鳥山明 現在に関するニュース

<「王道RPG」って何?>鳥山明と勘違いするようなイラストを臆面もなくテレビに流す「SKYLOCK」は誇大広告

メディアゴン / 2015年01月06日02時00分

SKYLOCKのCMを観てみると、登場するキャラクターが人気漫画家の鳥山明風になっている事に気がつく。それも、人物の描き方だけでなく、着色の仕方までそっくりに真似ており、CMだけチラっと目にした人は、鳥山明関連の新作と勘違いしかねないレベルだ。鳥山明といえば、前述の『ドラゴンクエスト』のキャラクターデザインを務めている人物であり、細部まで似せる事でSKYL [全文を読む]

「NARUTO展」に岸本斉史、鳥山明、井上雄彦、尾田栄一郎が集結!アベンジャーズすぎると話題に

AOLニュース / 2015年05月14日20時00分

その投稿とは、「先日、手塚賞審査会の後、作者の岸本斉史さんと共に、鳥山明さん井上雄彦さん尾田栄一郎さん...編集の方々と開催中のNARUTO展へ。ムービーを観た後、思わず皆拍手。原画沢山で見応え半端なし。国を代表する岸本さんの大仕事に感服した夜でした」というコメントと共に、現在、森アーツセンターギャラリーで開催中の「NARUTO展」のポスターがUPされて [全文を読む]

「このサクセスストーリーハンパねぇ!」『ドラゴンボール超』全破壊神のキャラデザ半分を“とよたろう”が手がける快挙

おたぽる / 2017年02月25日22時00分

2月21日に発売された「Vジャンプ」(集英社)4月特大号で、同誌連載中の『ドラゴンボール超』(原作:鳥山明、漫画:とよたろう/集英社)の全破壊神のキャラクターデザインが公開された。鳥山明がデザインしたものにまじって、多くのキャラクターを“とよたろう”が手がけているということでネット上では「重要なキャラまで任されるようになるとは… すさまじい出世だな!」と驚 [全文を読む]

【極秘】ドラゴンクエストの極秘すぎる秘密15選 / DQ3の冒険の書は消えても復活する!

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年10月25日06時00分

この原案を元に、鳥山明さんがアレンジを加えて現在のスライムが完成したそうです。 4. 仲間モンスターに制作陣の名前が使われている SFC版のドラクエ5よりモンスターを仲間にできるシステムが採用となりましたが、モンスターに名前を付けることはできず、あらかじめ名前が設定されていました。その決められた名前の一部には「ドラクエ御三家」と呼ばれる制作陣の名前も使用さ [全文を読む]

「週刊少年ジャンプ」と同サイズのB5判で連載当時のカラーページや扉絵のキャッチコピーなども再現! 『DRAGON BALL総集編 超悟空伝』が、5月13日(金)から刊行スタート!!

DreamNews / 2016年05月12日18時00分

【『DRAGON BALL』作品情報】「週刊少年ジャンプ」1984年51号(1984年11月20日発売)から1995年25号(1995年5月23日発売)まで連載され、日本はもとより全世界に広がった鳥山明氏のメガヒット作。コミックスの全世界でのシリーズ累計発行部数は、2億3千万部以上。2002年より発売された「完全版」も累計発行部数2千万部を超える。さらに、 [全文を読む]

野沢雅子、悟空や悟飯役は「鳥山明先生の即決です」

Movie Walker / 2015年05月09日13時37分

さらに、鳥山明と面識があり、対談もしたことがある野沢は「鳥山先生は親しみやすいし、自然体で接してくださる方。でも、それでいてシャイなんです。だから、パーティーとかはお好きじゃないかも」とのこと。 最後に、明日10日が母の日ということで、サプライズで59本の花束が、悟空(着ぐるみ)から野沢にプレゼントされた。野沢は「最高です。胸いっぱい。泣きたくなっちゃう [全文を読む]

ジャンプ編集部が「連絡を取りたい」と呼びかけて話題に 「藤村どら」さんが手塚賞に準入選!

