大塚寧々 女優に関するニュース

『第7回プラチナ夫婦アワード』受賞者を俳優・田辺 誠一さん&女優・大塚 寧々さんご夫婦に決定

PR TIMES / 2015年11月08日15時24分

プラチナ・ギルド・インターナショナル プラチナ・ジュエリーの広報機関であるプラチナ・ギルド・インターナショナル(東京都千代田区、代表取締役社長 ハンキン ソン尚子)は、サンクスデイズ・プラチナキャンペーンの一環として「第7回プラチナ夫婦アワード」を、俳優の田辺誠一さん・女優の大塚寧々さんご夫婦に授与することを決定いたしました。 「プラチナ夫婦アワード」とは [全文を読む]

松たか子 「HERO」続編も出演しない理由とは?(1)キムタクサイドの要求が多い?

アサ芸プラス / 2014年07月29日09時58分

今回、松さんに限らず、阿部寛さん(50)や大塚寧々さん(46)など、前作出演者の多くが姿を消したのもそのためでしょう。一方で、キムタクも10年公開の『月の恋人~Moon Lovers~』(フジテレビ系)以来、主演ドラマの平均視聴率は20%を切っており、あまり共演者らに要求できる立場ではなくなったといいますが、それはすなわちキムタクと共演するメリットもなくな [全文を読む]

橋本環奈 「あこがれの人」の存在を明かす

Smartザテレビジョン / 2016年06月17日07時01分

憧れの女優さんは、戸田恵梨香さんと大塚寧々さん。戸田さんのように、作品によっていろんな顔が見せられる女優さんになれたらいいなと思いますし、大塚さんは、私が初めて映画に出たとき、舞台挨拶でとても気さくに話しかけてくださったんですよ。女優さんとしてはもちろん、大塚さんのそんな振る舞いにも憧れます」 ――ファンにメッセージを! 「初主演で、目高組四代目組長・星泉 [全文を読む]

水着姿のキャンギャル 水着審査拒否し合格した後の女優K

NEWSポストセブン / 2016年05月28日16時00分

カネボウ化粧品は城戸真亜子(1981年)、麻生祐未(1985年)、鈴木保奈美(1986年)、大塚寧々(1989年)をいずれも大学生時代に採用した。 [全文を読む]

知覚過敏ケアハミガキ 売上No.1(*1)ブランド「シュミテクト(R)」新CMキャラクターに大塚寧々さんを起用!9月1日から全国でオンエアー開始!

PR TIMES / 2015年08月31日14時35分

新CMキャラクターには、明るく、活動的、オーラルケアに対しても関心が高く、女優・写真家として活躍している大塚寧々さんを起用しました。俳優の成宮寛貴さん、フリーアナウンサーの西尾由佳理さんと共に、「シュミテクト(R)」が知覚過敏症状の予防だけでなく、気になるオーラルケアをサポートする毎日のハミガキとしてふさわしい製品であることを伝えていきます。[画像1: h [全文を読む]

透明感あふれる美少女・芳根京子、新ドラマで主演に抜擢! 同世代の広瀬すずに劣らぬ魅力

メンズサイゾー / 2015年06月28日12時00分

同作では大塚寧々(47)と遠藤章造(43)が演じた夫婦の娘役を演じた。 その後いくつかのドラマ出演を経て、昨年NHKの連続テレビ小説『花子とアン』では、ヒロインの親友を演じた仲間由紀恵(35)の娘役に抜擢されている。また、銀幕デビュー作となった『物置のピアノ』では映画初出演にして初主演を果たし、今年公開されたアイドルグループ・ももいろクローバーZが主演を務 [全文を読む]

本田望結「バクバク食べちゃいました!」

Smartザテレビジョン / 2016年06月07日13時53分

大好きな父親を突然亡くした8歳の千秋(本田)が、失意の母親(大塚寧々)と共に引っ越したポプラ荘で、不思議な大家の老婆(中村玉緒)と出会う。心に不安を抱いた千秋は、老婆の「自分は亡くなった人に手紙を届けることができる」という言葉を信じ、天国の父親に手紙を書き、それを老婆に託す。天国の父親への手紙にあふれる思いをつづっていく少女と奇妙な老婆の心の触れ合いを描 [全文を読む]

橋本環奈、80歳になっても「セーラー服着たい!」

Movie Walker / 2016年05月27日16時53分

憧れの女優は「戸田恵梨香さんと大塚寧々さん」と告白。「私もいろいろな人を演じられる女優さんになりたい」「悪役もやってみたい」と未来に思いを馳せていた。【取材・文/成田おり枝】 [全文を読む]

[6月14日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2017年06月14日06時00分

Other ドナルド・トランプ(米国大統領、1946) 大塚 寧々(女優、1968) 前田 智徳(野球、1971) 前田 健(タレント、1971) 比嘉 愛未(女優、1986) 溝端 淳平(俳優、1989) [全文を読む]

[6月14日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2016年06月14日06時00分

Other 大塚 寧々(女優、1968) 前田 智徳(野球、1971) 前田 健(タレント、1971) 比嘉 愛未(女優、1986) 溝端 淳平(俳優、1989) [全文を読む]

次期“朝ドラ”ヒロイン・芳根京子の魅力を独自分析!

