散歩 皇居に関するニュース

HOME'S、散歩好きが選ぶ「散歩におすすめの場所ランキング」発表!

@Press / 2016年04月26日13時00分

総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、2016年4月26日(火)、首都圏の「散歩をするのに最もお勧めの場所ランキング」を発表いたしました。「1位は歴史あるあの街!~東京近郊散歩したい街ランキング」 URL:http://www.homes [全文を読む]

アフタヌーンティーを楽しめる。優雅な誕生日をペニンシュラ東京で

TABIZINE / 2017年03月13日21時00分

皇居外苑のお散歩はとっても楽しかったわ。 夕食もインルームダイニング。洋食と中華いろいろ混ぜてオーダーできるのはルームサービスならでは。 食後にホテルから誕生日のアメニティ、チョコレートケーキがプレゼントされました。ありがとうございます。 夜はホテルのプールへ。私と夫の貸し切りでした。久々に泳いでジャグジーに入りリゾート感覚でゆったりくつろぎました。 お [全文を読む]


YOMIURI ONLINE(ヨミウリ・オンライン)に新ウェブマガジン「RUN」が登場

@Press / 2013年04月02日11時00分

・「お散歩RUNマップ」 「お散歩RUNマップ」は、フリーライターの間庭典子さんが、お散歩でも楽しめる各地のランニングコースをイラストとともに紹介します。第1回は年間を通じて市民ランナーでにぎわう皇居です。 ・「走るを語る」 著名ランナーにインタビューする「走るを語る」の第1回ゲストは、元モデルでアウトドアエッセイストの木村東吉さんです。昨秋、自宅のある [全文を読む]

東京の「土木地形散歩」は最高におもしろい 現在の東京の骨格は江戸時代のインフラだ

東洋経済オンライン / 2017年06月02日13時00分

昨年8月、土木学会が新たにつくったオンライン土木博物館「ドボ博」。インフラを人体にたとえ、ジャンルごとに紹介するその手法は、それまで固いイメージだった土木を楽しいものに変えた。徳川家康の江戸入府からはじまる江戸の土木事業から現代まで、見るとわくわくする、土木風景「ドボ景」10選を、オンライン土木博物館「ドボ博」館長の北河大次郎さん、東京スリバチ学会会長の皆 [全文を読む]

楽天トラベル、散策に人気の旅行先ランキングを発表

PR TIMES / 2017年04月17日11時21分

「散策」「散歩」のキーワードを含む宿泊プランの宿泊人泊数(宿泊人数×泊数)実績が多い順にランキングした結果、1位は東京都の東京駅・銀座・日本橋・秋葉原エリア、2位は東京都の上野・浅草・両国・足立エリア、3位は石川県の金沢市内・周辺エリアとなりました。 散策に人気の旅行先ランキング TOP10 [表: https://prtimes.jp/data/corp [全文を読む]

サイクリングに最適!日比谷の地下で身も心も車もリフレッシュ

Walkerplus / 2016年11月04日11時54分

趣味として自転車で散歩を楽しむ「ポタリング」の流行や、運動不足解消やダイエットに「自転車」を使う人が年々増えている。中には、時間を有効に使おうと自転車通勤を実施する人も。特に自転車通勤は、忙しくスポーツジムなどに通う時間が取れない人にとってみれば、通勤時間を運動に充てられる上に、満員電車に揺られることもないので、無駄なストレスをため込むどころか、特に今の時 [全文を読む]

歌舞伎座前、秋葉原駅電気街口付近など東京のパワースポット

NEWSポストセブン / 2016年06月03日16時00分

ライトアップされる夜には仕事運を活性化する火の気も加わるので、アフター5のお散歩コースに取り入れてみて」 ■JR秋葉原駅電気街口付近 ビジネスとお金が動く、Tokyoカルチャーの発信地。 「秋葉神社からの火の気と、神田明神からの水の気のクロスポイントになっているのがその理由。だから電気街が栄えたんですね。流動的な気があるため、新規事業、新しいことを始めるの [全文を読む]

大きく見やすくなってさらに楽しい『ワイド版 東京今昔散歩』で時空散歩!

PR TIMES / 2014年04月26日10時35分

中経出版ブランドカンパニー 株式会社KADOKAWAは、2014年4月26日に『ワイド版東京今昔散歩』を刊行します。 江戸から伝わる風情を味わい、明治・大正の変貌をたどり、現地で違いを見比べる。 文庫版の『東京今昔散歩』が2008年に発売されてから、5年が経過しました。わずか5年ですが、 東京スカイツリーがそびえ立ち、辰野金吾設計の東京駅丸の内駅舎の復原工 [全文を読む]

路上へたり込みの元SMAP・草なぎ剛だけじゃない! 芸能人のギョーテン“奇行”事件簿

日刊サイゾー / 2017年05月24日11時00分

記者の直撃に、草なぎは『散歩』と答え、子犬は最近飼い始めたペットだとか」(芸能ライター) 芸能人のこうした“奇行”話は、過去にもたびたび報じられている。最も有名なのが、2001年に同誌で報じられた広末涼子の「タクシー無賃乗車事件」だろう。週刊誌記者が述懐する。 「当時、交際中だった金子賢と朝までクラブで遊んだ後、出演していたドラマのロケ地だった千葉県白浜市 [全文を読む]

皇室とペットの物語 悠仁さまは「大型犬がほしい」

NEWSポストセブン / 2016年12月25日07時00分

室内で飼育されているそうで、愛子さまは散歩に連れ出されることもあるようです」(宮内庁関係者) 愛子さまがお生まれになる前から、皇太子ご夫妻は「ピッピ」と「まり」という2匹の犬を飼われていた。赤坂御用地に迷い込んだ雌犬が産んだ10匹の子犬のうちの2匹で、愛子さまが誕生されてからはご一家で愛情を注がれた。だが、2009年2月にまりが、同年9月にピッピが相次いで [全文を読む]

神田・神保町で世界の絶品コーヒーを飲み比べよう!

