マンション 大成建設に関するニュース

新築マンション発売24年ぶり低水準の断末魔

プレジデントオンライン / 2017年02月16日09時15分

■リーマン・ショック後と同じ「動き」 マンション専業ゼネコンの長谷工コーポレーションが最近、デベロッパーの無理難題に頭を悩ませている。「施工費を引き下げてくれないか」というのだ。正式に契約する前の物件の話しならわかる。しかし、そうではない。いったん契約して建設も始まっているにもかかわらず、「5%から10%引きを平気で言ってくる」という。 実は、こういったゼ [全文を読む]

相鉄線二俣川駅直結・免震タワーレジデンス「グレーシアタワー二俣川」2016年7月16日(土)モデルルームがグランドオープン。プロジェクト発表会には約1,000組超が参加

PR TIMES / 2016年07月12日09時30分

相鉄グループの相鉄不動産株式会社(本社・横浜市西区、社長・杉原正義)と三井不動産レジデンシャル株式会社(本社・東京都中央区、社長・藤林清隆)、野村不動産株式会社(本社・東京都新宿区、社長・宮嶋誠一)では、相鉄線二俣川駅(横浜市旭区)南口で推進している「二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業」区域内の分譲マンション「グレーシアタワー二俣川」のモデルルームを2 [全文を読む]

売上高2兆円突破の大和ハウスが力を入れるスマートタウン

NEWSポストセブン / 2014年01月28日07時00分

出演する役所や古田、上野樹里らが紹介するのは戸建住宅やマンション、海外の工業団地など同社の多様なビジネスだ。 2013年3月期に同社はハウスメーカーとして初めて売上高2兆円を突破。中期経営計画の目標を1年前倒しで達成し、鹿島建設や大成建設などスーパーゼネコンの売上高をも上回った。これを受け昨年秋、2016年3月期に売上高2兆8000億円・営業利益1700億 [全文を読む]

東京五輪に沸く株式市場、ストップ高・年初来高値更新銘柄を整理…意外な注目銘柄も

Business Journal / 2013年09月11日07時00分

不動産関連では、投資用マンションの陽光都市開発(JQ)が33.11%上昇でストップ高。中国の富裕層が投資目的で購入するという材料で買われたが、こういう材料株は長続きするかどうか疑問だ。 羽田空港ターミナルビルの家主である日本空港ビルデングは8.36%上昇し、年初来高値更新。羽田空港の国際線の増加に加え、五輪開催で利用者増が大きく見込めることから業容拡大に [全文を読む]

五輪で繁忙、建設業は「週休2日」すら取れない 工事現場の「ホワイト化」目指し業界が団結

東洋経済オンライン / 2017年04月10日08時00分

マンション工事は特にきつい [全文を読む]

総工費は北京五輪の5倍 新国立競技場の馬鹿アーチやめとけ

NEWSポストセブン / 2015年06月29日16時00分

「見積もりがここまで高騰したのは、巨大なアーチを支えるために本来必要のない高層マンション並みの高度な免震構造を導入しなければならなくなったからだと聞いています」 確かに新国立には免震構造を採用することが発表されているが、これは本来必要ないものだという。大手ゼネコンに勤める免震構造の専門家が明かす。 「東京ドームや福岡ドームなど国内のスタジアムでも高層マン [全文を読む]

建設バブルでゼネコン不況?人手不足と労務費上昇深刻化で各社減益、公共工事入札不調も

Business Journal / 2014年03月17日01時00分

東日本大震災からの復興事業やアベノミクスの一環である国土強靭化計画による公共工事に加え、景気回復の波を受けて民間でもビルやマンションの建設計画が相次いでいるためだ。2020年に開催される東京五輪特需がこれに加わる。 だが、現実には建設バブルを手放しで喜んではいられない状況が続く。建設現場の人手不足が一段と深刻になってきたからだ。東日本大震災の復旧工事や公共 [全文を読む]

NTT都市開発ら5社による『はぐむHILLS「ウェリス稲毛」プロジェクト』出会いの“きっかけ”を提供するプログラム『はぐむクラブ』を導入!

PR TIMES / 2012年12月07日09時41分

~大規模マンションで“ピザ窯”を活用したコミュニティプログラムを実施~ 大規模マンションの人付き合いの理想「ほどよいつながり」を実現『はぐむHILLS「ウェリス稲毛」プロジェクト』幸せな出会いを育む“きっかけ”を提供するプログラム『はぐむクラブ』導入!NTT都市開発株式会社、大和ハウス工業株式会社、大成建設株式会社、新日本建設株式会社、三信住建株式会社の事 [全文を読む]

フォーカス