解散 桜井和寿に関するニュース

「次はRADWIMPSか……!?」くるり脱退騒動に見る“ワンマンバンド”の危うさ

日刊サイゾー / 2013年05月25日12時00分

自分でも『性格がひん曲がっている』と公言していますが、これまでにメンバーとしばしば衝突しており、5枚目のアルバム『アルトコロニーの定理』(EMIミュージックジャパン)を発売する前には解散の危機にまで陥っている。今年3月からソロプロジェクトのillion(イリオン)を始動したことで、関係者の間では『今後はバンド活動に割く時間を減らす』と見られています」 他方 [全文を読む]

小林武史の“イエスマン”はもう嫌だ!? Mr.Children解散説の裏側

サイゾーウーマン / 2012年09月26日09時00分

近年は解散説やボーカル・桜井和寿のソロ転向説が流れるなど穏やかではないが、実際にミスチルの周辺で何らかの変化が起きていることは間違いないようだ。 ミスチルは1992年5月にミニアルバム『EVERYTHING』を発売し、メジャーデビュー。93年7月にリリースした4枚目のシングル「CROSS ROAD」以後、「innocent world」「Tomorrow [全文を読む]

「ベスト盤の大ヒットも後押しか!?」強まるMr.Childrenの長期休養説

日刊サイゾー / 2012年05月29日08時00分

(文=本間幸宏)※画像はMr.Children公式サイトより【関連記事】・ミスチルも危ない!? 「音楽事務所」というビジネスの終焉・「ミスチル、ラルク......?」東京事変の解散発表でウワサされる"次に危ないバンド"・「メンバーの演奏力が......」サザン、ミスチルが抱える共通の悩みとは?・「事務所の取り分は1割!」ケツメイシ、高島礼子ら続々エイベック [全文を読む]

窃盗逮捕の『ワンピース』歌手、裏切り・借金踏み倒し常習の“あきれた素性”

日刊サイゾー / 2016年11月18日18時00分

そんな中で、バンドが出演予定のライブを次々にドタキャンする騒動を起こし、解散していた。当時は野畑容疑者の「体調不良」と発表されていたが、「遅刻や欠勤の常習者だった」と前出関係者。 池袋署によると今年5月、野畑容疑者は居候していた都内の友人宅からギター2本を盗んだ疑いが持たれおり、本人は「ギターは質屋に入れた。競馬に使う金がほしかった」と容疑を認めているとい [全文を読む]

ベッキーの不倫相手・川谷絵音だけじゃない! 下積み時代を支えた妻をブレイク後にポイ捨てしたアーティスト

messy / 2016年01月10日13時00分

所属バンド・BOØWYは1986年にブレイクしたが1987年に解散し、翌年ソロ活動をスタート。1990年代にはアーティストへの楽曲提供に力を入れ始めた。その時に出会ったのが、後に妻となる今井美樹(52)だ。そもそも今井は、山下の大ファンだったらしく、布袋と仕事をする前から、山下と親友関係にあったそう。その後、1997年に布袋と山下は離婚。1999年に今井と [全文を読む]

『出れんの !? サマソニ!? 2014 』セカンドセレクション選考員が決定!

@Press / 2014年05月23日12時30分

バンド解散後は、チャットモンチー、9mm Parabellum Bullet、ねごと、NICO Touches the Wallsなどのプロデュースを担当。作詞家としてはSuperfly「愛をこめて花束を」、少女時代「PAPARAZZI」、SMAP「Mistake!」、剛力彩芽「友達より大事な人」などの作品がある。 [全文を読む]

再浮上するMr.Children桜井和寿のソロ転身説『ap bank fes』休止の裏側に何が……!?

日刊サイゾー / 2013年02月17日12時00分

「ここ数年解散説が出ていたMr.Childrenですが、先頃アルバムをリリースするなど、一見健在ぶりを示した形となっています。しかし、そもそも解散説はMr.Childrenの事務所スタッフ周辺から某週刊誌にもたらされたもので、そこには生々しい内部情報も添えられていました。桜井自身がMr.Children以外の活動をやりたがっているというのは、かなり確度の [全文を読む]

フォーカス