アパレル 三陽商会に関するニュース

三陽商会、バーバリーに代わる収益柱みえず ファンドや大株主による買収観測も浮上

Business Journal / 2014年06月26日01時00分

戦後、「サンヨーレインコート」からスタートしてアパレルメーカーに変身した三陽商会は、バーバリーとともに成長してきたといっても過言ではない。ライセンス製造した「バーバーリー・ロンドン」は重厚なイメージで高価だったため、日本の若い世代にはあまり受け入れられなかった。しかし、1996年に立ち上げた若い女性向けのバーバリー・ブルーレーベルは人気歌手の安室奈美恵が [全文を読む]

バーバリー、三陽と契約解除の舞台裏 相次ぐ海外ブランドの一方的解除でアパレル業界岐路

Business Journal / 2014年06月12日01時00分

アパレル大手の三陽商会は5月19日、英バーバリーとのライセンス契約を2015年に終了すると発表した。 主な内容は、三陽商会が製造・販売する「バーバリーロンドン」の婦人服と紳士服は15年春夏シーズンをもって終了。「バーバリー子供服」は15年春夏シーズン終了後に事業をバーバリーグループへ移管。派生ブランドの「バーバリー・ブルーレーベル」と「バーバリー・ブラック [全文を読む]

「Skinware」を展開する株式会社AWA、株式会社三陽商会と豊島株式会社に総額1億円の第三者割当増資を実施

@Press / 2016年11月02日18時30分

【増資引受の目的】 AWAは、「Skinware」事業を、アパレルからフレグランス、ライフスタイル雑貨まで拡大をするため、新たな人材の採用や、企画、生産、販売体制の強化を目指します。トータルなオーガニックライフスタイルを提案するブランドとして、国内、海外市場で事業を拡大するべく、直営店の出店、海外向けのEコマース販売、卸事業の展開を計画しています。 三陽 [全文を読む]

三陽商会が長年培ったノウハウをスタートアップ企業に提供 新規事業創出プログラム開始

PR TIMES / 2016年08月22日14時52分

三陽商会がスタートアップ企業に提供する経営リソース ・エポカなど21ブランド ・全国の百貨店・商業施設にある1,300の売場と直営店 ・全国の従業員1,300人、販売スタッフ4,300人 ・日本、中国、ASEANにある自社・協力工場で働く専門職者 株式会社三陽商会について 所在地:〒160-0003 東京都新宿区本塩町14 代表者:代表取締役社長 杉浦 [全文を読む]

2014年も「タイムレスワーク」を継続 33年前の長嶋茂雄氏スーツを復元

PR TIMES / 2014年05月13日19時22分

※ 2014年においては、保管庫から長嶋茂雄氏のために仕立てた33年前のスーツの型紙が見つかったことをきっかけに、「コートのSANYO」から「総合アパレルのSANYO」へ成長を遂げた時代の象徴的な商品となるこのスーツを当時のつくり方に現代の手法を取り入れて復元し、「タイムレスなものづくり」を追体験する新たな試みを実施することになりました。 ※『100年コー [全文を読む]

英バーバリーに逃げられた「三陽商会」が赤字に転落した本当のワケ

まぐまぐニュース! / 2016年06月27日19時30分

バーバリーとのライセンス契約終了後、大幅の赤字が出る見込みとなったアパレル大手の「三陽商会」。なぜバーバリーは業績好調だった三陽商会との契約を打ち切ってしまったのでしょうか。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、両社の間に「ブランド戦略に対する相違があった」との見方を示しています。 [全文を読む]

100年コートが「J∞QUALITY AWARD 2016」グランプリ受賞

PR TIMES / 2016年10月19日19時48分

同表彰式では、この1年間のアパレル認証商品(約500点)の中から、「これぞJ∞QUALITY」という11点の商品が表彰、発表されました。当社は「100年コート」を通じて、衣服を大事に永く愛するという文化、そして日本の繊維産業や縫製産業の素晴らしさを伝えてまいります。【100年コート の概要と経緯 】「100年コート」は、2013年に設立70周年を迎えたこと [全文を読む]

新旗艦店「三陽銀座タワー」、チームラボによる“人に反応する鏡のサイネージ”導入

FASHION HEADLINE / 2015年09月20日20時00分

総合ファッションアパレル企業・三陽商会が、東京・銀座に同社の展開ブランドを集結させた「三陽銀座タワー」(東京都中央区銀座8-8-9)をオープン。チームラボ(teamLab)による「Mirror Object Signage」と「チームラボカメラ」を導入している。 「Mirror Object Signage」は、鏡で出来た複数の立体オブジェで構成されたデジ [全文を読む]

三陽商会とNTTデータ「SANYOオムニチャネル基盤」の構築を開始

PR TIMES / 2015年03月13日13時11分

アパレル業界初「BizXaaS(R)オムニチャネル」採用により、三陽商会のオム二チャネル戦略を推進~株式会社三陽商会(以下、三陽商会)と株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)は、三陽商会が目指す次世代型Eコマースの実現に向け、店頭とECの融合・外部WEBサイトとの情報共有を行う「SANYOオムニチャネル基盤システム」の構築を開始しました。 当「SAN [全文を読む]

【飲食新店舗】三陽商会を脱サラ、富士屋本店ワインバー出身のオーナーが、NYスタイルのスタンディングバー「The Bridge Bar&Lounge」を蔵前にオープン!!

