夏川結衣 恋人に関するニュース

11月3日(土・祝)に「TOUCH!WOWOW 2012」内で、ドラマWスペシャル「尋ね人」を無料放送。「自分の母親が若い時にどんな恋をしていたのか、知っていく物語が新鮮でした」と主演の夏川結衣

PR TIMES / 2012年11月02日09時40分

その完成披露試写会が11月1日、東京都内で開かれ、舞台挨拶にキャストの夏川結衣、十朱幸代、志田未来、安田顕、満島真之介と篠原哲雄監督、喜多麗子プロデューサーが登場した。最初に喜多プロデューサーが「谷村志穂さんの原作小説を読んで心を打たれ、すぐドラマ化に向けて動き出しました。ドラマWは社会派の作品が多い中、これはラブストーリーです」とあいさつ。主演の夏川は「 [全文を読む]

「独身だし、母親役はやりたくない」夏川結衣(44)チュート徳井と破局後の憂鬱

日刊サイゾー / 2012年09月14日08時00分

社会派ドラマからラブストーリー、果てはコメディーまで幅広く演じる、演技派女優の夏川結衣。その"薄幸"のイメージからか、演じる役柄は病気持ちなど不幸を背負う役や母親役が多い。「その夏川さんですが、最近はほとんど仕事をしていなくて、事務所の社長も『頼むから働いてくれ』と懇願しているそうなんです」(映画関係者) 確かに、ここ最近の彼女の活動は目立ったものがなく、 [全文を読む]

TV美女スクープ目撃44連発 アサ芸はミタ!(2)夏川結衣焼き鳥屋で絶叫

アサ芸プラス / 2012年01月18日11時00分

9月下旬、三軒茶屋のごく庶民的な焼き鳥店に男女1人ずつと連れ立って、夏川結衣(43)が来店したという。カウンター席のみの店内は、隣に座る客同士の体が触れ合うほどの狭さだが、彼女は気にすることもなく飲み始めた。 「手始めに、物凄い勢いで生ビールを2杯飲み干した。そして、ボトルの焼酎に移行して、お茶割りを飲みながら焼き鳥をバクバク食べていました」 こう語るの [全文を読む]

妻夫木聡、蒼井優とは「不思議な関係」。恋人・夫婦役重ねても「1回もキスシーンがない」

Movie Walker / 2017年05月27日12時55分

山田洋次監督による喜劇の第2弾『家族はつらいよ2』の初日舞台挨拶が5月27日に丸の内ピカデリーで開催され、橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、小林稔侍、中村鷹之資、徳永ゆうき、山田洋次監督が登壇。妻夫木が蒼井との深い縁を語り、「結婚(する役)も今回で2回目。なのに1回もキスシーンがない」と告白。二人の間柄を「不思議な [全文を読む]

こんな恋愛してみたい!ドラマから選ぶ“恋する名カップル” 10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月26日09時55分

早坂夏美(夏川結衣さん)は、社交的ながらも過去にとらわれ恋愛に臆病な美人女医。嫌みを言い合いながらもお互いを心配する二人の掛け合いがもどかしくてたまりませんでした。この掛け合いが良かったのか、夏川さんと阿部さんは映画などでも夫婦役で共演されています。最終的に素直ではない告白も桑野らしく、そんな素直でない桑野を受け止める夏美の懐の大きさがまた微笑ましく。いつ [全文を読む]

妻夫木聡、蒼井優とは「結婚も今回で2回目」 多数共演も「1回もキスシーンがない」

エンタメOVO / 2017年05月27日13時38分

映画『家族はつらいよ2』の公開初日舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、出演者の橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、小林稔侍、中村鷹之資、徳永ゆうき、山田洋次監督が登壇した。 本作は、熟年離婚を巡る家族の騒動を描いた山田監督の喜劇映画『家族はつらいよ』(2016年)の続編。 この日は“ご縁を感じたこと”についてのト [全文を読む]

【医師たちのリアル恋愛事情】西川史子も…女医が「非医師」の男を選ぶワケ

デイリーニュースオンライン / 2015年05月08日11時50分

阿部寛が演じる40歳の建築家と夏川結衣が演じるアラフォー女医が、すったもんだの末に恋人同士となる。全12話かけて、ラブシーンはおろかキスすらしないという草食系カップルだが、最高視聴率は25%を超える大ヒット作となり、韓国でもリメイク版が放映された。 2012年に放映されたNHK朝ドラ『梅ちゃん先生』の主人公女医(堀北真希)も、一度は男性医師と交際するも、結 [全文を読む]

シニア人気「30代美熟女優」板谷由夏、田中美里、安藤玉恵ら

NEWSポストセブン / 2014年05月04日07時00分

50歳オーバーの男性限定で好きな「美熟女優」を聞くと、鶴田真由(44)や石田ゆり子(44)、夏川結衣(45)といった40代女優の名が多く挙がってくるが、30代にも、中高年の眼鏡にかなう成熟した女性は揃っている。 板谷由夏(38)は、密かにシニア男性から人気を集めている。 「報道番組にも挑戦して知性派女優というイメージだけど、映画『欲望』での激しい情事シーン [全文を読む]

不倫報道があったのに! 尾野真千子、大手プロダクションが引き抜き合戦の謎

サイゾーウーマン / 2012年09月27日09時00分

イメージが重視される芸能界で、なぜ大手がこぞって尾野を獲得しようとしているのだろうか?「彼女の所属事務所は老舗の芸能事務所で、かつては鈴木京香や夏川結衣、男性も小林薫や香川照之といった中堅俳優を多数擁する、優秀なプロダクションでした。ところが数年前、創設者である先代社長が亡くなった頃から、所属タレントの離脱が相次ぎ、現在の主力タレントは尾野のほかには小澤征 [全文を読む]

フォーカス