農業 宮崎県に関するニュース

【9月2日東京開催】 みやざき就農相談フェア・講座の参加者募集

PR TIMES / 2017年08月23日12時39分

マンパワーグループ、宮崎県の農業活性化を支援 総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:池田 匡弥、以下「マンパワーグループ」)は、宮崎県から「宮崎成長産業人材育成事業」を受託、宮崎県での就農を希望する事業の参加者を募集します。 ◇「みやざき就農相談フェア」とは? 「宮崎成長産業人材育成事業」の一環として宮崎県農政 [全文を読む]

宮崎県初!国土交通省航空局「無人航空機の操縦技能講習を行う民間講習団体」ドローンスクール誕生「ドローンスクールジャパン宮崎宮崎市校」が2017年6月19日(月)開校

PR TIMES / 2017年06月15日18時50分

農業や人命救助など幅広いシーンで活躍が期待されるドローン未来の操縦士を育成する充実したカリキュラムを準備~産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:貝應大介)は、宮崎県に屋内飛行場を完備した『ドローンスクールジャパン宮崎県宮崎市校』を6月19日(月)に開校します。当日は、開校式典のほか、デモフライトや操縦 [全文を読む]

マンパワーグループ、宮崎県で農業の活性化を支援

@Press / 2016年08月24日14時00分

◆「宮崎成長産業人材育成事業」とは 宮崎県内の農業法人や法人化を目指す農業者は、作物生産に限らず、農産物加工や販売、経理など多様な人材が求められているが、優秀な人材が確保が困難なため規模拡大等ができない状況です。 本事業では、宮崎県の食と農に関する情報発信、首都圏で就農相談会や就農講座等を実施することにより、県内をはじめ首都圏等における幅広い人材を確保、 [全文を読む]

全国展開中の農業IoT「ファイン・ファーム事業」 初の地方創生パートナー「モリミキ」と提携 宮崎最高級完熟マンゴーを生産する「原農園」で 『こっそり農遠』サービスを開始

DreamNews / 2017年05月22日15時00分

■『こっそり農遠宮崎マンゴー』とは『こっそり農遠宮崎マンゴー』とは、スマートフォン上で、自分だけの本物のマンゴーの区画が持てる、地方創生に繋がる農業IoT サービスです。『こっそり農遠宮崎マンゴー』は今後の『こっそり農遠』全国展開に向けた、こっそり農遠シリーズ初となる、農園と運営パートナーとの三社間で提携して育てる取り組みを行います。育てるマンゴーは、宮 [全文を読む]

伝説の万能調味料「マキシマム」以外にも続々!ご当地スパイス【宮崎土産】

TABIZINE / 2015年10月07日10時00分

綾町のハーブソルトなどetc… (C)Loco Yoneda 宮崎で最もオーガニック農業の先進的な取り組みをしている綾町。綾町では農薬や化学肥料を使わずに野菜やハーブ・フルーツ類が育てられています。 綾町産のオーガニック原料を中心として、ハーブソルト(あや作業所)やジャム各種(スギエベリーファーム)、日向夏ドレッシング(やよい会)など様々な加工食品が作ら [全文を読む]

地域と連携した新しいエネルギーのあり方が川南町から生まれます!「太陽経済 かわみなみ会議」を開催

PR TIMES / 2015年04月30日15時22分

【開催概要】会期: 2015年5月18日(月)13:00~15:30 (受付開始:12:30~)会場: ホテル「竹乃屋」 (宮崎県児湯郡川南町川南13675)主催: 一般社団法人 太陽経済の会共催: 川南町後援: 宮崎県(調整中)、農林水産省、女性未来農業創造研究会定員: 最大300名テーマ: 「川南町をはじめとする宮崎県内の各市町村の発展と地域エネルギー [全文を読む]

農業ブームは幻想?撤退企業数は過去最高 黒字はごく一部、地域との関係失敗も

Business Journal / 2015年02月19日06時00分

近年、農業への関心が高まっている。2005年に7904社だった農業生産法人数は、13年には1万3561社にまで増加しており、その事業形態も多様化している。例えば、大手コンビニエンスストアチェーンのローソンは、全国の農地で収穫した野菜で商品開発・流通を行っており、塚田農場などの飲食店を展開するエー・ピーカンパニーは、宮崎県日南市で農業法人APファームを設立し [全文を読む]