ガジェット通信 / 2017年06月06日19時30分

というもので、講評では尾田栄一郎先生と鳥山明先生というレジェンドのお二人が まさかのラブストーリーに驚いた。また白菜で物語を描き切った根性を称えたい。絵もシンプルだが魅力がある。<尾田> ユニークな設定や展開がよく練られていて面白かった。<鳥山> と賞賛していた。準入選じゃなくて、もう入選でもよかったんじゃないかという気が個人的にはしないでもないが。 い [全文を読む]

実写映画化決定の“聖闘士星矢”も!「ジャンプ展」第1弾開催

Walkerplus / 2017年05月19日18時27分

本宮ひろ志「男一匹ガキ大将」をはじめ、ハリウッドで実写映画化されることが発表された車田正美「聖闘士星矢」や、ゆでたまご「キン肉マン」、鳥山明「DRAGON BALL」など、時代を代表する名作の貴重な原画の数々が展示されるほか、会場限定の映像シアターなど、伝説の作品を紹介する豪華な展覧会となっている。 来場者にはプレゼントとしてICカードなどに貼れる「週刊少 [全文を読む]

今でも『ドラゴンボール』は『ワンピース』よりも強い!? バンダイナムコの決算で衝撃!

おたぽる / 2017年05月12日11時00分

さてゲームやアニメ、特撮ファンたち注目の「IP別売上高」を見てみると……■グループ全体IP別売上高 ※( )は前年同期機動戦士ガンダム:743億円(786億円)ドラゴンボール:611億円(349億円)ワンピース:304億円(233億円)仮面ライダー:223億円(186億円)スーパー戦隊:210億円(191億円)アンパンマン:106億円(94億円)妖怪ウォ [全文を読む]

漫画「ベルセルク」が連載再開、天才編集者の豪腕でついに完結へ向かうか!?

アサ芸プラス / 2017年03月10日17時58分

「Dr.スランプ」や「ドラゴンボール」の鳥山明氏を育てた天才編集者が現在ヤングアニマルを刊行する白泉社の社長になっているからだ。「社長は『Dr.マシリト』として作中にも登場していた鳥嶋和彦氏です。鳥嶋氏は漫画家にとても厳しく、あの鳥山氏にさえ一度も休載させませんでした。ベルセルクの編集に直接携わってはいませんが、彼ならもしかしたら‥‥と淡い期待を抱いてしま [全文を読む]

最新号のテーマは「動物園」 雑誌「ケトル」が半額キャンペーン実施中

太田出版ケトルニュース / 2016年11月01日10時53分

ベーブ・ルースが場外ホームランを打った位置にベーブ・ルースの銅像が設置してある」 「日本で初めてライオンの赤ちゃんが誕生した動物園は、戦前『浅草花やしき』にあった動物園」 「東山動植物園のコアラ舎のイラストを書いたのは鳥山明」 「鯖江市西山動物園でボリビアリスザルが逃げ出したが、空腹に耐えきれずエサのある園内の部屋に自ら戻った」 「動物園にいる動物で、購入 [全文を読む]

スマートフォン向け人気ゲームアプリケーション 「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」ワールドワイドで1億ダウンロードを突破! さらに「Dr.スランプ アラレちゃん」とのコラボイベントを実施中!

DreamNews / 2016年10月26日11時00分

コンテンツ概要【コンテンツ名】 ドラゴンボールZ ドッカンバトル 【配信開始】 2015年1月(国内) 【利用料】 ダウンロード無料 一部アイテム課金 【配信地域】 日本・北米・南米・欧州・豪州・韓国・台湾・香港・東南アジア ほか 【配信言語】 日本語・英語・フランス語・韓国語・繁体中文 【公式サイトURL】 http://dbz-dokkan.bngam [全文を読む]

東京五輪総合演出家、有力候補は金谷かほり? 最悪、外国人演出家を招く可能性も

tocana / 2016年05月15日19時00分

これらの制作メンバーには、『ワンピース』の尾田栄一郎、『ドラゴンボール』の鳥山明、『ドラゴンクエスト』シリーズの作曲家・すぎやまこういち、アニメ監督・庵野秀明や宮崎駿などの名前があげられています。ですが、いくらすごいクリエイターを集めたとしても、彼らにはコンテンツのひとつは作れるかもしれませんが、聖火や選手入場などを含めた全体的な演出はできません。つまり、 [全文を読む]

ゴールデンウィークは『ドラゴンボール』で大冒険!期間限定アトラクションが登場!「ドラゴンボール祭り2016 in J-WORLD TOKYO」開催 2016年4月29日(金・祝)~7月10日(日)

