メンバー 桜井和寿に関するニュース

「次はRADWIMPSか……!?」くるり脱退騒動に見る“ワンマンバンド”の危うさ

日刊サイゾー / 2013年05月25日12時00分

くるりは2002年にオリジナルメンバーの森信行が脱退して以後、5人が加入・脱退しており、ネット上の音楽ファンからは「もう慣れた」「次に10人に増えたとしても驚かない」などの声が上がっている。 一方で、「ここまで出入りが激しいと、変な疑いを持ってしまう」「やはり岸田繁に合う人はなかなかいないのか」などの意見も。くるりのメンバーが定着しない理由は、ボーカル・岸 [全文を読む]

チャランポ新曲にミスチルがアレンジで参加!

Entame Plex / 2016年12月25日12時00分

この「かなしみ」は、Mr.Childrenのツアーメンバーであるバンド“ヒカリノアトリエ”がアレンジ・演奏している。しかも、Mr.Childrenが他アーティストの楽曲にアレンジ・演奏で参加するのは初めてのことだ。今年の初め、桜井和寿からの直々にオファーがあり、アコーディオンの姉、小春が今年のMr.Childrenのツアーにサポートとして参加している。その [全文を読む]

寺岡呼人主宰「Golden Circle」は今年も豪華メンバーが集結!

okmusic UP's / 2013年11月11日13時30分

桜井はMr.Childrenのデビュー前、寺岡の初めてのソロ・ツアーにサポートメンバーとして参加して以来の盟友で、東京大阪公演全てに参加。アルバム『Kind of Love』に収録されている寺岡との共作曲「星になれたら」など、ヒット曲を惜しげも無く披露。この日の桜井パートの曲はすべて寺岡のリクエストで、朝の10時にカフェで集合してパンケーキを食べながら(? [全文を読む]

“国立最後”は嵐でもAKB48でもなかった! Perfume、ラルク出演「JAPAN NIGHT」開催で騒動に終止符

日刊サイゾー / 2014年04月16日20時30分

「昨年9月に開催した嵐のコンサート『アラフェス2013』が、“国立最後のアーティスト”を大々的にうたっており、メンバーもライブ中に『国立で歌う最後の人になるんだね』『国立の最後の人。カッコいいよね。素敵だね』などと感激していた。しかし、同年12月、AKB48やももいろクローバーZが立て続けに3月の国立ライブを発表。多くの嵐ファンが、『悲しすぎて立ち直れな [全文を読む]

ウカスカジー、待望の1stアルバムリリース決定!

okmusic UP's / 2014年04月07日15時00分

鈴木英哉(Mr.Children)、亀田誠治、寺岡呼人、DJ FUMIYA(RIP SLYME)、常田真太郎(スキマスイッチ)、蔦谷好位置などの豪華メンバーが集結。さらに〝「ウ カスカアンセム」のギターソロは、この人しかいない!〟という2人からの熱烈オファーのもと、日本を代表するロックギタリストの布袋寅泰も参加! またウカスカジーは、4・5 月に大阪&東京 [全文を読む]

ミスチルも危ない!? 「音楽事務所」というビジネスの終焉

日刊サイゾー / 2012年04月18日08時00分

バンドが活動を休止するのは、メンバーに十分に給料が払われていない、というケースがほとんど。CD等の印税収入があるからという理由で、メンバーの基本給は10万円以下に押さえられていることが多いのですが、いまやCD売り上げの激減で年収100万円前後のバンドマンが続出。これでは食えないということで、たまらずメンバーが辞めていくのです」(音楽事務所関係者) 最近、音 [全文を読む]

ミスチル桜井のカバーも話題に!乃木坂46の“隠れ名曲”5選

dmenu映画 / 2017年06月08日07時00分

アンダーとは、シングルの表題曲を歌う選抜組に選ばれなかったメンバーのこと。「扇風機」は6th「ガールズルール」(2013年7月)に収録された楽曲で、斎藤が当時アンダー・メンバーだったことは、現在の人気ぶりから考えると信じられない。 この曲は、どこか懐かしい雰囲気を持ったレゲエ調のナンバー。「君」に対して芽生えた思いに、遠い夏の淡い気持ちを重ね合わせた歌は、 [全文を読む]

