小説 池袋ウエストゲートパークに関するニュース

直木賞作家・石田衣良さん、青春アクション小説「逆島シリーズ」第2作となる『逆島断雄と日乃元本土最終防衛決戦』をE★エブリスタで連載開始

PR TIMES / 2016年01月13日15時04分

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功)の子会社である株式会社エブリスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:守安 功、以下エブリスタ)は、直木賞作家の石田衣良さんによる青春アクション小説「逆島シリーズ」の第2作『逆島断雄(さかしまたつお)と日乃元(ひのもと)本土最終防衛決戦』を、2016年1月13日(水)より「E [全文を読む]

「池袋ウエストゲートパーク」ミュージカル化!マコト役に大野拓朗

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月30日08時15分

2000年にTOKIO・長瀬智也主演、宮藤官九郎の脚本によりテレビドラマ化された石田衣良の小説「池袋ウエストゲートパーク」がミュージカル化されることが決定した。ドラマで長瀬が演じたマコトを、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(2016)やテレビドラマ&映画「猫忍」(2017)などの大野拓朗が演じる。 原作の「池袋ウエストゲートパーク」は石田のデビュー作で [全文を読む]

ピース・又吉が話題となる一方...映画『NARUTO-ナルト-』脚本など、直木賞作家と「ジャンプ」作品の深~い関係!?

おたぽる / 2015年07月22日17時30分

このニュースを受けて、直木賞作家となった東山に対しては、「またナルトの小説書いてくれよ」「ドラマ『デスノート』なんとかしてくれ!」と、喜びと激励の声が上がっている。 というのも、東山はこれまで「週刊少年ジャンプ」(以下、ジャンプ)の作品に多く関わっているのだ。東山は、第1回「このミステリーがすごい!」大賞にて、小説『逃亡作法 TURD ON THE RUN [全文を読む]

池袋ウエストゲートパーク、初のミュージカル化 マコト役に大野拓朗 上演場所も“胸熱”

モデルプレス / 2017年08月28日11時48分

『IWGP』は、小説はもちろん、ドラマもリアルタイムで観ていましたし、DVDボックスも持っています。この作品のキーワードは『誰もが憧れてしまうカリスマ性』だと思います。登場人物たちの持っているカリスマ性を、音楽・ダンスの力を借りて表現できたらと思っています」と意気込んでいる。 ◆上演場所が胸熱 ミュージカルの上演は12月23日から2018年1月14日まで東 [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

非行や校内暴力で荒れていた時代背景と、実際にあった無名ラグビーチームが日本一になったことをヒントにした小説『落ちこぼれ軍団の奇跡』をミックスさせ、目的を持たせることで校内暴力を撲滅しようとした、どちらかというと「ヤンキー撲滅」「ヤンキー否定」の作品といえます。 山下真司さん演じる滝沢が熱血指導してく姿や、心に傷を抱えた少年たちが滝沢の指導やチームワークで立 [全文を読む]

『池袋ウエストゲートパーク』ミュージカル化に賛否! 脚本もキャストも総変わりに「勘弁して…」

messy / 2017年08月30日20時00分

大野は『I.W.G.P.』にかなりの思い入れがあるようで、ミュージカル化発表時に「I.W.G.P.は、小説はもちろん、ドラマもリアルタイムでも観ていましたし、DVDボックスも持っています。マコトやキングを始め、カリスマたちの輪の中に入りたいとずっと思っていました。それが本当に叶うなんて。それもマコトとして生きることができるなんて。感激です」とコメントを出 [全文を読む]

永遠のカリスマ! 窪塚洋介、「かっこいい」生き方の秘密を探る

dmenu映画 / 2017年07月17日07時00分

2周目というか、あらためて自分がやるべきこと、やりたいことをしっかり見据えていかなければと思っているんです」~マーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙 −サイレンス−』のインタビューで~ 江戸時代のキリシタン弾圧を描いた遠藤周作の小説「沈黙」をマーティン・スコセッシ監督が、長い歳月を費やして映画化した『沈黙 −サイレンス−』で本作の鍵を握るキチジローを熱演し [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

社会派ドラマとは、例えば松本清張や山崎豊子といった有名作家たちの小説を原作とする重厚なドラマである。1970年代以前は、その種の連ドラは散見されたが、連ドラの主要ターゲットが若者層に移った80年代以降、それらは2時間ドラマの単発枠でしか見られなくなっていた。ところが――21世紀に入り、再び連ドラとして復活したのである。但し、21世紀流にアレンジされており、 [全文を読む]

本好きが選ぶ今週のおすすめ小説ランキング!! 【9月第3週】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月21日11時00分

国内最大級の本好きコミュニティ「読書メーター」で話題になった本の中から、1ヶ月以内に発売された「小説」ランキングを毎週お届け。本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう! 小説部門 1位 望み 雫井 脩介 2位 憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークXI (文春文庫) 石田 衣良 3位 危険なビー [全文を読む]

『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』『タイガー&ドラゴン』などクドカン人気作品9点ついに電子書籍化

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月08日17時30分

果たして地球を救えるのかっっっ!!! ■『宮藤官九郎脚本 池袋ウエストゲートパーク』 著:宮藤官九郎 価格:780円 発売日:2015年8月25日(火) 出版社:KADOKAWA 原作は石田衣良の小説。宮藤官九郎が初の連続テレビドラマの脚本を手がけた作品。長瀬智也主演のドラマ放送により、池袋が一気に若者の街として大ブレイクした。2003年3月28日に放送さ [全文を読む]

