商社 三井物産に関するニュース

【例文あり】先輩の実例から見る商社の志望動機・書き方のポイント

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年11月10日12時00分

商社の志望動機で悩んでいませんか?企業の安定感や高い給与が魅力の商社ですが、いざ企業にアピールできる動機を書こうとすると、ありきたりな理由しか浮かばないものです。ここでは、商社の志望動機の書き方の押さえるべきポイントを解説し、みん就に掲載されている、諸先輩方が投稿した志望動機の例文もご紹介します。商社には2つの種類がある「商社」には、総合商社と専門商社があ [全文を読む]

セブン争奪戦、三井物産と伊藤忠の間で密かに激化か 三井、4位転落の危機

Business Journal / 2015年08月20日06時00分

●三井物産、純利益で4位転落の危機 大手商社5社の2015年3月期連結決算は、原油や鉄鉱石など資源価格の下落で損失が相次いだ。最終的な儲けを示す純損益で住友商事が赤字となり、三井物産と丸紅が減益だった。資源以外の分野に力を入れた三菱商事と伊藤忠商事は増益を確保し、明暗が分かれた。「資源商社」と呼ばれる三井物産の、資源エネルギー事業における15年3月期の純利 [全文を読む]

総合商社の企業研究、非資源分野と中国への進出など攻めの事業展開! 伊藤忠商事の魅力を探る

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年02月12日12時00分

就活生に人気の総合商社、躍進する伊藤忠商事 商社は就活生に人気があります。その理由としては、商社マンは海外を舞台にバリバリ仕事ができること、30歳の年収で1,000万円クラスという平均給与の高さが主な魅力として考えられます。みんなの就職活動日記で16年卒の学生に対する調査結果をまとめた「2016年卒 新卒就職人気企業ランキング(http://www.nik [全文を読む]

大手総合商社を志望する学生のインターンシップ エントリーシート攻略法と必勝例文

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年08月27日12時00分

人気の大手総合商社、狭き門を突破するノウハウ 学生の就職志望先として、総合商社の人気が急騰しています。文系はもちろん、理系の学生も、総合商社にエントリーする人が増えました。総合商社が注目される理由として、メーカーの人気が落ちた反動とともに、売り手市場を背景にチャレンジする学生が増えていること、総合商社の社員の平均年収が1,000万円を超える高収入であること [全文を読む]

アップルやグーグルが日本に登場せぬ理由は旧財閥系への優遇

NEWSポストセブン / 2012年09月07日07時00分

2012年3月期連結決算で、五大商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅)の純利益は過去最高を記録した。その背景と歪みについて、大前研一氏が解説する。 * * * 財閥系の大企業が大儲けしている。 2012年3月期連結決算を見ると、五大商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅)は純利益の全社合計が1兆6116億円となり、過去最高を記 [全文を読む]

伊藤忠ショック!三井物産と三菱商事が完敗で盟主陥落…怒涛の攻勢を呼んだ「魔力」

Business Journal / 2016年01月04日06時00分

総合商社の2016年3月期の連結純利益見通しが、業界に激震をもたらした。伊藤忠の純利益が、2位の三井物産だけでなく、15年間トップに君臨してきた三菱商事のそれを一気に抜き去り、初めて業界トップとなることが判明したからだ。 伊藤忠は非資源分野が好調に推移しているとして、今期の純利益計画を期初予想の3,300億円に据え置いた。三菱商事は原料炭などの資源価格が [全文を読む]

伊藤忠と丸紅ほか 総合商社の部門合従連衡はすでに開始

NEWSポストセブン / 2016年04月22日07時00分

仮に両社が合併すれば、長く業界トップを走ってきた三菱商事も、非資源分野の成功で躍進した伊藤忠も凌ぐ巨大総合商社の誕生となる。 もっともビジネス環境を見渡せば、「総合商社の統合」のハードルは低くなっている。業界関係者が語る。 「商社以外の業界で再編が進んだことの意味は大きい。たとえば、かつて住商は同じ住友グループの住友金属から独占的に商品を卸していた。一方 [全文を読む]