Smartザテレビジョン / 2016年04月11日06時00分

主人公・桜(篠原)の友人で、大塚寧々演じる美樹の娘を好演した。それほど大きな役ではなかったものの、セクシーな恋愛模様を描く中で、爽やかな風を吹かせ、「あの子は誰?」などと、ドラマ通を中心に話題になった。同年には「仮面ティーチャー」(日本テレビ)や「ハクバノ王子サマ」(日本テレビ系)などにレギュラー出演し、翌'14年には前期朝ドラ「花子とアン」(NHK総合ほ [全文を読む]

[6月14日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2015年06月14日06時00分

Other 大塚 寧々(女優、1968) 前田 智徳(野球、1971) 前田 健(タレント、1971) 比嘉 愛未(女優、1986) 溝端 淳平(俳優、1989) [全文を読む]

桐谷美玲が男性の好みを告白「完璧すぎない男は良い!」

Movie Walker / 2015年04月17日20時49分

4月17日、本作の初日舞台挨拶が同日にオープンしたTOHOシネマズ 新宿で実施され、桐谷美玲、戸塚祥太(A.B.C-Z)、田辺誠一、大塚寧々、三戸なつめ、鈴木舞監督が登壇した。 人間に恋をするヴァンパイアのキイラをチャーミングに演じた桐谷。映画を見た感想を「絵本から飛び出してきたような世界観がとっても素敵。こんなに可愛らしい映画に出て良いのかな、って思いま [全文を読む]

突如現れた美人女優「吉田羊」謎の本性を徹底追跡!(1)中井貴一や三谷幸喜が認める演技派

アサ芸プラス / 2015年04月16日05時55分

「1作目の美人検事の大塚寧々(46)に代わる好ポジションだけに、シンデレラ的な大抜擢に映りました。彼女自身も11年ぶりに長い髪をボブカットにするなど、これに賭ける意気込みが伝わってきた。ただ、一般的には無名の存在も、芸能界では『ついに来たか』という声が聞かれるほどの実力派で、その演技力は中井貴一(53)と脚本家の三谷幸喜(53)のお墨付きというフレコミでし [全文を読む]

橋本環奈、「Rev.でアイドル界の金メダルを獲りたい!」

Entame Plex / 2014年04月09日22時18分

アイドル界の金メダルを獲りたいです」と意気込み、目標とする人には女優の大塚寧々と戸田恵梨香の名前を挙げ「今は何事にも挑戦したい。女優業もやっていきたいです」と今後の活動についても熱く語った。 会見途中には、代表選手による指導のもと、ピンポン球を打って卓球台の角に置かれた的に当てるというミニゲームにもチャレンジしたRev.メンバーの4人。 四宮、西岡、秋山の [全文を読む]

木村拓哉主演『HERO』続編が7月スタート!? 新ヒロイン・北川景子とジャニーズの“蜜月関係”

日刊サイゾー / 2014年02月13日11時00分

また、前作でヒロイン役だった松たか子をはじめ、大塚寧々、阿部寛らメーンキャストは、都合が合わず続編への出演はなし。松に替わる新ヒロインには、北川景子が決定しているという。 北川といえば、4年前にも木村主演の月9『月の恋人~Moon Lovers~』に出演。その前には、山下智久主演の月9『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』にヒロイン役で出演。最近も、『謎 [全文を読む]

新人グラドル吉高寧々、初DVDは緊張しっぱなし

Smartザテレビジョン / 2017年05月13日17時02分

「マネジャーさんに付けていただいたんですけど、由来は、吉高由里子さんと大塚寧々さんに似ていると言われて(笑)、それを組み合わせて名前をもらいました。お二人とも好きな女優さんなので」とはにかんだ。 [全文を読む]

芳根京子、E-girls・石井杏奈との制服姿オフショットを公開

Smartザテレビジョン / 2017年03月31日20時44分

この日発表されたのは、順の母親役の大塚寧々と、担任教師役の荒川良々。芳根はドラマ「ラスト・シンデレラ」(フジ系)でも母娘役で大塚と共演しており、「大塚さんは、私がデビューしたドラマでもお母さんでした。なのでまたご一緒出来て嬉しいです!!」と喜びを爆発させた。 そして「今日もここさけ撮影でした! 現場はとても楽しいです。頑張ります!」と、この日も同作品の撮影 [全文を読む]

芳根京子、石井杏奈が撮影オフショットで可愛い「ピース」

dwango.jp news / 2017年03月31日18時18分

芳根京子が演じるヒロインの母親・成瀬泉役を演じる大塚寧々とは、芳根京子のデビュー作・フジテレビ系ドラマ「ラスト・シンデレラ」でも、母と娘役として出演しており、「大塚さんは、私がデビューしたドラマでもお母さんでした。なのでまたご一緒出来て嬉しいです!!」と喜びをつづった。 また、この日も同作品の撮影だったことを報告し、「あんちゃーん人見知り同士なのに、もうす [全文を読む]

地に墜ちそうなフジ“月9”ドラマ 山田涼介主演『カインとアベル』は同枠初回ワーストで発進

日刊サイゾー / 2016年10月19日18時00分

ヒロインの倉科をはじめ、脇役には桐谷、高嶋、木下ほうか、大塚寧々、南果歩、平幹二朗ら、それなりのメンバーがキャスティングされていまが、なんせ主役のネームバリューがなさすぎ。若い視聴者しか知らないような山田が主演では、視聴率が取れるはずがありません。月9初回ワーストは当然の結果ともいえ、それはフジも覚悟していたはず。今クールは“捨てゲーム”と割り切るしかない [全文を読む]

フォーカス