千趣会 カタログ通販に関するニュース

苦境のカタログ通販、大手小売りの“草刈り場”状態に

Business Journal / 2015年07月24日06時00分

大丸松坂屋百貨店を傘下に持つJ.フロントリテイリングは5月、「ベルメゾン」を運営する千趣会に出資して筆頭株主になった。J.フロントは第三者割当増資や創業者一族からの株式買い取りなどにより、千趣会株式の22.62%を100億円で取得。持ち分法適用会社に組み入れた。通販ビジネスのノウハウを取り込み、EC(電子商取引)事業を強化する。J.フロントの山本良一社長 [全文を読む]

アマゾン、なぜ衣料品PBを開発?ユニクロ、自社の「時代遅れ」気付き解体的改革始動

Business Journal / 2016年04月28日06時00分

だが、91年のバブル崩壊後は衰退が続き、売り上げ上位を占めていた千趣会、ニッセン、セシールも業績停滞や悪化により、他企業に買収されたり、資本業務提携を結んだりする結果となっている。 カタログ販売の中核商品は衣料品だ。そして、90年代初め、ファストファッションやユニクロのような低価格帯アパレルの登場で大きな打撃を受けた。対策として、自分達も低価格帯商品を出さ [全文を読む]

ナビプラス、越境ECソリューション「BuySmartJapan」を千趣会が運営する『ベルメゾンネット』に提供開始

PR TIMES / 2016年09月06日10時51分

~物流・言語・決済・チャージバックリスクを一括でサポート~ナビプラス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員CEO:篠 寛、以下:ナビプラス)は、自社の越境ECソリューション「BuySmartJapan(バイスマートジャパン)」の、株式会社千趣会(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:星野 裕幸、以下:千趣会)が運営するカタログ通販サイト「ベルメゾン [全文を読む]

【通信販売に関するアンケート調査】ネットショップ以外の通販会社で商品を購入した人は、通販利用者の5割強。年間総額「1万円~3万円未満」が25%で最多

PR TIMES / 2013年11月06日09時47分

購入した会社は「ニッセン」「千趣会」「セシール」「DHC」が上位となっています。 ネットショップ以外の通信販売での購入金額は、1回あたり平均「3000円~5000円未満」が35.4%、「3000円未満」「5000円~7000円未満」が各2割となっています。2010年調査時に比べ、平均購入金額は低い傾向です。年間総額は「1万円~3万円未満」が24.5%、「3 [全文を読む]

90項目以上の調査項目によりEC企業の実態を明らかにした 『インターネット通販TOP100調査報告書2014』を本日発行

PR TIMES / 2014年11月28日12時01分

売上高トップはアマゾン、2位は日本生活協同組合連合会(全生協のネット受注合計額)、3位はカタログ通販大手の千趣会となっています。 [全文を読む]

フォーカス