三浦知良 岡田武史に関するニュース

奥大介氏の追悼試合のメンバーが決定!!中田英氏や俊輔らが出場へ

ゲキサカ / 2014年12月18日16時24分

以下、出場予定選手 【Jアミーゴス】 ▽ジュビロ磐田ゆかりの選手 DF鈴木秀人 DF田中誠 DF山西尊裕 DF井原正巳 DF久藤清一 MF服部年宏 MF名波浩 MF平野孝 MF熊林親吾 MF三浦文丈 FW中山雅史 FW前田遼一 FW武田修宏 ▽日本代表ゆかりの選手 GK都築龍太 GK下田崇 DF森岡隆三 MF中田英寿 MF山田暢久 MF中田浩二 MF稲本 [全文を読む]

カズはラモス監督、ヤス監督、岡田武史氏を指名…香川指名“氷水チャレンジ”敢行

ゲキサカ / 2014年08月22日14時43分

横浜FCのFW三浦知良が『アイス・バケツ・チャレンジ』に挑戦。横浜FCの公式facebookに氷水をかぶる動画を公開した。 難病である筋委縮性側策硬化症(ALS)の認知度を高め、闘病を支援する目的で始まったチャリティーキャンペーン『アイス・バケツ・チャレンジ』。指名された人は、「氷水をかぶるか、ALS協会へ寄付するか」を選択。氷水をかぶった場合は、その様子 [全文を読む]

代表落ちから16年 カズVS岡田武史氏の視聴率対決の軍配は

NEWSポストセブン / 2014年05月24日16時00分

予選途中から不調におちいっていたカズこと三浦知良(当時31)が、本番直前にまさかの代表落ちとなったのだ。 Jリーグブームを牽引し、日本代表のエースとして誰もが知る存在だっただけに、この選考は波紋を呼んだ。あれから16年の歳月が流れ、カズはいまだにW杯出場の夢はかなわぬも現役を続け、岡田武史氏は2010年の南アフリカ大会で監督として2度目のW杯出場を果たし、 [全文を読む]

カズW杯メンバー落選から19年…1998年フランスW杯出場22人の現在

サッカーキング / 2017年06月02日07時00分

スーパースター・三浦知良(当時・ヴェルディ川崎)が置いてきた“魂”を胸に秘めて、ヒノキ舞台に立つ権利を得た戦士たちはの今現在を追った。(所属クラブは当時のもの)■GK 1 小島伸幸(ベルマーレ平塚)2005シーズンを最後に、J2ザスパ草津(現ザスパクサツ群馬)で現役引退。GK出身者では初のJFAアンバサダーを務め、解説者としてもGK目線に立った独自の分析と [全文を読む]

横浜FC、岡田オーナーのJFL今治と練習試合で2-3敗戦

ゲキサカ / 2017年02月11日16時36分

なお、今治のクラブ公式ツイッター(@FCimabari)が投稿した写真によると、8日のC大阪との練習試合で左足親指を痛めたFW三浦知良は、11日と12日はグラウンドでのトレーニングは実施しないとのことだ。 ●2017シーズンJリーグ全クラブ練習試合 [全文を読む]

J2開幕日に50歳を迎えるカズ、左足親指を負傷するアクシデント

ゲキサカ / 2017年02月08日22時43分

横浜FCはFW三浦知良が2トップの一角で先発出場。前半のみでベンチに下がったが、試合後、報道陣の取材に「60分から70分は出る予定だったけど、接触で左足の親指を切って、打撲があった。交代は残念」と明かした。 「スパイクが破れていて、出血もあった。出血の周りが青く腫れていたので、アイシングしてどこまで腫れが引くか」。チームは11日に元日本代表監督の岡田武史氏 [全文を読む]

本田外しの決断、精神的支柱…侍ジャパンがサッカー日本代表に学ぶべきこと

デイリーニュースオンライン / 2016年11月19日14時03分

いや、1998年のワールドカップ・フランス大会の最終メンバーから三浦知良(当時ヴェルディ)を外したのは日本人の岡田武史監督だった。重要な局面で大きな決断をする。これをサッカーの代表監督はやってのける。 過去の侍ジャパンを見ると2009年の第2回WBCでイチロー(当時マリナーズ)は不振だった。第1ラウンドの韓国戦で3安打を放ったものの、決勝ラウンドに進むまで [全文を読む]

田中将大連投や野人・岡野起用の意外な真実

Smartザテレビジョン / 2016年08月25日12時00分

そんな中、後半18分、岡田は2トップの中山と三浦知良を同時にベンチに下げる選択をする。「最初は城(彰二)を入れようと呼びに行ったときに『ちょっと待て』と思った」と語る岡田は、なぜエース・カズを含め2トップ総入れ替えを決断したのか、真実を解き明かす。 その後、交代出場した城のゴールで追いついた日本。延長戦に突入し、ベンチにはここまで最終予選未出場の俊足フォ [全文を読む]

