柴田恭兵 刑事ドラマに関するニュース

『あぶない刑事』も凄い!昭和刑事ドラマのありえないシーン5選

しらべぇ / 2015年12月28日16時00分

おそらくBGMに柴田恭兵の『TRASH』を流しながら、「最悪だぜ~」とか言いながら意味もなく追跡しているのだろう。■昭和の刑事ドラマには今でもありえないシーンも『あぶない刑事』や『西部警察』に代表されるように、昭和の刑事ドラマでは今ではありえないシーンが多数放送されていたので、主なものを挙げてみよう。(1)なぜか刑事がプロ並みのドライビングテクニックを持つ [全文を読む]

待望の地上波初放送!映画『さらばあぶない刑事』に注目

しらべぇ / 2017年02月17日08時30分

しかし、舘ひろしと柴田恭兵は60代。かつてのようなアクションが厳しくなってきただけに、やはり無理なのではないかという指摘も根強い。最後になるのか次回があるのかは不明だが、現在のところ完結編となっているだけに、映画を観た人も見逃してしまった人も、17日金曜夜9時の放送に注目だ。・合わせて読みたい→「顔を見ただけで怪しい!」2時間ドラマの犯人役といえばこの人た [全文を読む]

シリーズ完結編!名物コンビが最後の大暴れする「さらば あぶない刑事」U-NEXTにて配信開始

ITライフハック / 2016年07月14日09時00分

主演は引き続き、舘ひろしと柴田恭兵。2人の人気ぶりは圧倒的で、仲村トオル・浅野温子ほかレギュラー陣とのコンビネーションで創りあげたオリジナルな世界観は、既成の刑事ドラマの殻を軽く破り、刑事ドラマのサスペンスとコメディ&アクションのエンターテインメント性との奇跡的な融合を果たした。その他、懐かしの港署キャストたちもそろい踏み、変わらぬ息のあった演技を見せ、フ [全文を読む]

シリーズ完結編!名物コンビが最後の大暴れ『さらば あぶない刑事』U-NEXTにて配信開始

@Press / 2016年07月13日16時00分

主演は引き続き、舘ひろしと柴田恭兵。2人の人気ぶりは圧倒的で、仲村トオル・浅野温子ほかレギュラー陣とのコンビネーションで創りあげたオリジナルな世界観は、既成の刑事ドラマの殻を軽く破り、刑事ドラマのサスペンスとコメディ&アクションのエンターテインメント性との奇跡的な融合を果たしました。その他、懐かしの港署キャストたちもそろい踏み、変わらぬ息のあった演技を見せ [全文を読む]

年齢なんて、関係ないね!「さらば あぶない刑事」徹底レビュー

まぐまぐニュース! / 2016年02月09日14時00分

横浜港署捜査課の刑事鷹山(舘ひろし)と大下(柴田恭兵)は、定年退職を5日後にひかえていた。ふたりは最後の日まで捜査を続けると宣言し、課長の町田(仲村トオル)をひやひやさせる。横浜では新興の犯罪組織「闘竜会」が勢力を伸ばし、ロシアや中国マフィアと激しい縄張り争いをしていた。その中心にいるのは南米出身の日系人マフィア、ガルシア(吉川晃司)だった。 鷹山には婚 [全文を読む]

好きな刑事ドラマ選手権!1位はイチローも出演のあのドラマ

しらべぇ / 2016年09月15日21時00分

・40代舘ひろしと柴田恭兵が港ヨコハマを舞台に暴れまわる『あぶない刑事』がトップ。同作は1986年に第1シリーズが放送され好評。第2シリーズの『もっとあぶない刑事』放送後は映画に。今年、シリーズ最終作『さらばあぶない刑事』が公開され大ヒットとなった。ファンの間では「まだ続きがあるのではないか」なんて期待の声もあがっている。・50代『太陽にほえろ』が1位。マ [全文を読む]

菜々緒、『あぶ刑事』タカの恋人役!2016年は、脱・悪女!?

