内部 皇居に関するニュース

眞子さま婚約、佳子さま含め皇室が難しい選択迫られる

NEWSポストセブン / 2017年05月25日07時00分

「ただ、筆頭宮家である秋篠宮家の長女の婚約は大変におめでたいことであると同時に、皇室内部にさざ波を立てる事態にもなってしまっているのです」(宮内庁関係者) 昨年8月の陛下の「お気持ち」表明以降、「生前退位」の議論が進められてきた。5月19日には特例法案が閣議決定され、今国会中にも成立する見通しだ。そして、生前退位とセットでくすぶり続けてきたのが、5年以上続 [全文を読む]

“幻の地下施設”松代大本営跡とは!? めくるめく地下の魅力を語り尽くす『地下をゆく』

日刊サイゾー / 2015年12月20日19時00分

内部に仮の皇居も存在するというこの施設は、戦争末期に造られた巨大な地下塹壕で、本土決戦を覚悟した当時の政権幹部らが1944年にのべ300万人を動員して工事を始めたもの。毎日定時にダイナマイトで岩盤を爆破し、その際に出る石クズをひたすら運び出す。石クズは、日本橋から品川にいたる国道1号線沿いに撒くかたちで処分され、その一部は皇居の砂利になった。 結局、この [全文を読む]

美智子さま 雅子さまへ「気兼ねなく皇居を訪れて」と伝える

NEWSポストセブン / 2012年10月26日16時00分

「雅子さまがおひとりで公の場に出席されるのは、2009年の『なるほど展』(主に女性による発明品の展示会)以来、約3年ぶりのことですから、宮内庁内部からは“本当に雅子さまはおひとりで出席できるのだろうか”と不安視する声も聞こえました」(宮内庁関係者) この日の午前11時半過ぎ、雅子さまはお車で皇居に入られた。その際には、窓を開けられ、笑顔で沿道に集まった人 [全文を読む]

都会のマンションで心地よい和の空間を実現するリフォーム3つのポイント

サライ.jp / 2017年06月10日17時00分

■1:小さな窓で内と外をつなぐ日本家屋は、内部空間と外部空間(庭)の間に、縁側という空間があります。「イン・ビトゥイーン」つまり「つなぎの空間」で、家の内にいても外を感じさせるという日本建築の特徴であり、住空間に心地よさをもたらしてくれる重要なポイントです。残念ながら一般的なマンションで、このような内と外をつなぐ空間を実現している部屋はそうありません。でも [全文を読む]

モナコ観光をする前に知っておいた方がいい5つのこと

TABIZINE / 2017年05月24日16時00分

内部は撮影禁止ですが、グレース公妃の肖像画や豪華な調度品など、非日常の絢爛豪華な世界を堪能できます。モナコ観光をするなら、この宮殿の見学ができる時期が良いかもしれません。 ちなみに宮殿への入場券は、宮殿前のお土産物屋さんで購入できます。 観光名所を撮影しやすいツアーバスの座席 (c)Naoko Kurata モナコ国内の観光名所12か所を巡ってくれるツアー [全文を読む]

悠仁さま 高校受験回避のために筑附中無試験進学の可能性

NEWSポストセブン / 2017年05月19日07時00分

女子は高校まで内部進学で進めますが、男子は進めないので、外部の高校を受験する必要があるんです。男子児童であれば、そのまま筑波中、筑波高に進めるならうれしいでしょうね」(前出・保護者の1人)“どうせ高校で受験しなければならないのだから”と考え、お茶の水小の男子児童の約半数は中学受験に挑んで外部の中学校に進学する。その結果、お茶の水中のクラスの女子生徒数は男子 [全文を読む]

世界最小の独立国「バチカン市国」、カトリック教総本山の魅力に迫る

GOTRIP! / 2016年08月30日04時00分

内部は豪華な装飾や貴重な美術品で彩られ、柱ひとつひとつが芸術的でその美しさに思わず魅了されずには言われないほど。 ・サン・ピエトロのピエタ ミケランジェロが25歳の時完成させた作品「サン・ピエトロのピエタ」は、数ある彫刻の中でも最高傑作です。 十字架から降ろされたイエスの亡骸を抱き、悲しみの表情を浮かべる聖母マリア像。 心痛な面持ちが彫刻とは思えず、その [全文を読む]

一生に一度は行ってみたい!世界の小さな美しい国5選

TABIZINE / 2016年08月01日16時00分

その壮麗な外観はもちろんのこと、一級の美術品で彩られた内部も圧巻です。 もうひとつ、絶対に見逃せないのがバチカン美術館です。バチカン美術館は教皇の住居があるバチカン宮殿の一部で、教皇が世界各地から集めた宝物を所蔵しています。 バチカン美術館はひとつの美術館を指すのではなく、テーマごとに分けられた24もの美術館や博物館、図書館、礼拝堂からなる壮大な複合施設で [全文を読む]

