意識調査 内閣府に関するニュース

死刑容認8割「その中身知りたかった」ドキュメンタリー監督が追った「悩む世論」

弁護士ドットコムニュース / 2016年04月21日10時37分

知識を持たないままに、死刑制度について、賛成・反対の意思表示をしている」●「死刑」を考える企画をテレビ局に提案したが、すべてボツにされた佐藤さんが2014年に行った、別の意識調査を追ったドキュメンタリー映画。それが、長塚監督の「望むのは死刑ですか 考え悩む“世論”」だ。 [全文を読む]

イマドキ20代男子の婚活意欲は高め?お見合い経験率増加が判明

しらべぇ / 2017年05月01日08時00分

内閣府の平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」では、20代30代が考える恋人が欲しくない理由として、「恋愛が面倒」と回答した割合が一番高かった。面倒な部分をやってくれる、お節介な親戚や上司が、意外と今こそ求められているのかもしれない。・合わせて読みたい→本当に好きな人と結婚した? 妥協結婚した人の割合に未婚者が愕然(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋 [全文を読む]

50代・60代専門出張パーソナルトレーニングサービスを提供 自宅以外で行いたい方に、東京 赤坂に4月24日スタジオ開設 ~春の入会キャンペーン開催中、カウンセリング・体験が無料~

@Press / 2017年04月20日11時30分

そのような中で、平成25年内閣府発表の高齢期に向けた「備え」に関する意識調査では、高齢期に備えた健康の維持増進に必要だと思うことについてみると、「散歩やスポーツ・運動をする」とする人が77.1%と最も多くなっています。しかし、健康の維持増進のために現在心がけていることについてみると、「散歩やスポーツ・運動をする」は44.2%となっており、必要だと思われるこ [全文を読む]

在宅医療をもっと身近に。プロアスの新サービス「ココメディカ」シリーズ、2月20日(月)から提供開始 情報管理システム・コールセンターなど、365日24時間稼働する在宅療養支援診療所の事務負担を包括的にサポート

@Press / 2017年02月20日11時00分

(*1)在宅医療の最近の動向(厚生労働省医政局指導課 在宅医療推進室)より(*2)平成28年版高齢社会白書 高齢化の国際的動向(内閣府)より(*3)平成24年度 高齢者の健康に関する意識調査結果(内閣府)より(*4)平成26年医療施設(厚生労働省)より●「ココメディカ」の特徴1. システム面・人員面の負担を包括的にサポートクラウド型ソフトウェアを利用したシ [全文を読む]

3人に2人が悩む「仕事と子育ての両立」、子どもを授かるキャリア的準備とは?

It Mama / 2016年05月31日21時30分

出産前の女性が、具体的にどのような不安を抱いているのか、そして出産後のママたちは、どのような働き方を希望し、実際にどのような働き方をしているのでしょうか? ■未婚女性の3人に2人が悩む不安要素「仕事と子育ての両立」内閣府が発表した「結婚・家族形成に関する意識調査」によれば、20代~30代の未婚の女性にとっての、“子育ての不安要素”上位3つ(複数回答可)は以 [全文を読む]

出生率アップのカギは「恋愛予備校」、「スマホ老眼」急増など~注目のニュース

ヘルスプレス / 2015年11月07日08時34分

ところが、今年6月に発表された、内閣府の結婚・家族形成に関する意識調査では、若者の晩婚化・非婚化に拍車がかかる恐れが判明した。 20~30代の恋人がいない未婚男女の約5割が「出会いの場がないことを不安」に思っており、今は恋人が欲しくないとした未婚男女の約5割が「恋愛が面倒」と回答。 恋愛に後ろ向きな若者の姿が浮かび上がったこの調査結果は、平成27年版「少 [全文を読む]