三井物産と住友商事の合併観測 ハードルは低くない状況か

NEWSポストセブン / 2016年04月19日07時00分

いま、商社マンたちの間で話題なのが、三井物産と住友商事の“合併情報”を報じた、月刊誌『文藝春秋』(5月号)の名物コラム「丸の内コンフィデンシャル」だ。同コラムには、次のようにある。 〈ここにきて業界筋でしきりと飛び交っているのが、三井と住友商事との合併観測だ〉 〈一部では「新会社の社名は『三井住友商事』になるのか、それとも『住友三井物産』か」といった気の早 [全文を読む]

伊藤忠社長の「か・け・ふ」哲学 三菱・三井超えの原動力

NEWSポストセブン / 2016年04月05日16時00分

財閥系総合商社が苦しんでいる。長年業界トップに君臨してきた三菱商事の2016年3月期連結最終赤字は1500億円、2位の三井物産も赤字額が700億円と、両社ともに初の連結赤字に陥る見通しだ。 そんな中、三菱商事が15年間守り抜いてきたトップの座を奪ったのは、非財閥系で野武士集団とも呼ばれる伊藤忠商事だった。3300億円の利益をたたき出しての王座奪取だ。ジャー [全文を読む]

総合商社ランキングから始める業界研究! それぞれの企業の特色、志望の決め手とは?

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年12月17日12時00分

総合商社・専門商社ランキングでは伊藤忠商事がトップ 2015年卒「新卒人気企業ランキング」では、総合ランキングの他に19の業界別ランキングを掲載しています。このうち、専門商社・総合商社のベスト5の企業を取り上げて、人気の理由を探ってみましょう。【専門商社・総合商社のベスト5】順位企業名総合順位 1位伊藤忠商事3位 2位三菱商事19位 3位丸紅31位 4位三 [全文を読む]

住友商事、名門総合商社の陥った危機…巨額減損ラッシュで2年連続赤字か、伊藤忠の独り勝ち

Business Journal / 2016年02月17日06時00分

資源安の影響をモロに受ける銘柄は総合商社や石油、大手鉄鋼、非鉄金属などだ。 商社では住友商事が減損処理の口火を切った。アフリカのマダガスカルで進めているニッケル開発事業の投資回収が見込めなくなり、16年3月期の連結決算に770億円の減損損失を計上すると発表したが、これだけでは済まなかった。結局、資源関連の減損損失は1700億円に達し、通期の純利益を当初の2 [全文を読む]

伊藤忠、盟主・三菱商事を屈服させた「傍流の天才社長」…敵意むき出しの緻密経営

Business Journal / 2016年02月03日06時00分

伊藤忠商事が、悲願としてきた商社業界首位の座を手にする。同社の2016年3月期の連結純利益見通しは3300億円。15年間トップの座に君臨してきた三菱商事は3000億円の予想だが、資源安でさらに大幅な下振れの懸念があり、三井物産、住友商事に対しては大差をつけることになる。 三菱、三井、住友は“旧財閥系商社”といわれている。一方、伊藤忠と丸紅は非財閥系だ。関西 [全文を読む]

セブン&アイ、内紛第2幕の火種…うごめく「鈴木敏文親衛隊」 ローソンは没落鮮明

Business Journal / 2016年05月13日06時00分

“資源商社”と揶揄されている三井物産が投資ファンドと組んでM&Aに乗り出すこともあり得る。「日経ビジネス」(日経BP/4月18日号)の『セブン鈴木帝国 終わりの始まり』に注目すべき記述があった。「『マクドナルドを一緒に買収しませんか』――。昨年秋ごろ、ある会合で鈴木会長はこんな提案を受けた。持ち掛けたのは三井物産。セブン-イレブン向けの商品調達など裏方を担 [全文を読む]

