漫画家 荒木飛呂彦に関するニュース

【極秘情報】ジョジョの奇妙な冒険の作者・荒木飛呂彦のとんでもないエピソード11選

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年08月21日06時00分

荒木飛呂彦さんといえば大人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の作者として知られるカリスマ漫画家だ。独特なイラストとストーリー展開に魅了される熱狂的なファンが非常に多いことでも知られている。 荒木飛呂彦先生の知られざる秘密11選 先日ジョジョの実写版映画が公開となり、荒木先生の注目度はさらに増していく一方。そこで今回は荒木飛呂彦先生にまつわる知られざる秘密やエピ [全文を読む]

『キン肉マン』×『キングダム』が夢のコラボ! 作者対談で明かされた、両作品の「誕生秘話」と苦悩

週プレNEWS / 2017年06月15日15時00分

その作者である原泰久(やすひさ)先生の漫画家としての原点は、『キン肉マン』だったという。 そこで、6月2日に発売されたJC最新刊『キン肉マン』59巻の巻末特別付録として、その原先生とゆでたまご・原作担当の嶋田隆司先生による対談企画が実現。 週プレNEWSでは、そこに収まりきらなかった濃厚なトークをほぼノーカットで完全収録。前編「『キングダム』の原点は『キン [全文を読む]

荒木飛呂彦氏が明かす『ジョジョ』誕生秘話 きっかけは“経費のエジプト旅行”

ORICON NEWS / 2017年09月08日22時03分

『北斗の拳』で知られる漫画家・原哲夫氏(56)と、『ジョジョの奇妙な冒険』で知られる漫画家・荒木飛呂彦氏(57)のトークショーが8日、東京・森アーツセンターギャラリーで行われた。 【写真】原哲夫氏&荒木飛呂彦氏の豪華トークショーが実現 原氏は1982年に『鉄のドンキホーテ』で連載デビューし、1983年連載開始の『北斗の拳』がヒット。荒木氏は、『週刊少年ジャ [全文を読む]

【書評】ジョジョの奇妙なポーズがあなたの発言の説得力を高める

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日15時50分

荒木飛呂彦氏は、20年以上にもわたって『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズを描き続けている、人気漫画家である。 しかし、1980年に「週刊少年ジャンプ」にて『武装ポーカー』でデビューしてからしばらくの間、ヒット作に恵まれなかった。デビュー時の画力は独学で下手だったので、漫画家のアシスタントをやりたかったが、仙台に住んでいたので東京まで通うわけにもいかず、デッ [全文を読む]

9月22日(月)、集英社から新マンガ雑誌アプリ「少年ジャンプ+」創刊! 無料で読めるオリジナル連載マンガが25作以上!!「週刊少年ジャンプ」本誌のサイマル配信も「少年ジャンプ+」で開始!!

DreamNews / 2014年09月22日10時00分

「週刊少年ジャンプ」で連載経験のある漫画家の新作や、「週刊少年ジャンプ」作品の番外編など、毎日5作品前後を配信していきます。9月22日(月)のサービス開始と同時に、荒木飛呂彦氏の新作読み切り『望月家のお月見 岸辺露伴は動かない エピソード4』を、「少年ジャンプ+」で配信いたします。『ジョジョの奇妙な冒険』の人気スピンオフシリーズ『岸部露伴は動かない』の最新 [全文を読む]

荒木飛呂彦氏「ジョジョ」ヒットはエジプト旅行のお陰!?

スポニチアネックス / 2017年09月09日13時02分

人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦氏(57)と「北斗の拳」の原哲夫氏(56)の両漫画家が8日夜、東京・六本木の森アーツセンターで開催中の「ジャンプ展」でトークショーを行い、週刊少年ジャンプ(集英社)連載当時の秘話などを語った。 トークは担当編集者との関係を中心に進み、作品をヒットさせた際の“ご褒美旅行”の話で盛り上がった。 荒木氏は「エジプトに連 [全文を読む]

『あしたのジョー』のちばてつや氏と『巨人の星』の川崎のぼる氏が、故・梶原一騎氏を偲ぶ

citrus / 2017年08月09日22時00分

スポニチAnnexによると、昭和40年代の劇画ブームをけん引した漫画原作者で、1987年に亡くなった梶原一騎氏をしのぶ「絶筆30年 SO!,一騎集会」が8月6日、都内で開かれ、梶原氏が原作を手掛けた『あしたのジョー』のちばてつや氏(78)、『巨人の星』の川崎のぼる氏(76)の両漫画家が連載当時の想い出を語った。ちなみに、漫画史に残る名作スポーツ漫画を描いた [全文を読む]

伝説のジョジョマップ第二弾!「杜の都 仙台魅知(みち)案内」限定配布決定ッ!

サーチナ / 2017年08月02日15時42分

仙台市は、同市出身の漫画家・荒木飛呂彦氏の「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町2017」の開催を記念して、「ジョジョの奇妙な冒険」のキャラクター等を使用した観光マップ「杜の都 仙台魅知(みち)案内」を配布することを決定した。 ■部数:15万部 ■仕様:A2版8つ折・カラー ■配布場所:「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町2017」会 [全文を読む]

[6月7日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2017年06月07日06時00分

Other 小林 武史(音楽プロデューサー、1959) 荒木 飛呂彦(漫画家、1960) 塩谷 瞬(俳優、1982) 浅見 れいな(タレント、1983) 小林 誠司(野球、1989) [全文を読む]

嵐・松本潤に異変?“ジョジョ実写”から井上真央まで慌ただしい舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月05日08時15分

しかし、当作品の作者である漫画家の荒木飛呂彦氏(56)が、「身長195センチの承太郎に松本は合わない」と、キャスティングにNGを出したといのだ。この破綻話は、ジャニーズ事務所にとって大きな痛手だという。 「このところジャニーズタレントは、Hey! Say! JUMPの山田涼介(23)や生田斗真(31)を中心に、実写版映画に起用されています。実写版映画作品は [全文を読む]

水着、制服、すっぴん…広瀬すずの魅力が詰まった1冊

Smartザテレビジョン / 2016年03月26日15時05分

ほか、「すずファッション、すずビューティー」や漫画家・荒木飛呂彦氏が描き下ろした広瀬すずのイラスト、女優として進化の年となった17歳を振り返るロングインタビューなど、女優として躍進中の広瀬の素顔、魅力がたっぷりと収録された1冊となっている。 [全文を読む]

正直不利益な本なのです 『ジョジョの奇妙な冒険』荒木飛呂彦が自らの漫画術を明かす!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月18日13時40分

現役の漫画家である著者が自ら手の内を明かす、最初で最後の本である。 「企業秘密を公にするのですから、 僕にとっては、正直、不利益な本なのです」(本文より) <目次> はじめに 第一章 導入の描き方 第二章 押さえておきたい漫画の「基本四大構造」 第三章 キャラクターの作り方 第四章 ストーリーの作り方 第五章 絵がすべてを表現する 第六章 漫画の「世界観 [全文を読む]

フォーカス