修行 比叡山に関するニュース

道元が答えを探し続けた「なぜ修行をしないといけないのか」という疑問

NHKテキストビュー / 2016年12月03日15時00分

そんな道元は比叡山で修行を始めてまもなく、一つの大きな疑問に行き当たります。それは、「仏教においては、人間はもともと仏性(ぶっしょう/仏の性質)を持ち、そのままで仏であると教えている。それなのになぜ、わたしたちは仏になるために修行をしないといけないのか」というものです。この問いは、仏教の根本に触れる大きな疑問です。と同時に、プロの宗教者からはまず出てこない [全文を読む]

プチだけど本格的★本気で自分を見つめ直すなら総本山で修業はどう?

Daily Beauty Navi / 2014年11月16日09時00分

そんなときは、思いきってお寺で修業してみるのはいかが? 今回、ご紹介するのは、なんと「総本山」での修行体験! 仏教(密教)を信仰とするお寺には、浄土宗、真言宗、天台宗などの「宗派」があります。そうした各宗派の最高位にあたるのが「総本山」と呼ばれるお寺。敷居が高く思えますが、じつは誰でも行けるうえに、お寺ならではの体験ができます。女子でも気軽に参加できるプロ [全文を読む]

150の美しい堂塔から成る平和の寺院・比叡山延暦寺を巡る

IGNITE / 2016年10月03日18時00分

文殊楼の先には宿坊「延暦寺会館」があり、食事や宿泊のほか、修行体験として写経や座禅もできる。修行体験には事前の予約が必要だ。 「西塔」へ向かうため駐車場に戻るが、長い石段を上がった先にある「阿弥陀堂」、「法華総持院東塔」の朱色の美しい姿も拝観しておきたい。 なお、比叡山内の各地域をつなぐシャトルバスの運行があるので自家用車を利用しない場合は1日フリー乗車 [全文を読む]

「ぶっちゃけ寺」初のゴールデンSPで阿川佐和子も思わず感涙!?

Smartザテレビジョン / 2015年01月11日09時00分

今回はお寺の裏側や厳しい修行、気高き志やプライドなど「お坊さんのスゴさ」が分かる企画を展開。これまでの番組史上最多となる16人のお坊さんが出演し、「ヘタに寝てしまおうものなら合計2000~3000発も警策で叩かれることのある」、「1週間寝ない座禅修行」、「9日間飲まず食わずでお経を唱える“世界三大荒行”」といった厳しい修行の実態をはじめ、崇高なお坊さんの [全文を読む]

国内世界遺産の検索人気ランキング2017年版をGoogleが発表!

TABIZINE / 2017年06月03日12時00分

14位:滋賀 比叡山 比叡山・延暦寺と聞けば「修行」がまず頭に浮かびますが、ケーブルやドライブウェイも完備されていて、気軽に親しめます。 15位:北海道 知床 こちらは自然遺産。知床の大自然に、なんと面積は71,000ヘクタール(陸・海を含む)。山から海までの生態系がわかりやすくみられることも評価された理由の1つでした。 16位:奈良 法隆寺 奈良・斑鳩 [全文を読む]

せめて来世で幸せに。なぜ浄土宗は庶民に爆発的に広がったのか

まぐまぐニュース! / 2017年04月12日22時34分

正法は仏の教えと行(ぎょう)と、修行の悟りの3つが揃っている時代です。像法は仏の教えと行だけは残るものの、悟る者がいなくなってしまう時代。末法は仏の教えだけが残り、行や悟る者がいなくなってしまう時代です。 そして、その後に待ち受けているのは滅法の時代です。釈迦が亡くなって正法、像法はおよそ1,500年と言われています。その後には末法の時代が来るとされてい [全文を読む]

馬場アナ「叩かれたい」イケメン住職にアピール

日刊大衆 / 2016年11月02日16時00分

このダジャレについて、後藤は「別の修行したほうがいいですよ」とバッサリ切り捨てていた。(寺西ジャジューカ) [全文を読む]

