ニッセン 千趣会に関するニュース

苦境のカタログ通販、大手小売りの“草刈り場”状態に

Business Journal / 2015年07月24日06時00分

●セブン&アイのニッセン買収 だが、店舗とネット通販の融合、いわゆるオムニチャネル戦略により成果を出すのは容易ではない。 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は14年1月にカタログ通販最大手のニッセンHDを買収した。オムニチャネル戦略強化のため傘下に組み入れたが、経営の舵取りはうまくいっていない。 ニッセンHDの14年12月期の連結売上高は前期比6.1% [全文を読む]

アマゾン、なぜ衣料品PBを開発?ユニクロ、自社の「時代遅れ」気付き解体的改革始動

Business Journal / 2016年04月28日06時00分

だが、91年のバブル崩壊後は衰退が続き、売り上げ上位を占めていた千趣会、ニッセン、セシールも業績停滞や悪化により、他企業に買収されたり、資本業務提携を結んだりする結果となっている。 カタログ販売の中核商品は衣料品だ。そして、90年代初め、ファストファッションやユニクロのような低価格帯アパレルの登場で大きな打撃を受けた。対策として、自分達も低価格帯商品を出さ [全文を読む]

アマゾン、利益出さずに巨額現金生むモデル…楽天、在庫リスクゼロで会員顧客を循環させ利益

Business Journal / 2016年04月19日06時00分

15年6月の日本流通新聞発表によると、日本におけるB2C(企業が個人消費者を対象に行う電子商取引)のネット通販売り上げランキングは、アマゾンジャパンがダントツで7000億円、2位は千趣会の831億円、そのあとはヨドバシカメラ、デル、ニッセンと続く。 ちなみに楽天は、ショッピングモールに出店している小売業者からの出店料や手数料が収入源となっているため売上高 [全文を読む]

【通信販売に関するアンケート調査】ネットショップ以外の通販会社で商品を購入した人は、通販利用者の5割強。年間総額「1万円~3万円未満」が25%で最多

PR TIMES / 2013年11月06日09時47分

購入した会社は「ニッセン」「千趣会」「セシール」「DHC」が上位となっています。 ネットショップ以外の通信販売での購入金額は、1回あたり平均「3000円~5000円未満」が35.4%、「3000円未満」「5000円~7000円未満」が各2割となっています。2010年調査時に比べ、平均購入金額は低い傾向です。年間総額は「1万円~3万円未満」が24.5%、「3 [全文を読む]

アライドアーキテクツ、Twitterキャンペーンアプリサービス「モニプラ for Twitter」の提供を開始

PR TIMES / 2012年11月09日15時54分

また、同日より株式会社千趣会、ロクシタンジャポン株式会社のキャンペーンが、11月13日より株式会社ニッセン、ミニストップ株式会社のキャンペーンがそれぞれ開始いたします。 [全文を読む]

フォーカス