後藤又兵衛 真田丸に関するニュース

真田丸ロスまであと2話。幸村と共に闘った「五人衆」のその後は?

まぐまぐニュース! / 2016年12月07日04時30分

後藤又兵衛(ごとう・またべえ 1560年-1615年) 『真田丸』HP情報! ★インタビュー★五人衆の中でも特に幸村と意見を戦わせる後藤又兵衛。哀川翔さんが語る、又兵衛の心中とは!?https://t.co/43vrxaAXhm#真田丸 #後藤又兵衛 #哀川翔 — NHK大河ドラマ 真田丸 (@nhk_sanadamaru) 2016年11月6日 又兵衛 [全文を読む]

真田丸『第43話』裏解説。「籠城」作戦は本当に愚策といえるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月30日22時00分

後藤又兵衛や毛利勝永も、同じだったろう。 さて、豊臣家にとって、大坂の陣は後のない戦いだ。敗戦は、そのまま滅亡に直結する可能性が高い。だとしたら、「滅亡を回避すること」が、豊臣家首脳部の目的になる。ゆえに、失敗するリスクの大きい作戦は、採りにくい。とくに、実戦経験のない者や乏しい者は、「勝機をえるためにはリスクを取る必要がある」という原理を、飲み込みにくい [全文を読む]

「真田丸」で注目!“名将・後藤又兵衛”は哀川翔そっくり!?

Smartザテレビジョン / 2016年10月24日19時25分

その「五人衆」の中でも、注目したいのは武将・後藤又兵衛。又兵衛は豊臣秀吉の天下取りを支えた軍師・黒田官兵衛に仕えた猛将。大坂の陣で真田信繁(幸村)の最大の理解者と言われた又兵衛がどんな活躍を見せるのか、今後の放送で気になるところだ。 後藤又兵衛の猛将ぶりを表す名言が「次勝てばそれでよし」。これは農民一揆の鎮圧に向かった又兵衛が、不覚にも一揆に破れてしまった [全文を読む]

【真田丸】後藤又兵衛の壮絶な最期を記録した新史料が見つかる

しらべぇ / 2016年11月20日10時00分

哀川翔演じる後藤又兵衛は、主役である真田幸村に勝るとも劣らない人気を獲得しているようだ。自分なりの形の忠義を、荒々しく貫き通そうとするその姿はまさに「戦国武将」そのもの。「侍の鏡」とは、ああいう者を言うのかもしれないと思わせるほどだ。そんな又兵衛の最期に関する史料が、このほど発見された。■秀頼の脇差で最期を遂げる又兵衛は大坂夏の陣で幕府側の大軍と真正面から [全文を読む]

「真田丸」哀川翔が終盤のキーマンに!

Smartザテレビジョン / 2016年02月28日21時00分

哀川が演じるのは物語終盤・大坂の陣で豊臣方の中心人物となる後藤又兵衛。 哀川が大河ドラマに出演するのは、'93年の「琉球の風」、'03年の「武蔵 MUSASHI」以来、これで3度目となる。 演じる後藤又兵衛は、元々は黒田官兵衛(如水)、長政親子に仕えた武将。官兵衛の死後、黒田家を出奔。牢人として過ごすが、大坂の陣が勃発すると豊臣勢に加勢し、牢人衆の筆頭格と [全文を読む]

「真田丸」最終回は「最後まで諦めずに勝つつもり」で描かれる!

Smartザテレビジョン / 2016年12月14日17時00分

前回で後藤又兵衛は戦死してしまったが、彼らは最後まで同じ方向を見て戦うことができるのか? クセ者を見てきた幸村の手腕で勝利をつかめるか!? (其の四)豊臣中枢部の駆け引き「秀頼ついに戦場に立つ!?」 大坂城を取り囲まれても秀頼を戦場に立たせなかった茶々。その裏側には、秀頼を愛する気持ちと死への恐怖があるのは確か。豊臣家存続のために一丸となって徳川軍に戦いを [全文を読む]

きり(長澤まさみ)、予想以上のガッツリキスでついに報われる! 名言「黙れ、小童!」も飛び出した『真田丸』第49話「前夜」レビュー!!

