世阿弥 観阿弥に関するニュース

観世宗家相伝の書を、家元が自ら繙く 『【新訳】風姿花伝』を発売

@Press / 2013年12月02日13時30分

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2013年12月13日(金)、世阿弥著・二十六世観世流宗家 観世清和編訳『【新版】風姿花伝』を発売いたします。 ■『風姿花伝』は、観世家相伝の書 世阿弥の能楽論『風姿花伝』は、そこに記された「初心忘るべからず」「秘すれば花」といった言葉とともに、生きる上でも大切にした言葉として、時代を超えて多 [全文を読む]

ビジネスは室町時代から学べ。能楽師・世阿弥が説く「最強の交渉術」

まぐまぐニュース! / 2016年08月16日17時18分

無料メルマガ『弁護士谷原誠の【仕事の流儀】』ではそのタイミングを知るヒントを、伝説の能楽師・世阿弥が著した『風姿花伝』に求めています。 時の流れが重要です こんにちは。 弁護士の谷原誠です。 室町時代に「大和猿楽」の演者として活躍、父の観阿弥とともに、能楽の完成者として知られる世阿弥。その思想を記した『風姿花伝』は、長く能楽論、芸術論として読み継がれていま [全文を読む]

三島作品の舞台化で現実と幽玄の境界を行き来する美輪明宏、御年81歳。若き美女を演じても違和感がない理由

messy / 2017年04月12日14時00分

そのうち「葵上」は源氏物語の光源氏と正妻の葵上、生霊となって葵上を死に追いやる六条御息所の三角関係を題材にした世阿弥の能作品、「卒塔婆小町」は、平安時代の女流歌人、小野小町に魅入られた深草少将が百日間彼女のもとへ通い詰める「百夜(ももよ)通い」をし、その最後の夜に亡くなったという伝説をモチーフにした、観阿弥の作品を基になっています。公演パンフレットによると [全文を読む]

古き良き伝統を堪能!この冬、訪ねてみたい日本各地の「民俗芸能」4選

サライ.jp / 2016年11月28日17時00分

黒川地区・春日神社の氏子が上座と下座に分かれて披露する能は、観阿弥・世阿弥の流れをくみながらも、独特の形態で受け継がれているところが最大の特徴。 特に、毎年2月下旬に蝋燭の明かりだけで演じられる「蝋燭能」の幻想的な美しさはぜひ体験したい。 ■3:山形・酒田の「黒森歌舞伎」 [caption id="attachment_113764" align="ali [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】「This is Okura」300 Days Project Grand Stage 「観世宗家特別公演」

PR TIMES / 2015年04月17日12時09分

この度の公演では、室町時代の観阿弥・世阿弥父子からの流れを汲む観世流・二十六世観世宗家 観世 清和師が2日間で特別な想いを込めた4つの演目を勤めます。また狂言は人間国宝 狂言方大蔵流 山本 東次郎師をお招きし上演いたします。観世流の拠点であり、1972年の落成より多くの能楽ファンに親しまれた渋谷・松濤の「観世能楽堂」は2015年3月をもち閉館し、2017年 [全文を読む]

美輪明宏が語る仕事「人を慰め、励ます歌でなければ…」

WEB女性自身 / 2014年02月23日07時00分

それで図書館へ行って、室町時代の観阿弥、世阿弥から、元禄時代からずっとファッションを調べたんですよ。すると、どっちが男で女かわからないようなファッションがたくさんあって。じゃあこれを現代に移そう、と作ったのが世界で初めてのビジュアル系なんです」中山「新しいものを作るのに過去を調べた、ということですね」美輪「そうです。レディー・ガガのファッションだってね、戦 [全文を読む]

フォーカス