漫画 紅に関するニュース

日本人が幸せになれない「NHK紅白歌合戦」|May_Romaのぶっ壊せ!コラム

デイリーニュースオンライン / 2014年12月18日06時50分

家にある漫画を読んで、子供の頃から親しんでいるアニメをネットで見て、いつも一緒の家族や親戚に囲まれ、コンビニで一日の労働のご褒美にちょっと高めのお菓子を買って、ペヤングを食べている分には、何も感じなかったのに。 紅白もペヤングや焼きそばの紅ショウガと同じなのです。毎年決まりきった歌い手が登場し、同じ歌を歌い、様式美に昇華したぬるま湯の様な予定調和の中で、く [全文を読む]

旧制浦和中学が舞台の熱血小説と『巨人の星』~その2

クオリティ埼玉 / 2016年04月30日00時07分

それは1960年代後半から70年代にかけて『週刊少年マガジン』に連載され、少年たちを熱中させた漫画『巨人の星』(原作・梶原一騎 作画・川崎のぼる)である。ストーリーや人物設定がそっくりというわけではないが、伝わってくる熱気や感動に共通のものがあるのだ。『巨人の星』は最初、新書判で単行本化され、その後、判型を変えて何度も再刊行されている。私も編集担当として2 [全文を読む]

『世にも奇妙な物語』スペシャルで楳図かずお、伊藤潤二の名作ホラーが実写化。恐怖対談が実現

週プレNEWS / 2015年03月29日02時00分

『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)が今年25周年を迎えるにあたり、4月11日放送のスペシャル版で日本が誇る二大ホラー漫画家・楳図(うめず)かずお先生と伊藤潤二先生の作品を実写ドラマ化することが決定。 それに先立ち、週プレで世にも奇妙な〝恐怖対談〟が実現した! *** ―そもそも伊藤先生がデビューするキッカケとなったのは、1986年に『月刊ハロウィン』(朝 [全文を読む]

廣瀬智紀のマイペースっぷりに、バディの青木玄徳もお手上げ?

Woman Insight / 2017年01月16日11時30分

』 2017年3月4日(土)よりユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて全国順次公開 http://tantei.united-ent.com/ (C)2017「探偵」製作委員会 【あわせて読みたい】 ※中川大志&廣瀬智紀、「ねこ男子」の次は「撮りっこ男子」に意欲? ※サンタ姿の廣瀬智紀が教えてくれた「私のホストちゃん」のちょっとイイ話 ※パタリロ開幕!BL漫画[全文を読む]

女子高生が思う存分“肉”を食らう! 深夜に読むのは厳禁? な新しい飯テロマンガ誕生

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月20日11時00分

この漫画の決め手はなんといっても、“美味しそうにお肉を食べる女の子の姿”! 熱々のメンチカツにかぶりついたり、手がベトベトなのも気にせずスペアリブにかぶりついたり、煙もくもくの店内で一人焼肉をしたり……心からお肉が好きなのが伝わってきて、読んでいると知らぬ間によだれがたれてきてしまうほど。 普通、これくらいのお年頃の女の子って、恋愛話に花を咲かせたりする [全文を読む]

森川葵、26歳の彼なし未婚で“家”を買う役に。共演の高橋一生を「すごく優しい」

Woman Insight / 2016年10月19日19時06分

10月18日(火)、放送に先駆けてキャスト登壇による会見が行われ、森川葵さん、高橋一生さん、渡辺美佐子さんが原作漫画の魅力、そしてキャスト3人それぞれの印象や特別なエピソードなどを話してくれました。 主演の森川さんは、原作が持つ独特の世界観を作り、その中に入ることができるか「不安だった」そうですが、出来上がったドラマを観て、それが描かれていたと感じて「ホ [全文を読む]

森川葵「出会うべくして出会った役」等身大の女性を熱演

Smartザテレビジョン / 2016年10月18日18時53分

また、渡辺については「渡辺さん演じる大家さんは、原作とはちょっと違うキャラクター設定になっていて、でも藤堂紅という役を、漫画とドラマに出てくる藤堂紅の線引きをして演じてられていて『藤堂紅がここにいる!』と思いました。 あと、お芝居に対してうそがなく、紅に後ろから付いていくことが多かったんですが、それは見ていてとても勉強になりました」と述べた。 渡辺は「私を [全文を読む]

