名前 松嶋尚美に関するニュース

【エンタがビタミン♪】SMAP・草なぎ剛が“キラキラネーム”をバッサリ。「正直、名前なんかどうでもいい!」

TechinsightJapan / 2015年02月24日18時55分

SMAPの番組で一般的に見て珍しい名前“キラキラネーム”の読み方をクイズ形式で取り上げた。ところが、冒頭でメンバーの草なぎ剛が「正直、名前なんかどうでもいい!」と発言。“キラキラネーム”どころか名前にこだわらないとの持論を語って周囲を笑わせた。 2月23日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で、人気企画“イマドキNAMEクエスチョン”が放送された。“キ [全文を読む]

「空」好きすぎ、読めなすぎ! 芸能界キラキラネーム2013

messy / 2013年12月29日12時00分

個人情報保護の観点から、名前を公表するのを控えるケースもあるが、ブログなどで公にしているケースも見られる。その中には、いわゆるDQNネーム・キラキラネームもちらほらあるようだ。年末ということで、誰がどんな名を子どもに付けたのか、公表されているものをもとに、あらためて振り返ってみたい。・空詩(らら)ちゃん タレント・松嶋尚美の第二子で長女の名前。6月誕生。「 [全文を読む]

キラキラネーム 誕生きっかけは『たまごクラブ』と教育専門家

NEWSポストセブン / 2013年07月07日07時00分

6月18日に生まれた長女の名前を、自身のブログでこう報告した、元オセロの松嶋尚美(41才)。この「空詩(らら)」ちゃんの名前を巡って、今、ネット上では大騒ぎだ。 このようなキラキラネーム(個性的だが読むのが難解な名前)が増え始めたのは、1990年代半ば頃からだという。日本の名づけ文化に詳しい京都文教大学教授の小林康正氏がこう説明する。 「その頃、マタニティ [全文を読む]

小原正子、出産前の息子に「誠希千(せいきち)」と命名で「キラキラネーム」とネット騒然

サイゾーウーマン / 2015年01月16日13時00分

クワバタオハラの小原正子が、3月に出産予定の第一子となる長男の名前を、「誠希千(せいきち)」と決めていると14日付のブログで明かした。元野球選手の夫・マック鈴木氏は「誠吉」と提案したそうだが、小原のこだわりもあって「吉」を「希千」としたというが、ネット上では早速「キラキラネーム」と話題になっている。 小原は同日のブログで、「赤ちゃんの名前ですが、『せいきち [全文を読む]

辻希美の「空シリーズ」より凄い!子供にキラキラネームをつける有名人たち

アサ芸プラス / 2015年03月11日17時59分

そんな辻といえば、長女・希空(のあ)、長男・青空(せいあ)、次男・昊空(そら)と、兄弟それぞれの名前に“空”が入り、一見して読みづらい「キラキラネーム」を付けたことで話題となった。 だが、芸能界にはさらに珍しいキラキラネームを我が子に命名したタレントが大勢いる。 「芸能人はある意味目立つことが仕事のため、子供の名前に対しても、他とはかぶらないオンリーワン [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ウンナンが“色白だと思う有名人”TOP10に乃木坂・白石麻衣を予想 その結果は?

TechinsightJapan / 2016年10月24日16時57分

そんななか、悩みぬいた内村があるアイドルグループの名前を口にした。 10月21日の『ヒルナンデス!』は内村光良をスタジオゲストに迎え、“超限定マーケティング”コーナーでは色白で知られる彼にちなんで“20~50代男女に聞いた 色白だと思う有名人TOP10”をクイズ形式で発表した。1巡目の回答で内村は「ウエンツ瑛士」、南原は相方の名を「内村光良」と答えて正解す [全文を読む]

有名人子供のキラキラネーム 亘利翔、朱李埜、兄、在波など

NEWSポストセブン / 2013年07月05日07時00分

ネット上では、 <まったく読めない> <ペット感覚> <子供の将来を考えていない> <“なんて読むの?”という言葉を、この子は一生のうちに何千回と言われるんだろう> と、微妙な反応となっているが、実は彼女、長男にも珠丸(じゅまる)という一風変わった名前をつけている。 松嶋の空詩ちゃんのように、一見しただけでは何て読むのかわからない個性的な名前、いわゆる「キ [全文を読む]

浜崎あゆみの激太りも、桃の天然水の呪いだった!? 芸能界の“不幸な“都市伝説5つ!

tocana / 2014年03月13日09時00分

さらに、フリップに名前を書いた武幸四郎が落馬し、重傷を負ったことから、東原の"サゲマン"ぶりが有名になった。その"サゲマン"が"呪われている"に昇格(?)したのが、ブログである。東原がブログに書いた人物や場所などが、その後トラブルに見舞われる事態が多発。今では"デスブログ"として有名になっている。 そんな"呪われている"芸能人に近年、名前が挙がり始めている [全文を読む]

森三中・大島の第1子は「笑福(えふ)」! 空詩(らら)、宝冠(てぃあら)……芸能界キラリンネーム王は誰だ!?

