女子アナ 森麻季に関するニュース

フリー転身の女子アナ、なぜ大手事務所でも売り出しに苦労?夏目、マーサが売れてる理由

Business Journal / 2014年08月27日01時00分

ここ数年で、一気に若手や中堅が退社したことで、今の日テレは女子アナ不足。結婚退社や海外留学などの目的があれば、馬場アナも自然と降板となったでしょうが、製作側とすれば、アナウンサーを継続するのであれば、そのまま番組を続けてほしいと思うのは当然です。実際、日テレではこれまでも退社後に番組を継続した女子アナはいます。例えば、松本志のぶは『行列のできる法律相談所』 [全文を読む]

歴代女子アナ「最強の玉の輿」ランキング(1)

アサ芸プラス / 2012年04月24日10時55分

中野アナに限らず、過去「玉の輿婚」を機に退社した女子アナは数知れず。そこで今回、歴代アナで誰が「最強の玉の輿」なのか、徹底検証する! 「玉の輿」といっても、スポーツ選手との結び付きが多い女子アナにとっては、夫の活躍いかんによって浮き沈みもある。このランキングは、夫の収入以外も加味したうえで、識者たちにランク付けしてもらった。 * 女子アナといえば、プロスポ [全文を読む]

高橋真麻「友達になりたくない」宮崎宣子に嫌悪感!?

日刊大衆 / 2017年05月22日16時05分

経営者や医師など幅広い人脈を持つ真麻アナだが、最もすごいのは彼女の“女子アナ人脈”だ。今回は、ふだんから真麻アナと仲のいい女子アナ4人が登場した。彼女らが新たな“女子アナ人脈”を真麻アナに紹介するというのが、今回の番組の趣旨。彼女たちが真麻アナに提案した新たな人脈は、“グルメな女子アナ”である。 そして元日本テレビでフリーの森麻季アナ(36)が真麻アナに紹 [全文を読む]

丸岡いずみアナ 仕事とられた同僚からの視線が重圧だった説も

NEWSポストセブン / 2012年10月18日07時00分

「報道記者の女子アナ化」である。 日テレは他の局に先駆け、ルックスがよく優秀な女性報道記者にスタジオでニュースを読ませるようになっている。週末のスポーツニュース『Going!』で報道コーナーを担当している原聡子記者(36)が代表的だ。ハーバード大大学院を修了している知性派にもかかわらず、司会の上田晋也とトークを展開したり、アドリブ能力も高い。 「亡くなった [全文を読む]

歴代女子アナ「最強の玉の輿」ランキング(3)

アサ芸プラス / 2012年04月26日10時55分

この状況は女子アナも同じだ。 「特に西尾は人気も実力もあったので、かなり酷使されていましたね。精神的に追い詰められていたのか、現場ではピリピリしていることが多くて、本当に寿退社できてよかったと思います。宮﨑や松尾、葉山などは、時間をかけて高望みをするよりも、一にも二にも早く結婚したかったんじゃないですかね。宮﨑も松尾も、まるで泥船から逃げ出すように辞めちゃ [全文を読む]

プロ野球選手の「女王妻」ランキング(4)

アサ芸プラス / 2012年02月10日10時59分

昔から野球選手の妻には年上や女子アナが多い。それはなぜか? その効果のほどは? ぜひとも知りたい裏事情を探ってみよう。 * 「こう言っては何ですが、プロ野球選手は野球一筋で来ているので意外と世間知らず。身を持ち崩す選手も多い。そんなヤンチャ坊主をハンドリングするわけですから、やはり姉さん女房が適任というわけですよ」(スポーツ紙デスク) 何度も登場する落合は [全文を読む]

NHK女子アナ 知性・アナウンス能力で民放と段違いな理由

NEWSポストセブン / 2012年02月07日16時00分

NHKの女子アナには、中高年サラリーマンの隠れファンが多い。知性、アナウンス能力ともに民放とは段違いだからだ。 それには理由がある。NHKの女子アナは入社後まず地方局へ配属される。そこで優秀だと認められた者だけが、東京に呼び戻され、全国ネットの番組に出演できる。厳しい実力社会であり、我々の目に触れる女子アナは「ピラミッドの頂点」なのだ。さらにはテレビ黎明期 [全文を読む]

