阿部慎之助 2軍に関するニュース

【プロ野球】球団史上最悪の貧打線! 巨人の足を引っ張った助っ人野手陣

デイリーニュースオンライン / 2015年11月03日11時00分

阿部慎之助に代わって4番一塁に入るなど、存在感をみせた。 助っ人にありがちな、帳尻合わせの9月に活躍することで、残留に向けてアピールを続けたものの、昨季の成績 ≪.319 15本 50打点≫ と比べると、期待外れの感は否めない。巨人は契約延長を基本に交渉を進めるという報道もあるが、残留か否か、その去就に注目したい。 フランシスコ≪5試合 .167 0本 1 [全文を読む]

【巨人】矢野謙次と大田泰示、札幌で再会する「元・巨人」の男たち

文春オンライン / 2017年06月09日11時00分

失礼ながら、矢野は阿部慎之助や坂本勇人のようなレギュラー選手ではない。なのになぜ? すぐにその理由は分かった。若手時代から矢野はチームの大型補強に阻まれ出番に恵まれず、故障にも泣き、代打としての途中出場がほとんど。プレーからもその悔しい気持ちはビンビンに伝わってくる。「なんで俺をレギュラーで使わないんだよ!」と彼は野球の技術だけではなく、己の燃えるような「 [全文を読む]

【プロ野球】今年の巨人は逆大穴? 優勝奪還に黄信号。オープン戦“最下位”の理由は?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月04日17時05分

阿部慎之助が打率.182、村田修一が打率.128、長野久義が打率.208。阿部、村田の尻を叩くために獲得したマギーも打率.148。2年目の飛躍が期待されたギャレットにいたっては打率.077の大不振だった。 気を吐いたのは立岡宗一郎。それでも規定打席未満で打率.306。中井大介が21打数8安打で打率.381を記録したが、打線の核になる存在を欠いた。 この時期 [全文を読む]

【プロ野球】巨人のCS敗退は二塁手不在が原因!? 来季へ向けてレギュラー争いが激化する?

デイリーニュースオンライン / 2016年10月14日16時05分

■狙うならセカンドしかない!? 巨人の内野陣は、一塁手・阿部慎之助、三塁手・村田修一、遊撃手・坂本勇人とチームに欠かせない選手たち。アクシデントでもない限り、この3人は不動だろう。となると、山本がレギュラーを狙うなら、やはり二塁手しかない。 クルーズは今季が2年契約の1年目で、来季もチームに残る。片岡も、ケガが癒えれば当然、戦力として計算されるはずだ。 [全文を読む]

【プロ野球】【オリックスのレギュラー争い(捕手編)】正捕手争いは若月健矢と伊藤光のマッチレースか!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月05日17時05分

目標とする捕手は中央大の先輩・阿部慎之助(巨人)。宮崎キャンプでは1軍に帯同している。ここで首脳陣にアピールすることができるか。 ■はたして本命は? 正捕手争いは、若月と伊藤のマッチレースとなるだろう。どちらが正捕手になってもおかしくはない。あるいは、両者の併用ということも考えられるであろう。 第3捕手の座は山崎、伏見、飯田の三つ巴の争い。山崎はベテランの [全文を読む]

【プロ野球】1軍復帰の阿部慎之助が”巨人にもたらす”波及効果とは?

デイリーニュースオンライン / 2016年06月09日16時05分

阿部慎之助である。 コンディションが整わず、開幕から2軍調整。右肩の不安もあってなかなか1軍昇格の声がかからなかった。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ファームで虎視眈々と1軍復帰を目指す しかし5月29日の西武との2軍戦で、4打数4安打7打点と結果を出し、昇格決定。そして、5月31日の交流戦のオープニングのオリックス [全文を読む]

「プロ野球あるある」セ・リーグ編 「給料が2軍>1軍」

NEWSポストセブン / 2016年06月06日07時00分

【巨人】 「シーズン中盤になると2軍が1軍の年俸を抜く」@dexit_9 (阿部慎之助ほか故障がちの大物選手が多いこと) 【阪神】 「土はいいのに生え抜きが育たない」@G88man (甲子園の土は阪神園芸による絶妙な配合が自慢) 【広島】 「『東洋』がないがしろにされがち」@Jimanishi (正式名称は「広島東洋カープ」。ドラフト以外ではなかなか言わ [全文を読む]