窃盗逮捕の『ワンピース』歌手、裏切り・借金踏み倒し常習の“あきれた素性”

日刊サイゾー / 2016年11月18日18時00分

元ROOTLESSのメンバーで、現在は建設作業員の野畑慎容疑者(34)が、友人のギターを盗んだとして窃盗容疑で警視庁池袋署に逮捕された。「ほとんど知られてないことですが、彼は何度も友達を裏切ってきたので、正直“またかよ”という思いです」とは、容疑者を知る音楽関係者の話だ。いったい何があったのか? 野畑容疑者は6年前、4人組のバンドROOTLESSの結成から [全文を読む]

ROGUE、『DESOLATION ANGELS』レコ発記念ライブにてイベント『GBGB』の開催を発表!

okmusic UP's / 2016年10月21日11時00分

続いて奥野敦士以外のメンバーである香川誠・西山史晃・深澤靖明らのKNiFeのステージ、そしてROGUEのパフォーマンスへとつながるという、バンドの歴史を辿るかのような構成だった。 奥野敦士ソロ、KNiFeに続いて登場したROGUEのステージは、今作『DESOLATION ANGELS』のオープニングチューンでもある「GET THE GLORY」でスタート。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】GAKU-MCの新曲をフィーチャー。「JINS × niko and ...」が初のコラボムービーを配信。

TechinsightJapan / 2015年06月25日20時25分

GAKU-MCと言えば、1994年に『DA.YO.NE』が大ヒットしたヒップホップユニット・EAST END×YURIのメンバーとして知られる。ユニットが活動を終了してからは、ソロとして活躍。2011年、東日本大震災が発生した後に、ap bank Fund for Japanのメンバーとしてボランティア活動に従事した。最近では、ミスチル・桜井和寿とのユニ [全文を読む]

2014 年6 月中旬オープン予定「MIFA Football Park 新豊洲(仮称)」内

PR TIMES / 2014年03月15日10時28分

同施設は、音楽とフットボールによるコミュニケーションの創造をコンセプトに、サッカースクールの運営やコートのレンタル、MIFA メンバーと対戦するフットサルイベントなどを予定しています。施設内には、都内では珍しい40m×60mのジュニアサイズのサッカーコート1 面または、フットサルコート3 面としても利用可能なコートとカフェが併設されます。MIFA による子 [全文を読む]

小田和正を筆頭に豪華アーティスト陣が贈る至極の音楽番組「クリスマスの約束2013」放送決定!

okmusic UP's / 2013年12月05日08時00分

メンバーは小田、根本要、スキマスイッチ、水野良樹)のコーナーは、メンバーにとって『クリ約の休憩所、道の駅みたいな感じ(の居心地の良さ)』。「団体戦が好きなんだな。みんなで、“やったな!"みたいなのをやりたい」と小田の言葉通り、全員で選曲したカバー曲やスキマスイッチの代表曲など3曲を披露した。収録が小田と拓郎のステージの直後だったため、根本は「拓郎さんを見て [全文を読む]

「ベスト盤の大ヒットも後押しか!?」強まるMr.Childrenの長期休養説

日刊サイゾー / 2012年05月29日08時00分

バンドメンバー、事務所ともに新曲を作るモチベーションが下がってしまい、このまましばらく休もうか、という方向に落ち着きそうな気配です」 そこで再度浮上しているのが、桜井和寿のソロデビュー計画だ。「烏龍舎がエイベックスと共同で設立したレーベルOORONG RECORDSは、所属のレミオロメンの活動休止などもあって、ほとんど稼働していないのが現状です。そのテコ入 [全文を読む]