【極秘】誰も知らない「ガラスの仮面」の秘密11選 / 少女マンガ史に残る不朽の名作

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年09月21日06時00分

まだマヤと亜弓の決着はつかない 「ガラスの仮面」は1976年の連載スタートからいまだ未完のままの漫画です。連載はかろうじて続いていますが、近年その発表ペースは落ちる一方。まだまだマヤと亜弓の決着はつきそうもありません。 とはいえ、今年は「ガラスの仮面」連載40周年のアニバーサリーイヤー。そこで今回はそれを記念して「ガラスの仮面」の知られざるトリビアを大公 [全文を読む]

「会わなくても平気」な男性心理を徹底解剖!

恋学 / 2016年06月17日13時00分

女の子向け漫画は恋愛物が主流 『なぜ男性は、恋愛の優先順位が低いのか?』という点に関しては、子どもの頃に読んだ漫画を思い出してみてください。たとえば昭和52年生まれの筆者の時代は『りぼん』や『なかよし』が主流だったのですが、掲載されているのは恋愛が主軸になっている作品ばかりでした(中には『ちびまる子ちゃん』のように例外もありましたが)。 男の子向け漫画[全文を読む]

『天才バカボン』のドラマ化も話題! 『おそ松さん』の原作者は、もともと少女漫画家だった!?

マイナビ進学U17 / 2016年04月06日12時02分

実はこれらの原作者は、もともとは少女漫画を描いていたのだとか。作者はどんな人だったのでしょうか?■大人気『おそ松くん』の生みの親・赤塚不二夫のルーツは少女漫画だった!?漫画の『おそ松くん』を約27年ぶりにテレビアニメ化、主役の六つ子が成長して大人になった姿を描いた『おそ松さん』が大人気です。『おそ松くん』を知っている世代はもちろん、若い漫画ファンやアニメフ [全文を読む]

『はいからさんが通る』新装版発売に歓喜の声! 1巻に大和和紀×山岸凉子対談、2巻には安野モヨコによるスペシャル解説も収録

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月18日15時00分

2016年12月13日(火)に伝説的ラブコメ少女漫画『はいからさんが通る』の新装版が発売された。美しい表紙に往年のファンはもちろん、同作を読んだことのない層からも反響の声が上がっている。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 『はいからさんが通る』は1975年に『週刊少女フレンド』にて連載がスタートした大和和紀による作品。大正時代に生きる17歳のおて [全文を読む]

年間500食!を全国食べ歩く“らーめんDJユデ太郎”が作る究極のカレーラーメンとは

週プレNEWS / 2016年05月04日06時00分

そういえば『とんかつDJアゲ太郎』って漫画があるけど、もしや「らーめんDJユデ太郎」? あ、そこにいるあなたは、ま、まさか! ●● そうです! 私が「らーめんDJユデ太郎」です!…って、おーい、何させんだよ! 週プレNEWS(笑)! ―いや~。DJとラーメンの二刀流なんてリアルに漫画みたいなんで、盛ってみました(笑)。すみません。っていうか、あの須永辰緒( [全文を読む]

『インフェルノ』舞台キャスト第2弾発表!ノエル役に実力派若手俳優・平野良さんに決定!

PR TIMES / 2016年02月05日11時13分

本作は、『魔界王子 devils and realist』等の漫画原作や『トッカン -特別国税徴収官-』『剣と紅 戦国の女領主・井伊直虎』の小説、舞台『メサイア』の原案等、多方面で活躍する高殿円が原作を、美麗な絵柄でイケメンを描きイラストレーターとして人気を博し、 『アルカナ・ファミリア』のコミカライズ等で漫画家としても活躍するRURUが漫画を担当し、連 [全文を読む]

【バンタンゲームアカデミー】『CONTENTS DESIGN PROGRAM』、5月6日(水・祝)、Production I.G プロデューサー 松下慶子氏をゲストに迎え、公開講座を開催!

