函館 紅に関するニュース

GLAY、函館アリーナこけら落とし公演を2日間に渡り開催

okmusic UP's / 2015年07月27日13時30分

GLAYが7月25日(土)26日(日)の2日間に渡り、故郷・函館にオープンした初のアリーナ「函館アリーナ」のこけら落とし公演『GLAY Special Live at HAKODATE ARENA GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.2』を開催し、全曲シングル曲のみで構成されたセットリストという初の試みでファンを熱狂させた。 [全文を読む]

夭折の天才歌人・石川啄木にとって函館が「心のふるさと」になった3つの理由

サライ.jp / 2017年03月18日19時00分

その短く幸薄い生涯のなかで、数少ない幸福感と充実感に包まれていた時期は、じつは函館にいた4か月間であった。啄木は、生前友人に宛てた手紙で「僕は死ぬときは函館で死にたい」と書いていた。彼にとっての心のふるさとは、故郷の渋民村(今の盛岡市)でも東京でもなく、たった4か月過ごした函館であったのだ。なぜそれほどまでに、啄木は函館を愛したのだろうか? 今回はその3つ [全文を読む]

語っていいとも! 第29回ゲスト・山川豊「今度は離島にも行こうと。“会いに行く歌手”です」

週プレNEWS / 2016年09月04日12時00分

それで「『函館本線』どうぞ」って言われて出て行くと、みんなシーンとしちゃって。最初の頃はずーっとやりづらくって。 ―自分の前に女のコのファンがキャーキャー熱狂して食われちゃって(笑)。 山川 そうはいっても僕が決めるわけじゃないしね。だけど、後半になってくるともう慣れてきたね。自分は自分なんだって。 ―とはいえ、当時は山川さんもスマートな感じのイケメン若手 [全文を読む]

CS人気番組「競馬場の達人」 ギャンブル有名人“帯封乱舞現場”を実況中継(2)

アサ芸プラス / 2014年02月04日09時58分

収録日は、新潟競馬場のレースでしたが、大きく取ったのは函館6レースでした。馬券は軸2頭の3連単で2着に6番人気の馬が飛び込み、300倍となりました」(黒木氏) しかもフォーメーションでしぼり込んだ馬券は1口3000円とジャストミート。じゃい本人に勝利の極意を聞いた。 「番組では帯封をゲットしたら海外ロケをお願いしていたので、この日はキバって1日で計60万以 [全文を読む]

ゴールデンボンバー「Mステ」斬新パフォーマンスの裏に“新曲買うより歌って”

アサジョ / 2017年04月08日18時14分

(田村元希)関連記事:GLAYのTERUがゴールデンボンバーに差し入れした函館名物とは? http://asajo.jp/excerpt/20115 [全文を読む]

トリップアドバイザー「行ってよかった!朝食のおいしいホテルランキング2016」を発表

PR TIMES / 2016年04月25日16時11分

2位にランクインしたのは、過去4年間連続2位を記録し、2011年・2012年には1位を獲得したこともある『ラビスタ函館ベイ』。3位には昨年の8位から順位を上げた沖縄の『ホテル ロコア ナハ』がランクインしました。また、今年は3施設がランキングに初登場。鱒寿司、イカの黒作り、白えびのマリネなどの富山の郷土料理が美味しいと評価され初登場ながら6位に入ったのは、 [全文を読む]

弊社 船木キャップの講演実録連載(3)

クオリティ埼玉 / 2015年11月03日00時11分

平成3年、コミュニティFM放送局が制度化し、函館のFMいるかを皮切りに、全国に広がって行きました。コミュニティFMというのは、それまで都道府県単位の広域、県域のみ割り当てられていた電波を、市町村単位にも割り当て、地域の防災情報発信に役立ててもらおうという意図がありました。東京では、武蔵野市の「むさしのFM」が、当時の土屋市長の肝いりでいち早く開局が決まり [全文を読む]

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「ディサイファが好位抜け出す」

アサ芸プラス / 2015年08月20日17時56分

函館で行われた13年を除く過去10回のうち、8回で1番人気馬が連に絡む堅めの傾向。だが今年は実力が拮抗しており、波乱も十分。一方、小倉の「北九州記念」は、差し馬に注目だ! いずれはGI昇格。そんな声があるだけに、51回目を迎える伝統の札幌記念は、今年も豪華な顔ぶれだ。 残念なのは、1週前の追い切りを前にしてルージュバックが発熱で回避したことだろうか。周知の [全文を読む]

【星野哲郎作詞作品】シングル138タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2014年09月10日16時00分

http://meg-cd.jp/artist/wakayama_akira ■林里江子「愛の哀しみ」 ■晴乃チック・晴乃タック「涙の行進」■東山明美「私の恋人」「ありがとうさよぅなら」「明日子ちゃんと今日子ちゃん」「我が家はたのしい汽車ポッポ」 ■樋口夏「津和野日記」「悲恋竹人形」■聖佳代「東京夜景」「恋にいのちがけ」「あなたの神戸」■一節太郎「男惚れだ [全文を読む]

フォーカス