高橋由伸監督が2軍の「阿部慎之助」派との派閥争いに苦悩

NEWSポストセブン / 2016年05月18日16時00分

元凶となっているのが、阿部慎之助率いる「阿部派」だ。かつてオフにグアムで行なう恒例の自主トレに帯同していた坂本勇人や長野久義、内海哲也などが「阿部派」の主要メンバーだが、阿部や内海はシーズン開始から二軍調整の日が続いていた。 「チームリーダーとも言える阿部が一軍に不在の中、高橋監督は育成枠で入団したルーキー、長谷川潤を先発起用するなど若手選手を引き上げよ [全文を読む]

2軍落ちの巨人・阿部慎之助、イビり倒した代役・小林が大活躍で引退濃厚か…体もボロボロ

Business Journal / 2016年03月30日07時00分

阿部慎之助捕手だ。 阿部は、開幕直前に「コンディション不良」を理由に2軍に降格され、復帰のメドは立っていない。阿部の代役として、開幕3連戦すべてにスタメン出場したのは、3年目の小林誠司捕手だ。 小林は開幕戦で決勝の2点タイムリーヒットを打ち、2戦目は3安打2打点、3戦目でもヒットを放つ活躍を見せている。開幕カードの成績は11打数5安打で打率.455、4打点 [全文を読む]

累計6400万PVの人気ブログ書籍化第2弾!『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』発売

PR TIMES / 2016年03月25日11時48分

珠玉のコラム集に加え、巨人の阿部慎之助捕手、新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手のインタビューを特別収録した読み応え抜群の1冊です。 [画像: http://prtimes.jp/i/7628/202/resize/d7628-202-633859-1.jpg ] 通信教育を手掛ける株式会社ユーキャン(東京都新宿区 代表取締役社長:品川 泰一)は、書籍『プ [全文を読む]

巨人、CSのカギ握る澤村の不安な“阿部アレルギー”?成績を大きく左右する意外な要素?

Business Journal / 2014年10月10日18時00分

1勝はルーキーの小林誠司が、3敗はすべて阿部慎之助が捕手として先発出場した試合である。8月の復帰初戦は實松一成とバッテリーを組み、6回途中4失点でノックアウトされる。だが、翌週の阪神戦では小林とのコンビで今季初完封を飾る。それ以降、澤村が投げる試合の捕手には小林が定着した。 10月4日の本拠地最終戦、澤村は6回からマウンドに上がる。すると、先発捕手だった阿 [全文を読む]

二塁は若手に? 不振の中井は由伸監督の“恋人”になれるか

NEWSポストセブン / 2017年05月28日07時00分

打線の軸は坂本勇人と阿部慎之助で、周りを外国人や長野久義などが固めている状況は、原辰徳監督時代と代わり映えしない。 その中で、目を引くのが開幕からセカンドに起用している中井大介だ。開幕戦でいきなり2安打を放つも、その後は不振に陥り、打率は2割台前半に。セカンドには片岡治大やルイス・クルーズなどが控えるにもかかわらず、高橋監督は我慢強く使い続けた。野球担当記 [全文を読む]

打率1割台の異常な不振…巨人・長野久義、ことごとくチャンス潰し完全にチームのお荷物に

Business Journal / 2017年04月18日17時00分

「4番の阿部慎之助、5番のマギーが好調な今年の巨人にとって、6番打者に誰を置くかは勝敗を分かつ重要なポイント。外野の一角を争う亀井義行は、当初は控えでしたが代打で結果を出して、現在は打率.400(規定打席未到達)と絶好調です。特に得点圏打率.714と勝負強さを発揮しており、チャンスに弱い長野との差を浮き彫りにしています。 また、北海道日本ハムファイターズ [全文を読む]

【プロ野球】ペナントレースの火花は開幕早々に消えるのか? 巨人が開幕戦を3タテしたワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年04月06日16時05分

