映画 吸血鬼に関するニュース

柳ゆり菜、栗原類は「この人に自分を差し出してもいい」【インタビュー】

Woman Insight / 2016年10月14日20時00分

日本のどこかにある絶海の孤島・彼岸島を舞台に、吸血鬼やその変異体である邪鬼(おに)と人間が激闘を繰り広げる映画『彼岸島 デラックス』(10月15日公開)にて、存在感を放つマスターヴァンパイア“雅”を演じる栗原類さんと、その雅に自らを差し出す“まり子”を演じる柳ゆり菜さん。そのおふたりにWoman Insightでは、インタビューを行いました。雅の役作りの原 [全文を読む]

フル3DCG映画『GANTZ:O』奥浩哉インタビュー「“誰も観たことがない”という刺激に飢えている人たちに」

ガジェット通信 / 2016年10月13日19時30分

TVアニメシリーズ、実写映画化もされた大ヒット漫画「GANTZ」がフル3DCGアニメーション映画『GANTZ:O(ガンツ:オー)』となり、いよいよ10月15日より公開となります。 本作の基となるのは、原作の中でも特に人気の高い「大阪篇」。高校生の加藤勝を主人公に、曲者ぞろいの大阪チームとの遭遇や妖怪型星人軍団との戦闘を描いています。今回ガジェット通信では「 [全文を読む]

町山智浩がギレルモ・デル・トロに直撃!構想20年のヴァンパイアドラマを語る「ノスフェラトゥのように古典的にしたかった」

AOLニュース / 2015年09月09日20時00分

この注目作の【日本独占インタビュー】が監督の"日本びいき"によって実現し、映画評論家である町山智浩氏がデル・トロ監督と対峙した。 デルトロは、「このドラマで私が考えた吸血鬼は宗教を超越している。科学と歴史の側面から描くためだよ。誰もが理解できるようにね。だから十字架や聖水などは、このドラマでは一切使わないんだ」と語る。そして「ノスフェラトゥ(吸血鬼の総称) [全文を読む]

吸血鬼>人間>ゾンビの種族カーストにエイリアンが殴り込み!? ジョナ・ヒル製作ホラーコメディ『フリークス・シティ』

ガジェット通信 / 2017年01月21日22時00分

映画『フリークス・シティ』は1月24日より、特集上映『未体験ゾーンの映画たち』にて公開です。どうぞお楽しみに。 作品概要 上映スケジュールは『未体験ゾーンの映画たち2017』公式サイトをご確認ください。 公式サイト:http://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2017 『フリークス・シティ』 原題:Freaks of [全文を読む]

女優が封印した「生涯ただ1度の濡れ場」を厳選発掘(4)意外なお宝編・あの今井美樹も…

アサ芸プラス / 2016年06月23日05時57分

あんたこれ、真珠がなんぼ入っとるんや?」「4つや」 何ともエロティックな会話をする“ピン子の映画デビュー”であった。 美人ジャズシンガーの草分けである阿川泰子(64)は、もともとは文学座に所属した女優。チョイ役ながらいくつかの映画に出演しており、吸血鬼を題材にした「血を吸う薔薇」(74年、東宝)にも女学生役で出ている。吸血鬼に襲われ、乳首がチラリと見える“ [全文を読む]

「そもそも実写化に無理がある…」『彼岸島』再実写化も“丸太絶対主義”の壁は厚い!?

おたぽる / 2015年12月02日16時00分

11月30日発売の「週刊ヤングマガジン」(講談社)53号にて、同作の実写映画化&TVドラマ化が発表された。ただ、実写映画の公開、TVドラマの放送は過去にもされており、どちらも決して芳しくなかったためか、マンガ好きからの期待値はとてつもなく低いようだ。 現在は3rdシリーズ、主人公の宿敵にあたる吸血鬼・雅が撒いた吸血鬼ウィルスにより、日本が血に飢えた化け物の [全文を読む]

【彼岸島】遠藤雄弥「誰だか分かんねえよみたいな(笑)」

Smartザテレビジョン / 2016年10月13日11時00分

10月15日(土)には映画「彼岸島 デラックス」の公開も控える話題作だ。'13年に放送された第1弾ドラマにも出演し、第2弾でもケン役を演じる遠藤雄弥にインタビュー。映画公開直前、作品の魅力や共演者の印象などを語ってもらった。――3年ぶりとなる続編ですが、あらためてどのような物語なのでしょうか?主人公のお兄さんが「彼岸島」という絶島ですよね、吸血鬼巣くう島に [全文を読む]