DreamNews / 2016年03月29日11時00分

(販売期間:4/29~7/10) 「ドラゴンボール」(著:鳥山明)は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1984年より連載を開始した国民的漫画で、単行本・完全版は全世界で累計2億3000万部を超える発行部数を記録しています。1986年にテレビアニメ化され、今年でドラゴンボールシリーズのテレビアニメ放送30周年を迎えます。現在は、フジテレビ系で新シリーズとな [全文を読む]

『こち亀』連載40周年! 「こち亀展」9月に開催決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月23日17時30分

「亀スポ」では情報発信のみならず、鳥山明や岸本斉史など、マンガ家による特別寄稿イラストの掲載なども実施している。また、2016年秋にはラサール石井氏が主演・脚本・演出を務める舞台の公演も決定。 9月に開催される「こち亀展」も連載40周年記念の一環。同展では、秋本によるマンガ原稿やカラーイラストを数多く展示し、連載開始時から、常に時代を反映してきた多彩なアイ [全文を読む]

「作画酷いな」アニメ『ONE PIECE』“ローの腕千切れ”も悲惨度ゼロ!?

おたぽる / 2015年09月08日18時00分

アニメシリーズ初となる原作者・鳥山明氏が原案に携わるため、大人も子どもも期待を寄せた。しかし、ふたを開けてみると、動きは固い、遠近法はブレブレ、顔は腑抜けみたい、と散々な仕上がりにファンはガッカリ。それを決定付けるかのように、べジータの“右手”が“左手”になるという大失敗をやらかした。 『ONE PIECE』『ドラゴンボール』と、原作は日本を越え、世界的な [全文を読む]

「バーベキューで焼くお肉は、ブロックですよ!!」 『ONE PIECE』尾田栄一郎、まさかの“良い肉食ってる”アピール!

おたぽる / 2015年09月03日21時00分

尾田以外にも、『SLAM DUNK』の井上雄彦、『DRAGON BALL』の鳥山明、『NARUTO-ナルト-』の岸本斉史、『テガミバチ』の浅田弘幸といった作家からもメッセージが寄せられているが、例えば手塚プロダクションの場合……。 「審査員が最終選考に残った作品を読んだ時に、思わず『これ面白い』『斬新』『うまい』『キャラ立ってるね』『表現力抜群』といった感 [全文を読む]

『ドラゴンボール』のやめ時はフリーザ編だった!? 初代担当編集・鳥嶋が明かした『ドラゴンボール』『Dr.スランプ』の裏話

おたぽる / 2015年05月12日19時00分

5月8日、『漫道コバヤシ ドラゴンボールZ復活の「F」公開記念スペシャル』(フジテレビ)にて、芸人・ケンドーコバヤシが『ドラゴンボール』(集英社)の作者・鳥山明の初代担当編集である鳥嶋和彦(現・集英社専務取締役)と対談。『ドラゴンボール』や、鳥山初の連載作『Dr.スランプ』の裏話などが明かされた。 もともとデザイナーだった鳥山明は、マンガ賞に応募し、198 [全文を読む]

スーファミ世代、悶絶の2大レジェンド対談! 堀井雄二(ドラクエ)×坂口博信(FF)【後編】 「自分で作ったものに熱中できるなんて他ではない」

週プレNEWS / 2015年05月03日06時00分

堀井さんと坂口さん、そしてキャラデザインには鳥山明さんも加わった『クロノ・トリガー』は不朽の名作! 坂口 『クロノ』は今でも相当人気がありますからね。海外でも人気ですし。 堀井 けどね、あれは本当にきつかった(笑)。なんせ『DQVI』の開発スケジュールとバッチリかぶってたんで、しばらく同時進行したりして。 坂口 『ドラクエ』方式を参照して、主人公は喋らせな [全文を読む]

スーファミ世代、悶絶の2大レジェンド対談! 堀井雄二(ドラクエ)×坂口博信(FF)【前編】 「ファンとしてもライバルとしてもドキドキしてた」

週プレNEWS / 2015年05月02日06時00分

鳥山明氏のマンガ『Dr.スランプ』にてDr. マシリトのモデルとなった『週刊少年ジャンプ』の元名物編集者。現集英社専務取締役)に堀井さんを紹介してもらって。それがきっかけで飲みに行きましょうって誘ったんですよね。 堀井 そうだった、そうだった。でもあんまりゲーム論みたいな話にはならず、くだらない話ばっかりしたよね(笑)。そういえば、そもそも僕が『ドラクエ』 [全文を読む]

フォーカス