後藤又兵衛 黒田官兵衛に関するニュース

『後藤又兵衛〜黒田官兵衛に最も愛された男〜 第2巻』刊行のお知らせ

@Press / 2015年02月25日10時00分

株式会社リイド社(所在地:東京都杉並区、代表取締役社長:斉藤發司)は、かわのいちろう著『後藤又兵衛〜黒田官兵衛に最も愛された男〜 第2巻』を刊行いたします。 ■概要:大河ドラマでも活躍し、注目を集めた、後藤又兵衛を描く最新刊(完結編) 2014年大河ドラマ『軍師官兵衛』でも活躍した、後藤又兵衛基次。武勇に優れたエピソードを多く遺した又兵衛は、戦国ファンの間 [全文を読む]

「真田丸」で注目!“名将・後藤又兵衛”は哀川翔そっくり!?

Smartザテレビジョン / 2016年10月24日19時25分

その「五人衆」の中でも、注目したいのは武将・後藤又兵衛。又兵衛は豊臣秀吉の天下取りを支えた軍師・黒田官兵衛に仕えた猛将。大坂の陣で真田信繁(幸村)の最大の理解者と言われた又兵衛がどんな活躍を見せるのか、今後の放送で気になるところだ。 後藤又兵衛の猛将ぶりを表す名言が「次勝てばそれでよし」。これは農民一揆の鎮圧に向かった又兵衛が、不覚にも一揆に破れてしまった [全文を読む]

「真田丸」哀川翔が終盤のキーマンに!

Smartザテレビジョン / 2016年02月28日21時00分

哀川が演じるのは物語終盤・大坂の陣で豊臣方の中心人物となる後藤又兵衛。 哀川が大河ドラマに出演するのは、'93年の「琉球の風」、'03年の「武蔵 MUSASHI」以来、これで3度目となる。 演じる後藤又兵衛は、元々は黒田官兵衛(如水)、長政親子に仕えた武将。官兵衛の死後、黒田家を出奔。牢人として過ごすが、大坂の陣が勃発すると豊臣勢に加勢し、牢人衆の筆頭格と [全文を読む]

【無料】歴史群像デジタルアーカイブス お試しキャンペーン「黒田官兵衛」「大坂の陣」「織田信長」関連各3タイトルを無料!!

PR TIMES / 2014年05月02日10時27分

■期間限定無料タイトル 第1弾「黒田官兵衛」特集 5月1日~5月7日 『黒田官兵衛の素顔』 『黒田家との深い宿縁で結ばれた「後藤又兵衛」』 『黒田官兵衛、一世一代の大博打「九州の関ヶ原」徳川家康との虚々実々』 第2弾「大坂の陣」特集 5月8日~5月14日 『真田幸村の築城・用兵術』 『大坂の陣・人物列伝「後藤基次・木村重成」』 『大坂の陣までの軌跡「家康 [全文を読む]

抜いただけでわかる刀のクオリティ──斬劇『戦国BASARA』のこだわりをキャストがアツく語る

ニコニコニュース / 2017年01月23日11時00分

すべての写真付きでニュースを読む 番組には、徳川家康役の中尾拳也さん、石田三成役の沖野晃司さん、伊達政宗役の眞嶋秀斗さん、真田幸村役の松村龍之介さん、後藤又兵衛役の汐崎アイルさん、黒田官兵衛役の伊藤裕一さんら6名のキャストが生出演。 それぞれが演じたキャラクターについて、その魅力や特徴を語ってくれた。ここでは、その内容をピックアップして紹介していこう。中尾 [全文を読む]

フォーカス