いつでも、どこでも。映画を楽しめる時代に!ビデックスJPでは、劇場公開やDVD発売と同時期に配信を展開。

PR TIMES / 2014年06月20日17時59分

株式会社ビデックス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:柳下洋 以下 ビデックス)が運営する動画配信サービス「ビデックスJP」では、「いつでも、どこでも、映画を」楽しんでいただけるよう、劇場公開中の映画やDVD発売したばかりの映画の配信を展開しています。■劇場公開と同時期の配信: 映画「美しい絵の崩壊」2014/5/31(土)新宿武蔵野館、ヒューマントラス [全文を読む]

【初登場首位!】ハリポタ新章『ファンタビ』の魔法動物(ビースト)4選

TABIZINE / 2016年11月29日12時00分

映画.com ニュース] 11月26~27日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表され、好調の「君の名は。」を上回り、初登場1位を獲得。※土日2日間で動員54万6000人、興収8億2300万円を記録 「ハリポタ」シリーズの原作者J.K.ローリングが、映画の脚本を書くために特別にペンを取った渾身の一作。シリーズ4作の監督、デイビッド [全文を読む]

白石隼也と鈴木亮平、W主演作を「とってもお金をかけたB級映画」

Woman Insight / 2016年10月05日15時00分

10月4日、新宿ピカデリーにて、映画『彼岸島 デラックス』の完成披露上映会が行われ、W主演を務めた白石隼也さん、鈴木亮平さんのほかに、桜井美南さん、遠藤雄弥さん、阿部翔平さん、栗原類さん、佐藤めぐみさん、水崎綾女さん、高野人母美さん、柳ゆり菜さんらキャストが舞台あいさつに登壇しました。 シリーズ累計 700 万部を誇るベストセラーコミック、松本光司による「 [全文を読む]

白石隼也を直撃!「彼岸島」撮影のために8kg増

Smartザテレビジョン / 2016年09月21日06時00分

10月15日(土)からは、映画「彼岸島 デラックス」も公開される。 そんな話題作で、吸血鬼に立ち向かう青年・明を演じる白石に過酷なアクションシーンの裏側や見どころなどを聞いた。 ――続編が決まった時の感想は? (シーズン1の撮影)現場でのキャスト同士の仲が良かったので、非常に楽しみでした。今回の台本読んだ時もすごい原作寄りでアクション満載で、邪鬼も出てきて [全文を読む]

白石隼也&鈴木亮平W主演ドラマ「彼岸島」続編決定!

Smartザテレビジョン / 2016年08月07日05時00分

8月6日、愛知・名古屋市栄にて世界から30の国と地域が参加し、ことしで14回目を迎える世界最大級のコスプレイベント「世界コスプレサミット」が行われ、映画「彼岸島 デラックス」の主役・明を演じる白石隼也と、明の最大の敵・雅を演じた栗原類が登壇。 炎天下にもかかわらず会場は「彼岸島」ファンであふれ返り、コスプレーヤーたちを目の当たりにした栗原は「この会場にいる [全文を読む]

【今週公開のコワイ映画】2017/1/21号:未体験ゾーン2017『ダークレイン』『屍憶 -SHIOKU-』『フリークス・シティ』

ガジェット通信 / 2017年01月21日23時00分

今週公開の怖い映画をご紹介します。(1/20~1/26) 今週も特集上映『未体験ゾーンの映画たち2017』より3本のホラー系映画が公開です。 雨によって人間の外見も内面も豹変していくパニックホラー『ダークレイン』。こちらは昨年の『未体験ゾーンの映画たち』で上映された『パラドクス』のアイザック・エスバン監督作。そして、死者の弔いのために死者との結婚を強要され [全文を読む]

