南禅寺 天授庵に関するニュース

【京都案内】夜も、また良し。古都一番の紅葉を思い出に加える旅

まぐまぐニュース! / 2016年11月04日21時00分

紅葉特集「清水寺周辺と京都洛東の紅葉名所」 今回の紅葉特集は清水寺・祇園エリアから清水寺と高台寺を東山エリアからは南禅寺、天授庵、永観堂をご案内します。この5ヵ所は有名どころであり、誰もが知る名所中の名所ですよね。京都の紅葉名所を一つだけあげるとしたら、私は迷わず永観堂と答えています。江戸時代から「秋はモミジの永観堂」と言われてきただけあります。3年前は [全文を読む]

永観堂に南禅寺も!岡崎エリアの紅葉ライトアップ混雑回避テクニック公開

Walkerplus / 2016年11月25日12時09分

特に、紅葉ライトアップが人気の南禅寺、永観堂、金戒光明寺がある岡崎エリアは、毎年、多くの観光客で賑わう。そこで、各寺社の例年の混雑状況から見た、らくらく観覧できる“混雑回避テクニック”を大公開! ■ 南禅寺の紅葉ライトアップ混雑回避テクニック 南禅寺の塔頭の一つで、1339年に光厳天皇の勅許により虎関師錬が南禅寺開山無関普門(大明国師)の塔所として建立され [全文を読む]

格式高い巨刹と方丈の美!5分で知る南禅寺の見どころ

Walkerplus / 2016年09月09日10時53分

亀山法皇の離宮をたまわった、無関普門(大明国師)が1291(正応4)年に開山した臨済宗南禅寺派大本山。境内には勅使門、三門、法堂、方丈の伽藍が一直線に、その周辺に12もの塔頭が並ぶ。日本3大門の一つで、“天下竜門”という異名を持つ高さ22mの三門の楼上は、歌舞伎で石川五右衛門が、“絶景かな”と感嘆の声を漏らすひと幕があるほどの景色。大方丈と小方丈から成る国 [全文を読む]

京都で夜の紅葉デートはいかが?ライトアップが素晴らしい名所3選

anan NEWS / 2015年10月14日17時45分

・夜だけの特別ルートが楽しめる「南禅寺天授庵」 東山エリアでもうひとつ外せないのが、南禅寺天授庵。こちらは、赤や黄色、橙など色彩豊かな紅葉と、枯山水の白砂とのコントラストが見事なことで有名です。昼と夜で拝観ルートが変わるため、ライトアップ時には、昼間は入られなかった書院や本堂内から紅葉鑑賞を楽しめます。枯山水のなかで幽玄に輝く紅葉は、夜とはまた違った魅力 [全文を読む]

南禅寺の紅葉ライトアップを楽しむベストコースはこれ!

Walkerplus / 2016年10月11日18時14分

■ 一枚の絵のような秋の庭園を楽しもう! 南禅寺の塔頭の一つで、1339(暦応2)年に光厳天皇の勅許により虎関師錬が南禅寺開山無関普門(大明国師)の塔所として建立された天授庵。本堂は柿茸屋根の建物で、枯山水の本堂東庭と、池泉回遊式の書院南庭の2つの庭園がライトアップされる。緑と紅葉のコントラストは、時を忘れるほどの美しさだ。 本堂や書院がある天授庵の境内は [全文を読む]

フォーカス