奥さん 南果歩に関するニュース

渡辺謙が相次ぐ報道に怒りのツイート 「人の人生を勝手に創作しないで」に賛否

しらべぇ / 2017年08月17日16時00分

奥さんの人生を踏みにじって家族に迷惑かけて当然の報いだと思います・自分の人生…なんか開き直っちゃってる感じに聞こえます。果歩さん本当にかわいそう・むやみに発信せずに静かにしている方が良いと思うし、自分で招いた状況ではありますがそれも後押しして芸能人であるがゆえに何を言っても叩かれると思います・不倫をしていたのは事実なんでしょ? だったら受け入れるべき。芸 [全文を読む]

「不倫謝罪」を迫られる人気商売のつらさ

プレジデントオンライン / 2017年07月22日11時15分

彼女たちが次々に繰り出す「浮気がばれたのは今回だけ」「奥さんとやり直したいか」「離婚は考えているのか」などの厳しい質問に、苦笑を浮かべながらも、スターとしての矜持を保とうとする渡辺の姿は、ある種の哀しささえ漂わせていた。 不倫してなにが悪い。オレが女房以外の女を愛してはいけないのか。お前たちに答える義務はない。本音ではそう思っていたのではないか。人気商売は [全文を読む]

渡辺謙「不倫謝罪会見」舞台ウラ! 女性記者が「逃げるな」と怒りの質問連発

サイゾーウーマン / 2017年07月18日11時45分

奥さんを愛している?』『やり直したい?』と矢継ぎ早に質問されても、同様の回答だっただけに、しびれを切らしたレポーターから『立場とかではなく、ご自身の思いとしては?』と突っ込まれ、渋々『そうあったらいいなと思う』と答えていました。南を『支えていきたい』という発言こそあったものの、“離婚は避けられない”という渡辺の諦めを感じ取った記者も多かったですよ」(同) [全文を読む]

渡辺謙「女性スキャンダル」文春砲でテレビ業界に大余震!(1)「直撃取材だけはしないで」

アサ芸プラス / 2017年04月16日17時57分

奥さんの南果歩(53)が乳ガンの闘病中でしたから、紛れもなく“ゲス不倫”。にもかかわらず、テレビではコメンテーターが『謙さんならいいんじゃないか』と“忖度”したコメントに終始していました」 渡辺が所属するケイダッシュは業界でも最大手。同社の川村龍夫会長(76)は、“芸能界のドン”と言われ、テレビ業界に強い影響力を持つと言われている。“忖度”の理由も推して [全文を読む]

懲りない渡辺謙、不倫で妊娠中の娘・杏に負担かける…再び杏を苦しませ確執深まる

Business Journal / 2017年04月04日06時00分

そして謙さんは売れて収入が増えれば増えるほど、元奥さんは新興宗教にハマり、多額の借金をつくることになりました。 そんな状況のなかで一番苦労したのは、杏ちゃんでした。高校に進学するにも学費が払えず、進学を諦めかけていた時に、幼い頃からの知人に『モデルをやってみたら』と言われたのがきっかけです。杏ちゃんは、自分で学費を稼ぐためにモデルになったのです。ほとんど家 [全文を読む]

小さくまとまりすぎ?渡辺謙の不貞報道に「金髪美人ならよかったのに」との声

アサ芸プラス / 2017年04月04日05時59分

ただし『奥さんと行きつけの中華店にその女性を連れて行くのはダメ』なのだとか。また『日本人じゃなくて金髪美人ならよかったのに』『20歳以上年下だとあきらめもつく』『あと2~3人くらい同じような存在の女性が出てきてほしい』といった声も少なくありません。ハリウッドスターですから、複数のブロンド美女と浮き名を流してほしいのに、日本人の既婚男性がいかにも選びそうな清 [全文を読む]

渡辺謙の不倫騒動は別のスキャンダルの隠れみの?=韓国ネットから「ならでは」の指摘

Record China / 2017年03月31日14時40分

むちゃくちゃがっかり」「やっぱり俳優ってどうしようもないんだな」というコメントや、「奥さんが病気のところで露骨だ」「女性は普通、夫が病気なら懸命に看病するのに」と、妻の闘病中の不倫を非難するコメントが多数の支持を得たほか、韓国で昨年来「ゲス不倫カップル」としてバッシングを浴びている映画監督ホン・サンスと女優キム・ミニの例と比較するコメントも目立つ。 そうし [全文を読む]

渡辺謙 胃がん発見にあった「南果歩が守る寂聴さんの言葉」

WEB女性自身 / 2016年02月19日06時00分

「本当に奥さんのおかげで、謙は命拾いしましたね。彼は1月27日にはニューヨークで舞台を見ています。その後、帰国したときの彼の言動に、妻の南果歩さんは強い不安を感じたようですね。直前にお嬢さん(※女優の杏)が評判のいい人間ドックを教えてくれていたそうで、そこに入ることを謙に強く勧めたのです」 妻の予感に娘の気遣い 。南と杏、義理の母娘による連係プレーが 奇 [全文を読む]

フォーカス