水谷豊 宇崎竜童に関するニュース

水谷豊×宇崎竜童コンサートツアー 初日にスペシャルゲスト・岸部一徳も駆けつけ大盛況でスタート!

PR TIMES / 2016年07月01日12時01分

水谷豊 × 宇崎竜童~男と男の誰にも言えない、ここだけのラ・イ・ブ~ vol.2」全国ツアーが6月30日(木)東京・かつしかシンフォニーヒルズでスタートした。水谷豊と宇崎竜童の共演コンサートは5年ぶり。コンサートは水谷豊コーナー、宇崎竜童コーナーに分かれた構成。この2人は水谷豊が1978年にリリースしたアルバム『青春番外地』を宇崎竜童が作曲(作詞は阿木燿 [全文を読む]

水谷豊、6年ぶり待望のシングル発売! 5年ぶりの全国ツアーを盟友・宇崎竜童とともに巡る!!

PR TIMES / 2016年06月15日09時21分

水谷豊がシングル「ありがとう」を6月30日にリリースする。シングルの発表は2010年7月にリリースした「人生ロマン派/水谷豊☓宇崎竜童・名義」以来、6年ぶり。 同シングルには新録音曲が4曲収められる。高揚感あふれるポップチューンのタイトル曲『ありがとう』、初めてシャンソンのアレンジに挑んだ2曲目の『こころ』。永年連れ添った夫婦へ、新たなライフスタイルを提案 [全文を読む]

本土民よ、『沖縄ベイ・ブルース』の歌詞に隠された本当の意味を知っているか? 米軍基地問題と守られなかった約束!!

tocana / 2015年02月03日18時00分

竜童は、夏川りみ、水谷豊、五木ひろし、郷ひろみなどにも曲を提供している。 『沖縄ベイ・ブルース』も、宇崎竜童作曲、阿木燿子作詞。R&Bのメンフィスサウンドに乗せた、切ないラブソング。だが、そこには深い意味が隠されている。 「約束はとうに過ぎて...」この歌い出しに出てくる「約束」とは、実は、沖縄復帰の時の日本政府の約束を指している。日本の敗戦で米軍の施政下 [全文を読む]

福岡で実現?水谷豊と及川光博、「相棒」ファンが熱望する“不仲説”払拭ライブ

アサ芸プラス / 2016年06月17日09時59分

水谷豊が6年ぶりのシングル「ありがとう」を6月30日に発売。同日からジョイントツアー「水谷豊×宇崎竜童~男と男の誰にも言えない、ここだけのラ・イ・ブ~vol.2」をスタートさせる。 ツアー初日の東京・かつしかシンフォニーヒルズ公演では、水谷の代表作「相棒」(テレビ朝日系)のレギュラーだった岸部一徳がゲスト出演する。岸部は俳優転身前、グループサウンズ「ザ・タ [全文を読む]

「相棒」以外は全コケ中、水谷豊の映画監督デビューに「大丈夫か?」の声

アサ芸プラス / 2016年04月28日09時59分

同作は水谷豊が映画監督デビューすることで注目を浴びている。「水谷が23歳の時のアイデアをもとにしたオリジナル作品。現場では、初監督とは思えない手際の良さを発揮している。主演の元天才タップダンサー役との掛け持ちは体力的にもハードながら、オーディションで選んだ新人ダンサーらに演技を付けるなど、大忙し。還暦をとうに過ぎたというのに、全く疲れを見せない水谷の張り切 [全文を読む]

水谷豊、約4年ぶりに歌手活動再開、3月には岸部一徳も参加のアルバムをリリース

Entame Plex / 2015年01月14日19時40分

俳優の水谷豊が、4年ぶりに歌手活動を再開することになった。 現在はテレビドラマ「相棒」などで俳優として活躍中の水谷だが、1977年に「はーばーらいと」で歌手デビュー。79年には「熱中時代・刑事編」の主題歌となった「カリフォルニア・コネクション」をヒットさせている。 2008年には22年ぶりに歌手活動を再開し、「カリフォルニア・コネクション」などをカバーした [全文を読む]

木村拓哉・工藤静香夫妻は嫌われヤンキー夫婦? 理想のカップルだったのに…

messy / 2013年11月22日15時55分

1位 三浦友和・山口百恵2位 水谷豊・伊藤蘭3位 佐々木健介・北斗晶4位 桑田佳祐・原由子5位 田中将大・里田まい6位 名倉潤・渡辺満里奈6位 渡辺徹・榊原郁恵8位 木梨憲武・安田成美8位 鈴木おさむ・大島美幸10位 宇崎竜童・阿木燿子10位 江口洋介・森高千里 新婚カップルは5位の田中・里田夫妻くらいで、他は長く連れ添っているカップルばかりが名を連ねて [全文を読む]

フォーカス