フリー女子アナ相関図 好かれるのは真麻、嫉妬されるのは夏目

WEB女性自身 / 2015年04月05日09時00分

「(フリー女子アナ)業界最大手のセイトフォースはミスキャンパス候補の女子大生に早くから声をかけている。地方局で人気が出た若手アナも隈なくチェックし、引き抜く。『めざましテレビ』との太いパイプをエサに、牧野を一本釣り。また皆藤愛子は川田と交流があり、セント入りを橋渡ししたと聞いた」(芸能プロ社員) 今春、TBSのエース・枡田絵里奈は広島・堂林翔太と結婚し寿退 [全文を読む]

日テレ退職アナのその後から馬場典子アナの活躍度合いを予測

NEWSポストセブン / 2014年06月22日07時00分

不惑を迎えた女子アナが結婚以外の理由で、独立するケースは珍しい。テレビ局関係者が話す。「日テレは、独立した女子アナを自局であまり起用しない傾向がある。夏の一大イベント『24時間テレビ「愛は地球を救う」』の司会を7年間も担当し、局の看板番組『ズームイン!!SUPER』を任されるなどエース格だった西尾由佳理アナも、退社後は『世界一受けたい授業』にゲスト出演する [全文を読む]

テレ東・大江麻理子×日テレ・鈴江奈々 人気と実力を兼ね備えた「三十路アナ論」

日刊サイゾー / 2014年02月25日19時00分

アナウンサーというよりも、タレント的な仕事を数多くこなしている昨今の女子アナたち。そのためか、年齢を重ねるにつれて出番が減少する傾向にあり、“定年”といわれる30歳あたりで退社する者たちも多い。そんな中、30歳を越えても第一線で活躍する逸材が存在する。今月の女子アナ名鑑では、若手アナドルよりも人気の三十路アナたちにスポットを当てていこう。 人気の三十路アナ [全文を読む]

海外行かずCM仕事多いナカミー 小倉氏との不仲説が再燃か?

NEWSポストセブン / 2012年12月26日07時00分

局アナからフリ―に転向する女子アナたちが後を絶たないが、フリー、といえば今年のフジテレビは大物女子アナの退社が目立った。中野美奈子アナ(33)が7月、平井理央アナ(30)が9月に退社している。 物議を醸しているのが、中野アナの「CM荒稼ぎ」ぶりだ。 2013年からは夫の海外赴任についていくということもあり、フリーになるといっても実際の活動はわずかと見られて [全文を読む]

日テレ・エース女子アナの熱愛発覚でアノ人が激怒!?

メンズサイゾー / 2012年11月09日18時00分

女子アナの大量離脱に悩んでいる日本テレビアナウンス室に、またも頭の痛い問題が持ち上がった。若手でもっとも期待されている水ト(みうら)麻美アナ(25)が、交際男性との「お泊り愛」を、9日発売の「フライデー」(講談社)に激写されてしまったのである。 同誌によれば、10月中旬の夜、日テレのある汐留付近の路上でタクシーに乗り込んだ一人の男性。すると水トアナもダッシ [全文を読む]

ファッションセンスを徹底チェック! 私服がエロい女子アナは誰だ?

週プレNEWS / 2012年06月24日12時00分

テレビ番組で見る女子アナの洋服は、基本的にスタイリストが用意したもの。かわいらしいフリフリのワンピースも、しっとりしたスーツ姿も、彼女たち本来のファッションセンスを表しているわけではないのだ。そこで気になるのが人気アナたちの私服。調べてみると、意外にイメージとのギャップがあるようで……。 「男っぽいラフな格好が多いのは日本テレビの石田エレーヌアナ(6月に葉 [全文を読む]

西尾由佳理アナら日テレ出身アナがフリーで成功しにくい理由

NEWSポストセブン / 2015年10月19日07時00分

フリー女子アナ受難の時代だ。テレビ局の業績落ち込みによる経費削減傾向が高まり、以前のようにフリーアナが起用される機会は減ってきている。そうした中で、日本テレビ出身のフリー女子アナの苦戦が目立っているという。 日本テレビからは一時期、大量に離職者が続出。長寿番組『ズームイン!!SUPER』『24時間テレビ』などを担当した西尾由佳理アナ、『ラジかるッ』でとぼけ [全文を読む]

女子アナ大量流出中の日本テレビに君臨する、“女帝”木村優子部長のパワハラがひどすぎる!?

