新潟県 燕に関するニュース

高品質なギフトグッズを販売する「堪能や」では5月9日より新潟県燕市の日本製ハウスウェアブランド「燕三/ENZO」の販売を開始しました。

DreamNews / 2017年05月09日10時00分

厳選された高級名入れ商品の「堪能や」を運営する株式会社クリップス(所在地:東京都新宿区)では5月9日より新潟県燕市の日本製ハウスウェアブランド「燕三/ENZO」の販売を開始しました。厳選した名入れ商品を販売している『堪能や』を運営する株式会社クリップス(所在地:東京都新宿区)では新潟県燕市の日本製ハウスウェアブランド「燕三/ENZO」の販売を開始しました。 [全文を読む]

新潟県燕市産ブランド米を使用した老舗味噌蔵の「甘酒」、発売から1週間で販売本数1,000本突破

@Press / 2017年05月09日11時00分

1771年の創業以来醸造業を営み、現在では味噌・味噌漬を中心に製造・販売をおこなう越後味噌醸造株式会社(所在地:新潟県燕市、代表取締役社長:木龍 康一、以下 越後味噌醸造)は、2017年4月20日(木)に発売した新潟県燕市産ブランド米「飛燕舞」使用のノンアルコール『甘酒』(500ml 864円(税込))が、1週間で販売本数1,000本を超えたことをお知らせ [全文を読む]

新潟県を旅した人が選んだ「旅めしランキング」 1位は断トツの・・・

IGNITE / 2015年06月28日21時07分

「楽天トラベル」は、新潟県に宿泊した方を対象にアンケートを実施し、その結果を元に「新潟県を旅した人が選ぶ!新潟県・旅めしランキング」を発表した。 2015年3月に開業した北陸新幹線の新駅や、妙高戸隠連山国立公園の誕生など、ゴールデンウィーク以降多くの観光客で賑わう新潟県。日本一の米どころとしても知られる新潟県で、圧倒的な支持を集め1位に輝いた旅めしは……? [全文を読む]

今年も「工場の祭典」の季節到来、コウバ(工場、耕場、購場)を一般開放

TABROOM NEWS / 2016年10月05日23時18分

2016年10月6日(木)から10月9日(日)までの4日間 、新潟県・燕三条地域にて「第4回 燕三条 工場の祭典」が開催されます。 「燕三条 工場の祭典」は、2013年に初開催されて以降、毎回1万人を超える来場者で賑わうものづくりイベント。金属加工が盛んな燕三条全域を開催エリアとして工場78社に加え、「農業」を営む「耕場(KOUBA)」13社、「購買」に携 [全文を読む]

販売1週間から1,000本販売!! 新潟県燕市を中心に大人気。老舗味噌蔵の甘酒。

Digital PR Platform / 2017年05月08日09時00分

販売1週間から1,000本販売!! 新潟県燕市を中心に大人気。老舗味噌蔵の甘酒。 越後味噌醸造株式会社(以下:越後味噌醸造)は1771年の創業依頼、醸造業を営んでおります。 現在では味噌・味噌漬を中心に製造・販売をおこなっておりますが、4月20日(木)【甘酒 500ml 864円(税込)】の販売を開始しました。 新潟県燕市産ブランド米《飛燕舞》を使用し農商 [全文を読む]

大日本市博覧会の次の巡回先は金属加工の街・燕三条!「新潟博覧会」開催

TABROOM NEWS / 2016年10月05日23時05分

「燕三条 工場の祭典」と同時開催 2016年10月6日(木)から10月9日(日)までの4日間、新潟県三条市の「三条ものづくり学校」にて大日本市博覧会 第四回「新潟博覧会」が開催されます。 日本の工芸をベースとした雑貨メーカー・中川政七商店が300周年を記念し1年間をかけて全国5地域で開催している地元の工芸を地元の人々に楽しく知ってもらうためのイベント。9月 [全文を読む]

開け、工場!第4回「燕三条 工場の祭典」10月6日(木)- 9日(日)