『彼岸島 デラックス』松本光司先生インタビュー「子供の頃のホラー映画体験が作品に影響を与えている」

ガジェット通信 / 2016年10月13日21時00分

シリーズ累計700万部を誇る「彼岸島」の実写映画作品『彼岸島 デラックス』が2016年10月15日に公開。「彼岸島」実写化で最も困難とされるのが、「邪鬼」(おに)と呼ばれる巨大モンスターの表現。本作では、表情や筋肉の動きなど細部の細部までこだわり抜いた最新のCG 技術により、原作で人気の邪鬼たちがド迫力のスケールで再現されています。 世界中でカルト的な人気 [全文を読む]

『彼岸島 デラックス』白石隼也&栗原類インタビュー「“みんな、丸太は持ったな!”の勢いが好き」

ガジェット通信 / 2016年10月12日20時00分

シリーズ累計700万部を誇る「彼岸島」の実写映画作品『彼岸島 デラックス』が2016年10月15日に公開。「彼岸島」実写化で最も困難とされるのが、「邪鬼」(おに)と呼ばれる巨大モンスターの表現。本作では、表情や筋肉の動きなど細部の細部までこだわり抜いた最新のCG 技術により、原作で人気の邪鬼たちがド迫力のスケールで再現されています。 今回は、主人公の宮本明 [全文を読む]

「地獄にいちばん近い島。」と「監獄レストラン」がタイアップ!10月15日(土)公開映画「彼岸島デラックス」×「ザ・ロックアップ」空前のハアハア必至メニュー 10月11日(火)スタート!

PR TIMES / 2016年10月11日13時16分

ザ・ロックアップ今度のコラボは「彼岸島デラックス」!サブライムグループ株式会社パートナーズダイニング(本社:新宿区西新宿、代表取締役社長:中村英樹) は、監獄レストラン ザ・ロックアップ11店舗にて映画「彼岸島 デラックス」(10月15日(土) 全国公開)とのタイアップメニュー全5品を10月11日(火)よりスタートします。【映画「彼岸島デラックス」×「監獄 [全文を読む]

隔月『韓流 T.O.P』2016/01月号(VOL.45)発売告知

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年11月07日15時55分

■Cinema SPECIAL Interview 10P★ソンモfrom 超新星★『僕たちの日記』主演映画『僕たちの日記』で京都国際映画祭に参加したソンモが、映画への熱い思いを語ってくれた。レッドカーペットの模様もお届け!■東京・釜山国際映画祭ダイジェスト!★★レン(NU’EST)★★ジュノ(2PM)★★スホ(EXO)★★レッドカーペットを歩く、ヨンギド [全文を読む]

俳優チソン、ヴァンパイアでスクリーン復帰!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年09月15日16時16分

所属事務所のNAMOO ACTORSは15日、「チソンがイム・サンス監督の短編映画『ヴァンパイアははうちの隣に住んでいる』の主人公にキャスティングされ、秘密裏に撮影を終えた」と明らかにした。所属事務所はヴァンパイアに変身したチソンのスチールも公開。写真でチソンはセクシーながらも冷たい吸血人間の魅力を披露し、映画ファンの耳目を集中させている。映画「ヴァンパイ [全文を読む]

新たなヴァンパイア像が斬新な映画『ドラキュラZERO』、主演:ルーク・エヴァンスからのコメント到着!

Entame Plex / 2014年10月31日23時41分

初の“ドラキュラ”正規映画化となった作品『魔人ドラキュラ』では、オールバックに燕尾服という姿、鏡に映らない、狼に変身する、ニンニクが苦手、悪の存在であるといったドラキュラ像が描かれている。それから80年以上の歳月が経つ中で、数々の“ドラキュラ”を題材にした映画が公開され、“ドラキュラ”といえば、マント、イケメン、ニンニク、コウモリ、太陽が苦手、十字架が苦手 [全文を読む]

『パシフィック・リム2』制作決定!アニメシリーズも!“怪獣大好きおじさん“ギレルモ・デル・トロってどんな人?

おたぽる / 2014年07月25日23時00分

昨年公開された映画『パシフィック・リム』は大ヒット作となった。もう誰もがご存知の日本怪獣特撮&巨大ロボットアニメ・リスペクトの塊的な映画だ。深海から出現するKAIJUとそれを迎え撃つ人類最後の希望・巨大ロボット=イェーガーの戦いを熱く描いている。次世代機は動けず旧世代機である主人公ロボ=ジプシー・デンジャーがガシガシ大活躍するシチュエーションは『ジャイアン [全文を読む]

フォーカス