保健所 熊本県に関するニュース

【飼い主募集】熊本地震の被災「犬・猫」が家族を探しています

WEB女性自身 / 2016年09月30日06時00分

県内10カ所の保健所が保護している数も合わせると、その数じつに342頭に上る。 「延べ500人以上のボランティアの方々が精いっぱい、動物たちの世話をしてくれています。それでも、5カ月以上もここにいる犬や猫たちは、ストレスもたまっているはずで、病気も心配なんです」(石原所長・以下同) 幸いにも新しい家族を見つけられた犬や猫がいる一方で、新たに引き取りを希望す [全文を読む]

ペットを生かさず殺さず「生ゴミ」処分~「犬猫の殺処分ゼロ」で暗躍する<引き取り屋>

ヘルスプレス / 2016年08月18日20時55分

保健所による殺処分数が減り、譲渡数が増えている いま日本では、自治体の保健所が主体となって犬猫などの殺処分を行っている。近年はどこも殺処分数を減らす方針で動いている。熊本県熊本市をはじめ「殺処分ゼロ」の目標を達成させた自治体もいくつかある。先の都知事選で小池百合子都知事が、「ペット殺処分ゼロ」を政策方針に掲げたことも記憶に新しい。 野良犬を見かけない東京都 [全文を読む]

全国の保護犬・保護猫を笑顔に!

PR TIMES / 2016年12月16日14時34分

品川 萬里(しながわ まさと)郡山市長からの喜びの声 ~郡山市保健所へのネクスガード寄贈~ 「郡山市では犬・猫の殺処分数減少を目指し、返還、譲渡を推進しています。そのような中、ノミ・マダニなどの外部寄生虫、回虫などの内部寄生虫の対策を行うことは、動物の健康管理の上では非常に重要です。寄生虫対策が、今回の寄贈によりこれまでに増して実施することができ、とても有 [全文を読む]

高齢ペットの悩みに救い マッチングイベントや老犬ホームも

NEWSポストセブン / 2014年11月13日11時00分

譲り受けを希望する人はホームページで写真などの情報を吟味して、板橋区保健所経由で登録者に譲渡を申し込む。その後は当事者同士で話し合いを進めるシステムだ。 登録は無料だが、板橋区在住者に限られる。同様の無料サービスは多くの自治体で実施されている。高額になるが「老犬ホーム」という手段もある。「老人ホーム」のペット版だ。 熊本県菊池市の老犬ホーム「トップ」の費用 [全文を読む]

インフルエンザの流行拡大 スマホアプリで流行エリア把握

NEWSポストセブン / 2014年01月24日16時00分

前出・国立感染症研究所の「インフルエンザ流行レベルマップ」によると、流行が本格化する前の1月9日時点では、全国の保健所地域で「警報レベル」を超えていたのは大阪府で1か所。「注意報レベル」を超えていたのは14か所で、秋田県(1)、愛知県(3)、岐阜県(3)、大阪府(1)、高知県(1)、福岡県(1)、熊本県(1)、長崎県(1)、沖縄県(2)とエリアが分散して [全文を読む]

フォーカス