子ども 本木雅弘に関するニュース

西川美和 師匠・是枝裕和に“似ない言い訳”

ソーシャルトレンドニュース / 2016年09月29日20時17分

だが、今回の『永い言い訳』は、“子どもたちを撮る”“四季を追って撮る”という形式的な部分をはじめ、“残された人々”の話であるという点も含め、是枝監督作品との共通点を感じるところが。そこで、このインタビューでは、「似てませんでしたよね」という話をつきつけるところから、今回の作品の輪郭が浮かび上がってこないかを試みた。また、『永い言い訳』は、第28回山本周五郎 [全文を読む]

意外!?江口洋介、過酷な撮影中、妻に電話した内容は…

Woman Insight / 2015年08月21日17時00分

子どもにも協力させて水をかけと、その間に俺がちゃんと業者に電話するから速やかに修復するようにと奥さんに電話していました」とエピソードが公開され、「はずかしい」と照れる江口さんに客席は再び大爆笑となりました。 最後に代表して江口さんより「この時代に東野さんの世界観をもとに、堤監督がメガフォンを取り、スタッフが集まり、俺たち俳優陣が集まりました。この映画で伝え [全文を読む]

東野幸治、世間が知らない「数奇な幼少期」と「冷めた結婚生活」がスゴすぎる!

アサ芸プラス / 2016年10月31日09時59分

妻は、子どもが手から離れ、夫が戻ってきたことによって自由になる金が増えため、夜遊びを覚えた。それでも東野は「若い頃、苦労かけたから」という理由でとがめないのだとか。 まさしく怪芸能人。まだまだ我々の知らない底がありそうだ。(北村ともこ)関連記事:27年前の恨み爆発!?本木雅弘が「東野幸治は相当いけ好かない男」と公開処刑 http://www.asagei. [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ミラクルひかる&いとうあさこ 本木雅弘の“気になる”女性たち

TechinsightJapan / 2016年10月20日18時14分

彼女は最後に「長らくの人間活動を終え そして失われた青春を取り戻した宇多田ヒカル そう 私に似ているもの それは子ども」と渾身のものまねで笑わせて去って行く。本木にはもう1人、大好きな女性タレント“Iさん”がいるという。それを聞いて共演していたIMALUや磯野貴理子が「ドキドキする」と顔を赤らめるが、本木からは「いとうあさこさんです」と告げられた。彼は以前 [全文を読む]

“子どもがいない場所”から見える風景 西川美和監督インタビュー

ウートピ / 2016年10月10日14時00分

子どもがいないまま生きてきた、都心で暮らす中年」――幸夫は、自意識と自己愛は強いくせに自分に自信がない男で、私生活では「リスク」だと言って子どもを作らず、妻の生前の交友関係も感知せず、気がつけば独りぼっちという、“こうはなりたくない”というポイントだらけの人物です。私自身、好きな仕事にだけ熱中して、人間関係も有益か無益かで取捨選択しがちだったので、非常に [全文を読む]

江口洋介、本木雅弘と初共演後に驚いた現場とのギャップ

Movie Walker / 2015年09月10日09時00分

設計士だけど、奥さんには怒られるわ、子どもとはうまくいってないわと、大ピンチの男がさらにとんでもないピンチに陥って、ものすごい行動に出るんです」。 今回、本木雅弘については「ジェネレーションも近いですし、役の選び方、つかみ方みたいなものは、ずっと作品を通して見ていました。今回、本木くんの名前が上がったので、これは絶対上手くいくという感覚が直感的にありました [全文を読む]

江口洋介、本木雅弘から良き父親ぶりを絶賛される!