あの有名マンゴーにも負けない高糖度! 宮崎県産の最高級完熟マンゴーのオーナーに! スマホでリアル農園が持てる『こっそり農遠宮崎マンゴー』 2017年6月2日より48名限定で区画オーナー募集を開始

DreamNews / 2017年06月02日15時30分

■『こっそり農遠宮崎マンゴー』とは『こっそり農遠宮崎マンゴー』とは、スマートフォン上で、自分だけの本物のマンゴーの区画が持てる、地方創生に繋がる農業IoT※ サービスです。育てるマンゴーは、宮崎県児湯郡高鍋町にある「原農園」にて栽培される、『宮崎完熟マンゴー』です。マンゴー農園の区画オーナーになると、24時間いつでもどこでもスマートフォンでマンゴーの生育 [全文を読む]

2/19(日)限定 楽天「ショップ・オブ・ザ・イヤー2016」ふるさと納税部門大賞の宮崎県都農(つの)町物産展が浅草まるごとにっぽんにて開催!!その名も「都農(つの)バル」

PR TIMES / 2017年02月08日16時47分

[画像1: https://prtimes.jp/i/21732/2/resize/d21732-2-612001-4.jpg ] ・楽天市場を席巻した特産品を直接試食、試飲しながら購入できるチャンス! 宮崎県都農町は、町名のとおり「農の都=都農」として農業が盛んな町であり、大自然が育んだ 特産品は全国でもトップクラスの人気を得ています。 当日はそんな魅 [全文を読む]

宮崎県綾町、スターフェスティバル、綾町の有機野菜など納税返礼品を味わえる「ふるさと納税応援弁当」を共同開発!本日より、伊勢丹新宿店・ごちクル専用ダイヤルで販売開始

DreamNews / 2016年11月08日11時00分

「宮崎県綾町 ふるさと納税応援弁当」は、綾町が取り組む有機農業で作られた野菜や、綾町のブランド豚「綾ぶどう豚」などをふんだんに使った、綾町のふるさと納税の返礼品をお試しで味わえるお弁当です。綾町の食材に惚れ込んだ「ミシュランガイド」7年連続3つ星獲得の日本料理の名店「青山えさき」店主・江﨑新太郎氏の考案のもと、綾町の食材の魅力を最大限引き出した、ヘルシー [全文を読む]

1位はあの街 日本を面白くする「イノベーティブシティ」ベスト10

Forbes JAPAN / 2017年04月23日12時10分

[人口:5610人、人口密度:34.8人/km2、人口増加率:-9.28%、創業比率:4.47%、主な産業:農業,林業]3位 山形県鶴岡市慶應義塾大学先端生命科学研究所を中心に、最先端のバイオテクノロジーベンチャーが集う。産官学連携のモデル都市とされ、現在は民間企業YAMAGATA DESIGNの推し進める「サイエンスパーク」整備が進行中。研究者がより心地 [全文を読む]

ソフトバンク・テクノロジーとテラスマイル、業務提携で農業経営の可視化を実現

PR TIMES / 2016年06月06日17時48分

農家の収益を向上させるための経営管理ツールを提供、機械学習等を利用して稼ぎ時までレポート!環太平洋パートナーシップ協定(TPP)など貿易自由化や、少子高齢化に伴う農業従事者の減少や担い手の確保など、日本の農業が抱える様々な課題に対して、ICTサービスだからこそ改善できる分野があります。ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長: [全文を読む]

マンパワーグループ、宮崎県で農業の活性化を支援

PR TIMES / 2015年10月01日09時31分

農林水産省が2014年6月に発表した農業構造動態調査によると、九州地区販売農家の農業従事者数は、前年比(2013年~2014年)で△4.6%、農業就業人口も△5.5%と共に減少している結果となりました。 マンパワーグループは、人手不足が課題となっている宮崎県内の農業法人において、派遣型の就農研修「お試し就農」を実施することで、就農希望者と農業法人のマッチ [全文を読む]

