2017年大河ドラマ『おんな城主 井伊直虎』に柴咲コウ! ところで井伊直虎って誰? 偉いの?

おたぽる / 2015年08月26日09時00分

その後、徳川家康に仕え、乱世から井伊家を守り抜いた人物だ。 今川義元、武田信玄、徳川家康と戦国を代表するメジャーな大名たちと何度も交渉や戦を重ねているし、養子として育てた井伊直正は“徳川四天王”に数えられる勇猛な武将に成長。さらに生涯未婚のままと、知名度はやや低いながらも、ドラマチックな要素たっぷりで、以前から「次の大河ドラマはこの人!」と歴史・戦国オタク [全文を読む]

没後400年・徳川家康の生涯 天下をたぐり寄せた「待つ」選択

NEWSポストセブン / 2015年04月12日07時00分

三河の地に生まれ、遠江から天下への階段を駆け上がっていった徳川家康。晩年は駿河で過ごし、75年の生涯を閉じた。今年は没後400年、英傑として知られる武将の歩んだ足跡を、元NHKアナウンサーの松平定知氏が解説する。 * * * 豪快で破天荒な信長、ユニークで庶民的な秀吉に対し、家康には老獪でとっつきにくいといったイメージがついて回ります。しかし、あの天下人の [全文を読む]

徳川家康没後400年 75年の生涯ゆかりの地を松平定知氏案内

NEWSポストセブン / 2015年04月06日16時00分

今年で没後400年となる徳川家康。その75年の生涯のゆかりの地を、歴史通として知られる元NHKアナウンサー・松平定知氏が案内する。 【臨済寺(静岡・静岡市)】少年期 今川義元が開いた臨済宗の寺で、今川家の菩提寺。8歳から人質として今川家に預けられていた時代に家康がよく出入りした。若き家康は、その才能を認めてくれた雪斎禅師のもとで勉学に励み、武将としての基礎 [全文を読む]

フォーカス