大手商社の年収格差「同期4000万円、私は1500万円」と幹部談

NEWSポストセブン / 2015年12月24日07時00分

特に「同期格差」が大きいといわれているのが、大手商社だ。商社の場合、出世コースのトップに立った社員は年収が大きく伸びる。 様々な経験を必要とする商社マンは30代前半までは「トレーニング期間」とされ、ほとんど同期の給与が変わらない。ただし、商社は元々の給与水準が高く、早ければ30歳前後で年収1000万円を超えることもある(金額は一般的なケースの概数、以下同) [全文を読む]

ビジネスパーソン専用SNS『Blind』、Amazonに続きMicrosoftもオープン

PR TIMES / 2015年10月21日10時00分

日本では10大商社だけの【商社ラウンジ】の他、SHARPを始めとする家電業界へも拡大中。[画像1: http://prtimes.jp/i/15205/4/resize/d15205-4-701908-2.jpg ]ビジネスパーソン専用のコミュニケーション・プラットフォームであるモバイルSNSアプリケーション『Blind』(ブラインド)を運営するTeamb [全文を読む]

旧帝大約3,500人のエリートが選ぶ 就職人気企業ランキング 第1位は三菱商事、商社がベスト3を独占

@Press / 2015年07月16日12時00分

商社がベスト3を独占する結果となりました。・旧帝大生が志望する業界、第1位は昨年に引き続き「商社」、34.5%が回答志望する業界としても第1位は「商社」、関東では44.1%であり、商社人気を牽引しています。・旧帝大の学生20人に1人は年収1,000万円を希望。期待する年収は二極化最初の就業先で期待する年収は20人に1人が1,000万円を希望しました。50% [全文を読む]

コンビニ業界 商社との関係深い大手3社が持つ優位性

NEWSポストセブン / 2017年02月16日07時00分

三井物産が出資する業界最大手のセブン-イレブン・ジャパンはPB商品が好調で海外の店舗も順調に増加し、三菱商事が親会社のローソンと、伊藤忠商事が親会社のユニー・ファミリーマートホールディングスは商社のネットワークと人材をフル活用して海外展開をめざしている。 2017年2月期の第3四半期決算の売上高は、大手3社とも前年同期より増加した。流通情報誌『激流』編集長 [全文を読む]

年収調査 総合商社は軒並み1200万円超も一寸先は闇

NEWSポストセブン / 2016年08月12日16時00分

一般職の多い総合商社なども同様です」 その総合商社を見ると三菱商事の1446万円がトップで、大手商社はいずれも1200万円を超える。50代で部長ともなれば、年収3000万円を超えることもあるという。 しかし、その商社も決して安泰ではない。資源価格の下落により、2015年度決算では減損が相次ぎ、三菱商事と三井物産は初の赤字決算だった。純利益で初の商社トップと [全文を読む]

総合商社の三井物産、Sansanを全社対象の標準名刺管理サービスに指定し、基本契約締結

DreamNews / 2016年04月05日13時00分

■契約の背景 : 30にも及ぶ部署の個別契約によって管理工数増大、部門内での効果の限定等が生じていた日本を代表する総合商社として、幅広いグローバルビジネスを手がける三井物産は、Sansanを30近くの部署で導入し、部門内での人脈共有や商社パーソンの幅広い人脈管理に役立ててきました。しかし、会社全体で考えた場合には新規導入部門の契約プロセスの重複や部署間での [全文を読む]

絶好調のトヨタ 役員報酬見直しで社長の賞与2億4900万円

NEWSポストセブン / 2015年12月18日16時00分

ゴーン氏はそれも含めて『年俸』だと考えている」 ランキングでは伊藤忠商事の岡藤正広・社長(12位)、三菱商事の小林健・社長(79位)、三井物産の飯島彰己・社長(84位、現在は会長)ら大手商社の社長も顔を揃える。 大手商社の場合、役員クラスでも数千万円の賞与を受け取る人が少なくない。 「商社はボーナス額の変動の割合が高い業界。最近は資源バブルが崩壊してボーナ [全文を読む]

フォーカス