小説 贖罪に関するニュース

被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

ニューズウィーク日本版 / 2015年12月14日15時27分

驚くべきことに、自らが引き起こした事件を小説にしたいというのである。この発想は「元少年A」に酷似しているが、事実、彼はのちに「酒鬼薔薇聖斗」からの影響を認めている。「おもしろい小説を書きたいので、ふざけた小説にするつもりです。ですから永谷様が読むとあまりの内容に憤死してしまうでしょう。ですから永谷様は読まないほうがいいでしょう。誰にどう思われようと、僕が小 [全文を読む]

三上博史が激白!「現場では常に頭がおかしくなる」

Movie Walker / 2015年01月19日20時22分

原作は、「さよならドビュッシー」の中山七里の同名小説で、生きる意味や贖罪の意味を問う法廷ミステリーだ。三上が演じたのは、過去に殺人を犯したという異色の経歴をもつ、不敗の弁護士、御子柴礼司役。「ヒントをもらおうと、監督と一緒に地裁や最高裁をいくつか見に行きましたが、法廷という場がものすごく面白かったです。これから趣味のように傍聴しにいきたい」と語った。 『 [全文を読む]

三上博史が視聴者にお願い!「まだやれると言って」

Smartザテレビジョン / 2015年01月20日12時27分

「弁護士のスタイルとかしぐさとか物言いとか、参考になることがまったくなかったですね」とおどけながらも、「小説を100冊読むより、(裁判所に行った方が)面白い。事件の断片から概要が分かるまで時間がかかって、こういうことを言っていいのか分からないけど、まるでミステリーであり大娯楽作品でした。今後は趣味のように傍聴しに行きたい」と収穫もあったことを明かした。 ド [全文を読む]

「連続ドラマW 贖罪」 東京ドラマアウォード2012において優秀賞と演出賞を受賞!

PR TIMES / 2012年10月23日09時19分

「連続ドラマW 贖罪」は、湊かなえの同名小説を、小泉今日子、蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴、香川照之ほか豪華キャストで映像化したもので、連鎖する悲劇を5人の女性の視点で描き、人間誰もが隠し持つ毒や心の闇を描ききった作品です。 この作品は国際的にも高い注目を集めており、ドラマとしては極めて異例ながら、第69回ヴェネチア国際映画祭をはじめとして主要な [全文を読む]

連続ドラマW「贖罪」 第69回ヴェネチア国際映画祭正式招待作品に決定!

PR TIMES / 2012年07月27日09時12分

2012年1月放送の本作は、デビュー作「告白」文庫版が200万部を突破し、映画も大ヒットを記録した湊かなえの3作目の小説を連続ドラマ化(全5話)したものです。連鎖する悲劇を5人の女性の視点で描き、人間誰もが隠し持つ毒や心の闇を描ききった作品は、またも世に衝撃を与えました。脚本・監督:黒沢清、主演:小泉今日子、出演:蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴、 [全文を読む]

日本最大級の公募新人賞「第23回電撃大賞」受賞作品決定! 5年連続小説部門《大賞》に2作品が輝く!!

PR TIMES / 2016年10月08日10時48分

アスキー・メディアワークス 株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークスが主催する公募新人賞「電撃大賞」は今年23回を迎え、小説部門の「電撃小説大賞」、イラスト部門の「電撃イラスト大賞」、コミック部門の「電撃コミック大賞」に応募総数5,803作品が寄せられました。厳正な選考の結果、 5年連続小説部門で2作品が《大賞》を受賞しました。[画像: htt [全文を読む]

dTVが「下町ロケット」など話題のドラマを配信!

Smartザテレビジョン / 2015年11月14日00時06分

15日(日)に追加となるタイトルは、中小企業が大企業に抗い奮闘する様子を描いた池井戸潤の直木賞受賞小説を映像化した「下町ロケット」('11年)や、人間誰もが隠し持つ毒や心の闇を登場する5人の女性の視点でそれぞれ描き、ヴェネチア国際映画祭で上映された「贖罪(しょくざい)」('12年)のほか、「レディ・ジョーカー」('13年)など、国内外で定評のある全14作 [全文を読む]

作家になりたいと語っていた少年A 18歳で書いた小説の内容

NEWSポストセブン / 2015年06月22日07時00分

本誌2001年3月9日号『全文掲載 18歳・酒鬼薔薇が綴った「700字小説」』で明かしたエピソードである。森氏が振り返る。 「当時から際だって表現欲求が旺盛でした。ただし、私が彼に会った14年半前にはすでに彼の中にいた魔物はおらず、“抜け殻”のような印象がありました。 たしかに私は彼に“小説を書いたらどうか”と勧め、彼はその約束を守って今回の本を書いたのか [全文を読む]

連続ドラマW「贖罪」 トロント国際映画祭ほか主要国際映画祭での上映が続々決定!

PR TIMES / 2012年08月14日19時07分

【お問い合わせ先】(マスコミ関係)広報部 TEL03(4330)8080(IR関係)IR経理部 TEL03(4330)8089【連続ドラマW「贖罪」について】出演:小泉今日子、蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴、香川照之ほか脚本・監督:黒沢清 音楽:林祐介原作:湊かなえ(東京創元社刊) デビュー作「告白」文庫版が200万部を突破し、映画も大ヒットを記録 [全文を読む]

「リバース」に窪田正孝と杉咲花が出演!あの役を再び

Smartザテレビジョン / 2017年05月27日06時00分

毎週金曜夜10時から放送中の金曜ドラマ「リバース」(TBS系)に、湊かなえワールド“経験者”の窪田正孝と杉咲花の出演が決定した!同ドラマは、“イヤミス(読んで嫌な気分になるミステリー)の女王”湊かなえの同名小説が原作。湊作品は女性が主人公であることが多いが、本作では男性が主人公。友情、贖罪、美しき愛の物語で、ミステリーとともにそれぞれの人間模様が描かれてい [全文を読む]