おたぽる / 2016年12月13日23時00分

しかし、豊臣方の策はことごとく漏れており、塙団右衛門(小手伸也)、そして後藤又兵衛らが戦死。幸村は春(松岡茉優)を城から脱出させ伊達政宗(長谷川朝晴)に託す。一方、きりには「いざとなったら千姫を連れて秀忠の陣へ行け」と命じるのだった――というストーリーが展開された「前夜」。 どこから手をつけたらいいのか、悩んでしまうぐらい名シーンや見どころはあったが、最初 [全文を読む]

『真田丸』出演・哀川翔 現場でクワガタ捕まえる

NEWSポストセブン / 2016年10月23日07時00分

大坂の陣で豊臣軍の主力となった大坂牢人五人衆の1人で、真田幸村(堺雅人)の最大の理解者である後藤又兵衛(基次)を演じる哀川翔(55才)が、自身の演技や撮影現場のエピソードなどについて語った。――大河ドラマのオファーが来たのは、いつですか?哀川:昨年の秋くらいに、たまたま三谷(幸喜)さんとテレビの収録が一緒になる機会があって、「いい役だから大河やってよ、哀川 [全文を読む]

真田丸 中川大志が宣言『大坂の陣、絶対勝ちます』

Smartザテレビジョン / 2016年10月08日23時22分

さらに、イベントの途中には、石田三成役の山本耕史、大谷刑部役の片岡愛之助、福島正則役の深水元基、そして、今後の豊臣と運命を共にする後藤又兵衛役の哀川翔、明石全登役の小林顕作、塙団右衛門役の小手伸也らから寄せられた、ボイスメッセージが披露された。 特に、小日向からは、「秀頼のこと、くれぐれも頼む‥源次郎」と、秀吉そのものの声の演技でメッセージが届き、ゲスト [全文を読む]

注目の若手実力派作家・簑輪諒(みのわ りょう)最新作!「厄神」と呼ばれた、もう一人の真田幸村!大坂の陣「天下二番首」の男・御宿勘兵衛(みしゅくかんべえ)とは何者か?

PR TIMES / 2016年02月16日11時02分

[画像: http://prtimes.jp/i/7512/322/resize/d7512-322-303576-1.jpg ]■大坂の陣一番の有名人は、真田幸村ではなかった!「大坂城中に御宿勘兵衛、後藤又兵衛ならでは別に人これなし」(大坂城内には、御宿勘兵衛、後藤又兵衛以外、たいした人物はいない)これは、大坂の陣の際、徳川家康が言ったとされる言葉である [全文を読む]

癖が強すぎる“大坂五人衆”集結! そして『真田丸』が一瞬で『真田丸どうでしょう』に!? 『真田丸』第42話「味方」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月26日18時00分

大坂城に集まった牢人たちの中には、後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)、長宗我部盛親(阿南健治)らがいた。豊臣秀頼(中川大志)は幸村に総大将になってもらいたいと願っていたが、又兵衛や勝永らは激しく異議を唱えたため、幸村は10万の兵を2万ずつにわけ、幸村、又兵衛、勝永、長宗我部、明石全登(小林顕作)の5人がそれぞれ大将となることを提案するのだった……と [全文を読む]

三成男泣き、そして“直江状”が炸裂し、関ヶ原がついに勃発! 視聴率は自己最低でもバカ熱かった『真田丸』第34話「挙兵」レビュー!!

おたぽる / 2016年08月31日14時00分

それをお覚悟の上とならば、お受けもうそう」というシーンは大変格好よかったし、後の“大坂の陣”で信繁と並んで活躍するはずの後藤又兵衛(哀川翔)も登場。出番は一瞬だったが、存在感を示した。 だが印象的だったのは、やはり挙兵を決意した三成絡みの各シーン。「全てを豊臣に捧げてきたのに」と、ハラハラと落涙するシーンはこちらまで悲しくなってくるほどだったし、自身を襲撃 [全文を読む]

【真田丸】徳川家康「大坂城ピンポイント砲撃」の裏側とは

しらべぇ / 2016年11月27日10時00分

・合わせて読みたい→【真田丸】後藤又兵衛の壮絶な最期を記録した新史料が見つかる(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一) [全文を読む]