チャラン・ポ・ランタン、もう『逃げ恥』の「恋ダンス」じゃない方なんて言わせない! 豪華ゲストと作り上げた新作をリリース

okmusic UP's / 2017年01月15日18時30分

桜井は『トリトメナシ』特設サイトで「今Mr.Childrenのツアーを廻っているメンバーで『かなしみ』のレコーディングをさせてもらいました。僕がボーカルではない曲をMr.Childrenで演奏し録音するのは初めてのことでしたが、曲の素晴らしさに引っ張られ、また可愛い歌声に寄り添いながら楽しくレコーディング出来ました。より多くの人にチャラン・ポ・ランタンの才 [全文を読む]

「ゲスの極み乙女。」活動自粛でも川谷絵音が音楽界から絶対に消えない理由

アサジョ / 2016年10月07日17時59分

他のメンバーにも華があり、しかもバカテク。才能と個性が集まった本物のバンドだと業界からの評価も非常に高い。タイアップやテレビで演奏する機会は減っても、耳の肥えたファンがいる限り、生き残っていくでしょう」 ミュージシャンが不貞騒動を起こしても、世間は寛容だという点も川谷の復帰を後押しする。過去には、尾崎豊と斉藤由貴、布袋寅泰と今井美樹、GLAYのTERUとP [全文を読む]

“恋人にしたい音楽アーティスト”1位に輝いたのは?

Smartザテレビジョン / 2016年05月17日20時31分

その他、今回このランキングで初めてランクインしたメンバーでは、音楽シーンを長年引っ張り続けたYUKIの3位に注目。「年を重ねてどんどん美しくなるから」というコメントが寄せられるなど、デビュー当時と比べてもあまり変わらない、それどころかむしろキュートさを増すビジュアルが支持を集めた。 一方、ビジュアル以外の部分でも評価を得たのが西内と山本。西内は「性格に好 [全文を読む]

「恋人にしたい音楽アーティスト」ランキング2016。~音楽情報誌『CD&DLでーた』発表~

PR TIMES / 2016年05月17日10時55分

今回新しくランクインしたメンバーは、3位のYUKI、4位の西内まりや、7位の山本彩(NMB48)、10位の大原櫻子となります。YUKIについては“年を重ねてどんどん美しくなるから”というコメントが寄せられました。また、男性全般のコメントとして“かわいい”、“歌がうまい”といったものが多いのですが、西内まりやについては“性格に好感がもてる”、“博多弁がかわい [全文を読む]

【豆知識】ジブリ映画主要キャラと同い年の有名人を調べてみた! おソノさんは西野カナと同い年!

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年03月05日06時00分

NEWSのメンバーである手越祐也さんや、フィギュアスケート選手の織田信成さんと同い年。また、サザエさん登場人物のマスオさんとも同い年ということになります。 ドーラは小泉今日子とほぼ同い年 同じく「天空の城ラピュタ」に登場する海賊・ドーラは公式に年齢が明かされていません。ところが作中で「ダテに50年女やってないよ」というセリフがあるため、50代であることは [全文を読む]

RADWIMPS、ツアー千秋楽はMr.Childrenと対バン!

okmusic UP's / 2015年12月01日12時00分

洋次郎と桜井がステージに残り、RADWIMPSのメンバーを呼びこむ。披露されたのは、桜井がBank BandでカバーしたRADWIMPSの「有心論」だ。RADWIMPSと桜井がその歌を奏でている光景はどこか超現実的であったが、その音と声はどこまでも生々しく響いた。 [全文を読む]

日本語ラップシーンの開拓者・GAKU-MCに直撃インタビュー「立ち止まると倒れちゃうような『自転車操業男』で在り続けたい」

AOLニュース / 2015年11月06日12時00分

日本語ラップシーンの開拓者・EASTENDのメンバーとして、90年代に大ヒットを連発したラッパー・GAKU-MC。ソロ転向後はヒップホップと他ジャンルを越境する自由な音楽性を突き進む一方で、盟友であるMr.Childrenの桜井和寿とのユニット「ウカスカジー」としての活動も精力的だ。現在は音楽活動の傍ら、震災ドネーションイベント「アカリトライブ」の主宰者と [全文を読む]

フォーカス