内閣府 助成金に関するニュース

加計学園問題の新展開「前川前次官発言」はここに注目!

文春オンライン / 2017年05月27日07時00分

関与を強く否定した安倍首相は「働きかけがあれば、責任を取る」と明言していたが、内閣府から文部科学省に対して「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だと聞いている」と圧力をかけるような言葉が記録されている文書の存在が発覚した(朝日新聞 5月17日)。 これに対して即座に記者会見を開いた菅義偉官房長官は「怪文書みたいなものじゃないか」と全面否定。文科省 [全文を読む]

「加計隠し」浅知恵が続々と発覚。今、問われてるのは総理の人間性

まぐまぐニュース! / 2017年08月18日04時30分

国民の多くも、この件に対する官邸や内閣府の隠ぺい工作に反発し、最後の砦として、文科省の決定に注目しているところだ。 前川氏は文芸春秋に掲載された手記でこう述べる。 一義的には、農水省が獣医師はもっと必要というデータを示すことが必要です。…農水省以外でいえば、公衆衛生を担当する厚労省が、例えば、鳥インフルエンザなどの水際対策のためには獣医学の知見を活かした [全文を読む]

保育園業界を蝕む「助成金不正受給」の実態 企業主導型保育の穴狙い、助成金ビジネスか

東洋経済オンライン / 2017年07月21日08時00分

待機児童を減らし、育児と仕事の両立を促すための施策として、内閣府主導で2016年4月からスタートした保育事業だ。企業が従業員の子どもたちを預かる保育所を新たに開設した場合や、保護者が務める勤務先が企業主導型保育施設と契約した場合などに、内閣府から認定を受ければ、認可保育所並みの助成金が交付される制度だ。直近の2016年度末時点で、助成が決定しているのは全国 [全文を読む]

全国初“信用組合による社会貢献プラットフォーム” 「魚沼の未来基金」設立 ~ひとり親家庭の高校生へ返済不要奨学金を支給~

DreamNews / 2016年10月04日12時00分

※公益財団法人パブリックリソース財団について設立:2013年(平成25年)内閣府認定、理事長:久住 剛、所在地:東京都中央区湊、年間予算(寄付)規模:2015年度1億400万円特徴:寄付推進を専門に行う公益財団。社会貢献の志ある個人や企業からの寄付を、オンライン寄付やテーマ型基金、メモリアル基金など多様な方法で受け入れ、資金助成を行うほか、寄付を最大限に [全文を読む]

企業が保育園を共同利用できる、企業主導型保育園がさいたま市大宮駅前にオープン予定!内閣府・企業主導型保育事業助成金を活用し提携企業の利用を可能とした、画期的な取り組みを開始。

PR TIMES / 2017年09月11日15時00分

株式会社ユア(本社:東京都足立区 代表取締役社長:渡邉佑太 URL:https://your-corp.jp/、以下ユア)は、企業主導型保育事業(内閣府)助成金の認定を受け、提携企業の従業員のお子さまをノーリスクローコストでお預かりする保育園「ひだまり保育園 大宮」を、2017年11月1日(水)さいたま市大宮区にオープンいたします。また、同日より弊社派遣保 [全文を読む]

第10回 「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」受賞者10名決定 未来のリーダーとなる女性研究者を支援し、次世代への裾野を広げる

PR TIMES / 2017年05月22日13時02分

※2:総務省 平成28年科学技術研究調査より ※3:内閣府 男女共同参画ハンドブックより《未来のリーダーとなる女性研究者を支援》[画像2: https://prtimes.jp/i/5794/871/resize/d5794-871-676092-1.jpg ] 本グラントは応募者の年齢制限を設けず、研究分野も自然科学全般を対象にしています。女性研究者が出 [全文を読む]

国内初、内閣府「企業主導型保育事業」と一体運営するキッズパーク事業を12月1日にスタート

@Press / 2016年11月29日12時30分

https://www.atpress.ne.jp/news/117216 サバンナエリア https://www.atpress.ne.jp/releases/117219/img_117219_2.jpg オーシャンエリア https://www.atpress.ne.jp/releases/117219/img_117219_3.jpg マウンテン [全文を読む]

横浜みなとみらい21地区に事業所内保育所を開設

DreamNews / 2016年10月31日14時30分

なお、本保育所の開設・運営に際して、内閣府が2016年度に開始した「企業主導型保育事業」の助成金を活用する予定です(2016年8月に申請済)。■ 育児休業後に、社員本人が希望するタイミングでの職場復帰を支援育児休業中の社員の子どもが認可保育所等に入所できなかった場合、育児休業を延長することが可能ですが、仕事に復帰したい社員にとっては望まないキャリアブランク [全文を読む]

第9回「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」受賞者10名決定 未来のリーダーとなる女性研究者を支援し、次世代への裾野を広げる

PR TIMES / 2016年07月08日16時00分

※2:内閣府 平成28年版男女共同参画白書より《未来のリーダーとなる女性研究者を支援》 本グラントは応募者の年齢制限を設けず、研究分野も自然科学全般を対象にしています。女性研究者が出産・育児・介護などに左右されずに研究を続けられるよう、出張時のベビーシッター代や研究を補助するアシスタントの雇用費など、助成金を柔軟に幅広く使用して頂けるのが特長です。本グラン [全文を読む]

