病院 宮崎県に関するニュース

まるで冷たい味噌汁!? 宮崎県でよく食べられている“冷汁”ってどんな料理?

マイナビ進学U17 / 2016年06月13日12時02分

学校給食や病院で栄養指導や食事管理を行ったり、企業では商品開発に携わることもあるなど、多くの場所で活躍する機会があるようです。栄養士を目指して勉強したい人は、冷汁をはじめとした、人々の生活に根づく郷土料理を栄養の観点で調べてみたり、実際に自分で作って食べてみたりすると、栄養士の仕事を身近に感じることができるかもしれませんよ。 [全文を読む]

宮崎大学医学部附属病院で大規模な Wi-Fi 環境、病室の奥まで電波を

インターネットコム / 2015年06月11日09時30分

これまで、病院などの医療機関では、電波を発信する携帯電話やスマートフォンなどは利用を控えなければならなかったが、2014年8月19日に電波環境協議会が発表した「医療機関における携帯電話等の仕様における指針」で、病院内における携帯電話、スマートフォンなどの端末の利用が大幅に緩和されたこともあり、最近では病院でもこれらの端末が使いやすくなっている。 宮崎県の中 [全文を読む]

医療機器の製造・設計に関する展示会「MEDTEC Japan 2017」 ■ 医療用ロボット、ウェアラブルチェアなど注目製品の展示が決定! ■ 全国各地の地方自治体、大学からも続々出展!

DreamNews / 2017年03月31日11時30分

[テムザック技術研究所]人間に近いリアリティを追求したシミュレータロボット 鳥取大学医学部・附属病院シミュレーションセンターとの共同開発により、人体の構造、柔らかさ、多様性を再現したシミュレータロボットを開発。 利用者のニーズに応じて、トレーニングできる手技が選択できます。また併せて立位作業・就労支援ロボット等福祉向けロボットの展示も行う予定です。[有限会 [全文を読む]

5年生存率が高い乳がん 早期発見しやすく遅れても治療可

NEWSポストセブン / 2015年11月22日16時00分

集計対象は、宮崎県をのぞく全国46都道府県にある177のがん診療連携拠点病院(がん拠点病院)で、2007年にがんと診断された患者約17万人。これらの患者が日本人全体と比較して、5年後にどれだけ生存しているかを示すのが「5年相対生存率」だ。全がんと、主要5部位(胃、大腸、肝臓、肺、女性乳房)のデータがそれぞれ公表された。 5年生存率が5大がんのなかで最も高い [全文を読む]

県自治体による認知症の対策が加速。宮崎県の取り組み事例を紹介

認知症ねっと / 2015年04月02日16時17分

医療機関も強化へ医療分野においては、県内3カ所の病院を宮崎県認知症疾患医療センターに指定し、認知症への医療強化を図っているという。指定医療機関は一般財団法人弘潤会野崎病院、一般社団法人藤元メディカルシステム大悟病院、医療法人向洋会協和病院で、指定期間は平成26年4月1日から平成29年3月31日としている。その他、医療機関で働く医師や看護師らに対しても認知症 [全文を読む]

MKI、宮崎大学医学部附属病院に大規模なWi-Fi環境を構築 ―安定した接続性を実現し、医療現場での利便性向上と業務効率化に貢献―

@Press / 2015年06月10日10時30分

三井情報株式会社(本社:東京都港区、社長:齋藤 正記、以下 MKI)は、宮崎県の中核医療を支える宮崎大学医学部附属病院に、Wi-Fi環境のエリア拡充と安定した電波強度による教育研究活動・病院業務の効率化を目指し、大規模なWi-Fi環境を構築したことを発表します。 宮崎大学医学部附属病院は、病床数632床、22診療科で構成され、医師と看護師を合わせて約1,0 [全文を読む]

インフォコム、「救急車車内映像伝送システム」の販売を開始 ~ ヘルスケア、新たな事業領域への展開を加速 ~

@Press / 2012年12月11日16時30分

【「救急車車内映像伝送システム」の内容】 この度、販売を開始する本システムは、救急車内の患者の容態や生体情報モニター(※1)などの映像を、救急病院にリアルタイムで転送します。独自のエンコード(※2)技術を用いることにより、低帯域(※3)の通信速度でも鮮明な画質を少ないタイムラグで転送することが可能です。 本システムを活用し、救急病院が事前に患者の容態を確認 [全文を読む]