声と手書きで動くPOPを簡単に制作!「生産者が自らアピール」

PR TIMES / 2013年10月09日09時29分

今回の展示においては、農業県である宮崎県の広告ツールとしてThinkBoard が大きな 役割を果たすことができることを示している。生産者が声と顔を露出した商品動画を利用する事で、購買者へより強いアピールを行うことができるものとなっている。 また、ThinkBoard は操作に専門的な知識は必要とせず、簡単に商品のアピール動画コンテンツを制作できるソフトウ [全文を読む]

宮崎県が生んだ柑橘「日向夏」誕生の秘密 ある民家にたまたま自生していた

東洋経済オンライン / 2017年05月20日13時00分

綾町は昭和63年(1988年)に「自然生態系農業の推進に関する条例」を独自に制定し、農薬や化学肥料をできるだけ使わない有機農業を開始。以来ずっとそのスタイルを貫き続け、全国的にも有名な有機栽培のパイオニア的存在として知られている。町の約80%が森林であり、名水百選にも選ばれる水源を有するなど自然豊かな環境にも恵まれた綾町の産物は、日向夏やマンゴー、きんかん [全文を読む]

世界農業遺産 椎葉山を世界に発信

@Press / 2017年05月19日09時30分

宮崎県椎葉村は、ウェブ上で「世界農業遺産 椎葉山魅力発信プロモーションビデオ」とともに、外国人向けショートムービー「Shiiba in Japan」と「憧憬的椎叶村」を2017年5月に公開しました。画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/128600/img_128600_1.jpg秋の風が頬をなでる世界農業遺産 椎 [全文を読む]

~都内初「おんせん地獄蒸し」スタート~おんせん県おおいたの別府温泉を直送「食べる温泉」で地方創生

@Press / 2016年02月19日09時30分

■こだわりの食材は「農業女子PJ」×「福岡お魚応援団」 オーナーは大分県出身、料理長は宮崎県出身という事もあり、食材は九州の海の幸、山の幸をふんだんに使用。海の幸は、「福岡お魚応援団」の協力のもと旬の魚介類を漁師より直送。また、2015年9月にオープンした羽田空港内にある「羽田鮮魚センター」(羽田市場)を活用する事で、その日の朝、収獲された魚が当日の夕方 [全文を読む]

第6回“野菜ソムリエ コンベンション”開催!!

PR TIMES / 2015年09月08日09時59分

日本野菜ソムリエ協会(東京都渋谷区:理事長 福井栄治)は、野菜・果物のスペシャリストである「野菜ソムリエ」の資格認定・育成を行うと共に、日本の農業を次世代に継承するために「自治体パートナー制度」や「野菜ソムリエサミット」等、さまざまな活動を実施しています。この度、地方自治体の農産物販売におけるチャンネル拡大とブランド育成のために、「第6回 野菜ソムリエ [全文を読む]

憧れの田舎暮らしを無料で体験!|鹿児島県曽於市(そおし)で農業&田舎暮らしを同時に体験!

PR TIMES / 2015年08月17日10時02分

「曽於市移住・田舎暮らし体験メニュー」の提供を開始九州の宮崎県境にある鹿児島県曽於市(そおし)は、都市部から農村地域への移住希望者に対して、曽於市の豊かな自然や観光地を紹介しつつ、曽於市の基幹産業である農業を体験できるメニューを提供します。農業体験・田舎暮らし体験にかかる費用については、全額曽於市が負担。※1参加者は、2泊3日、6泊7日、1ヶ月間の3コース [全文を読む]

ISID、農業IoT事業のベジタリアに約5億円を出資

マイナビニュース / 2017年09月11日10時21分

電通国際情報サービス(ISID)は9月8日、農業IoT事業を展開するベジタリアが行う第三者割当増資を引き受け、同社株式を取得したと発表した。出資金額は4億9997万5000円。 ベジタリアは、植物科学とテクノロジー(Vegetation Science & Technology)を駆使した農業向けソリューションを提供するベンチャー企業。圃場の環境情報や作物 [全文を読む]

フォーカス