岡田武史オーナーのFC今治、元日本代表DF市川とDF山田の退団を発表

ゲキサカ / 2015年11月28日09時07分

同年開催されたフランスW杯には、FW三浦知良(現横浜FC)、MF北澤豪(現解説者)とともに直前でメンバーを外れた。02年の日韓W杯ではメンバー入りを果たし、ベスト16進出に貢献した。 下部組織から昇格した清水エスパルスでは2010年まで13年間プレー。その後、ヴァンフォーレ甲府や水戸ホーリーホック、藤枝MYFCを渡り歩いた。Jリーグ通算で379試合に出場し [全文を読む]

「外れるのは市川」から17年…岡田氏が市川大祐を獲得

ゲキサカ / 2015年07月27日13時27分

しかし同年開催されたフランスW杯には、FW三浦知良(現横浜FC)、MF北澤豪(現解説者)とともに直前でメンバーを外れた。特にカズが外れたことで、この発表の場面は現在に至るまで何度も映像として流れることになった。あれから17年、岡田氏は市川を自チームに呼び寄せた。 クラブレベルでは清水の下部組織から高校時代に飛び級昇格。清水には2010年まで在籍し、一時代 [全文を読む]

カズが2ゴールでカズダンス2度披露、岡田監督はマッチアップして羽交い絞め

ゲキサカ / 2015年01月17日17時07分

FW三浦知良の2ゴールなどによって、KOBE DREAMSが3-2で勝利した。 先制点が決まったのは前半40分、KOBE DREAMSがキム・ドフンのループシュートの跳ね返りを、栗原圭介が押し込み試合を動かす。 後半に入ると、JAPAN STARSは背番号58を付けた岡田武史監督自らがピッチに登場。するとKOBE DREAMSの永島昭浩監督は、すかさずカズ [全文を読む]

阪神大震災20年チャリティーマッチ、FW鈴木隆行と中田浩二氏の出場決定!

ゲキサカ / 2015年01月08日21時45分

以下、1月8日現在の出場予定選手 【KOBE DREAMS】 監督 永島昭浩 コーチ 和田昌裕 GK 石末龍治 GK 徳重健太 GK 紀氏隆秀 DF 平野孝 DF 三浦淳寛 DF 土屋征夫 DF 吉村光示 DF 菅原智 DF 宮本恒靖 DF 朴康造 DF 近藤岳登 DF 北本久仁衛 MF 岡野雅行 MF 栗原圭介 MF 遠藤彰弘 MF 藪田光教 MF 吉 [全文を読む]

阪神大震災20年チャリティーマッチ開催…カズや俊輔ら豪華競演

ゲキサカ / 2014年11月28日21時34分

以下、参加選手およびスタッフ 【KOBE DREAMS】 ▼監督 永島昭浩 ▼コーチ 和田昌裕 ▼GK 石末龍治 紀氏隆秀 徳重健太 ▼DF 宮本恒靖 吉村光示 土屋征夫 菅原智 北本久仁衛 三浦淳寛 平野孝 朴康造 近藤岳登 ▼MF 遠藤彰弘 佐伯直哉 吉田孝行 藪田光教 岡野雅行 栗原圭介 ▼FW 三浦知良 平瀬智行 和多田充寿 播戸竜二 【JAPA [全文を読む]

ザックJAPAN「本田VS川島」の派閥バトルが勃発?(1)理想派と現実派に分かれている

アサ芸プラス / 2014年05月15日09時57分

サッカージャーナリストの渡辺達也氏は、 「移動のバスで、本田はいちばん後ろの左サイド、通称『キングシート』と言われる席に座ります」 「キングシート」とはもちろん、キングカズ・三浦知良(47)がかつて日本代表時代に陣取った「指定席」。本田もみずから、チームの王様であることをアピールしているのだろう。さらに日本サッカー協会関係者は、本田が陰の実権者であることを [全文を読む]

闘莉王「ザックが日本代表に招集しない“本当の理由”」

アサ芸プラス / 2013年10月30日09時59分

過去のW杯の日本代表を見ても、三浦知良と中田英寿、中村俊輔と本田は共存できなかった。ポジションこそ2組とは違うが、チームへの影響力を考えると火種になりかねない。ただでさえ、守備陣に負担のかかる戦術でありながら、ザックが『攻撃陣の守備の負担を減らしたい』と話した時、闘莉王の再招集は消えたと確信しました」(サッカージャーナリスト) その気性の激しさはW杯南アフ [全文を読む]

フォーカス