豊臣秀吉 源頼朝に関するニュース

【京都案内】戦国武将や文豪が愛した「美しすぎる桜の名所」5選

まぐまぐニュース! / 2016年03月03日19時00分

それぞれ有名な場所ばかりなので是非今年訪れてみて下さい! 醍醐寺 image by:京都フリー写真素材 世界文化遺産に登録されている醍醐寺は京都を代表する桜の名所で豊臣秀吉が「醍醐の花見」を開いたことでもとても有名です。秀吉が花見をする為に設計したと言われる三宝院の入口を入ってすぐの場所に大きなしだれ桜「太閤しだれ桜」があります。目の前に空からシャワーのよ [全文を読む]

国宝がいちばんたくさんある都道府県はどこ?意外と知らない国宝雑学クイズ

Woman Insight / 2014年09月15日18時30分

数分でできる雑学クイズ、すきま時間にレッツチャレンジ♪ 【国宝雑学クイズ 問題編】 Q1.国宝をいちばんたくさん持っている都道府県はどこでしょう? A.奈良 B.京都 C.東京 Q2.国宝を決めるのは誰でしょう? A.総理大臣 B.文部科学大臣 C.文化庁長官 Q3.国宝のなかで、最も古い時代に生み出されたものはどれでしょう? A.土偶 B.高松塚古墳壁画 [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

豊臣秀吉(1537年-1598年9月18日) 戦国一の出世頭、太閤秀吉は遅咲きの印象がありますが、40歳の1577年には、信長から命ぜられた中国攻めの端緒となる播磨平定に道筋をつけて、信長から褒められています。 大河ドラマ『軍師官兵衛』で官兵衛が奔走していた、秀吉を姫路城に迎えて、小寺政職らを説得して押さえ込んだ、あの辺りです。近年雲海で有名な、但馬の [全文を読む]

安田靫彦(やすだ・ゆきひこ)展、東京国立近代美術館で40年ぶり開催/お得なペア前売り券など12月1日に発売

PR TIMES / 2015年11月20日14時05分

※「本画」とは…素描(デッサン)や下図(したえ)を経て描かれた完成作品 歴史好きの人必見! ヤマトタケル、聖徳太子、源頼朝、源義経、織田信長、豊臣秀吉、宮本武蔵・・・・・・。時代のヒーローたちを描いた、教科書でもおなじみの作品が並びます。「靫彦戦後の3大美女」と言える、《王昭君(おうしょうくん)》(足立美術館蔵、3月23日~4月17日展示)、《卑弥呼》( [全文を読む]

私の秋は忙しくなる。「そうだ京都、行こう」歴代ロケ地で紅葉狩り

まぐまぐニュース! / 2015年11月16日08時26分

世界文化遺産に登録されていて、豊臣秀吉が桜の木を700本植えさせ花見の会を開いたとされる「醍醐の花見」でも有名です。下醍醐には国宝の金堂をはじめ、京都府最古の木造建築物とされる五重塔などは見逃せません。三宝院は寝殿造と書院造からなる桃山建築で表書院前の庭園は豊臣秀吉が自ら設計したものと伝わります。戦国大名が作庭する庭はとても珍しく、秀吉らいい豪華でダイナミ [全文を読む]

真田幸村、徳川家康、坂本龍馬――戦国の名将や維新の名士が患った病を、現役医師が診断・解明!

PR TIMES / 2016年05月23日13時29分

[画像: http://prtimes.jp/i/4702/83/resize/d4702-83-634999-1.jpg ] 武田信玄 本当は痩せていた? ―結核 上杉謙信 義に生きた男の高血圧 ―脳出血 織田信長 天下布武を目前に ―情性欠如型人格障害 豊臣秀吉 後継ぎが欲しい天下人 ―男性不妊 徳川家康 鯛の天ぷらは権力者を倒したか? ―膵胆道腫瘍 [全文を読む]

真っ赤なじゅうたん!冬の京都ならでは「椿」の名刹3選

Woman Insight / 2015年12月22日19時30分

京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30/075・771・2420/春の特別公開時は9時30分~16時/500円/椿の公開:4月1日~7日 (撮影/中田 昭) ●地蔵院 「椿寺」と呼ばれている地蔵院は、かつて加藤清正が豊臣秀吉に献上し、さらに北野大茶湯の縁から秀吉より寺へ献じられた「五色八重散椿」が有名でした。残念ながら昭和58(1983)年に枯れ、現在は [全文を読む]

【無料で読める!!】「学研まんが人物日本史」シリーズの『勝海舟 江戸城明けわたし』(電子書籍版)を期間限定で無料配信!

PR TIMES / 2015年05月01日13時26分

◇学研BookBeyond http://bit.ly/1EV16V8 ◇Kindleストア http://amzn.to/1zirx4l ◇楽天Kobo電子書籍ストア http://bit.ly/1bHTRT2 ◇iBooks http://bit.ly/1EV0hM0 ◇GooglePlayストア http://bit.ly/1EH27Os ■「学研 [全文を読む]

石坂浩二から武田鉄矢へ「お前みたいな顔に生まれたかった」

NEWSポストセブン / 2014年12月14日07時00分

なんてことを言うんだろうと思いましたよ」 その後、『徳川家康』では豊臣秀吉、『太平記』では楠木正成、『龍馬伝』では勝海舟と、大河ドラマに何度も出演している。「歴史上の人物を演じる時は、肌触りを大事にしています。人物としての木目(きめ)を出したいんですよ。秀吉の時は感情豊かに、人間の強弱をつけていく。母親が死んだときはガキミソのように、泣くだけ泣こう、とか。 [全文を読む]

フォーカス