離婚 江口洋介に関するニュース

上戸彩に相武紗季も?関係者が挙げる、2017年に離婚しそうな芸能人

デイリーニュースオンライン / 2017年01月02日12時05分

2016年は芸能人の離婚が相次いだ。ベッキー(32)との“ゲス不倫”で名を馳せた「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(28)、高知東生(52)の覚せい剤逮捕と不倫の合わせ技一本で三行半を叩き付けた女優の高島礼子(52)。他にも、浜崎あゆみ(38)、香川照之(51)などの離婚も話題になった。2017年は果たしてどうなるか、占ってみた。 あるスポーツ紙記者が離婚の可 [全文を読む]

司会降板、離婚危機…森高千里の「華麗なる復帰プラン」が崩れ始めている!

アサ芸プラス / 2015年08月04日09時59分

なにしろ2人の子供は都内の名門私立に通っていますから、その学費や寄付金だけでも大変な額なんです」 そんな中、囁かれ出したのが“離婚説”だった。「芸能界では、結婚と同時に仕事をセーブしていた妻が復帰したり、精力的に仕事を始めたりすると、その後は離婚というのがおきまりのパターン。ですが、しばらく森高に離婚はない。司会業には失敗したものの、今はまだ、おしどり夫婦 [全文を読む]

篠原涼子、美巨乳披露で“浜ちゃんセクハラ事件”が蒸し返される! 江口洋介との不倫疑惑に「文春砲炸裂?」

おたぽる / 2016年12月13日09時00分

また、1991年からレギュラー出演していた『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)では、ダウンタウンの浜田雅功に胸を揉まれるセクハラを受けていただけに、ネット上では『浜ちゃん、あの胸を揉んだのか、羨ましい!』『売れっ子女優となった今の篠原の胸を揉んだら、いくら浜ちゃんといえど、干されるだろうな』などと、過去のセクハラ事件が蒸し返され、浜田を羨む声が [全文を読む]

篠原涼子、不倫を匂わす発言!? 密会報道のあった江口洋介との関係を怪しむ声

メンズサイゾー / 2016年05月30日21時00分

その後、市村は2003年に前妻と離婚し、2005年に篠原と再婚したが、一部から「不倫略奪婚」と批判的な反応が出た。 しかし、篠原はその後も順調に女優としてのステップを歩み、『ハケンの品格』(日本テレビ系)や『ラスト・シンデレラ』(フジテレビ系)などのドラマに主演。また、2014年から下着メーカー「トリンプ」のイメージキャラクターを務め、CMで披露した美しい [全文を読む]

本格復帰した森高千里、江口洋介との離婚危機説が浮上

メンズサイゾー / 2013年03月26日17時00分

「実際、夫婦の不仲説や離婚危機説は以前から業界でささやかれています。以前は夫婦生活についてオープンに語っていた森高ですが、近年はたまに公の場に現れても、江口の話題には触れなくなりました。一部では、江口に特殊な性癖があり、それを受け入れている森高との夫婦仲は安泰といわれていたのですが…。子どもが中学生と小学生に成長し、手が掛からなくなったため仕事を再開する [全文を読む]

『カルテット』ロスのママにおすすめ! 脚本家・坂元裕二のドラマ4選

Woman.excite / 2017年03月21日22時50分

しかし、ママになった今、改めて見返すと、主人公以外のママたちにも感情移入してしまうかも?■『最高の離婚』(2013年冬・フジテレビ系)キャスト:瑛太、尾野真千子、真木よう子、綾野剛、八千草薫 ほか「離婚」という重いテーマを、コメディタッチで描いた作品。結婚とは何か? 家族とは? という問いを改めて考えさせられます。このドラマのポイントは、登場人物たちのテン [全文を読む]

【試写室】「はじめまして―」名優たちの感情表現に脱帽

Smartザテレビジョン / 2016年09月15日06時01分

離婚の危機を乗り越え、ますます仲を深めた美奈(尾野)と信次(江口)の2人は、自分たち夫婦の方がハジメ(横山歩)を養育するのに適していると、家庭裁判所に監護者指定を申し立てる。児童相談所の真知(余貴美子)から「勝つ確率はゼロに近い」と言われても、2人の気持ちは変わらない。ハジメと再び暮らせるようになるまで何があっても諦めないと固く決意していた。それからの2人 [全文を読む]

視聴率2ケタ回復の『はじめまして、愛しています。』が完全にカルトで超怖い!

日刊サイゾー / 2016年09月09日23時30分

初耳だったのでちょっと検索してみたところ、離婚成立前に完全に別居している夫婦が、まだ親権が両親にある状態で、どちらが子を育てるかを定めるケースなんかで利用されるようです。3カ月間、里親になる前提で同居していたとはいえ、赤の他人である梅田夫婦にそれが適応されるのは、確かに難しそう。 でも美奈ちゃんは完全に“出来上がってる”ので、冷静な判断ができません。「私た [全文を読む]

「愛妻家」イメージの芸能人3位DAIGO、2位佐々木健介を上回る意外な1位は?