シェネル「リバース」主題歌がランキング急上昇、待望のフル配信スタート

dwango.jp news / 2017年04月28日10時38分

『告白』『Nのために』『白ゆき姫殺人事件』などで、小説、映像化作品ともにファンの心を掴んで離さない湊かなえ作品。今回は長編小説では初めての男性が主人公となっており、最後まで目が離せないストーリーとなっている。なかでも、主人公の深瀬和久役の藤原竜也の圧倒的な存在感が画面を覆っている。これまでのイメージとは一見違う、さえないサラリーマンを演じる藤原竜也が、新た [全文を読む]

【4月新ドラマ相関図(2)】貴族が、マッサージ師が事件を解決!? ミステリー・サスペンスドラマ編

Smartザテレビジョン / 2017年04月08日08時00分

相葉雅紀が貴族に扮する「貴族探偵」など、ミステリー・サスペンス4作品の人間関係が一目で分かる相関図とストーリーを紹介! ■ 前代未聞の探偵が登場!「貴族探偵」 相葉雅紀主演で、麻耶雄嵩の同名小説シリーズをドラマ化。殺人事件のトリックを破るべき主人公が推理をしないという、既成概念を打ち砕いた前代未聞のミステリー。主人公は年齢や住所、本名も不明の貴族探偵(相葉 [全文を読む]

湊かなえ『リバース』が藤原竜也主演でドラマ化決定!

Entame Plex / 2017年02月13日06時00分

ベストセラー作家・湊かなえの小説『リバース』が、TBS系4月期金曜ドラマ枠でドラマ化されることが決定した。主人公・深瀬和久を演じるのは、圧巻の演技力と唯一無二の存在感でジャンル問わず多くの作品で主演をつとめてきた藤原竜也。TBSの連続ドラマは『おじいちゃんは25歳』(2010年)以来、実に7年ぶりの出演となる。ダークヒーローや個性的なキャラクター等、力強く [全文を読む]

"自身の集大成”と語る傑作ミステリ!長岡弘樹著『白衣の嘘』9月30日(金)発売!命を懸けた医療現場で交錯する人間の本性を鮮やかに描いた、珠玉の六編

PR TIMES / 2016年09月29日17時21分

短編冊子には、文芸誌「小説 野性時代」掲載短編を改稿した一編(タイトル未定)を収録。[画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2703/resize/d7006-2703-739491-0.jpg ][表: http://prtimes.jp/data/corp/7006/table/2703_1.jpg ]本作『白衣の嘘』には、医療の [全文を読む]

WOWOW FILMS『岸辺の旅』第68回カンヌ国際映画祭正式出品決定!

PR TIMES / 2015年04月16日20時30分

本作は、2010年に発表された湯本香樹実の同名小説『岸辺の旅』を原作に映画化した作品です。主演を務めるのは、映画『悪人』で第34回モントリオール世界映画祭最優秀女優賞を受賞した深津絵里と、映画『マイティ・ソー』でハリウッド映画デビューを果たし、『私の男』で第36回モスクワ国際映画祭最優秀男優賞を受賞した浅野忠信。日本映画界を代表する2人の実力派俳優が、初 [全文を読む]

「オリジナルを書くよりも緊張」「書いているほうはおっかなびっくり」…5作のオマージュを収録する競作集『みんなの少年探偵団』発売!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月09日12時00分

2007年、第29回小説推理新人賞を受賞、『告白』でデビュー。09年同作で第6回本屋大賞、12年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。著作に『贖罪』『Nのために』『白ゆき姫殺人事件』など多数。近刊『物語のおわり』。万城目学まきめ・まなぶ●1976年、大阪府生まれ。2006年、第4回ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビ [全文を読む]

WOWOW FILMS最新作『岸辺の旅』2015年公開決定!

PR TIMES / 2014年06月19日14時35分

原作は、2010年に発表された湯本香樹実の同名小説『岸辺の旅』(文藝春秋刊)。映画『悪人』で第34回モントリオール世界映画祭最優秀女優賞を受賞した深津絵里と、『マイティ・ソー』でハリウッド映画デビューを果たした浅野忠信という国際的に活躍する2人が、究極の夫婦愛を演じます。また、『トウキョウソナタ』、『贖罪』で世界的に高い評価を得ている名匠・黒沢清が監督を [全文を読む]

謎を残して逝った小野田寛郎さん

クオリティ埼玉 / 2014年02月03日02時06分

帰国後、新聞記者になり、戦争中の体験をもとに長編小説『日本工作人』を書き、1958年上期と下期の直木賞候補作となったのをはじめ、1956年から64年にかけて、芥川賞に2回、直木賞に6回も候補となった。受賞にはいたらなかったが、特に直木賞の歴史において津田さんの名はよく知られている。 当時は新聞社を辞め、小説からも離れ、週刊誌や月刊誌のアンカー(取材原稿をも [全文を読む]

瀧本美織「ほんわかするいい話なのかなと思っていたら、ホラーテイスト。私好みでした(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月08日12時40分

瀧本美織さんの写真や関連情報を含む記事はこちら 「昔はファンタジーとか、夢があってほっこりするようなお話が好きだったんですけど、最近はゾクゾクするような小説ばかり読んでいる気がします」 きっかけは、湊かなえの『告白』だ。「語り手が変わっていく連作短編」という構成にも興味を惹き付けられたという。 「一つの事件がいろんな登場人物の口から語られるというスタイル [全文を読む]

フォーカス