高齢出産 野田聖子に関するニュース

安倍首相の盟友・曽野綾子も野田聖子議員に障がい者ヘイト!「子どもの治療に税金を使っているのを申し訳なく思え」

リテラ / 2016年08月01日12時00分

曽野が問題にしたのは、2012年12月1日に放送された高齢出産ドキュメント『私は母になりたかった〜野田聖子 愛するわが子との411日〜』(フジテレビ)と、「婦人公論」(13年5月7日号、中央公論新社)の野田インタビュー。周知のように、野田聖子の息子は複数の病気や障がいを抱えているのだが、その治療費について野田はこう答えていた。「生まれてからの息子の医療費 [全文を読む]

野田聖子 難病愛息保育園入園と父の死で女性総理に向け決意

NEWSポストセブン / 2015年09月10日16時00分

4年半前、卵子提供による50才での高齢出産だった。心臓などに疾患を抱えて生まれた真輝くんは出生直後から全身にチューブを繋がれていた。生後1年で手術7回。ブログやドキュメンタリー番組で報告される、あまりに壮絶な闘病の様子に、「一生退院はできないのではないか」と心配する声もあがっていた。また一方で野田氏は「子供を見世物にするな」「高齢出産はエゴ」などという批 [全文を読む]

卵子は確実に年をとる…、本当は怖い高齢出産のリアル

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月15日20時20分

35歳以上で出産する高齢出産の割合は、現在妊婦の4人に1人に当たる。恋愛も、結婚も、子どもをもつことも、人生の選択肢が多様化すること自体は、決して悪いことではない。 ところが、人の気持ちや世相は変われど、生物としてのヒトの体のメカニズムは、遥か昔から変わらない。男性の精子は、老人になるまで新しい細胞がつくられ続けるが、女性の卵子の細胞は、胎児の時期から卵巣 [全文を読む]

東尾理子さん、ジャガー横田さんほか続々登場『本当は怖い高齢出産 妊婦の4人に1人が35歳以上の時代』緊急出版!

PR TIMES / 2013年12月18日09時28分

高齢出産とは? 出生前診断とは? そして「いのち」の意味とは。 株式会社講談社(本社・東京都文京区、代表取締役・野間省伸)は、『本当は怖い高齢出産 妊婦の4人に1人が35歳以上の時代』(週刊現代編集部編)を、全国の書店・オンラインブックストアで発売いたしました。 「出生前診断を受けました」――2012年6月、36歳での高齢出産を控えたプロゴルファーの東尾理 [全文を読む]

精度99%の妊婦血液のダウン症診断 10月から臨床研究開始

NEWSポストセブン / 2012年09月14日16時01分

高齢出産の増加によって、近年は年間に約1万6000人が羊水検査を受けている。しかし、羊水検査は精度こそ高いものの、0.3%の確率で流産の危険性も伴う。それは約300人に1人の確率であり、決して低い数字ではない。 ちなみに、 11月出産予定の東尾理子(36才)が公表したのは、「クアトロテスト」と呼ばれるもの。やはり血液検査の一種だが、これは羊水検査の前段階で [全文を読む]

高齢出産のギネス記録は66才スペイン人女性 日本人では60才

NEWSポストセブン / 2012年07月20日16時00分

53才のラジオパーソナリティー・坂上みきが、妊娠中であることを発表したが、一般的に「高齢出産」とは35才以上の人の場合をいい、50才以上の女性の妊娠や出産を「超高齢出産」という。オーク住吉産婦人科の医師で、不妊治療が専門の船曳美也子氏がこう説明する。 「閉経の年齢は45才から55才、平均50~51才です。閉経していなければ、自分の卵子が排卵しているというこ [全文を読む]

49才で妊娠のジャネット「卵子凍結か提供」と専門家分析

NEWSポストセブン / 2016年05月12日07時00分

高齢出産に対する賛否より、単純にその女性としての気持ちがスゴイなぁ」(45才・ファンの女性) すでに妊娠中期に入っているとみられるジャネット。彼女の驚きの“パフォーマンス”から目が離せない。 ※女性セブン2016年5月26日号 [全文を読む]

野田聖子議員 50歳での出産から…愛息との奮闘3年間

WEB女性自身 / 2014年01月13日07時00分

卵子提供を受けての体外受精、そして50歳での高齢出産を経て、いまは3歳の誕生日を母子一緒に暮らせる幸せをかみしめている。 出生したとき真輝くんは、臍帯ヘルニアと心臓病を患っており、さらに食道閉鎖症も発症。9回もの手術を乗り越えてきた。脳梗塞で右半分にマヒが残り、気管切開により人工呼吸器が着けられたため、声まで失った。しかし、生まれてから2年3カ月後の’13 [全文を読む]

野田聖子が語る“叩かれ人生”「ここまで叩かれると…」

WEB女性自身 / 2013年09月09日07時00分

女性政治家への道、事実婚、郵政民営化法案への反対、そして卵子提供を受けて体外受精での妊娠、50歳での超高齢出産……常に時代の先を行く野田さんは、非難されることも多いと話す。 「私は叩かれ人生です。どれだけ奈落の底に落とされたかわかりません。ここまで叩かれると“免疫”ができて、打ち勝つ“野心”が養われたのかも。叩いた人は、そのことを忘れるし、私の人生を面倒見 [全文を読む]

フォーカス