ISID、農業IoT事業のベジタリアに出資

JCN Newswire / 2017年09月08日11時00分

また、植物医科学のスペシャリストである植物医師を擁して、その知見を生かした日本で初めての民間サービス「ベジタリア植物病院(R)※」を開設し、センサデータを活用しながら,生産者をサポートする活動を始めました。さらに、内閣府が推進する「戦略的イノベーション創造プログラム(次世代農林水産業創造技術)」や農林水産省が進める「革新的技術開発・緊急展開事業(うち経営体 [全文を読む]

患者のために奔走した日野原重明さんの意思を継ぐ人々

NEWSポストセブン / 2017年08月04日07時00分

聖路加国際病院(東京都中央区)の名誉院長だった日野原重明さん(享年105)が7月18日に逝去した。胃ろうや経管栄養などの延命治療を拒否し、自宅で家族が見守るなかでの大往生だった。 死の間際まで現役を貫いた日野原さんの想いは、後人にしっかりと受け継がれる──。約20年前から親交がある諏訪中央病院名誉院長の鎌田實さん(69才)の脳裏には、盟友のさまざまな姿が浮 [全文を読む]

「九州パンケーキカフェ」海外3店舗目!シンガポール ノベナ店オープン

@Press / 2016年05月11日12時30分

アジアのショーケースと呼ばれ東南アジアのリーディング国であるシンガポール、その中でもNovena(ノベナ)地区は、新しい病院、コンドミニアム、ショッピングセンター等が集積し、高感度なお客様の集まる人気のエリアです。この店舗を通じて、弊社の本社所在地である宮崎県をはじめとして九州各県の産地と連携したプロモーションメニューの導入や積極的な観光PRにも活用して頂 [全文を読む]

福井 胃がん生存率高いのは「医師診断レベルの高さ」貢献か

NEWSポストセブン / 2015年11月22日07時00分

集計対象は、宮崎県をのぞく全国46都道府県にある177のがん診療連携拠点病院(がん拠点病院)で、2007年にがんと診断された患者約17万人。これらの患者が日本人全体と比較して、5年後にどれだけ生存しているかを示すのが「5年相対生存率」だ。がんの治療成績を示す指標となる。 胃がんの5年生存率の全国平均は71.2%。トップの東京が78.8%、ワーストの群馬が6 [全文を読む]

アスク鍼灸整骨院(宮崎県宮崎市)が、怪我の回復や、ボディコンディショニングの一環として酸素カプセルを導入!(2015/9/中)

DreamNews / 2015年10月02日17時30分

新開発ドアクローズセンサー 手動式強制排気弁(内外) 気圧上昇防止機能 気圧過昇リリーフバルブ 強制遮断装置 上記のように従来品から進化したスペックに共感を頂いており病院・整骨院・鍼灸院・スポーツ選手と 幅広く導入していただいております。 ※酸素カプセル OXYRIUM Plusは健康機器です。医療機器では有りません。 【本件のお問い合わせ先】 会社名: [全文を読む]

全国初!宮崎県 小林商工会議所が多機能次世代ソーラーLED街路灯を設置 2つのLED照明灯を使用し、犯罪抑止効果や交通死亡事故減少などに期待~街路灯で新ご当地グルメ「チョウザメ料理」のPRも~

@Press / 2015年03月27日16時30分

特に災害時の停電の際、防災の拠点となる市役所と、けが人などを搬送し救急救命病院となる市立病院を結ぶ道路を照らすことができ、災害活動の支援にも貢献できます。 また、「青色白色複合LED照明」と「反射技術を活用したLED照明」を組み合わせた灯具により、犯罪の防止や削減、夜間の交通死亡事故の抑制などへの効果が期待されます。 ■事業費 ~国と小林市の補助金活用。総 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】AKB48と“恋チュン”を踊った闘病中のきらりちゃん。「ライバルは指原さん!」とキッパリ。

