水泳 岩崎恭子に関するニュース

リオ五輪水泳 男子400m個人メドレーで日本メダル2枚も?

NEWSポストセブン / 2016年08月04日16時00分

もしかしたら、今回、長谷川選手でそんなドラマを見られるかもしれません」 ※女性セブン2016年8月18・25日号 [全文を読む]

「アサヒビール オクトーバーフェスト 日比谷 秋の収穫祭 2014」 開催10周年記念 今年のテーマは「金」!

PR TIMES / 2014年09月05日11時07分

イベントには今年のテーマカラーの「金」と、「アサヒビール オクトーバーフェスト 日比谷 秋の収穫祭」開催10周年を記念して、古賀稔彦選手(柔道男子71kg級)、萩原健司選手(スキー・ノルディック複合)、冨田洋之選手(男子体操団体綜合)や岩崎恭子選手(水泳女子200m平泳ぎ)をはじめとする、10人の歴代オリンピック金メダリストが登場し会場を沸かせました。ま [全文を読む]

瀬戸大也&金藤理絵らが東京で世界新記録に挑む!

Smartザテレビジョン / 2016年10月22日15時01分

国際水泳連盟(FINA)主催大会として、世界水泳・世界短水路選手権と並んで水泳世界3大大会の1つに数えられる「競泳ワールドカップ」。ことしも東京大会が東京辰巳国際水泳場にて、10月25日(火)、26(水)日の2日間にわたって開催される。 「競泳ワールドカップ」は、世界9カ国を舞台にしたシリーズ戦で、トップスイマーが各国を転戦し、男子16種目、女子16種目の [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】高橋優と五輪選手の関係に「うらやましい!」 “印象深い夏のメダリストTOP10”で発覚

TechinsightJapan / 2016年08月07日11時40分

そんななか3巡目の回答順で高橋が「個人的にも仲良くしてもらっている水泳背泳ぎの入江陵介くん」と答えて驚かせる。入江選手は15位でTOP10には入っていなかったが、それよりも共演者たちはどういう関係なのか興味津々だ。高橋が「ロンドン五輪に招待していただいて、メダルをとる瞬間を見させていただいた」と明かすと有吉でさえ「羨ましいですねー」と盛り上がるなか、久本雅 [全文を読む]

ノーベル賞報奨金は非課税なのに社長賞になぜ税金かかるのか

NEWSポストセブン / 2015年10月14日07時00分

「ノーベル賞では1949年に湯川秀樹さんが日本人初の物理学賞に選ばれたとき、オリンピックは1992年のバルセロナ大会で水泳の岩崎恭子さんがJOC(日本オリンピック委員会)より報奨金を受け取った際、『賞金に課税するのはいかがなものか』と議論に。そのため、所得税法第9条の〈非課税所得〉項目として追加された」(全国紙記者) 規模の大小はあるにせよ、サラリーマン [全文を読む]

紅白44.5%の裏で……フジテレビ大みそか特番『祝!2020東京決定SP』記録的低視聴率2.0%の衝撃

日刊サイゾー / 2014年01月07日20時30分

ネプチューンの名倉潤などが司会を務め、野球の上原浩治、サッカーの柿谷曜一朗、アーチェリーの山本博、水泳の岩崎恭子などをゲストに迎え、第1部「スポーツ衝撃の生対決と伝説の名場面で最高のおもてなし」ではスポーツ対決などをを行い、第2部「東京五輪夢と奇跡の物語」では、1964年の東京オリンピックの開会式の生再現や、東京招致成功の裏話などを伝えた。 その結果、平均 [全文を読む]

2012年名言「康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」

NEWSポストセブン / 2012年12月20日16時00分

200mバタフライで銅メダルを取ったが、その時まだ、これまで水泳界を牽引してきた大先輩の北島康介選手にメダルがないことが気がかりだったという。 そして死に物狂いで臨んだ400mメドレーリレーで、見事に銀メダルに輝いた。このプールサイドのひと言は、2012年の流行語大賞にもノミネートされた。 ※女性セブン2012年12月27日・1月1日号 【関連ニュース】 [全文を読む]

北島康介の2種目3連覇に専門家「快挙の可能性は非常に高い」

NEWSポストセブン / 2012年07月17日07時00分

水泳男子平泳ぎの五輪代表・北島康介(29)には、平泳ぎ100m・200mの両種目で3連覇の期待がかかっている。日本人選手で3大会連続の金メダルを獲得したのは柔道の野村忠宏(37)のみ。これが2種目同時となれば、前人未踏だ。 ちなみに五輪4連覇となると、世界でも陸上円盤投げのアルフレッド・オーター(アメリカ)と陸上走り幅跳びのカール・ルイス(アメリカ)しかい [全文を読む]

27歳になってますます綺麗な寺川綾 ロンドン五輪の意気込み

NEWSポストセブン / 2012年04月17日16時00分

かつて女子高生スイマーとして注目を集めた寺川綾(27・ミズノ)が、4月の水泳日本選手権女子100m背泳ぎで、日本新記録を樹立。見事に8年ぶりの五輪出場を決めた。 「アテネ五輪で憶えているのは、レースで8番だったこと。それだけです。どうやって泳いだのか、まったく憶えていないんです」 アテネ以降、伸び悩んだ彼女は、2008年の北京五輪選考会で敗れ、本戦への出場 [全文を読む]

フォーカス