狙い目は歴代ロケ地。「そうだ京都、行こう」シリーズを巡る紅葉狩り

まぐまぐニュース! / 2015年11月06日10時35分

花見で人が大勢来るような寺では修行の妨げになるというものでした。そんな高潔な僧・明兆の願い虚しく(?) 今では秋は通天橋から望む洗玉澗(せんぎょくかん)という渓谷の紅葉が美しく、沢山の観光客が訪れる紅葉の名所となりました。桜の木を排除して植えられたカエデは東福寺の開山・円爾弁円(えんにべんねん)が中国・宋から持ち帰ったものだったと伝わっています。 ・東福寺 [全文を読む]

高倉健 人格を形成した「信仰心」に迫る(1)手記で明かした“神秘体験”

アサ芸プラス / 2015年01月05日09時55分

一方、手記の中では、酒井氏と山で修行中に現れた、2匹のうなり声を上げた野良犬がいつの間にか酒井氏を先導するようになったことや、酒井氏が香をたき、経を唱えると、煙が微動だにせずまっすぐ立ち上ったことも記されている。 こうした「神秘体験」を高倉自身が明かすのも異例だが、実際、死後大量に報じられた著名人の「健さんの思い出」の中にも「精神世界」「信仰心」を連想さ [全文を読む]

「宿坊研究会」代表・堀内克彦氏が語る、宿坊の魅力とは?

週プレNEWS / 2013年06月10日00時30分

自分を見つめなおすために修行をしようと思いたったとき、まず何から始めればいいのだろう。寺に作られた宿泊施設「宿坊」では、写経、読経、座禅…など初心者に入りやすい修行がひととおり体験できるという。「宿坊研究会」を主催する実践旅行研究家・堀内克彦氏に宿坊の魅力を教えてもらった。 *** 宿坊に行ってみると宿坊ごとに違ったいろんなものが出てくる。好奇心を満たして [全文を読む]

滋賀・びわ湖で活躍する現代の直虎! おんな城主が紹介するこだわりの滋賀名物

ガジェット通信 / 2017年02月27日15時00分

さらにその後、酒卸問屋で販売の修行をし、2015年秋に実家の蔵元に戻ってきたばかり。 「蔵に入ってまだ2年目。杜氏をはじめみんなに教えてもらうことばかり」と新米蔵人として酒造りに奮闘中です。 『喜楽長 ~喜多酒造株式会社~』 所在地:東近江市地田町1129 アクセス:近江鉄道・八日市駅 永源寺行きバス 如来バス停から徒歩1分 営業時間:9:00~16:00 [全文を読む]

【爆売れ】並んでも買えない?京都・満月の「阿闍梨餅(あじゃりもち)」--そのおいしさを改めて伝えたい!

えん食べ / 2017年02月23日10時00分

大正11年に満月の二代目当主が、比叡山で修行する僧が餅を食べて飢えをしのいだことにちなんで考案したのだとか。 阿闍梨餅のかたちは、高僧がかぶる網代笠(あじろがさ)がモチーフになっているんですって。 ●しっとりモチモチで激うま! もち粉を使った薄焼きの生地に、ほっくり炊き上げられた丹波大納言小豆の粒あんがたっぷり。生菓子のため賞味期限はとても短く、筆者が購入 [全文を読む]

和食はもはや絶滅種。京都の老舗料亭「菊乃井」が挑む日本料理革命

まぐまぐニュース! / 2017年01月10日04時45分

お客の料理を作れない新人にとって、賄い作りは一番の修行の場。ここで日本料理の知識や技術を実践的に身につけるのだ。 出来上がった筑前煮をコーチ役の古谷がチェック。そしてここからがドキドキ。村田の試食が待っているのだ。 賄いの仕事を終えた岡田は休憩時間、時間を惜しむように事務所に向かった。そこにあったパソコンで見始めたのは、菊乃井大全集というファイル。中には菊 [全文を読む]