TechinsightJapan / 2014年09月01日14時15分

宮崎県に住む黒木妃織(きらり)ちゃんは、小学5年生の時に原因不明の高熱が1週間続き、ある朝、意識不明となって病院へ運ばれた。口元が10分おきに痙攣するという症状で、医師も初めての経験だという。やがて“難治頻回部分発作重積型急性脳炎”という病名が分かるが、担当医師は「脳内部で痙攣が反復する状態で、後遺症なく完全に回復した症例は聞いたことがない」と説明した。治 [全文を読む]

やまさき十三初監督『あさひるばん』宮崎県の全面協力で撮影

NEWSポストセブン / 2013年11月29日16時00分

ロケでお邪魔した宮崎市の綾町のおかあさんたちには、夜中に炊き出ししてもらったし、病院の撮影では、宮崎弁で“がね”というかきあげみたいな天ぷらを作ってもらいました。 日南市にある南郷スタジアムで野球の決勝戦シーンを撮った時には、母校の大宮高校のブラスバンド部員をはじめとして1300名の人々がエキストラとして参加してくれたりして、本当に考えられないような協力を [全文を読む]

ISID、農業IoT事業のベジタリアに約5億円を出資

マイナビニュース / 2017年09月11日10時21分

また、植物医科学のスペシャリストである植物医師を擁して、その知見を生かした日本で初めての民間サービス「ベジタリア植物病院」を開設し、センサデータを活用しながら、生産者をサポートする活動に取り組んでいる。さらに、内閣府が推進する「戦略的イノベーション創造プログラム(次世代農林水産業創造技術)」や農林水産省が進める「革新的技術開発・緊急展開事業(うち経営体強 [全文を読む]

犬は果たして夢を見るのか? ただし、病気にはご注意を

NEWSポストセブン / 2017年04月26日16時00分

これって、夢を見ているのでしょうか? 人間顔負けのいびきをかくこともありますが、放っておいて大丈夫でしょうか?」 そんな相談に、白金高輪動物病院総院長の佐藤貴紀さんがアドバイスする。 * * * 犬や猫にも、人間と同じようにレム睡眠とノンレム睡眠があり、“夢を見る”というのは科学的に証明されています。「日本睡眠学会」いわく、レム睡眠とは“急速眼球運動(Ra [全文を読む]

【悲報】ASKUL「明日来ない」可能性も!火災の影響で受付中止

秒刊SUNDAY / 2017年02月16日15時27分

この火災で、これまでに従業員2人が煙を吸い込んで病院に運ばれたということで、消防が消火活動を続けています。埼玉県の向上が今もなお炎上しているということで一刻も早くこの問題を解決しなければなりません。公式サイトでは「受付を中断する」という発表がありました。以前は熊本地震の影響で中止したことはあるようですが、公式Twitterでは今回の件に関する発表はまだない [全文を読む]

ビズリーチとエムスリーキャリアが地方創生分野で業務提携

@Press / 2017年02月02日10時30分

本提携を通じて、エムスリーキャリアが持つ医師・薬剤師・病院事務職の人材採用のノウハウと、ビズリーチが持つプロフェッショナル人材採用のノウハウという両社の強みを生かし、医療も含めたプロフェッショナル人材獲得という課題の解決に向け、自治体・地方の人材採用における総合的なソリューションの提供を両社連携して目指します。 [全文を読む]

シリーズ35万部突破のベストセラーが「健康日めくり」で登場!31個の健康習慣を標語とイメージ写真でご紹介。『日めくり まいにち、太らない!老けない!食べ方』(著者:済陽 高穂)4月20日(水)発売!

DreamNews / 2016年04月20日10時00分

三愛病院医学研究所所長、西台クリニック院長。元千葉大学医学部臨床教授。医学博士。千葉大学医学部卒業後、東京女子医科大学消化器病センターに入局。米国テキサス大学外科教室に留学(消化管ホルモンの研究)。帰国後、東京女子医科大学助教授、都立荏原病院外科部長、都立大塚病院副院長を経て現職。臨床医として執刀した手術は4,000例(その半数はガン)。独自に考案した「済 [全文を読む]

フォーカス