Walkerplus / 2016年10月24日08時00分

コーヒー片手に、心地いい秋の風を感じながら、散歩がてら古書店を巡ってみては。【東京ウォーカー編集部/和田麻里】 [全文を読む]

人気のスポットがこの一冊に!ハンディサイズになりました♪ ぴあMOOK『おでかけさんぽ旅Best! 首都圏版』本日発売

PR TIMES / 2016年09月29日11時46分

[表1: http://prtimes.jp/data/corp/11710/table/273_1.jpg ] ______「さんぽ旅」シリーズ最新刊________ [画像2: http://prtimes.jp/i/11710/273/resize/d11710-273-617732-1.jpg ] -CONTENTS- 【大人の修学旅行】 上野建 [全文を読む]

「東京メトロのより道さんぽ」開催

PR TIMES / 2016年08月09日14時13分

秋風の中、気持ち良い散歩をしてみませんか。 イベントの参加費は無料で、参加人数を3,000名様限定として事前申込制にて参加を受け付け、お申し込みが多数の場合は抽選となります。参加をご希望される方は、はがきまたはWEBにて「東京メトロのより道さんぽ」運営事務局までお申し込みください。 東京メトロ沿線をもっとじっくり散策したいというお客様に向けて、今まで気づく [全文を読む]

美智子さま ご体調の危機を救った台湾人名医との交流秘話

WEB女性自身 / 2016年05月22日06時00分

たとえば、雨の日も欠かさないという早朝のお散歩。これはこのとき荘さんが提案し、今も続けられている日課だ。 「まだ朝露が落ちている時間に、草木の呼吸に合わせるように歩きます。これにより、体の中からリフレッシュすることができるのです。また、お化粧よりも体の内側から 健康的な美しさ を作り上げましょうと申し上げて『宇宙体操』をおすすめしました。これは、長いタオル [全文を読む]

薄れゆくきゃりーぱみゅぱみゅの存在感? 健康に不安も

messy / 2016年03月27日17時00分

「現在では、日本だけでなく世界中でツアーを組むなど多忙を極めており、影武者疑惑まで出ているんですよ」(芸能関係者) というのも先日、きゃりーぱみゅぱみゅが自身のインスタグラムに、夜の皇居を友人と2人で散歩した際の画像を投稿したのだが、その友人の顔がきゃりーにそっくりなことから、コメント欄では「どっちがきゃりー?」「きゃりーって、双子だったの?」などといった [全文を読む]

【書評】現代の東京のうしろに見え隠れする貧富の差の大きさ

NEWSポストセブン / 2015年12月08日07時00分

【書評】『カラー版 地図と愉しむ東京歴史散歩 お屋敷のすべて篇』竹内正浩著/中公新書/1000円+税 【評者】川本三郎(評論家) 「お屋敷」という言葉は現在の東京ではもう死語だろう。土地代は高いし、相続税の問題もある。よほどの大金持ちでなければ、屋敷に住むのは難しい。それに対し、昔の東京にはお屋敷が数多くあった。豪邸が並ぶ「お屋敷町」があった。格差社会が当 [全文を読む]

皇后美智子さま 少ない睡眠時間だったが今は9時間お休みに

NEWSポストセブン / 2015年10月24日07時00分

振り返れば、皇太子妃時代の美智子さまは毎朝“早朝散歩”が日課だった。歩数計を腰に装着され、1日2~3km、早足で歩かれた。 「皇后になられてからはそうもいかなくなりましたが、現在も可能な限り朝夕、皇居の自然の中を陛下とともに散策されています。とりわけ一日の始まりの朝の散策を大切にされ、陛下とのお時間をかけがえのないものと感じていらっしゃるようです。 また、 [全文を読む]

女子大生×東京散策ストーリー『東京おさんぽがーるず』(秋吉イナリ/白泉社)が7月29日発売! 「東京」のホントの魅力、お教えします――。あなたの知らない「東京」がいっぱい!

DreamNews / 2015年07月29日09時00分

野々花はある日、散歩の途中で金髪の女の子と出会う。彼女の名前は、古賀(こが)アレクサンドラ。日本の文化を愛する彼女と、『おさんぽ部』を作ることになり……!? 【ヤングアニマル連載作品】 <秋吉イナリ (あきよし・いなり) プロフィール>マンガ家。大分県中津市出身。2011年、ヤングアニマル増刊あいらんどにて『のら女子高生』でデビュー。好きな食べ物は、ラーメ [全文を読む]

【全国でココだけ】「宮内庁職員」が働く岐阜の伝統行事・鵜飼の見どころとは?

しらべぇ / 2015年05月14日11時40分

・屋形船に乗って宴会をしながら、すぐ横を通っていく鵜飼船の漁を眺める王道コース ・川沿いの涼しい風にあたって散歩しながら、遠目に鵜飼船のかがり火を眺めるコース 前者は、特に週末や夏休み期間は予約必須。 後者はいつでも楽しめるため、名古屋から少し足を伸ばして夜景デートならぬ鵜飼見物デート、というのも風流です。 とくに、6つの船が連なって一度に下る「総がらみ [全文を読む]

フォーカス