人気 近江友里恵に関するニュース

民放女子アナ軒並み凋落 唯一期待が持てそうなのはテレ東か

NEWSポストセブン / 2016年09月07日07時00分

そのほか、『ブラタモリ』の桑子真帆アナ(29)や近江友里恵アナ(27)ら次から次へと人気アナが生まれている。まさに女子アナ界はNHKが民放を大きく引き離す“1強5弱”の時代である。 一方、かつて「女子アナ王国」と呼ばれたフジテレビでは局員が肩を落とす。 「今年の夏のお台場イベントのPRでは若手を差し置き三十路の生野陽子アナ(32)がメインを飾った。リオ五輪 [全文を読む]

春の「プリヒップ」美女アナグランプリ!(1)NHK・桑子真帆は「ニュースウオッチ9」でも…

アサ芸プラス / 2017年04月16日17時57分

美人すぎる東大卒アナとして人気上昇中なのが「おはよう日本」の和久田麻由子アナ(28)だ。「ムダなぜい肉でダブついてはいないが、ややムッチリとした曲線を描いた和尻がみごと。この“わくまゆ”ヒップを見るために、早起きしてしまうほど。番組は立ちポーズで進行するため、和久田アナの膝上丈のタイトスカート姿が常に見られます」(前出・小谷氏) ここで、ぜひとも注目した [全文を読む]

NHK女子アナ黄金時代到来 なぜ1強5弱になったのか

NEWSポストセブン / 2016年09月05日07時00分

そのほか、『ブラタモリ』の桑子真帆アナ(29)や近江友里恵アナ(27)ら次から次へと人気アナが生まれている。 どうしてNHKだけが、人気アナを輩出できているのか。NHKのほか、民放各局にも出入りする制作会社スタッフが解説する。 「NHKでは入局後、まず地方支局に配属され数年間の下積みでレポート力など実力を磨く。いまや売れっ子の井上や桑子も地方勤務の経験者で [全文を読む]

服を前後逆に着たNHK近江アナ ブラタモリの天然ぶりも人気

NEWSポストセブン / 2016年06月29日07時00分

この春から人気番組『ブラタモリ』の3代目パートナーで、ほのぼのとしたキャラクターが人気を集めるNHKの近江友里恵アナ(27)が“放送事故”を起こした。6月20日、朝のニュース番組『おはよう日本』に出演時のこと。ニュースを読む前から、すでに事故は起きていた。 なんと彼女は、ギンガムチェック柄のブラウスを「前後逆」で着たまま出演してしまったのだ。 とはいえ、極 [全文を読む]

「ブラタモリ」続刊!ロケの撮影風景や特別写真も収録

Smartザテレビジョン / 2017年05月18日13時01分

土曜の夜という“裏番組”激戦区において安定した人気を誇るバラエティーだ。その土地の歴史はもちろん、タモリの博識ぶりやNHK近江友里恵アナウンサーとの軽妙なやりとりも話題となっている。今回、発行部数が累計55万部を記録した第1~6巻に続き、2016年度に放送された内容が6冊に分けて書籍化(KADOKAWA)されることが決定した。 第7巻では書籍初収録となる京 [全文を読む]

『ブラタモリ』の書籍発売決定に反響続々!「タモさんが歩いたルート私も歩きたい」「これ持って旅行行きます」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月25日09時00分

毎週土曜日にNHKで放送中の人気番組『ブラタモリ』(総合毎週土曜日19時30分~20時15分)。その2015年度放送のレギュラー版全35回とスペシャル版2回が、全6冊に分けて書籍化されることがわかった。これにファンは「この本は欲しい…!」「勿論買いますとも! 当然!」「えー読みたい、欲しい。そんでタモさんが歩いたルート私も歩きたい」と大興奮のようだ。 『ブ [全文を読む]

桑子真帆アナ「ブラタモリ」降板で囁かれ始めた「NHK退社」「男性アナと結婚」

アサ芸プラス / 2016年03月14日17時59分

NHKの人気番組「ブラタモリ」で人気を獲得した桑子真帆アナが、今月いっぱいで同番組を降板。4月からの後任は桑子アナの2年後輩にあたる近江友里恵アナが務めることになった。 桑子アナは4月4日にスタートする平日夜の新番組「ニュースチェック11」を担当。これはいわゆる“昇格”だが「本人はあまり喜んでいません」というのはキー局制作スタッフだ。「桑子は『ブラタモリ』 [全文を読む]

「ブラタモリ」桑子真帆アナが夜のニュースへ!

Smartザテレビジョン / 2016年02月02日17時31分

注目は「ブラタモリ」(NHK総合)でタモリと共に日本各地を回り、昨年はアナウンサーの人気ランキングにもランクインした桑子真帆アナ。タモリの相方を現福岡放送局の近江友里恵アナに託し、毎週月曜から金曜夜11時15分からの枠に新設される「ニュースチェック11」(NHK総合)を担当することになった。 桑子アナは「昨年はブラタモリとともに、『NHKニュース7』(N [全文を読む]

フォーカス