石川五右衛門 南禅寺に関するニュース

小林麻央“がん治療中断”にあった手術以来初の家族旅行計画

WEB女性自身 / 2016年12月09日06時00分

というのも子供たち2人は海老蔵さんの『石川五右衛門』が観たくて11月14日から2泊3日で博多に行ったのですが、麻央さんは体調が思わしくなく残念ながら一緒に行けなかったのです」(歌舞伎関係者) 麻央は11月30日のブログで、 仕切り直し と題した記事を投稿した。 《ずっと続く調子の悪さの原因を特定するため、今日から少しの間、薬とサプリメントの服薬を中止してみ [全文を読む]

格式高い巨刹と方丈の美!5分で知る南禅寺の見どころ

Walkerplus / 2016年09月09日10時53分

日本3大門の一つで、“天下竜門”という異名を持つ高さ22mの三門の楼上は、歌舞伎で石川五右衛門が、“絶景かな”と感嘆の声を漏らすひと幕があるほどの景色。大方丈と小方丈から成る国宝の方丈など、名所が多数あり、見応え満点。 ■ 文化財 <方丈(国宝)>1611(慶長16)年に御所の建物の下賜を受けて再建されたもの。内部には124にも及ぶ桃山前期の狩野派による障 [全文を読む]

和のスーパーフード!風情ある寺院で抹茶を飲もう

LAR - Life & Aging Report / 2016年05月21日12時00分

画像にあるドラマや映画の撮影がよく行われる水路閣や、石川五右衛門が「絶景かな絶景かな」と見得を切ることで有名な三門、国宝である庭園の方丈などが見所です。紅葉が美しいことでも有名で、シーズン中は観光スポットとしても特に人気です。 寺院で飲める抹茶 拝観料とは別に1人500円で、抹茶と落雁(らくがん)ただくことができます。お茶席の前にある滝の音を聞き、庭園を眺 [全文を読む]

狙い目は歴代ロケ地。「そうだ京都、行こう」シリーズを巡る紅葉狩り

まぐまぐニュース! / 2015年11月06日10時35分

歌舞伎「楼門五三桐」(さんもんごさんのきり)で石川五右衛門が「絶景かな絶景かな」と大見得を切る舞台としても知られています。御所の建物を移築したという方丈には、狩野派の襖絵があり、小堀遠州作と伝わる方丈庭園は石組みの配置から虎の子渡しの庭と呼ばれています。境内を 横切る赤レンガのアーチは明治時代に琵琶湖疏水を引いた水路閣で、紅葉と重なり合う紅葉の景色は必見で [全文を読む]

紅葉の季節こそ京都へ、散歩で味わう“哲学の道”の魅力

anan NEWS / 2015年11月01日22時00分

石川五右衛門の「絶景かな」で知られる三門は、眺望はもちろん、柱越しに見る屏風絵のような緑も絶景。紅葉の水路閣もロマンティック。 左京区南禅寺福地町86 8:40~17:00、12/~2/28は~16:30(受付終了は閉門20分前) 12/28~31休 拝観料 方丈庭園500円、三門500円 ■金戒光明寺 法然が結んだ草庵が始まり。五劫思惟(ごこうしゅい)阿 [全文を読む]

桜と紅葉の名所!3分で知る銀閣寺・岡崎エリアまとめ

Walkerplus / 2016年10月18日18時23分

「南禅寺」は石川五右衛門の伝説でも知られる三門や、国宝の方丈、琵琶湖疎水の分線にあたる水路閣など、見どころの多い寺院。春は桜、秋は紅葉の美しさも魅力だ。「永観堂(禅林寺)」は特に紅葉が有名。毎年11月には寺宝展も開催されている。 紅葉や桜が美しい季節は、特に混雑する銀閣寺・岡崎エリア。ベストシーズンに訪れるなら、時間には余裕を持って散策するのが吉。【関西 [全文を読む]

フォーカス