大日如来 東寺に関するニュース

新春の京都で開運。日本最古、都七福神をめぐる贅沢な時間

まぐまぐニュース! / 2017年01月06日04時30分

講堂には大日如来を中心に国宝の五大明王などの仏像を安置し、立体曼荼羅として有名です。金堂は豊臣秀吉の子・秀頼の再建で、日本一高い五重塔は徳川家光の再建です。大師堂は、弘法大師在世時の住房で、弘法大師像と不動明王坐像が安置されています。 ホームページ:東寺 毘沙門天 北方の守護神で仏教を守護する神様です。毘沙門天を信仰すると十種の福を得るとされています。か [全文を読む]

2016年の運命を読み解く!9つの「数秘」で一年の幸せを占う方法

ANGIE / 2016年02月04日06時01分

講堂の大日如来座像は、東寺の中心に鎮座しています。宇宙そのものとも言われる大日如来の前で自分と向き合う「静」の時間は、不要な流れを断ち切り、あなたにリスタート、再出発のエネルギーを与えてくれるでしょう。 イヤーナンバー<8>豊かさが満ちる収穫期 ~龍天に登る~ Photo by 株式会社ユーメディア 春分の頃になると、草木や人、空や大地、すべてのエネルギー [全文を読む]

京都に行くなら必ず見ておきたい、春限定の名寺公開情報

Woman Insight / 2014年03月10日21時00分

心柱(しんばしら)を大日如来として、周囲を尊の如来、8尊の菩薩が取り囲み、四方には金剛界(こんごうかい)曼荼羅を描いた柱。極彩色の密教空間には、異空間の趣が漂っている。 ・東寺(とうじ) 京都市南区九条町1 TEL:075-691-3325 期間/春期特別公開3月20日~5月25日(日) ※五重塔初層内陣特別公開は4月26日(土)~5月6日(火・祝) 拝観 [全文を読む]

五重塔の迫力に圧倒!東寺周辺を2時間半で巡るおすすめ観光コース

Walkerplus / 2016年11月21日19時38分

講堂には大日如来を中心に国宝の五大明王など21体の仏像を安置。 有名な五重塔は徳川家光が再建したもので、高さ約55mと木造建造物日本一。世界文化遺産に登録されている寺院だ。秋には周辺が深紅に染まり、五重塔を紅葉が彩る。 【↓次のスポットへは徒歩1分】 ■ <2(所要時間15分)>参拝のお供には“東寺餅”で東寺御用達の和菓子を! 東寺の門前に店を構えて100 [全文を読む]

京都の東寺が公認するミニチュア仏像フィギュア『MINIBUTSU』の最新作15体を販売開始

@Press / 2016年11月01日10時30分

最新作である大日如来・金剛波羅蜜多菩薩・不動明王・帝釈天・梵天・持国天・増長天・多聞天・広目天・金剛夜叉明王・大威徳明王・軍荼利夜叉明王・降三世明王・阿弥陀如来・金剛宝菩薩の15ラインナップは、Amazonでのネット販売を中心に展開します。 今後は、取扱い店舗を増やしつつ海外での販売も視野に入れて販路を拡大していく予定です。 ■商品概要 販売価格:1体 [全文を読む]

1200年の歴史を持つ東寺真言宗の総本山!5分で知る東寺の見どころ

Walkerplus / 2016年09月26日12時57分

講堂には大日如来を中心に国宝の五大明王など21体の仏像を安置。この配列は立体曼荼羅とも言われている。有名な五重塔は徳川家光が再建したもので、高さ約55mと木造建造物日本一。世界文化遺産登録寺院。 ■ 文化財 <金堂(国宝)>桃山時代の入母屋造、本瓦葺き。豊臣秀頼が再建。 <御影堂(国宝)>弘法大師在世時の住房。国宝の弘法大師像と、大師念持仏の不動明王坐像を [全文を読む]

フォーカス