「野村の仲介+(プラス)」が「二世帯近居」を提案

PR TIMES / 2014年10月07日10時43分

内閣府の意識調査※1では、「理想の家族の住まい方」として、全体の31.8%が「近居」をあげ、「同居」と回答した割合(20.6%)を上回っています。 また、地方自治体も『親元近居助成』(北区)、『親元近居支援事業(三世代すまいるポイント)』(品川区)などの制度で『近居』を後押ししています。 共働き子夫婦への育児支援、高齢の親世代の将来的な介護ニーズなど、お [全文を読む]

超高齢社会を迎えた、「日本人の不安に関する意識調査」を実施 「最近不安を感じる」70.4%、特に老後や健康が不安

PR TIMES / 2014年09月01日16時40分

超高齢社会を迎えた、「日本人の不安に関する意識調査」を実施「最近不安を感じる」70.4%、特に老後や健康が不安トピックス:認知症に関して初調査自分の認知症5割以上、家族の認知症約6割が不安と回答高まる老人ホーム需要~約5割が認知症になったら老人ホームへの入居希望セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:伊藤博)では、9月1日防災の日を前に、8月14~16日 [全文を読む]

TELL設立40周年記念「Forty for the Future」キャンペーン

JCN Newswire / 2013年04月05日18時32分

」(1) 内閣府統計情報(2) 団体の日本語名称は従来通り「東京英語いのちの電話」(3) 内閣府による「自殺対策に関する意識調査」東京英語いのちの電話(TELL)について1973年の設立以来、国際化に伴って発生するこころの問題に対し、在日外国人社会に世界水準のカウンセリング・サポートを提供するとともに、日本人社会において年々高まっているメンタルヘルスケアへ [全文を読む]

イマドキ夫婦の妊活は「ふたりで一緒に」がポイント! 理想の夫は「添いメン」

PR TIMES / 2017年08月01日10時30分

はじめての赤ちゃんが欲しい30代男女200人への意識調査 調査結果トピックス1. 9割以上の女性が、「自分が妊娠できるか不安」 と回答2. 「妊活は必要」 と答えた男性は9割以上3. 妊活には 「葉酸」 が必要だと認識している女性は9割以上4. 妊活でやりたいことは、「毎日ふたりで一緒にサプリメント」5. 妊活に役立つサプリメントを摂りたい男性は6割以上日 [全文を読む]

姑の介護 嫁のはらわたが煮えたぎる理由

プレジデントオンライン / 2017年06月24日11時15分

ただし、それとは矛盾する意識調査があります。内閣府が2012年に行った団塊世代を対象にした意識調査の中の「要介護時に希望する介護者」を見ると、最も多かったのは男女とも「配偶者」でした。 男性は54.7%、女性は26.6%。夫婦のどちらかが要介護になったら、連れ添った妻・夫に介護をしてもらいたい人が多いということでしょう。これは当然の意識でしょう。 配偶者 [全文を読む]

なんとフランス人の2倍!日本人が「恋愛より大事」にしているあのコト

BizLady / 2016年11月16日21時00分

それでは、“アムール(愛)の国”と言われることもあるフランスや、若者の幸福度が高いスウェーデンでは、日本人の恋愛・結婚観とどんなところが異なるのでしょうか?今回は、内閣府が発表した最新の「少子化社会に関する国際意識調査」を参照しつつ、日本の恋愛・結婚観の特徴を考察していきましょう。■「恋愛より趣味を優先したい」と答えた割合、日本はフランスの2倍超!「少子化 [全文を読む]

「看取り」に対するケアマネジャーの意識調査結果

PR TIMES / 2016年11月10日15時57分

在宅看取りのカギは、訪問看護や医師との連携 ケアマネジャー84,000人以上が参加するケアマネジャー専用コミュニティサイト「ケアマネジメント・オンライン」(http://www.caremanagement.jp/)を運営する株式会社インターネットインフィニティー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:別宮 圭一)は、会員ケアマネジャーを対象に「看取り」につ [全文を読む]