Movie Walker / 2015年06月22日15時38分

大きな問題を子どもから突きつけられるんですが、なかなか答えに難しいもの。そこは、自分たちのファミリー、自分たちの生き方、内側の部分をいかにがっちりつかんでいくか。それをすごく意識してやりました」と、真摯な表情を見せた。 本木も「抱える問題の大小はありますが、小説のなかでも現実でも、良い父親になるのはなかなか難しい。仕事を優先してしまうところは、男性の資質的 [全文を読む]

“モックン”本木雅弘が西川美和作品に出演へ「現在はロンドン在住で、仕事セーブ中」

日刊サイゾー / 2014年07月21日12時00分

なんでも『子どもの小さいうちは、なるべく仕事をしたくない』というのが持論だそうですよ」(芸能事務所関係者) そんな本木の気になる次回作は、『夢売るふたり』の西川美和監督の作品になるという。 「西川監督は3~4年間隔が空く監督ですが、これも構想4~5年の作品のようです。来年撮影の予定です。本木さんも西川監督も寡作ですから、かなりレアな組み合わせだと思いますよ [全文を読む]

有名人がこぞって居住! 「芸能人マンション」のメリット・デメリット

サイゾーウーマン / 2012年02月13日08時00分

(画像はこちら)「芸能人同士が同じマンションに住んでいたり、子どもを通わせる学校が同じということは珍しくありません。プライバシー保護の面で優れていたり、人によって多少の融通を利かせてくれるなどさまざまな事情もありますが、やはり一番多いのは口コミ。芸能人の住宅物件を得意とする不動産会社も多く存在しますし、事務所の先輩やほかのタレントのアドバイスなどから、必然 [全文を読む]

江口洋介、『天空の蜂』で感じた父親としての思い

Movie Walker / 2015年09月11日09時00分

「僕は世間のお父さんより、子どもに会う時間が少ないですし、それこそ作品に入ったら、なかなか会えなかったりもします。日常的にも自分の気分で怒ってしまったりもするし、決して良いお父さんではないです(苦笑)。これまで、いろんなヒーローものをやらせてもらってきて、いろんなイメージがついているとは思いますが、意外と日常なんてそんなもんじゃないかなとも思うわけで。本作 [全文を読む]

竹原ピストル、本木雅弘主演の映画『永い言い訳』に出演決定

okmusic UP's / 2015年08月18日13時00分

さらに、陽一の子ども・真平と灯役に、オーディションで抜擢された藤田健心と白鳥玉季。 陽一の妻・ゆき役に堀内敬子が決定している。 竹原は、映画の撮影の合間にも「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO」「MONSTER baSH 2015」などの夏フェスや各地ライブイベ [全文を読む]

“局の顔”渡り歩く薬丸裕英 『はなまる』終了でオファー激増のワケとは

日刊サイゾー / 2015年04月10日11時00分

本人も『まだ子どもにお金もかかるし、ローンもあるからさ』と、親しい人には漏らしているとか。シブがき隊は、布川敏和さんは2時間ドラマ、本木雅弘さんは映画にゴールデンの連ドラと、見事に道が分かれましたが、数多く番組に出るという選択をした薬丸さんは、間違ってなかったんじゃないでしょうか」(芸能事務所関係者) 次はどの局の“顔”になるか、楽しみだ。 [全文を読む]

オセロ・中島知子の洗脳騒動で垣間見た、女優・樹木希林“不動産王”の素顔

日刊サイゾー / 2012年12月29日10時00分

今も家賃収入だけで月数百万円が入ってきているそうです」(芸能事務所関係者) 現在、モックン夫妻の間には3人の子どもがいて、内田裕也以外の家族は2世帯住宅に住んでいる。その家も、新築当時には“7億円豪邸”などと報道された。 「ちなみに、内田さんは同じ区内の200平米のマンションに住んでいて、管理費、光熱費、などはすべて希林さんが支払っているようです。もちろん [全文を読む]

『家政婦のミタ』に続くヒット作は!? 1月クールドラマ徹底検証(前編)

日刊サイゾー / 2012年01月21日08時00分

初回は、冒頭から主人公のレイプ被害シーンで始まるほか、縦に真っ二つに割れた死体の描写など、21時台にしては子どもにトラウマを植え付けそうな攻めたシーンも多かった。 5位の『理想の息子』は、Hey! Say! JUMPの山田涼介、中島裕翔、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が出演するジャニーズドラマ。重鎮・野島伸司氏が脚本を手掛けるも、心情描写が雑な点や、「母 [全文を読む]

フォーカス