PR TIMES / 2017年03月27日12時17分

(店舗リーフレット内容より抜粋)[画像2: https://prtimes.jp/i/24013/2/resize/d24013-2-476932-4.jpg ]前職アパレルでのVMD(ヴィジュアルマーチャンダイザー)経験やブランディングを担当していた経験を活かし、飲食店だが「空間」を強く意識した店舗になっている。人との繋がりを意識しているからこそ、気軽に [全文を読む]

2016年アパレル業界を振り返って/井上 和則

INSIGHT NOW! / 2016年12月31日20時18分

かつてアパレル業界のメインプレイヤーであった大手アパレルのオンワードホールディング、三陽商会、TSIホールディングス、ワールドなどが軒並み減益となり、そのメイン販売先である百貨店も外国人観光客をあてにしていたインバウンド売上も頭打ちとなり苦しい戦いをしている。振り返れば、夏前に経済産業省は、アパレル・サプライチェーン研究会の報告書の公開と同時にアパレル業界 [全文を読む]

飛ぶように売れていたバーバリーを失った三陽商会、深刻な事態突入…大量リストラ&閉店

Business Journal / 2016年12月01日06時00分

アパレル大手、三陽商会は10月末に予定していた中期経営計画の発表を延期した。2017年2月にあらためて発表するという。 この数年の業績不振を受け、7月に当初の中期経営計画を撤回した。10月に新しい計画を発表するとしていたが、営業赤字が拡大し経営の方向性が定まらないため、さらに延期することになった。先行きが見通せなくなったことの表れで、深刻な事態に直面したこ [全文を読む]

『君の名は。』で東宝は100万超え!話題企業の冬ボーナス

WEB女性自身 / 2016年11月22日17時00分

「ファミリアや英国バーバリーとのライセンス契約を終了した三陽商会などアパレル各社は、少子高齢化、消費増税や中国人観光客爆買い需要失速のあおりを受け低調気味です。アパレルに限らず、百貨店や小売業は大手輸出型製造業に比べもともとの賃金水準が低く、企業間格差は広がるばかりです。ニトリなど一部好調な会社はあるものの、全体的には厳しい状況です」 [全文を読む]

婦人服ブランド「エポカ」から「24(トゥエンティーフォー)ジャケット ノーブル」を発売。24時間着用してもストレスになりにくい着心地にこだわったジャケットに、布帛タイプが登場 。

PR TIMES / 2016年08月03日19時05分

[画像1: http://prtimes.jp/i/9154/113/resize/d9154-113-667876-1.jpg ]■商品開発の背景[画像2: http://prtimes.jp/i/9154/113/resize/d9154-113-947624-2.jpg ]~ 女性のビジネスウエア市場 ~2000年頃から急速に進んだオフィスにおける服 [全文を読む]

ミクシィ×三陽商会、コラボTシャツを発売 スマホゲームと人気セレクトショップの初の取り組み

PR TIMES / 2015年04月02日19時08分

「モンスターストライク」にとっては初のアパレルブランド、「GUILD PRIME」にとっては初のスマホゲームとのコラボレーションです。[画像1: http://prtimes.jp/i/9154/42/resize/d9154-42-923810-7.jpg ]コラボTシャツ(全4種類)には、「モンスターストライク」と「GUILD PRIME」の世界観にマ [全文を読む]

三陽商会より、企業メッセージ ショートムービー「TIMELESS STORY」本編を配信開始

PR TIMES / 2014年10月24日11時54分

【製作】 2013年は商品企画の立案から生産決定までをアパレルの社内を舞台に映像化し、実際の「100年コート」の製作スケジュールと同時進行で物語を描きました。 2014年は「100年コート」のテーマでもある、永く愛されるコートの未来を描くストーリーです。クリエイティブ・ディレクターに高崎卓馬氏、保持壮太郎氏、監督に辻川幸一郎氏を迎え、レトロフューチャーな [全文を読む]

ブラックバレット本格始動。ゾゾタウンオープン

FASHION HEADLINE / 2013年11月25日10時00分

12AWシーズンにて同社との契約満了後、13SSからシンガポール拠点のアパレル企業クラブ21に移り、デザインをニールのメインコレクションのデザインチームが手掛けるようになった。14SSはグラフィカルなカラーブロックの切り替えや前後で色・素材を変えたアイテム、袖をメッシュにしたニットなどを披露している。 現在店舗はシンガポール、中国、香港などアジアに7店を構 [全文を読む]

"管理職にステージアップした女性が最初に選ぶ1着" を実態調査から開発 「FIRST JACKET」発売/婦人服ポール・スチュアート

PR TIMES / 2017年02月22日17時41分

[画像1: https://prtimes.jp/i/9154/147/resize/d9154-147-130259-7.jpg ][画像2: https://prtimes.jp/i/9154/147/resize/d9154-147-986785-0.jpg ]■商品開発の背景~ 女性のビジネスウエア市場 ~2000年頃から急速に進んだオフィスにおけ [全文を読む]

【株式会社三陽商会】 羽毛(ダウン)のリサイクルを促進する団体「一般社団法人Green Down Project」に加盟

PR TIMES / 2015年05月17日10時21分

当社は、「Green Down Project」の参加企業として、今年も再生羽毛「グリーンダウン」を用いた製品の販売と、羽毛製品の回収を通して、“羽毛はリサイクルできる循環資源である” ことを広め、アパレル企業として羽毛の再利用促進を図ってまいります。[画像1: http://prtimes.jp/i/9154/46/resize/d9154-46-883 [全文を読む]

フォーカス