独身女性の2人に1人が「恋人いない」 ちょっと特殊な日本の恋愛事情

ウートピ / 2016年09月24日13時00分

一方、外国に目を向けてみるとお隣の韓国では「現在婚約者、または恋人がいる」割合は2010年から2015年の間に3.4ポイント増加し40.8%に、アメリカでも2.8ポイント増の40%に推移しています(内閣府「少子化社会に関する国際意識調査報告書」より)。なぜ、日本では30年の間に独身男女がこれほどまでに異性と交際しなくなったのでしょうか? それとも「交際でき [全文を読む]

「仕事に関する意識調査」大企業の役職者の9割以上は将来に不安を抱えていると回答

@Press / 2016年06月13日10時30分

ビジネス構築・起業支援を展開する社外CEO JAPAN 株式会社(代表:白神敦秀、本社:東京都台東区)は、大企業の役職者に対して現在の「仕事に関する意識調査」を実施しましたので、調査結果をお知らせ致します。 現在「将来に不安を抱えている」と回答した方の割合が93.6%と9割以上に達し、大企業の役職者でも将来に不安を感じていることが分かりました。 不安要素と [全文を読む]

相席スタイルで男女の出会いを演出するお店が人気の中、人形町にある薪窯焼きピッツア専門店『人形町ピザバル』にて相席スタイルで食事を楽しむ相席イベントを開始

@Press / 2015年04月17日14時15分

内閣府が行った国民の意識調査(「家族と地域における子育てに関する意識調査」/2013年10月実施)によると、未婚男女の7割以上が「結婚したい」と回答をしています。 男性、女性ともに、結婚をすることを考え、出会いを求めていることが伺えます。 【相席を楽しむお客様がキッカケ】 これまで当店では、お客様同士が自然と相席となり、それがキッカケで会話が盛り上がって [全文を読む]

ボディ臭に悩む世代へ、『香り』デビューに最適な男女兼用フレグランス「ジョリカドー」オードパルファムとボディミストの2タイプで発売

@Press / 2014年10月17日11時00分

※平成25年度 高齢者の地域社会への参加に関する意識調査結果(内閣府)http://www8.cao.go.jp/kourei/ishiki/h25/sougou/gaiyo/index.html■シニア世代の「香り」デビューを応援当社が化粧品事業に参入を開始した当初は「働く女性を応援する」というコンセプトで商品開発を行っていました。しかし、50歳代の男性 [全文を読む]

~育児に関する意識調査~小学生の一人ぼっちでのお留守番経験、約7割。 1日2時間以上お留守番する子どもは約4割という結果も。

@Press / 2014年10月16日10時00分

株式会社アイ・オー・データ機器( http://www.iodata.jp/ )ではこの度、25歳~49歳の小学生のお子様をもつママ500名に対して、「育児に関する意識調査」を2014年9月19日(金)~2014年9月22日(月)に実施しました。本調査は当社が製造、販売するネットワークカメラQwatch(クウォッチ)シリーズにおける、「母親と子どもの見守り [全文を読む]

定年後も働き続けるため、50代が準備していること

オールアバウト / 2017年08月30日20時30分

<正社員の賃金/(非正社員の賃金)>●男性50~54歳 440万円/(247万円)55~59歳 431万円/(247万円)60~64歳 323万円/(255万円)65~69歳 307万円/(233万円)●女性50~54歳 299万円/(187万円)55~59歳 290万円/(182万円)60~64歳 256万円/(183万円)65~69歳 256万円/(1 [全文を読む]

年金受給開始年齢の引き下げ、賛成? 反対?

マイナビニュース / 2017年08月29日10時11分

日本財託グループは8月28日、年金制度に関する不動産投資家意識調査の結果を発表した。調査期間は2017年8月4~7日、調査対象は日本財託に不動産の管理を委託している個人投資家、有効回答は631人。 ○「賛成」と「反対」ほぼ同数 同調査では、年金受給開始を繰り下げられる年齢を現在の70歳から75歳まで引き上げる案が、内閣府の有識者検討会で議論にのぼったことを [全文を読む]

フォーカス