PR TIMES / 2016年10月05日14時23分

新潟県燕三条地域の企業が一斉に工場を開放する、年に1度のイベント「燕三条 工場(こうば)の祭典」が2016年10月6日(木) - 9日(日)の4日間にわたり開催されます。「燕三条 工場の祭典」は2013年にスタートし、開催4回目を迎える2016年は96拠点の工場を開放いたします。日本を代表する産地で多種多様な製品を産み出している燕三条地域の「工場(KOUB [全文を読む]

コーヒー器具メーカー『Kalita』が、新潟県燕市の企業とコラボ。地域ブランド『Made in TSUBAME』認定の新製品をリリース。

PR TIMES / 2015年09月28日11時59分

長年にわたってメイドインジャパンのものづくりにこだわり続けてきた『Kalita(カリタ)』が、 洋食器の産地として名高い新潟県燕市の企業とコラボレーション。 燕市が誇る金属加工技術の結晶とも言える新作ウェーブドリッパーを中心とした新製品を発売します。また、2015年9月30日(水)~10月2日(金)に東京ビックサイトで開催される『SCAJ2015』にて、新 [全文を読む]

新潟・燕三条のファクトリーを一斉開放、ものづくりの現場を見学・体験できる「工場の祭典」

FASHION HEADLINE / 2015年07月03日19時00分

新潟県・燕三条地域の工場で、ものづくりの現場を見学・体験出来るイベント「燕三条 工場の祭典」が、10月1日から4日まで開催される。 13年にスタートした「燕三条 工場の祭典」は、新潟県・燕三条地域の企業が一斉に工場を開放し、年に1回開催されるイベント。期間中は工場で働く職人たちと気軽に触れ合い、ものづくりの現場を見学出来る他、実際にものづくりを体験できるワ [全文を読む]

背脂ラーメンから農家レストランまで!バラエティ豊かな新潟の食を味わうスポット3つ

サライ.jp / 2016年11月05日17時00分

「うまさぎっしり新潟」のキャッチフレーズで観光推進を展開している新潟県。多彩な表情を持つ新潟の、訪ねてみたい魅力的なスポットを、4回にわたりご紹介します。 第4回は、新潟の豊かな恵みを存分に感じることができる、風土を意識したご当地グルメスポットをご紹介します。県民が慣れ親しんだ味、新しく生まれる味……、体が喜ぶ食を楽しみました。 ■1:燕背脂ラーメン 新潟 [全文を読む]

新潟県燕三条のものづくり現場を見学・体験できる年に1度の「工場の祭典」、今年は800年続く米農家なども参加

FASHION HEADLINE / 2016年08月16日16時00分

新潟県燕三条地域の名だたる企業が一斉に工場を開放し、ものづくりの現場を見学・体験できる年に1度のイベント「燕三条 工場の祭典」が、10月6日から9日まで開催される。 小規模な企業が刃物や金属洋食器などの金属製品を中心に、世界に誇る多種多様な製品をつくり出す新潟県燕三条地域。今年で4回目を迎える同イベントでは、78社の「工場(KOUBA)」と14社の「耕場( [全文を読む]

【東京で味わう地方グルメ】新潟名物の燕三条背脂ラーメンを都内で味わえるお店、蒲田「ラーメン潤」

GOTRIP! / 2015年10月07日03時42分

実は全国でも屈指のラーメン激戦区である新潟県。人口10万人当たりのラーメン店軒数は堂々の全国4位で、”新潟5大ラーメン”と呼ばれる5系統のラーメンがあることで有名です。 そのうちの一つが「背脂ラーメンの元祖」と呼ばれる、燕三条背脂ラーメン。 燕三条背脂ラーメンの特徴は、 ・表面を覆う大量の背脂 ・うどんのような極太麺 ・やや濃い目の醤油味 という3点。 こ [全文を読む]

今年も工場の扉が開かれる! 第3回「燕三条 工場の祭典」は68拠点が参加

TABROOM NEWS / 2015年09月28日13時32分

2015年10月1日(木)~4日(日)の4日間、新潟県三条市・燕市にて第3回「燕三条 工場の祭典」が開催されます。 本イベントは金属加工の産地である新潟県燕三条地域のメーカーが年に一度、「開け、工場!」をテーマに一斉に工場を開放する企画。普段関係者以外立ち入ることのない工場の扉が開かれ、各工場で見学やワークショップなどが開催される4日間は開催初年度から大反 [全文を読む]