「真田丸」最終決戦!“大坂の陣”主要キャラ&勢力を解説

Smartザテレビジョン / 2016年11月12日15時16分

後藤又兵衛(哀川翔)/元黒田家家臣。黒田家を出奔し、大坂城を死に場所と決めて参戦。幸村と対立するが、やがて同志になる。・毛利勝永(岡本健一)/元豊臣家家臣。父の代から秀吉に仕え、関ヶ原では西軍で奮戦。自分の力を試すため、大坂の陣に参加した。・明石全登(小林顕作)/元宇喜多家家臣。キリシタン武将で、布教のため豊臣に味方する。幸村の能力を認め、九度山に迎えに [全文を読む]

「神回だった!」「見よ!これが我らの受信料よ!!」大河クラスタ興奮、大スケールの“真田丸”がついに登場!『真田丸』第44話「築城」レビュー!!

おたぽる / 2016年11月09日13時00分

後藤又兵衛(哀川翔)も同様の策を思いついていたが、幸村の巧妙な策を聞き、出城を譲ることに。しかし、織田有楽斎(井上順)と大蔵卿局(峯村リエ)は、牢人衆を決して信じようとしない。豊臣家の態度に業を煮やした又兵衛と勝永(岡本健一)は、大坂城を出ると言い出すが、秀頼(中川大志)は有楽斎や茶々(竹内結子)を押しきり、出城を幸村に任せることを宣言。ついに“真田丸”が [全文を読む]

真田丸『第42話』解説。幸村が大坂で学んだ、敵に勝つ「食の極意」

まぐまぐニュース! / 2016年10月23日22時00分

旅行代金 5,500 円 コース番号 03339-098 でお問い合わせ下さい ★『図解・戦国の城がいちばんよくわかる本』 KK ベストセラーズから発売中 ★『復元イラストで見る「東国の城」の進化と歴史』河出書房新社から発売中 ★『真田丸』がより一層楽しめる4コマ漫画、『ふぅ〜ん、真田丸』発売中 今週の『真田丸』SNS反応【編集部まとめ】 中学生娘「後藤 [全文を読む]

哀川翔、岡本健一演じる新キャラクター続々登場! 運命の人(?)・茶々との再会もあった『真田丸』第41話「入城」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月19日18時00分

幸村の最初の子・すえ(恒松祐里)の夫として石合十蔵(加藤諒)、信之の2人の息子、信吉(広田亮平)、信政(大山真志)、そして木村重成(白石隼也)、後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)……。特に大坂城で幸村と共に戦う相川・又兵衛の存在感はやっぱり凄い。 ネット上の反応を見ても、「大坂城、ヤンキーのたまり場みてぇ」「又兵衛と勝永のガラの悪さよw あの二人で [全文を読む]

真田丸『第41話』裏解説。家康はなぜ豊臣家との決戦を急いだのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月16日22時00分

#真田丸 — tadataru (@tadataru) 2016年10月16日 真田丸第41回1614年真田信繁47歳真田信幸48歳真田大助13歳真田信吉19歳真田信政17歳矢沢頼幸61歳羽柴秀頼21歳大野治長45歳明石全登48歳毛利勝永36歳後藤又兵衛54歳木村重成21歳#nhk #真田丸 — くろま@おいでよ真田丸の沼 (@kuroma_9) 201 [全文を読む]

「真田丸」イケメン武将・木村重成役は白石隼也!

Smartザテレビジョン / 2016年09月03日14時00分

美しい若武者は、信繁や後藤又兵衛(哀川翔)ら歴戦の兵たちと力を合わせて戦いながら成長していく。三谷幸喜が彼の戦いぶりをどのように描くか、楽しみにしていてほしい。 [全文を読む]

「真田丸」哀川翔が槍を片手に関ヶ原へ!

Smartザテレビジョン / 2016年06月18日21時00分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)に後藤又兵衛役で出演する哀川翔と福島正則役の深水元基が、“関ヶ原の戦い”で知られる岐阜県不破郡関ヶ原町を訪れ、徳川家康をテーマにしたイベント「関ケ原2016第二弾~徳川家康~」のトークショーに出演した。 哀川が演じる後藤又兵衛は、“関ヶ原の戦い”当時、黒田家に仕えていた武将で、石田三成の家臣でやりの使い手として知られた [全文を読む]

フォーカス