石田衣良、朝井リョウ...小説界にハロプロファン急増!ハロー!の魅力を伝えたい文豪5人

AOLニュース / 2015年05月09日12時00分

直木賞作家である朝井リョウが架空のアイドルグループの姿を描いた小説『武道館』の発売を記念して組まれた特集の中で、一人の小説家がハロプロファンであることを表明したのだ。その小説家とは『池袋ウエストゲートパーク』『4TEEN』などで知られる石田衣良。朝井リョウ、柚木麻子とともに行った鼎談で、ハロー!プロジェクトを絶賛している。座談会の記事によれば石田衣良は昨年 [全文を読む]

平愛梨が妄想力爆発!『スマホ小説大賞2014』授賞式でド天然ぶりも披露

AOLニュース / 2014年09月10日15時25分

8日、都内某所でE★エブリスタ『スマホ小説大賞2014』授賞式が開催され、小説家・石田衣良と女優の平愛梨がプレゼンターとして登壇。平が披露した妄想全開の小説アイデアを「池袋ウエストゲートパーク」などで知られる石田が絶賛した。 全14の出版社・レーベルの協力のもと、ライトノベル・恋愛小説・ミステリーなど、ジャンルごとの書籍化・映像化の機会を提供している日本最 [全文を読む]

孤独な青年はなぜ殺人犯になったのか―。残酷な日々を過ごしてきた彼に下る「審判」とは? 石田衣良『北斗 ある殺人者の回心』中山優馬主演でドラマ化

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月13日15時00分

直木賞作家・石田衣良の傑作小説『北斗 ある殺人者の回心』が、2017年3月に中山優馬を主演に迎えてドラマ化されることが発表された。衝撃的な内容のため映像不可能と言われていた同作のドラマ化に、ファンからは「この過激な内容をドラマ化って本気か? と思ったが制作陣見たら期待しかない!」と興奮の声が上がっている。 主人公は両親から凄惨な虐待を受けて育った青年・端爪 [全文を読む]

向井理、名誉回復の可能性

NewsCafe / 2016年09月26日13時12分

これは石田衣良(56)の小説をドラマ化したんですが、再放送でも大ヒットした珍しいケースでした。まだ無名だった妻夫木聡(35)や佐藤隆太(36)、坂口憲二(40)もこのドラマをきっかけにブレークしています」 だけど、そんな昔の恩だけで採算度外視の映画を作るかな? 「もちろん、恩返しだけで映画界が成り立つわけもなく、実情は堤監督の固定ファンがかなり来場するんじ [全文を読む]

石田衣良、最高年収は2億円!湊かなえも衝撃“告白”

Smartザテレビジョン / 2016年02月18日11時25分

金銭面や小説を書くときの秘話を語った。 長瀬智也主演で'00年にドラマ化された「池袋ウエストゲートパーク」などの代表作を持つ石田は、年収を尋ねられると「多いときで2億円」と告白。一方、西村は'11年に「苦役列車」で芥川龍之介賞を受賞したときは「貯金残高が20万円だったのが、半年で5500万円になった」と打ち明けた。 執筆中は音楽が必須だという石田。「池袋― [全文を読む]

泣かせてやる! 笑わせてやる!! クドカンが電子書籍で読める!! 『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』『タイガー&ドラゴン 完全版』他、宮藤官九郎作品の電子書籍が一挙9点リリース!

PR TIMES / 2015年09月05日10時22分

果たして地球を救えるのかっっっ!!!『宮藤官九郎脚本 池袋ウエストゲートパーク 』 http://bit.ly/1i6HQdt原作は石田衣良の小説。宮藤官九郎が初の連続テレビドラマの脚本を手がけた作品。長瀬智也主演のドラマ放送により、池袋が一気に若者の街として大ブレイクした。2003年3月28日に放送されたスペシャル版「スープの回」も収録。『木更津キャッツ [全文を読む]

早速使ってみた、YouTube の好きなシーンだけ切り取れる「いいとこ動画」

インターネットコム / 2014年04月22日21時30分

例えば、いいとこ動画のトップページには「話題のタグ一覧」が掲載されているが、現在は特に小説/ドラマ関連の「池袋ウエストゲートパーク」「IWGP」「窪塚洋介」「キング」や韓流アイドル関連の「神話」「shinhwa」のほか、「AKB」「競馬」「全俺を震撼させた神シーン」といったタグの人気が高いようだ。 動画の切り取りは、まず「動画編集」ページで検索キーワードか [全文を読む]

「最後の写真集」発言は撤回!? 酒井若菜が4年ぶりに“男性向け”写真集を発売!!

メンズサイゾー / 2013年08月12日17時15分

また08年には小説『こぼれる』を上梓し、公式ブログでも巧みな文章力を披露して高い評価を得るなど、グラドルとしての活躍のみならずマルチに才能を発揮していた。 「水着になったのは10年ぶり」と本人が語った写真集の先行カットは、フルヌードではないものの、今年で33になる酒井の大人の魅力あふれる作品になっているようだ。ノーブラでベッドの上でうつぶせになり、胸の豊か [全文を読む]

フォーカス