DreamNews / 2015年04月24日15時00分

浮世絵に生涯を捧げ、3万点を超える作品を発表した浮世絵師・葛飾北斎とその娘・お栄と、江戸に生きる人々との交流を描いた、杉浦日向子の漫画「百日紅」を『カラフル』の原恵一監督がアニメーション映画化した人間ドラマ。<爽快>浮世エンターテインメント! 5月9日(土)全国公開 ・映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』HP :http://sarusuberi-m [全文を読む]

【検証】YAMAHAの自転車で東京から静岡のYAMAHAの工場まで26時間かけて行ってみた!

秒刊SUNDAY / 2015年02月27日10時00分

最後の休憩国道1号線には散々お世話になった温泉施設がほとんどなかったですが、代わりに漫画喫茶やカラオケが併設されてる施設がちらほら出てきます。充電も底が突きかかった所で、最後の充電休憩を漫画喫茶の個室で行います。漫画喫茶という事で、せっかくなので漫画を読みながら休憩しましょう。僕が最後の休憩に読んだ漫画はコチラ!かもめ☆チャンス弱虫ペダルあんまり参考になら [全文を読む]

いつ見るか? 今でしょ! あの林先生(林 修)が漫画の授業に初挑戦! 「HEIWA PRESENTS 烈火の炎塾」6月11日(火)正午より開講!

PR TIMES / 2013年06月11日13時12分

※1当動画では、林先生が漫画を題材にした授業に初挑戦し、新機種搭載のコンテンツである「烈火の炎」の世界感や見どころを、林先生独自の鋭い視点でわかりやすく解説しています。ここでしか見られない林先生の本気の授業を是非お楽しみ下さい。 いつ見るか?今でしょ!※1 動画の本数や時間等は変更になる場合がございます。予めご了承下さい。<「HEIWA PRESENTS [全文を読む]

エンタメの新ジャンル「2.5次元」 起源となったあの大ヒット作

太田出版ケトルニュース / 2017年02月27日12時38分

『ラブライブ!』の功績は、紅白出場によってアニメや漫画のファンでない人たちにも2.5次元の盛り上がりを広めた所にあります。では、2.5次元にはどんな歴史があるのでしょう? 起源とされているのは宝塚歌劇です。1974年に上演された舞台『ベルサイユのばら』が、いわゆる2次元の漫画・アニメを原作にした初めての2.5次元エンターテインメントだといわれています。宝塚 [全文を読む]

「毎日白眼になりそうwww」「含蓄あるお言葉と叱咤激励の連続…おそろしい!」月影先生の日めくりカレンダーに絶賛の声!!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月26日11時30分

まるでスポ根漫画のような激しい特訓、そしてマヤの恐るべき才能の開花が描かれた同作には「一度読み始めると止まらない面白さ! とにかく熱い!」「ライバルたちとマヤが演技で競うさまは手に汗握る!」「紅天女上演というゴールに向かいつつ、色々な舞台で天才的な芝居を見せつけるマヤにゾクゾクする!」「色々な漫画で“天才”の姿は描かれているけど、マヤのカリスマ性はずば抜 [全文を読む]

高殿円×RURU、豪華コンビで贈る話題作! 『インフェルノ』待望のコミックス1巻2月5日(金)発売!&舞台キャスト発表第1弾!

PR TIMES / 2016年01月28日10時00分

本作は、 『魔界王子 devils and realist』等の漫画原作や『トッカン -特別国税徴収官-』『剣と紅 戦国の女領主・井伊直虎』の小説等、多方面で活躍する高殿円が原作を、 美麗な絵柄でイケメンを描きイラストレーターとして人気を博し、 『アルカナ・ファミリア』のコミカライズ等で漫画家としても活躍するRURUが漫画を担当し、 連載スタート早々に人気 [全文を読む]

忠臣蔵、白虎隊、五稜郭!懐かしの年末番組『年末時代劇スペシャル』を振り返る!

日本タレント名鑑 / 2016年01月16日09時55分

森繁久彌さんの吉良は、やはり様々な人に影響を与えたようで、アニメや漫画、バラエティのコメディなどでも、吉良上野介というとひげのおじいさんで描かれることが多いです。 この作品の特徴としては、基本的にオーソドックスな仇打ものでありながらも、これまで注目されなかった人に着眼したり、主人公の大石内蔵助が、主君への忠義心を持ちつつ、社会情勢や吉良側の立場を理解するな [全文を読む]

フォーカス