単一ブランド日本最大級の来店型保険ショップ『保険クリニック』燕三条店にて 『IQ(いっきゅう)くん』号 が完成、9/15に初お披露目

PR TIMES / 2012年09月13日15時18分

来店型保険ショップ『保険クリニック』(全国159店舗 2012年8月末現在)を展開し、総合保険コンサルティングサービスを行う株式会社アイリックコーポレーション(本社:東京都文京区 代表取締役:勝本竜二)と株式会社エフピーエム(本社: 新潟県三条市 代表:小林幹扶)は、地域の皆様に保険クリニックをより身近に感じて頂くために、保険クリニックキャラクターの『IQ [全文を読む]

B級グルメとゆるキャラばかりの「地方創生」に欠けているもの

文春オンライン / 2017年05月30日07時00分

燕三条の製作所×アート×リサイクル=? 新潟県に燕三条といわれるエリアがある。行政的には燕市と三条市に分かれ、両市合わせて約17万人の人口を数える県内の中核都市のひとつである。このエリアは江戸時代から金属加工の街として栄え、現在でもはさみ、爪切りなどの刃物、金属製の洋食器などで世界的な認知度を誇る。 これらの工場は、今では一般の見学者にも広く開放され、諏 [全文を読む]

江戸以来の金属加工の技に脱帽!新潟・燕市のモノづくりの歴史を体感できるスポット3つ

サライ.jp / 2016年11月02日17時00分

「うまさぎっしり新潟」のキャッチフレーズで観光推進を展開している新潟県。多彩な表情を持つ新潟の、訪ねてみたい魅力的なスポットを、4回にわたりご紹介します。 第1回のテーマは、メイドインニッポンを支える燕市のモノづくりです。和釘づくりに端を発するといわれる燕市のモノづくりの歴史は江戸時代にさかのぼります。 伝統の鎚起(ついき)銅器や刃物、そして銅板のしおりづ [全文を読む]

介護業界向け「経営者が考えるべき人材難対策と人材定着」セミナー2016年2月10日(水) 13:30~16:00@新潟県三条市

PR TIMES / 2016年02月09日12時21分

【開催概要】◆日時 :2016年2月10日(水) 13:30~16:00(13:00受付開始)◆会場 :燕三条地場産業振興センター リサーチコア 6F研修室4 新潟県三条市須頃1丁目17番地◆交通 :JR上越新幹線燕三条駅(燕側出口) 徒歩5分 北陸自動車道三条燕インターチェンジ 車で5分◆講演者 :株式会社ビジテラス 代表取締役 本田 新也 株式会社あし [全文を読む]

URBAN RESEARCH DOORSがKalitaの新作アイテムをいち早くご紹介!

PR TIMES / 2015年11月25日10時21分

『Made in TSUBAME』とは、洋食器の産地として名高い新潟県燕市の企業とコラボレーションし、 燕商工会議所が定めた基準をクリアして選ばれた製品のみが名乗ることができる技術と品質の証です。 日本はもとより世界中で燕製品が愛用されています。 燕市が誇る金属加工技術の結晶とも言える新作ウェーブドリッパーを中心とした製品が長年にわたって メイドインジャ [全文を読む]

プロも愛用する「燕三条」の金物を高速道路で

Walkerplus / 2015年09月04日14時26分

新潟県・三条市は金物の製造が盛んで、昔ながらの伝統の技と先進技術が調和する金属産業都市。お隣の燕市も江戸時代から金属加工産業を行っていて、金属洋食器の産地として有名だ。栄PAでは、この“ものづくりのまち”燕三条の匠の技が光る洋食器、刃物、工芸品「燕三条金物」の展示・販売に力を入れている。燕三条の金物は、繊細でありながら丈夫で、包丁やフライパンなどのキッチ [全文を読む]

ガンダム×日本の匠 ガンダム35周年特別企画 『Gundam バーニアタンブラー チタニウム』をプレミアムバンダイで予約受付開始

@Press / 2014年11月13日11時00分

―確かな品質の保証―新潟県燕市で生産された優れたデザイン・品質の商品に対して、燕商工会議所が審査・認証を行い、許可を得た物だけが燕のロゴマークの使用が許されています。 [全文を読む]

フォーカス