日刊サイゾー / 2015年06月25日17時00分

お笑いトリオ・森三中の大島美幸と、夫で構成作家の鈴木おさむ氏の間に22日に誕生した第1子の名前が「笑福(えふ)」であることが公表され、話題を呼んでいる。 25日の鈴木氏のブログによれば、「“福”を入れたい」という大島の希望と、夫婦そろって“笑い”に携わる仕事をしていることから、「笑うかどには福きたる」ということわざが浮かび、2つの漢字を並べたという。鈴木氏 [全文を読む]

女性の上位が入れ替わり「北斗晶」さんが三冠,男性は「つるの剛士」さん今年も強し。 -有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2014【こそだて】

DreamNews / 2014年12月03日14時00分

芸能界でも出産後も現役を続けるママタレントやイクメンタレントが増え、競争が激しくなった表れのようです アンケート実施・集計期間:2014年9月1日~10月31日 実施方法:【こそだて】のアンケートページのフォームにて、名前を自由想起で、 カタカナフルネームで、各設問に一人だけ答えていただいた。 【こそだて】 http://www.kosodate.co.j [全文を読む]

米大学教授 子供のマイナーな名前は無教養な母が命名と断言

NEWSポストセブン / 2013年09月25日07時00分

一方、娘にやたら長い名前をつけたのが、映画『キル・ビル』などで有名な女優ユマ・サーマン。「ロザリンド・アルシャ・アルカディナ・アルタルネ・フロレンス」と、もはや落語の「寿限無寿限無……」の域である。 こうした命名について、米シッピンズバーグ大学教授のデイビッド・カリスト氏は、大規模な調査の結果、変わった名前と少年の非行との関連を指摘している。 「名前が犯 [全文を読む]

キラキラだって気にしない? 子供の名前は音で決めろ!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月21日11時30分

あなたはこれらの名前をサラリと読むことができるだろうか。関連情報を含む記事はこちら 頭から順に、「らら」「るふい」「しえる」と読む。元オセロ・松嶋尚美が自身のブログで長女の名前、空詩(らら)を報告したところ、「まったく読めない」とネット上で話題になった。有名人の子供のみならず、人気漫画の主人公の名前や好きなバンド名をもじった名前など、キラキラネーム(個性的 [全文を読む]

小倉優子の活動再開でママタレ勢力図はどうなるのか

NEWSポストセブン / 2017年03月25日07時00分

今いる料理系ママタレにとって、小倉さんの存在は脅威でしょうね」(カトリーヌあやこさん・以下「」内同) グラビアだけでなく、テレビCMやバラエティー番組でも活躍していた小倉の顔と名前は広く知れ渡っている。しかしいくら知名度があるといっても、それだけでやっていけるほど甘くはないだろう。中身が伴っているかどうかが問われるのではないかと思われるが…。「実はママタレ [全文を読む]

ダイヤモンドのようにキラキラ輝くママタレント「北斗晶さん」が2年連続1位!芸人部門は森三中の「大島美幸さん」が堂々1位に!出会い難民が約4割も!婚活アプリ・サイト」をきっかけに約2割が交際・結婚に発展

PR TIMES / 2016年08月31日18時09分

2.ベビーシャワーや出産祝いの贈り物として人気上昇中の“ベビーリング”に関する調査結果!今や3人に1人が知っている!ベビーリングの魅力は「ファーストジュエリーとして一生の記念となる」が多数!ベビーリングの認知度を調査したところ、「どんなものか知っている(15.0%)」「名前は聞いたことがある(14.4%)」で近い結果に。また、ベビーリングの魅力について、「 [全文を読む]

松嶋尚美の長男の超ロン毛からみる“常識的な子育て”の定義

messy / 2014年03月24日16時00分

松嶋といえば、昨年誕生した長女に空詩(らら)という名前をつけた際に、「絶対読めない」「子供が将来苦労しそう」など批判的な反応があったが、今回の件にしろ個性的なセンスで知られる彼女の子育ては何かと注目を集めているようだ。 近年、親が子供の意思に関係なく髪を染めたりピアスをさせる等の過剰なおしゃれを強いるケースがあるが、子供の皮膚はデリケートであり、これらが [全文を読む]

ママタレ好感度1位は小倉優子 理由は生活の「きちんと感」

NEWSポストセブン / 2013年10月10日16時00分

「子供のことを“チビ”などといった愛称で呼ぶタレントが多いなか、息子の名前こそ伏せるものの、ブログ上では『息子』と“固い”表現。文章も基本的に“です・ます”調で丁寧な印象を与えます。子供の顔はスタンプで隠したりせず、後ろ姿などで工夫し、上手にブログに載せています」(編集者、以下「」内同)。ブログの内容は、あくまでも“前向き”なブログを心がけているようで、そ [全文を読む]

“洗脳”否定インタビューのオセロ・中島知子、松竹クビで芸能界復帰は絶望的に

日刊サイゾー / 2013年04月09日09時00分

3月末からまたまた渦中の人となった中島だが、発端は見城氏と親交のある芸能リポーター・井上公造氏がフリーの宮根誠司アナがMCを務める『ミヤネ屋』で、見城氏の名前を伏せ、中島が同居していた女性を『歌手デビューさせてほしい』と出版社社長に頼んだことを報じた。そこに、これまた見城氏が太いパイプを持つスポニチが絡んできて、結局、松竹芸能退社に至ったため、退社後につい [全文を読む]

家賃滞納で訴訟騒動に! オセロ中島知子は「社内でもアンタッチャブル」

サイゾーウーマン / 2012年01月31日12時00分

その間、かつての激太りや井上陽水との不倫関係などさまざまなネガティブ報道が流れたが、その際に名前が浮上したのが自称霊能力者・Iだった。「フラッシュ」記事によると、活動休止と同時に中島との同居を開始し、さらに翌月にはIの家族までが中島の事務所マンションに引っ越してきているという。「一部週刊誌では、中島の母親がマンションを訪ねても中に入れてもらえず、『娘は監禁 [全文を読む]

フォーカス