開幕2戦目では、9回裏に送った代打・村田修一が阿部慎之助の逆転サヨナラ弾につながる安打を放って勝利に貢献。 また3試合目では、実戦で育てたい岡本に代えて亀井義行を打席に送る。すると亀井も2点タイムリー二塁打で期待に応えた。勝利を引き寄せ、岡本に刺激も与える一石二鳥の一打となった。 村田に亀井。他球団ならまだまだレギュラーで試合に出場できる選手だけに、彼ら [全文を読む]

【プロ野球】「阪神野手×歴代新人王=レジェンド」の方程式。歴代・新人王を獲った阪神野手の将来は前途洋々!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月02日16時05分

この活躍ぶりは記者投票にもしっかり反映され、2位の阿部慎之助(巨人)に118票という大差をつけての新人王受賞となった。 ■堅実な守備で新人王もキャッチ ■久慈照嘉(1991年ドラフト2位) 新人王受賞年:1992年 新人王受賞年の成績:打率.245/0本塁打/21打点/4盗塁 日本石油(現JX-ENEOS)の中心選手として日本選手権と全日本アマチュア王座 [全文を読む]

【プロ野球】新天地・DeNAで好素材が覚醒するか!? 山口俊の人的補償は21歳の右腕・平良拳太郎に!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月13日16時05分

対戦したい選手として、2軍でバッテリーを組んだ阿部慎之助の名前を挙げた平良。ぜひとも、1軍の試合で阿部を慌てさせるようなピッチングを期待したい。 文=藤山剣(ふじやま・けん) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】「神ってる」が新語・流行語大賞にノミネート。ほかにもあるぞ! 2016年カープ名言集!!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月25日17時05分

■「最高です!」だけじゃない!?~お立ち台での名言 今シーズン大ブレークした、鈴木誠也がお立ち台で発した「最高でぇぇぇぇす!」は、本家の阿部慎之助(巨人)を凌ぐほどのインパクトを与えた。しかし、それ以外にも、心揺さぶる名言が数多くあった。そのいくつかを紹介しよう。 「覇気で打ちました」 (安部友裕/5月26日/マツダスタジアムほか) イマイチ定着はしなか [全文を読む]

“モナ岡”コーチ昇格も期待薄!?貧打の巨人が再び「暗黒時代」に突入か?

アサ芸プラス / 2016年10月14日17時58分

来季の巻き返しに向けては常勝時代を支えてきた阿部慎之助や村田修一に代わる、次の時代を担う若手の台頭が急務となっている。「14年ドラフト1位の岡本和真、08年ドラフト1位の大田泰示らの活躍が期待されていますが、レギュラーの定着には至っていません」(スポーツ紙記者) そこで巨人は打線のテコ入れのため、来季より二岡智宏2軍打撃コーチを1軍打撃コーチに昇格させる [全文を読む]

新山千春が巨人軍関係者の“最高ご祝儀額”暴露で炎上中! 詰めの甘さは“離婚ママタレ”随一!?

日刊サイゾー / 2015年06月04日17時00分

新山は、黒田氏との結婚式は海外で2人きりで挙げ、帰国後は3回にわたり結婚パーティーを開いたといい、パーティーには巨人軍の高橋由伸や阿部慎之助、元選手の二岡智宏など、そうそうたる顔ぶれが集ったという。 これに、司会のSMAP・中居正広が「一番包んでる人で、(ご祝儀は)大体いくらくらいなの?」と質問すると、新山は「30万くらい」と返答。さらに、中居が目上の人を [全文を読む]

【プロ野球】巨人・阿部慎之助の後釜になる正捕手は誰だ

デイリーニュースオンライン / 2014年12月03日10時50分

歴史的大敗ともよべるシリーズの戦犯として名前があがったのが、正捕手として長年、巨人を支えてきた阿部慎之助だった。クライマックスシリーズでは4番を任されながら、16打数2安打。レギュラーシーズンでも、不調が続く場面も多く、捕手と主砲の両立はファンの目から見ても明らかに限界。来季はファーストに専念し、“ダメなら引退”と覚悟を決めたとも報じられている。 そうなる [全文を読む]

フォーカス