日刊サイゾー / 2012年11月10日16時00分

夏目三久アナ、西尾由佳理アナ、宮崎宣子アナ、山本舞衣子アナ、古閑陽子アナ、森麻季アナら女子アナの退社に歯止めが利かない日本テレビだが、同局アナウンス部の木村優子部長の女帝ぶりを「週刊文春」(文藝春秋)の11月15日号が報じている。 「木村部長は聖心女子大卒後、1983年にアナウンサーとして同局に入社。92年に報道局社会部へ異動し、夕方のニュース番組『NNN [全文を読む]

元テレ朝の龍円愛梨氏 エコに傾倒し米国でロハス生活を満喫

NEWSポストセブン / 2012年10月19日07時00分

ただいま視聴率も絶好調で、日テレに比べれば待遇も悪くないテレビ朝日では退社する女子アナは比較的少ない。「先日は視聴率トップを祝って社員食堂が無料開放された。外部の人間にも無料で、普段、1食1100円の鰻重が飛ぶように出ていた」(テレ朝社員)と、景気のいい話も聞こえてくる。 その一方、退社した龍円は彼の地でロハスライフをエンジョイしている。 「30代になっ [全文を読む]

元日テレの森麻季も! 巨人優勝の裏で奮闘した美女アナたち

週プレNEWS / 2012年10月07日13時00分

「さすが優勝決定戦、通常の試合とは女子アナの人数が明らかに違いました。いつも以上に力を入れていたのは、やはりナイター中継をした日本テレビ。看板アナの徳島えりかアナと新人の久野静香アナのふたり態勢で、精力的に取材をしていましたから。そうそう、当たり前ですけど、巨人の澤村拓一(ひろかず)投手と結婚した森麻季さん(元日テレ)も球場に来ていましたよ。局アナ時代と [全文を読む]

「女子アナ最強の玉の輿は?」日本テレビは一般人と結婚⇒離婚が多いのはなぜ?

アサジョ / 2015年10月30日17時58分

魚住りえ、佐藤良子、宮崎宣子、葉山エレーヌ、脊山麻理子、森麻季など、とにかく離婚が多いのが日テレの女子アナたち。しかも、巨人・澤村拓一とスピード離婚した森以外は全員一般人。堅実な相手を見つけたはずなのに…。 ここ数年で見ても、西尾由佳理が敏腕広告プランナーの権八成裕氏と、鈴江奈々が大学時代からの友人である広告代理店勤務の会社員というように、フジに比べるとど [全文を読む]

フジテレビ カトパンに代わる人気女子アナが生まれない理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月09日17時30分

ここ数年、女子アナ界からスターが生まれにくくなっている。フジテレビのエースは相変わらず、カトパンこと加藤綾子アナだ。入社8年目を迎え、今年30歳になったカトパンに代わるスター候補を生み出そうと局側は必死だが、思うような人気者は出て来ない。2012年入社の宮澤智、13年入社の内田嶺衣奈といったタレント経験のある女子アナも、14年入社の永島優美のように1年目か [全文を読む]

“利益供与問題”日テレ上重聡アナの恋人モデル・安座間美優が友人LINE「既読スルー」で広がる臆測

日刊サイゾー / 2015年05月29日13時00分

でも、上重アナって、遊び人だって報じられているので……」 女性誌では先日、上重アナが「局内では、同僚の女子アナたちに手を出していたことが有名」と報じられており、同期の元日テレアナ、森麻季との交際話が蒸し返されているほか、複数の女子アナと同時に交際していたウワサまで持ち上がった。 森アナは在局時代、上重アナと交際のウワサがあったが、巨人の澤村拓一投手と結婚し [全文を読む]

フォーカス