今なお日本に残る「女人禁制の地」を4か所紹介

NEWSポストセブン / 2016年03月27日07時00分

上の写真は大峯山の山岳修行「西の覗き」の一場面。断崖絶壁に身を投げ出す荒行だ。1999年、性差別反対を訴える女性らが「結界門」を越えて登山を強行する事件が起こった。大峯山側は「信仰者の心を踏みにじる大変遺憾な行為」とし、女人禁制を当面堅持する方針を表明している。 【沖ノ島】(福岡県) 三女神を御祭神にまつる宗像大社の三宮のうち、沖津宮がまつられる。玄界灘に [全文を読む]

お寺に嫁いだ女性 「お坊さんにはオンとオフがない」と驚く

NEWSポストセブン / 2015年11月12日16時00分

先月には、天台宗の総本山・比叡山延暦寺で41才の住職が9日間の不眠不食の修行を終え、その壮絶な内容が話題となった。 にわかに脚光を浴びるお坊さんの生態にも興味津々だが、さらに気になるのが“お坊さんの嫁”。月9を毎週楽しみに見る、30代女性が言う。 「とにかく山Pの袈裟姿がかっこいい! 最近は“美坊主”なんていうのも流行ってるし、誠実そう。それに、お金もた [全文を読む]

爆笑問題MC「ぶっちゃけ寺」がゴールデンへ!

Smartザテレビジョン / 2015年03月04日06時00分

「―ぶっちゃけ寺」は、毎回スタジオに全国のお坊さんたちが登場し、普段知ることのないお寺の裏側や厳しい修行内容、お坊さんの日常生活に迫るバラエティー。 番組の異様な雰囲気と独自のカラーに加え、爆笑問題が引き出すお坊さんの気高き志やプライドが視聴者の好評を博し、'14年9月29日の放送開始から、わずか半年でのゴールデンタイム進出となった。 同番組について田中 [全文を読む]

“めまい・耳鳴り”“エスカレーターの歩幅が合わない” は呪いのサイン!?呪いを祓う55の方法を紹介!

PR TIMES / 2014年10月19日10時11分

人の心を学ぶため、金峯山寺や比叡山行院など仏教の寺社でも修行を積み、高校卒業後は、サラリーマンと並行し占いの個人鑑定を開始。2008年に地元・福島県郡山市にて「橋本京明オフィス」を開業。その的中率の高さが話題となり、TVや雑誌など各メディアで活躍。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

ホテル京阪開業35周年記念イベント フレンチの鉄人 坂井 宏行シェフをお迎えし「食の饗宴」を開催 ~ロテル・ド・比叡 総料理長 松田 能幸との夢のコラボレーション~

@Press / 2014年09月18日11時30分

19歳で単身オーストラリアに渡り『ホテルオリエンタル』にて修行後帰国 1963年 青山『ココ・パームス』『西洋膳所 ジョン・カナヤ麻布』にてシェフをつとめる 1980年 『ラ・ロシェル』をオープン 1994年 フジテレビ『料理の鉄人』に出演 1999年 『完全なる料理の鉄人』にて世界最強の料理の鉄人になる 2004年 フランスロワール地方“ガストロノミー騎 [全文を読む]

人が走る理由 ランナーは「人よりいい人生」に優越感覚えてる

NEWSポストセブン / 2012年02月26日16時00分

著者にとっては、天台宗僧侶の回峰行(7年間にわたって比叡山の山上山下などの路を巡拝する修行)も「マラソン」の範疇らしく、彼らを「マラソン僧侶」と称える。 〈世界屈指の走者たちが持つ、みずからを他者と区別し、偉業を成し遂げたいという人間の欲望を、日本の強靱な“マラソン僧侶”たちも共有している〉 近世ヨーロッパの賭けレースは近代オリンピックへと発展し、50年代 [全文を読む]

フォーカス