神社仏閣の宝庫!福岡・宗像福津エリアのパワスポ7選

Walkerplus / 2016年07月29日08時00分

正面の4本の石柱や内部の机、調度品など当時のものが残っていて、建築物としても注目を集める。敷地内には「ラファエルの泉」があって、自由に井戸水をくむことができる。イエスの十字架の道行をなぞった自然遊歩道もあるので、ゆっくり散策するのがおすすめ。 【福岡ウォーカー】 [全文を読む]

天皇陛下がインフルエンザ 体調管理はどうなっているのか

NEWSポストセブン / 2016年03月07日07時00分

宮内庁内部からはこんな声が聞こえてくる。 「陛下は周囲が体調面を心配しても、“国民のために”と公務を第一にお考えになる。しかし、日頃のお疲れが今回の感染に繋がったと見られているだけに、陛下のご体調にはこれまで以上の注視が必要だと考えているようです」(宮内庁関係者) 撮影■雑誌協会代表取材 ※週刊ポスト2016年3月18日号 [全文を読む]

この秋注目の“近世日本の美術展”に行ってみた

WEB女性自身 / 2015年09月07日06時00分

御殿や大奥の内部を将軍になった気分で堪能できたことも面白かった。 帰り際には、お土産コーナーで特別展の図録や城のポストカードも購入。戦利品を手に、ホクホク気分で博物館を後にした。桃山と江戸の文化に触れることができた美術展では、戦国大名の気分を味わえた! [全文を読む]

なんで『特地』に派遣される部隊は全部旧式の装備なのか? 現役陸上自衛官に聞く『GATE』のリアルさ

おたぽる / 2015年07月09日15時00分

アニメに登場する74式戦車や高機動車、64式小銃などの兵器は、外見だけではなく、内部や作動状態などが細かく描かれており、ミリオタを納得させるクオリティだ。陸自部隊が「門」に突入する際、戦闘服に蛍光ジャケットを着た警務官(自衛隊の警察官)が交通誘導しているシーンなど、妙なリアリティも随所に見られる。 このほか、登場人物の名前が、伊丹、健軍、久里浜、江田島、 [全文を読む]

「戦争に批判的だった」昭和天皇 『実録』公開で、海外メディアは大戦前後の記述に注目

NewSphere / 2014年09月10日17時57分

これまでは皇室内部に向けたもので、一般国民に公開されることはほとんどなかった。『昭和天皇実録』は、11月30日まで、皇居内の臨時閲覧室で写本が一般公開されている。共同通信などによると、5年以内に一般向けの出版も予定されているという。 [全文を読む]

9日間で4回歯を治療した安倍晋三首相 歯科医師が症状を分析

NEWSポストセブン / 2014年08月26日07時00分

とても痛く、ストレスや体調不良で悪化しやすい」 官邸内部でも、首相の歯の異変は「ストレスが溜まっているのではないか」という見方が強い。 「総理はストレスを感じると歯にくるようです。昨年4月にロシアを訪問した際にも、ここ一番と臨んだプーチン大統領との首脳会談直前に歯のひどい痛みを訴えて、現地で歯医者を探せと大騒ぎになったことがある」(側近の1人) これには後 [全文を読む]

秋篠宮摂政論への期待 皇室が近代では異例の状態にあるため

NEWSポストセブン / 2013年06月19日07時00分

いま宮内庁内部から「将来、両殿下が天皇皇后になられた際、雅子妃の公務負担を軽減するため、秋篠宮殿下に摂政に就任していただくべき」とする意見が出ているという。「秋篠宮摂政論」が論議される背景には、「天皇皇后の健康問題」という避けては通れない事情がある。 昨年2月に心臓の冠動脈バイパス手術を受けた天皇は「手術前より元気になられた」という見方もあるが、79歳とい [全文を読む]

エナジャイザーブランドのヘッドライト「エクストリーム」が皇居周辺のナイトランナーを安全で快適にサポート 「adidas RUNBASE」にて無料レンタル開始!

PR TIMES / 2012年11月28日19時42分

■エナジャイザーヘッドライト「エクストリーム」の特徴 米国CREE社製、高機能LEDの使用で最大60ルーメンの明るさを可能にしました! エナジャイザー社製リチウム電池を使用した場合で最大20時間(※1)長持ち! 雨の日も安心の防水性能!(※2) ボタンを長押しすると明るさが徐々に変化し、調節が自由自在! ※1 リチウム電池使用時(ローモード) ※2 水深 [全文を読む]

雅子妃と父・恒氏の面会 この時期にどうかと懸念の声あった

NEWSポストセブン / 2012年03月11日16時00分

が、それに対しては東宮職内部でも“この時期に里帰りか、といわれかねない行動はいかがなものか”と懸念する声があり、結局、外での会合は実現しませんでした」(同前) この経緯は、別の宮内庁関係者も認めた。義父である天皇がご不例の折、実父との面会を待望した雅子妃と、難色を示した東宮職、そしてそれを受け入れた小和田氏、それぞれの心中は想像に難くない。小和田夫妻が記帳 [全文を読む]

フォーカス