ダルビッシュ有 球種に関するニュース

キーワードは“柔”と“剛”…田中vsダルの名勝負を徹底解剖!

ベースボールキング / 2017年06月28日11時30分

現地時間6月23日(日本時間24日)のヤンキース-レンジャーズの一戦で、田中将大とダルビッシュ有がメジャーの舞台で初対決。田中は8回、ダルビッシュは7回を投げてともに無失点と両者譲らず。この名勝負は現地でも大きく取り上げられた。 歴史に残るその試合で、田中とダルビッシュはどのような投球を見せたのか。MLB公式サイト『MLB.com』やデータサイトの『Fa [全文を読む]

ダルビッシュがYouTuberに? 「どんな動画を載せて欲しいか」お題募集に「ゲーム実況」のリクエストも

ガジェット通信 / 2017年02月22日19時00分

メジャーリーグ、テキサス・レンジャーズに所属するダルビッシュ有投手。『Twitter』で170万人以上のフォロワーを抱え、野球ファン以外からも常に注目を集めている彼が、突如「YouTubeデビューしました!」とツイートした。 新たに開設した自身の『YouTube』チャンネルに初投稿した映像には、レンジャーズの本拠地球場でキャッチボールやピッチングをする姿を [全文を読む]

フォークの神様・杉下茂氏が認める本当のフォークボーラー

NEWSポストセブン / 2017年01月13日07時00分

口を開けば、ダルビッシュ有ら現役からOBまで球史を彩った投手たちへの論評が止まらない──。91歳の杉下氏に、本物のフォークボール誕生秘話と、いま注目しているピッチャーについて聞いた。 * * * 90歳になっても何も変わらないですよ。“とうとう90歳になっちゃった”ぐらいのもので、とくに感慨深いことはありません。 今、月に2~3回はゴルフをしています。ゴル [全文を読む]

【プロ野球】今季は期待?ヤクルト・成瀬善久の魔球”ワンシーム”に注目

デイリーニュースオンライン / 2016年04月25日16時00分

NPBで騒がれたのはダルビッシュ有(テキサス・レンジャーズ)が2010年頃に投げたときだろうか。縫い目(シーム)の1本に、人差し指と中指をかぶせるようにして投げる球種で、シュート気味に落ちる軌道。球速はツーシームよりも若干遅い。 高速シンカーと表現されることもあるワンシームは、空振りを奪うこともできるし、詰まらせることもできる使い勝手のよい球種だ。 今年 [全文を読む]

ダルビッシュ有 今季絶望でも「夜は10連投」(1)山本聖子との結婚でショックを受けたのは…

アサ芸プラス / 2015年03月24日09時54分

「今季からレンジャーズの指揮を執る、バニスター監督はダルビッシュ有(28)を高く評価してきた理論派です。ダルにとってはやりやすい環境が整いましたから、『今年こそサイ・ヤング賞を獲るのでは』と周囲の期待も高まっていました。一方で、昨年8月に右肘を故障して以来、実戦からは遠ざかってきた。20種類以上の球種を持ち、ミリ単位で精度にこだわるダルにとって、キャンプで [全文を読む]

マエケン7回をピシャリ!指揮官うれしい悲鳴「我々の選択を難しくさせる」

J-CASTトレンド / 2017年08月03日19時14分

トレード移籍のダルビッシュ有投手(30)が2日、チームに合流。先発ローテーション争いがますます激しさを増すのは必至だ。 「ケンタは傑出していた」 1日のブレーブス戦に先発した前田は、2回から4回まで三者凡退に打ち取るなど終始、安定した投球を披露した。7回94球を投げて、2安打1四球6奪三振無失点の快投。ロバーツ監督は試合後、「ケンタは傑出していた。最初の1 [全文を読む]

伊藤智仁のスライダーは「考えられないくらい曲がった」

NEWSポストセブン / 2016年08月20日07時00分

杉内俊哉(巨人、2002年~)、ダルビッシュ有(レンジャーズ、2005年~)のスライダーも素晴らしいけど、伊藤のほうが速くてよく曲がった」 ※週刊ポスト2016年9月2日号 [全文を読む]

靭帯移植後のダルビッシュと松坂 フォームの違いが分岐点

NEWSポストセブン / 2016年06月08日16時00分

テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有(29)は昨年3月に靭帯移植手術(通称トミー・ジョン手術)を受け、5月28日(日本時間29日)にメジャー復帰した。ところが、レッドソックス在籍時の2011年6月に同じ手術を受けた松坂大輔(35)は、日本球界に復帰した今も満足に投球できずにいる。松坂は、「自己管理」が足りなかったと米紙レッドソックス担当記者が指摘する。 [全文を読む]

【プロ野球】日米戦績「メジャーでの成績が上」の稀有な日本人投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年01月20日08時00分

現在、日の丸を背負っている日本人選手のイチロー、青木宣親、ダルビッシュ有、田中将大、上原浩治、岩隈久志など8名。誰もが日本時代と同様の活躍を見せているが、岡島や斎藤のように、「ハイレベルな環境で実力を発揮した」選手がいるのも、プロ野球の不思議でおもしろい点であろう。 小川隆行(おがわたかゆき)編集者&ライター。『プロ野球 タブーの真相』(宝島社刊)シリー [全文を読む]

「ダルはアーティスト、マー君はワーカー」とMLB現地解説者

NEWSポストセブン / 2014年05月19日16時00分

メジャーリーグを沸かせるダルビッシュ有と田中将大。共に好投を続けるが、勝利数や防御率などの結果だけ見ると田中が勝っている現状がある。これには、田中の球数の少なさ(テンポが良い)が打者へよい影響をもたらし、援護率(味方が点を取ってくれる割合)の高さにつながっているため、という分析がある。 野球も人間がやるスポーツである以上、こうした感情の面も大きく関係してく [全文を読む]

田中将大、「メジャー1年目から15勝」と専門家も太鼓判

週プレNEWS / 2014年01月07日10時00分

メジャーではふたケタ勝利、うまくいけば15勝はできるのではないでしょうか」 メジャー移籍1年目から活躍した松坂大輔(15勝)、ダルビッシュ有(16勝)と比べると、どうなのか。野球解説者の前田幸長氏は「ダルビッシュと比べるとわかりやすい」と言う。 「直球のスピードはダルが上ですが、コントロールは田中が勝っています。変化球については、横の変化はダルビッシュ、縦 [全文を読む]

甲子園制覇! 前橋育英・高橋光成は桐光・松井を超えるか?

週プレNEWS / 2013年08月22日14時20分

また、『ダルビッシュ有や田中将大のようにプロ1年目、2年目から活躍できる』『将来的には球界を代表するエースになる』と評価する人もいたほどです」 同学年の安楽はともかく、あのダルビッシュと比較するなんて、少し前のめりすぎる気もする。 だが、当の高橋本人もダルビッシュを相当意識しているようで、彼のツイッターのアカウント名は「高橋光成@Darugoe1」(ダル超 [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(1)「477日ぶり復活勝利」で実践した師匠の教え

アサ芸プラス / 2012年09月07日10時59分

「肘の手術はリハビリが問題」 「松坂大輔はダルビッシュ有(レンジャーズ)なんかと違って、指先が器用なタイプではないし、指が特別に長いわけではないので、新しい球種を覚えて、ピッチングスタイルを変えるよりも、じっくりと原点に戻って自分の投球スタイルを確立したほうがいいと思う」 松坂がプロ入りを果たした時に西武ライオンズの監督を務めた東尾修は、昨年6月11日に [全文を読む]

フォーカス