水谷豊 織田裕二に関するニュース

若者には不評?織田裕二が日曜劇場『IQ246』で怪演も賛否両論

しらべぇ / 2016年10月31日08時00分

織田裕二の新しいドラマ、この演技は相棒の水谷豊のマネ?— Aiko S (@aikotoba18) October 30, 2016織田裕二が笑うセールスマンに見える— ち (@lQpcAkiCtg5ToSV) October 30, 2016今度の織田裕二はこういうキャラなの?(たった今、再放送を見始めました)カタコト日本語で、なんか壊れた右京さんみたい [全文を読む]

水谷豊が新・相棒にアノ熱血俳優を熱望

デイリーニュースオンライン / 2014年12月22日11時50分

主演の水谷豊(62)と3代目相棒・成宮寛貴(32)がメインだが、その相棒役に交代のウワサが浮上している。 12月22日発売の「女性自身」(光文社)によると、水谷が新しい相棒に織田裕二(47)を推しているという。『踊る大走査線』(フジテレビ系)を国民的ドラマに築き上げた織田を俳優として高く評価しており、水谷自身が、 「クールな杉下右京と熱血的な織田の演技は相 [全文を読む]

本当に“醜悪至極”なのは誰だ? 楽しさを失った『IQ246~華麗なる事件簿~』を見続けるのが、もうキツイ

日刊サイゾー / 2016年11月28日21時00分

思えばこのドラマが発表された際、あまりに素っ頓狂なしゃべり方だった織田裕二に「『相棒』の水谷豊のパクリじゃねーか!」などと盛り上がったのが懐かしいです。もうね、完全にフツーですよ。フツーの織田裕二。顔が黒いだけ。ここまで織田裕二が完全におかしかったので、細かいカット割やしつこく挟み込まれる小ネタが緩和されていましたが、今回、そのうるささがすごく目立ちました [全文を読む]

秋ドラマの注目は変人ヒーロー 大型の刑事ドラマがズラリ

NEWSポストセブン / 2016年09月20日07時00分

そして今年の秋も、国民的刑事・事件ドラマの『相棒 season15』(テレビ朝日系)が放送されますが、元を正せば水谷豊さん演じる杉下右京も、シリーズ初期は現在よりも変人のキャラクターが際立っていました。 いずれ劣らぬ名優のなかでも、最注目は織田裕二さん。法門寺は、「常に暇を持て余し、自らが解くに値する“美しい事件”を求めてさすらい、『ああ、暇だ暇だ。どこ [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

ご存知、警視庁の「特命係」を舞台に、超人的な頭脳を持つ杉下右京(水谷豊)とその相棒が、鑑識課の米沢守(六角精児)らと協力しながら、難事件を解決する。所属部署ではないものの、その事件は捜査一課の扱いであり、事実上の警視庁捜査一課ドラマである。 そのフォーマットは、元祖バディもののシャーロック・ホームズとワトソンのスタイルを踏襲しつつも、世相を反映したリアリ [全文を読む]

織田裕二、土屋太鳳から“練られた演技”と絶賛に「え?」 中島美嘉のサプライズ潰しに「ボケた?」の声

おたぽる / 2016年11月15日12時00分

「熱血漢のイメージが強い織田がコミカルな探偵役を演じる、というギャップを狙ったのかもしれませんが、人気刑事ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)で水谷豊が演じている杉下右京のキャラクターを『デフォルメした』とも指摘されている独特な喋り方には、『違和感しかない』と否定的な声が寄せられる一方で、『妙に癖になる』『中毒性がある』などと肯定的な声も寄せられ、放送初回から [全文を読む]

織田裕二「IQ246」の妙な喋り方は杉下右京より山本高広の“あのネタ”に激似!

アサ芸プラス / 2016年11月13日17時59分

賛否両論あるうえ、「相棒」(テレビ朝日系)の杉下右京(水谷豊)をまねているのではないかとの指摘もあがっているが、それ以上に「あの人の喋り方に似ている」と語るのはテレビ関係者だ。「織田のものまねで有名な芸人・山本高広の持ちネタである『ケイン・コスギ』に似てるんです。その声は実は織田の耳にも入っていますが、本人は『いい物が作れるなら、何と言われようが構わない』 [全文を読む]

「相棒」だけじゃない!高樹沙耶逮捕で織田裕二の名作ドラマも放送禁止に?