ママFPに聞いた!「出産後2、3年先のライフイベント」を予測した賢い貯め方、使い方

It Mama / 2015年07月29日12時00分

■「妊娠・出産」にかかる諸費用は約●●万円内閣府の『インターネットによる子育て費用に関する調査』によれば、妊娠健診や出産費用として、助成金を除いた実費負担額は約18.5万円とされています。妊娠中の定期検診費は「妊婦健康診査費用助成金」によって助成されます。出産費用は全国平均約47万円(都市部は平均56万円と高い傾向)ですが、出産一時金の42万円が医療機関へ [全文を読む]

“首切りバブル”をよぶ「労働移動支援助成金」のカラクリ

WEB女性自身 / 2014年03月07日07時00分

11年9月、内閣府は日本企業が抱えている余剰人員数を見積もったところ、最大で465万人という数字が出てきた。これは全雇用者の8.5%にあたる。現在の推定では500万人とも600万人ともいわれています」 大企業のボリュームゾーンは、現在45歳から49歳のバブル入社組。給料も高く、年齢も中堅、今から新たな仕事で成果を出すのが難しい世代だ。5年後、企業が希望退 [全文を読む]

【Tokyo Crazy Kawaii Paris】大盛況のうちに第1回目終了!

PR TIMES / 2013年10月03日18時22分

Tokyo Crazy Kawaii実行委員会2013年9月20日~22日、Tokyo Crazy Kawaii Parisが大盛況のうちに第1回目を終えました!!初代クールジャパン戦略担当の稲田朋美内閣府特命大臣も当イベントを視察!Tokyo Crazy Kawaii実行委員会(東京都渋谷区、実行委員長・中村伊知哉)は2013年9月20日(金)から22日 [全文を読む]

全柔連、再出発への懸念〜突出した部活死亡率、前会長が東京五輪招致ロビー活動か…

Business Journal / 2013年08月27日07時00分

3月には助成金の不正受給問題が発覚したが、7月に内閣府から勧告が行われなければ、上村前会長は10月まで会長を続けるつもりで、執行部の誰一人として自ら身を引くことはなかった。「自浄力を欠いたままの辞任劇に、後味の悪さが残る」(同紙)という見方は根強い。●身体的危険性への認識不足 また、前出の読売新聞インタビューで宗岡氏は「社会の信頼を一日も早く回復して、子ど [全文を読む]

iPS治療だけじゃない! 医療業界にはびこる“研究ロンダリング”の実態

週プレNEWS / 2012年10月24日19時30分

そうすれば、しかるべきところからお金が落ちてきますから」(伊藤氏) 実際、森口氏のケースも、内閣府や文部科学省は彼が関係してきた研究に計数億円にも上る助成金を出している。 一方、森口氏が関与する研究プロジェクトについて、東大病院側が内閣府に提出した報告書のうち森口氏の担当した部分を、プロジェクトの代表者すらチェックしていなかったことが判明している。これでは [全文を読む]

西友、女性の再就業のための体験型プログラムで日本女子大学と協働

Digital PR Platform / 2017年07月04日15時13分

また、2017年6月には内閣府男女共同参画局「平成29年度女性のチャレンジ支援賞」を受賞しました。 関連リンク 西友 http://www.seiyu.co.jp/ [全文を読む]

野村総合研究所、事業所内保育所設置で職場復帰を支援

イクシル / 2016年11月04日09時59分

また同保育所の設置・運営に関して内閣府が2016年度に開始した「企業主導型保育事業」の助成金を活用する予定とのこと。 参考サイト 野村総合研究所のニュースリリース テンプスタッフ・ウィッシュ [全文を読む]

某大手企業、障害のある社員をまとめて雑居ビルに隔離…助成金切れる2年で雇い止めも

Business Journal / 2016年10月01日06時00分

●企業が取り組むべき課題 2013年度の内閣府調査によると、身体障害、知的障害、精神障害の3区分における障害者数は、身体障害者366万3000人、知的障害者54万7000人、精神障害者320万1000人となっている。これを人口1,000人当たり人数に置き換えると、身体障害者29人、知的障害者は4人、精神障害者は25人となる。概算で、日本国民の約6%がなんら [全文を読む]

止まらない少子化…安倍首相の新政策のポイントは?

WEB女性自身 / 2015年10月05日06時00分

出産などを機に、いまだに約6割の女性が退職するといわれます( 13年・内閣府)。働いていないブランクの期間が長いほど再就職は難しいので、訓練を受けスキルアップできれば、自信もついて再就職にも有効でしょう」(荻原さん・以下同) 2つ目は、男性の育児休暇(以下、育休)を取りやすくする施策だ。育休とは、子どもが1歳になるまでは仕事を休める制度。保育所に入れないな [全文を読む]

第8回 「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」 10名の受賞者決定

PR TIMES / 2015年06月04日12時05分

[画像: http://prtimes.jp/i/5794/349/resize/d5794-349-509324-0.jpg ]※2:内閣府 平成26年版男女共同参画白書より《「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」について》 本グラントは年齢制限を設けず、研究分野も「自然科学全般」としています。他機関の研究助成が使い道を試薬や機器の購入等に限定する中、 [全文を読む]

ASKAが通った“仁風林”に招かれた大物議員の名前

WEB女性自身 / 2014年06月04日07時00分

’08年6月にサプライズ結婚パーティを開いてもらったのは、山際大志郎前内閣府政務官。そのパーティでは、同席した中川秀直元官房長官が祝辞を述べている。また、ASKAも参加していた別のパーティに鴨下一郎元環境大臣も出席していた。南部代表との関係を問うと、山際、鴨下両氏は「担当者不在」(事務所)。中川氏は「ずいぶん前のことですので、覚えておりません」(事務所) [全文を読む]

フォーカス