WooRis / 2016年02月02日22時00分

モラハラ夫や、度が過ぎるほどに亭主関白な男性がパートナーだと、“離婚”が頭をチラつく妻もいそうです。 この度、カップル専用アプリ『Couples』が1,657人に実施したリサーチによって、“愛妻家”と聞いて思いつく有名人のランキングが明らかになりました。 さっそく、トップ3をご紹介していきます。あなたの夫に似た男性もランクインしているでしょうか!? ■3 [全文を読む]

びっくり…コレだけで!? 「夫の情熱がメラメラ燃える」妻の鉄板テクとは

WooRis / 2016年01月24日23時00分

元々好きで結婚した2人なのですから、ラブラブ夫婦になることは決して難しいことではないのです! (ライター 相馬佳) 【関連記事】 ※ 既婚男性が選ぶ「理想の夫」3位江口洋介を上回る、妻も納得の1位は? ※ げっ詐欺だ~っ!結婚後に「妻がおブスになった」と嘆く夫の確率はなんと… ※ うわっやってる…!夫が離婚したいと考え始めるキッカケ「3ナイ生活」とは 【 [全文を読む]

V6・岡田准一、福山への祝福コメント“使用NG”の怪! 「不倫騒動を連想?」と記者騒然

サイゾーウーマン / 2015年10月05日09時00分

離婚はしたくないので、価値観の合う人がいい』と語っていたそうです」(同) 中でも報道陣の間に波紋を呼んだのは、「マルちゃん正麺 カップ」のCM発表会に出席したV6の岡田准一だった。 「会見後、一部報道陣が岡田からもコメントをもらおうと声をかけたのですが、そのシーンについては、ジャニーズ側から各社に使用NGが言い渡されて、お蔵入りとなりました。『NHK大河ド [全文を読む]

「福山雅治結婚」で振り返るドラマ「ひとつ屋根の下」とそれぞれの人生

アサジョ / 2015年10月01日09時59分

結婚、離婚ののち、14年に一般女性と再婚しています。長女役の酒井法子は09年に違法薬物の所持、使用で逮捕。12年11月に執行猶予期間を終えて復帰会見を行いましたが、それ以降目立った活動は聞こえてきません。二女役の大路恵美は女優として活動していますが、政治や社会問題に対して意識が高く、11年以降は原発ゼロを目指す活動にも名前を連ねています」(週刊誌記者) ひ [全文を読む]

刑事モノなら許せたが…篠原涼子、恋愛ドラマ主演に主婦層が「略奪婚のくせに!」

アサ芸プラス / 2015年09月03日09時59分

その妻とは2003年に20年間の結婚生活にピリオドを打っているものの、篠原と市村が舞台で共演したのが2001年だったことで、離婚原因は篠原にあり、略奪婚だったのではないかと言われている。そのため、今回のドラマのターゲットとなるアラフォー世代からは『略奪婚のくせに!』『不貞行為をした人の恋愛ドラマなんて観たくない』と主演の篠原に対して早くも厳しい声が上がって [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

著作が売れたことで見栄や詐欺などで金銭を失い、離婚や大麻所持での逮捕などトラブルが続き、戦争は200日では終わらず、1983年の高部知子さんが娘を演じたドラマに続き、同年渡辺典子さんの映画、1994年の瀬能あづささん、2005年の安達祐実さん、2012年の成海璃子さんでそれぞれドラマ化。さらに舞台化もされています。 不良少女からドジっ子女教師に?『スケバ [全文を読む]

発表!2015年「理想の芸能人夫婦ランキング」2位は篠原涼子、1位に輝いたのは?

Woman Insight / 2015年06月06日20時00分

恋がはじまるかも? (ハツ) 情報提供元:「夫婦」に関する実態調査 【あわせて読みたい】 ※男子ドン引き!「このコは対象外だな…」ランキング、1位は○○が汚い女子! ※【婚活調査】結婚するなら低身長の年収1000万?高身長の400万?女子の8割が選んだのは…? ※円満の秘訣はココにあり!「夫が○○をする」夫婦はラブラブ度が高いと判明! ※これはひどい!夫婦 [全文を読む]

瑛太が独立問題で事務所と大モメ!? 「いくら売れっ子でも干される」

メンズサイゾー / 2013年01月21日17時00分

現在、『最高の離婚』(フジテレビ系)と『まほろ駅前番外地』(テレビ東京系)と2本の主演連続ドラマが放送中の売れっ子俳優・瑛太(30)が、所属事務所からの独立を画策しているとの情報を一部スポーツ紙が伝えている。友人である小栗旬は自身の所属する芸能プロ、トライストーン・エンタテインメントの取締役を兼ねており、将来的には次期社長になる可能性もあると言われているが [全文を読む]

フォーカス