アサ芸プラス / 2016年10月26日17時59分

「高樹容疑者は『相棒』にて、水谷豊が演じる主人公の元妻役を放送開始から約9年もの間、演じてきました。しかし、今回の逮捕で再放送が難しい状態となり、テレビ朝日としては大きな痛手に。また同ドラマのファンからは、名作揃いの過去作が観られなくなる可能性があるため、落胆の声が広がっています」(テレビ誌記者) 高樹は1983年に女優デビューして以降、数々の映画やドラマ [全文を読む]

高樹沙耶逮捕で「寺脇康文がとばっちり!」テレ朝『相棒』差し替え、織田裕二『お金がない!』も幻に!?

日刊サイゾー / 2016年10月26日17時00分

主人公・杉下右京(水谷豊)の元妻で、行きつけの小料理屋「花の里」の女将・宮部たまき役を約10年にわたり演じた。 テレ朝は今回の逮捕を受け、25日に予定していた『相棒7』第13話の再放送を、高樹容疑者が出演していない『相棒14』第12話に、急きょ差し替え。冒頭には「当初の予定を変更してお送りします」のテロップが表示された。 「高樹容疑者は、右京の“相棒”が亀 [全文を読む]

「IQ246」織田裕二の“変声”に興味なし、女性たちはディーン・フジオカを主役扱い

アサジョ / 2016年10月23日17時59分

同作品では主演・織田裕二のしゃべり方がドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の杉下右京(水谷豊)のようだと話題で、「ドラマが頭に入ってこない」と批判の声もあがっている。だが執事役を務めるディーン・フジオカ目当てのファンにとっては、織田の声などどうでもいい要素にすぎないというのだ。テレビ誌のライターが語る。「端正な顔つきのフジオカに執事はまさにハマリ役。しかも初回 [全文を読む]

ヒット作なく迷走?織田裕二の『IQ246』に”パクリ疑惑”が浮上

デイリーニュースオンライン / 2016年10月18日19時06分

鼻にかけたような不思議な喋り方をしており、多くの視聴者が同じ推理モノの高視聴率ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)で水谷豊(64)が演じる杉下右京を「パクっている」と指摘。なぜか貴族の末裔なのに日焼けで真っ黒になっている織田のルックスと合っていないという声もあり、不評の原因となっている。 「織田は往年の海外ドラマ『名探偵ポワロ』を意識しており、日本語吹替版と喋り [全文を読む]

フジオカとは艶が違う!織田裕二の「シミ汚肌」ドアップに視聴者がゲンナリ

アサ芸プラス / 2016年10月18日14時55分

『相棒』(テレビ朝日系)の水谷豊や『古畑任三郎』(フジテレビ系)の田村正和を寄せ集めたような特徴のあるしゃべりが延々と続く。得意げに謎解きする部分はもちろん、執事や刑事に向かっての小馬鹿にした物言いも同じ一本調子で続けられ、聞いてるほうは疲れが何倍にもアップする。極めつけはあまりに多すぎる織田のドアップ。そのたびにシミだらけの汚肌が映し出され、げんなりさせ [全文を読む]

織田裕二の奇怪なキャラはとりあえず置いといて……『IQ246』推理劇としての“爽快感のなさ”

日刊サイゾー / 2016年10月17日21時00分

セレブどころか「貴族の末裔」という設定なのに、日焼けサロンに行きすぎたのか顔面は真っ黒しわくちゃですし、『相棒』の水谷豊みたいなしゃべり方もすごく変です。ですが、これは慣れもあると思うので、とりあえず置いておきます。 さらに、警視庁捜査一課の刑事である奏子が“お目付け役”として「余計なことをしないように」見張っているという設定も、そのくせ沙羅駆が事件現場に [全文を読む]

