毛利勝永 岡本健一に関するニュース

真田丸ロスまであと2話。幸村と共に闘った「五人衆」のその後は?

まぐまぐニュース! / 2016年12月07日04時30分

「徳川に味方する」と偽り大阪城に駆けつけた二人の牢人 毛利勝永(もうり・かつなが 1578年-1615年) 『真田丸』HP情報! ★インタビュー★五人衆の中で、最も冷静で底知れなさを感じさせる毛利勝永。演じる岡本健一さんに、役柄を語っていただきました!https://t.co/DOpeOg2vGr#真田丸 #毛利勝永 #岡本健一 — NHK大河ドラマ 真 [全文を読む]

癖が強すぎる“大坂五人衆”集結! そして『真田丸』が一瞬で『真田丸どうでしょう』に!? 『真田丸』第42話「味方」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月26日18時00分

大坂城に集まった牢人たちの中には、後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)、長宗我部盛親(阿南健治)らがいた。豊臣秀頼(中川大志)は幸村に総大将になってもらいたいと願っていたが、又兵衛や勝永らは激しく異議を唱えたため、幸村は10万の兵を2万ずつにわけ、幸村、又兵衛、勝永、長宗我部、明石全登(小林顕作)の5人がそれぞれ大将となることを提案するのだった……と [全文を読む]

哀川翔、岡本健一演じる新キャラクター続々登場! 運命の人(?)・茶々との再会もあった『真田丸』第41話「入城」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月19日18時00分

幸村の最初の子・すえ(恒松祐里)の夫として石合十蔵(加藤諒)、信之の2人の息子、信吉(広田亮平)、信政(大山真志)、そして木村重成(白石隼也)、後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)……。特に大坂城で幸村と共に戦う相川・又兵衛の存在感はやっぱり凄い。 ネット上の反応を見ても、「大坂城、ヤンキーのたまり場みてぇ」「又兵衛と勝永のガラの悪さよw あの二人で [全文を読む]

真田丸 一番の仕掛けは「毎回、最終回を見せていた」演出

NEWSポストセブン / 2016年12月21日07時00分

秀頼の介錯をしたとも伝わる毛利勝永(岡本健一)の最期はなど気にはなるが説明もない。主人公の幸村が自決してしまったんだから、それころじゃないのである。この潔さも新しい。そして、後を引く。 【その3】 実は毎回「最終回」を見ていた 初回から驚いたのは、オープニング映像で、『真田丸』の文字が描かれた土壁が砕け散った後、幸村が真田の赤備えの兵を率いて騎馬で疾走する [全文を読む]

「真田丸」最終決戦!“大坂の陣”主要キャラ&勢力を解説

Smartザテレビジョン / 2016年11月12日15時16分

毛利勝永(岡本健一)/元豊臣家家臣。父の代から秀吉に仕え、関ヶ原では西軍で奮戦。自分の力を試すため、大坂の陣に参加した。・明石全登(小林顕作)/元宇喜多家家臣。キリシタン武将で、布教のため豊臣に味方する。幸村の能力を認め、九度山に迎えに訪れた。・長宗我部盛親(阿南健治)/元土佐の大名。土佐の国主・長宗我部元親の四男。関ヶ原の戦いで領地を没収され、再興のた [全文を読む]

「真田丸」岡本健一 三谷が託した“幸村より強い男”

Smartザテレビジョン / 2016年10月19日05時00分

そんな五人衆の一人・毛利勝永を演じる岡本健一を直撃。「男闘呼組」としてデビューし、現在は舞台を中心に活躍する岡本が、勝永役と「真田丸」への思いを語った。――まずは、オファーの経緯を教えてください。19歳のときに初舞台を踏んでから、年に2、3回ほど舞台出演を続けて今に至りますが、2年前の’14年に初めて三谷幸喜さんの舞台「抜け目のない未亡人」に出演しました。 [全文を読む]

フォーカス