Movie Walker / 2016年01月28日11時00分

『さらば あぶない刑事』では、港警察署捜査課の刑事コンビ、タカと、ユージこと大下勇次(柴田恭兵)が、定年退職を5日後に控えていながらも、ヨコハマに進出してきた中南米の犯罪組織に立ち向かっていく。 菜々緒は『あぶ刑事』シリーズについて「日本の刑事ドラマといえば、『あぶない刑事』というイメージがありました。バディを組んだ熱い男たちが、アクションをしていく姿は [全文を読む]

最後までノリノリ!「あぶデカ」のトレンディ~な演出

Movie Walker / 2016年01月22日18時01分

公開に先駆け、今回は「いまの時代にそんなのあり?」と思わずツッコミを入れたくなってしまいたくなるような、本作のトレンディっぷりを紹介! ■ のっけからトレンディさMAX! オープニング、ユージ(柴田恭兵)が軽快にステップ踏みながら向かう先には、タキシードに身を包んだタカ(舘ひろし)の姿が。華麗に去っていく2人の後ろ姿から、横浜の夜景にメインタイトルが映し出 [全文を読む]

「あぶない刑事」10年ぶり復活で振り返る「我が青春の刑事ドラマ」

アサ芸プラス / 2015年12月04日17時59分

「タカとユージが作り出すテンポの良さがバツグン」と、舘ひろしと柴田恭兵が演じたキャラに賞賛の声があがった。「刑事ドラマ」部門のほかにも、「俺たちの好きな刑事」「心に残った女刑事」など、懐かしい&胸をときめかせた顔ぶれがズラリ。 さて、あなたの好きな刑事ドラマは? [全文を読む]

10年ぶり映画化で完全終了の『あぶない刑事』鷹山・大下の“殉職シーン”は見られるのか

日刊サイゾー / 2015年02月09日18時00分

舘ひろしと柴田恭兵による人気ドラマシリーズ『あぶない刑事』(日本テレビ系)が、いよいよ完全終了することになった。東映が2日、同シリーズ10年ぶりの映画化となる『さらば あぶない刑事-long good-by-』の製作を発表。来年公開予定の同作がシリーズ最終作となる。 1986年に放送開始した『あぶ刑事』は横浜を舞台に、港警察署捜査課の刑事コンビ・鷹山敏樹( [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

同ドラマはご存知の通り、舘ひろしサンと柴田恭兵サンのタカ&ユージコンビからなる、バディものの刑事ドラマ。スタイリッシュなアクションとファッション、それにコメディテイストな演出が大いにウケ、瞬く間に人気ドラマになった。 当初2クール放映の予定が、中盤以降は20%台の視聴率を連発。結局、1年間にわたり放送された。そして以後、30年間にわたって続編やスペシャル [全文を読む]

大人の色気ムンムン「あぶ刑事」最終章を一足先に!

Smartザテレビジョン / 2016年01月14日23時31分

物語では、舘ひろし演じる鷹山敏樹(タカ)と柴田恭兵演じる大下勇次(ユージ)のコンビが定年退職を5日後に控え、横浜を制圧しようとする中南米マフィアと繰り広げる壮絶な戦いを描く。 キャストには、主演の舘、柴田をはじめ、浅野温子、仲村トオルといったテレビ放送当時から出演するおなじみの顔ぶれが再集結する。 主演の2人が持つ大人の色気やド迫力のアクションシーンも楽 [全文を読む]

『あぶ刑事』新作で舘、柴田、浅野、仲村が現場に集結!

Movie Walker / 2015年04月28日05時00分

4月27日、本作の撮影現場会見が“港署”内で行われ、舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオルら、初期からのメンバーが勢ぞろい。今作に賭ける熱い思いを語った。 会見で舘が「もうそろそろみんな死んじゃうからさ、遺影代わりに撮っておこうと思って(笑)」と笑いを誘うと、柴田も「今回はみんなセリフを間違えない。以前は犯人が誰かわからずにやってましたから(笑)」と冗談 [全文を読む]

あぶデカが10年ぶりにスクリーンに帰ってくる!

Movie Walker / 2015年02月03日05時00分

また、大下勇次(ユージ)を演じる柴田恭兵は、「『さらば』です。ファイナルです。大下勇次を演じるのはこれで本当に最後です。これまで30年応援してくださった方々に、感謝の気持ちを込めて、愛を込めて『さらば あぶない刑事』を贈ります。いつもどおりジョークも添えてスクリーンで派手なお別れパーティを開きたいと思います。ご参加ください。参加料は劇場窓口でお支払いくだ [全文を読む]

フォーカス