TBS日曜劇場『IQ246』織田裕二の演技に『相棒』パクリ疑惑!「完全に右京さん」指摘殺到で暗雲

日刊サイゾー / 2016年10月12日00時00分

近年、代表作に乏しい織田だけに、ここはなんとしてでもヒットさせたいところ」(テレビ誌ライター) しかし、予告映像などで見られる、主人公の独特なしゃべり方に対し、ドラマファンから『相棒』(テレビ朝日系)シリーズの水谷豊演じる杉下右京に「そっくり」との指摘が殺到。ネット上では、「完全に右京さん」「右京の二番煎じじゃん」「織田裕二が右京さんのモノマネしてる」とい [全文を読む]

10月の秋ドラ「ギャラ戦争」松嶋菜々子は準主役でも200万円

WEB女性自身 / 2016年10月07日06時00分

ギャラはついに500万円の大台に乗った」(テレビ局プロデューサー) ほかにも、テレビ朝日のドラマには水谷豊の『相棒シーズン15』があり、安定した高視聴率を取れるのが強みだ。 (週刊FLASH 2016年10月18日号) [全文を読む]

結局、4代目相棒は誰? 本命は反町も、仲間、吉高らも浮上

NEWSポストセブン / 2015年06月08日07時00分

さらに『相棒』の主演はあくまでも水谷豊。彼が納得しないことには、新相棒のキャスティングは決まりません。もちろん、話題性のある人、というのも大きな条件となります」(テレ朝関係者) キャスティングの難航ぶりを示すかのように、雑誌やネットニュースなどではさまざまな名前があがった。昨年12月、『女性自身』は「水谷豊が織田裕二を推している」と伝えた。 「ほかにも、2 [全文を読む]

『相棒』次の相棒選びが水谷豊NGで難航…4代目は反町隆史、5代目は仲間由紀恵に決定

Business Journal / 2015年03月26日23時00分

水谷豊主演の人気刑事ドラマ『相棒season13』(テレビ朝日系)が18日、高視聴率で最終回を迎え、3代目相棒だった成宮寛貴がついに卒業した。「新しい相棒は誰か?」と注目を集めていたが、関係筋によればようやく決定したもようだ。 決定したのは初の「女性相棒」となる仲間由紀恵で、近日中に発表される予定。season13で仲間は、子持ちの警視庁キャリア広報課長と [全文を読む]

織田裕二、向井理、佐藤隆太、稲垣吾郎……『相棒』成宮寛貴降板で“4代目”臆測合戦が過熱!

日刊サイゾー / 2015年02月04日17時00分

ネット上では、昨年12月発売の「女性自身」(光文社)に、「主演の水谷豊が、ラブコールを送っている」と報じられた織田裕二をはじめ、向井理、佐藤隆太、SMAP・稲垣吾郎、細川茂樹、佐藤健、市原隼人、斉藤工、細川茂樹、谷原章介らの名前が。 また、中にはマンネリ化が叫ばれている同シリーズゆえに、初の“女性相棒”の誕生を予想する声も見られ、仲間由紀恵、尾野真千子、 [全文を読む]

新『相棒』に織田裕二を指名!? テレビ朝日が頭を悩ませる“殿”水谷豊の奇策の実現度

サイゾーウーマン / 2014年12月24日14時17分

杉下右京、青島巡査部長をまさかのご指名!? ――人気ドラマシリーズ『相棒』(テレビ朝日系)次期シリーズの出演俳優に、主演・水谷豊自ら織田裕二にラブコールを送っていると、22日発売の「女性自身」が報じた。サイゾーウーマンでも現相棒・成宮寛貴の“殉職プラン”、また水谷の意向によるプロデューサーの降板を伝えてきたが、来年の『相棒』はさらなる大波乱が予想されている [全文を読む]

水谷豊 新『相棒』に織田裕二熱望も「絶対モメる」とスタッフ恐怖

WEB女性自身 / 2014年12月22日00時00分

共演を熱望しているそうです」(テレビ局関係者) 02年10月から連続ドラマとしてスタートした水谷豊(62)主演の『相棒』(テレビ朝日系)。放送中のシーズン13も平均視聴率15%前後と、まずまずの数字だが、かつての勢いと比べると減速気味であることは否めない。水谷扮する杉下右京の相棒役は、成宮寛貴(32)で3代目。その交代するタイミングや新たな相棒の指名は、水 [全文を読む]

フォーカス